勝てるトレーダーになるために必要な事とは?What do you need to be a winning trader?

広告

日本は、「鯛」は、メデタイ。

つまり、縁起が良い、良い!今年も後、わずかですね。

いかかがお過ごしでしょうか?

いろいろあったと思います。

Japanease food Taiyaki in anko

トレーダーの方も、数字にお悩みの方、喜んでる方、それぞれだと思います。

今日は、株式投資、についてお話ししたいと思います。

株価は、「上がる」「下がる」で、勝率50%…思いたいところですが、そうは、なりません。

ほとんどの方は、95%が、5年で引退する厳しい世界です。

この中で、生き残るのは、非常に「勉強」しなければいけません。

その「勉強」とは、本やセミナーは当然、ですが、実際に「取引」してみることです。

優秀なトレーダーでさえ、70%もの選択を間違えて、「損」をします。

ですから、最も必要なことは、「損切り」をする事です。

利益を出す」ために「損」をするなんて、トレードをしたことの無い人は、びっくり、するでしょう。

しかしながら、これは、非常に大切です。

それほど、トレードは、厳しい世界です。

どこで、「損」を確定するかは、経験を積まないと、わからないです。

これが、「勉強」です。

みんな、「利益」を出すために、トレードしているので、この「勉強」に耐えられず、脱落します。

金額を大きく増やしたい人は、大きくトレードしますから、大きく「損」をします。

小さくトレードすれば、「利益」が出た時に、後悔します。

ですから、どうするかは、その人、次第です。

「損切り」ができる人は、トレードの上手な人です。

ですから、余裕資金でする事が、最も大切です。

余裕がなければ、すぐにあきらめたり、上がるとすぐに「利益」確定します。

機関投資家は、かなりシビアです。

巨大な資金で、株価を操作します。

プロに勝つ、のはかなりの「根性」が必要です。

野村證券では、伝説のようなお話しがあります。

和式トイレ(ジャパニーズトイレ)があるそうです。

そこで、「フンバル」とのことです。

今は、どうなっているかはわかりませんが。

トレーダーの方、トレーダーを目指している方。

「フンバル」「Do your best」!

In Japan, “Red snapper” is medetai.

In other words, good luck, good!

It will be a little later this year.

How are you spending time?

I think there were many things.

I think that traders are both troubled by numbers and happy.

Today I would like to talk about stock investment.

The stock price is “up” and “down” and the winning rate is 50%.

Most people are in a tough world where 95% retire in five years.

In order to survive, you must be very “study”.

The “study” is, of course, books and seminars, but actually “trading”.

Even a good trader will make a loss by making 70% mistakes.

Therefore, the most necessary thing is to make a “loss cut”.

Anyone who has never traded to lose money to make a profit will be surprised.

However, this is very important.

So, trading is a tough world.

Unless you have some experience, you will not know where to determine the “loss”.

This is “study”.

Everyone trades to make “profits”, so they can’t stand this “study” and drop out.

If you want to increase the amount of money, you trade a lot, so you lose a lot.

If you trade small, you will regret when you make a profit.

So what you do depends on that person.

A person who can make a “loss cut” is a good trader.

Therefore, it is most important to use extra funds.

If you can’t afford it, you will give up immediately, or as soon as you go up, the “profit” will be confirmed.

Institutional investors are quite severe.

Manipulate the stock price with huge funds.

To win a pro, you need a lot of “gutiness”.

Nomura Securities company has a legendary story.

There seems to be a Japanese-style toilet (Japanese toilet).

Therefore, it is “Humbal”. I don’t know what it is now.

If you are a trader or aiming to be a trader.

“Humbal” =”Do your best”!

Let’s keep up good work!

作成者: Qoo

某1部上場企業の知的財産部門に在職。出産を機に退社。その後は、株式投資をしています。投資歴、30年以上。その後、不動産賃貸会社経営、個人事業主。NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタントを登録しています。 ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。 節約をしながら、教育費は削らないのがモットー。住宅ローンは、3年半で返済。 父は、大学在学中、アルバイトで新聞社の政治記者をしていました。だから、私も文章を書くのが好きです。 多趣味、好奇心いっぱいの生活しています。 ブログで、色んなことをお伝えしたい、思いから始めました。だから、個性いっぱいのブログです。皆さまにとって、幸せになれるようなこと、お伝えしたいと思います。

コメントを残す