投資としての株式。Stocks as an investment.

最近は、インターネットでの、株主総会が、たくさん始まった。以前は、参加を諦めていた株主総会です。その中での株主からの発言に「この会社は、テンバガーだったのですね。」と言う発言が印象的でした。そう、10年以上持っておけば、そうだったのです。

投資としての株式は、個人差がある。けれども、この発言が示しているように、長期で、良い銘柄を持てば、そう何もしなくても、増える。私は、最近取得した銘柄です。だから、まだまだ、そんな大きくは資産は膨らんでいない。けれども、この銘柄は、お気に入りで、そんな動かすつもりは、無い。

テンバガーが、私の持った時点から、又、時間をかけて、テンバガーになる確率は、分からない。けれども、今のところ、動かすつもりは、無い。自信がないのもある。ドンドン動かして、資産を増やして、億単位の資産を築いている人も居る。けれども、私は、それには、向かないようです。

何かで、知ったけれども、株式投資をした人は、死んだ時に遺族がその株式投資の利益を見てびっくりするそうです。長期に持った人は、成功者が多い。多分、多くの損失をすれば、途中で挫折する。

私は、バブルの時に、ある株式を放置した。なんと、15年後は、10分の1だった。他の株式は、変わらなかった。その損失した株式は、売り払い、他の銘柄と一緒に運用して、プラスマイナスゼロにした。

その時にとても欲しい株式が有った。けれども、家族から反対された。買えなかったのです。ところがその株式は、瞬く間に4倍になった。それを知っている家族は、今回の銘柄を買うのに反対は、無かった。

投資は、難しいこともあるかもしれませんが、良くシュミレータして、投資を味わえる。実際に投資をしても、後悔はある。経済は、生き物だから、チャンスは、一度では無い。

だから証券会社に口座だけは、開いておこう。私は、10年チャンスを待った。シュミレータして、自分で、練習するのも良いと思う。そうやって、準備を整えて、良い銘柄が有れば、買ってみるのも良いと思う。私は、これでチャンスを掴んだ。

けれども、長期放置は、良くない。産業に栄枯衰退があるからです。だから、そんなに将来的に良い業種で無ければ、それは、いつの時点で、売った方が良い。これは、私が、株式を放置した時の教訓です。

一般的に投資対象としての株式は、リスキーとされる。けれども、準備をしていれば、リスクは減るものです。慌てて、口座を開設するのではなく、口座を開いて、チャンスを待とう。と言うお話でした。

Recently, many general meetings of shareholders on the Internet have started. Previously, it was a general meeting of shareholders who had given up attending. I was impressed by the statement from the shareholders, “This company was a ten bagger, wasn’t it?” Yes, if I had it for more than 10 years, it would have been.

Stocks as an investment vary from person to person. But, as this statement shows, long-term, good stocks will increase without doing anything. I am a recently acquired brand. Therefore, the assets have not yet expanded so much. However, this brand is my favorite and I have no intention of moving it.

I don’t know the probability that a ten bagger will become a ten bagger from the time I have it, and over time. But for now, I have no intention of moving it. Sometimes I’m not confident. Some people are moving around, increasing their wealth, and building billions of assets. But I don’t seem to like it.

For some reason, I know that people who invest in stocks are surprised when their bereaved family sees the profits of the stock investment when they die. Many people who have had it for a long time are successful. Maybe if you make a lot of losses, you will be frustrated on the way.

I left a stock during the bubble. After 15 years, it was one tenth. Other stocks remained unchanged. The lost stock was sold off and managed together with other stocks to make it plus or minus zero.

At that time, I had a stock I really wanted. However, he was opposed by his family. I couldn’t buy it. However, the stock quadrupled in a blink of an eye. The family who knew it had no objection to buying this brand.

Investing can be difficult, but you can simulate it well and enjoy it. Even if you actually make an investment, you will regret it. Since the economy is a living thing, chances are not once.

So let’s open an account with a securities company. I waited for a chance for 10 years. I think it’s good to simulate and practice by yourself. That way, if you’re ready and have a good brand, I think it’s a good idea to buy one. I seized the opportunity with this.

However, leaving it for a long time is not good. This is because the industry has its ups and downs. So, if it’s not such a good industry in the future, it’s better to sell it at some point. This is a lesson when I left the stock.

Generally, stocks as investment targets are risky. But if you’re prepared, the risk is reduced. Instead of opening an account in a hurry, open an account and wait for a chance. It was a story to say.

作成者: Qoo

NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタント、新規事業コンサルティング、を登録しています。 ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。 不動産賃貸会社経営、個人事業主。 父は、大学在学中、アルバイトで新聞社の政治記者をしていました。だから、私も文章を書くのが好きです。 多趣味、好奇心いっぱいの生活しています。 ブログで、色んなことをお伝えしたい、思いから始めました。だから、個性いっぱいのブログです。皆さまにとって、幸せになれるようなこと、お伝えしたいと思います。 住宅ローンは、3年半で、返済。長く、株式投資をしています。

コメントを残す