つらくて、学校に行きたくない人へ。For those who are hard and don’t want to go to school.

私は、前に書いたけれど、親の経営している会社が倒産して、夜逃げをしました。それで、古ぼけたアパートに一時、家族で、ほんの身の周りの物だけを持って住みました。

その時、住民票を移すと、借金取りが来るので、仮入学の制度を使って、その移った先の学校に通うことになりました。その学校の制服は、知り合いに借りました。

ですが、住民票を移せないので、お店で、売っていないので、「教科書」がありませんでした。本ぐらい買えるお金はありました。でも、お店に「教科書」売っていないし、通っていた学校の教科書と全く違う「教科書」を使っていた学校でした。

仮入学した学校は、「教科書」を用意してくれませんでした。私のいたクラスのクラスメートが、色んなクラスを周って、次は、「国語」次は、「社会」といって毎時間、その度に、廊下を走って、「教科書」を用意してくれました。仮入学した先の先生は、それを知っていましたが、「教科書」を貸してくれませんでした。

一番、つらかったのは、「英語」の授業でした。勉強の準備のできない状態なのに、授業のたびに「単語」テストがあったことです。いつも、0点でした。一番得意だった「英語」は、成績が、悪くなりました。これは、このようなことが原因でした。

そうやって、通うのを見て、両親は、今の新卒就職の人が初めてもらえるくらいのお金を私の友達の家庭に毎月払って、私だけ、ひとりで下宿のような生活をしました。シャンプーも石鹸も全部借りずに自分で持っていました。お金は、苦しいけれども、その友達の家庭に両親は、渡しました。

けれども、とても、イジメられました。とてもつらい、3ヶ月でした。だから、とても、心も、つらくて、誰にも頼れませんでした。そうやって、私の成績は、悪くなりました。けれども、両親は、何も言いませんでした。

色んなことで、学校に行きたくても、行けない人が、いると思います。けれども、それは、この話を読んでくだされば、私だけではない。と、思える、と思います。まだまだ、つらいことは、私の人生であります。みんなに勇気を出してもらいたいから、書きたいけど、全ては、言え無いほど、つらいことがあります。だから、ほんの少しだけです。

みんな悲しみを持っています。だから、色んな人生があるし、色んなことがあります。学校に行けない人、行きたくない人、つらいと思うけど、きっといいこともあると思います。希望だけは、捨てないで、がんばってください。よいことが、ありますように。お祈りします。

 

As I wrote before, my parent’s company went bankrupt and I ran away at night. So, for a while, I lived in an old apartment with my family and only the things around me.

At that time, if I transfer my resident’s card, I will get a debt collector, so I decided to use the temporary admission and system to go to the school to which I moved. I borrowed the school uniform from an acquaintance.

However, I couldn’t transfer my resident card, so I didn’t sell it at the store, so I didn’t have a “textbook”. I had enough money to buy a book. However, it was a school that did not sell “textbooks” at the store and used “textbooks” that were completely different from the textbooks of the school I attended.

The school I entered temporarily did not prepare a “textbook”. The classmates of the class I was in went around various classes, then “national language”, then “society”, and every hour, every hour, I ran down the corridor and prepared a “textbook”. Gave me.

The teacher who entered the school knew it, but she didn’t lend me a “textbook”. The hardest part was the “English” class. I had a “word” test every time I was in class, even though I wasn’t ready to study. It was always 0 points. The grade of “English”, which I was most good at, got worse. This was due to this.

Seeing that way, my parents paid my friend’s family every month enough money for the first time a new graduate to get a job, and I lived alone like a boarding house. I had it myself without borrowing all the shampoo and soap. The money was painful, but the parents gave it to the friend’s family.

However, I was bullied very much. It was very hard, 3 months. So, my heart was so painful that I couldn’t rely on anyone. That’s how my grades got worse. But my parents didn’t say anything.

For many reasons, I think there are people who want to go to school but can’t. But if you read this story, I’m not the only one. I think it seems. The hard part is my life. I want to write because I want everyone to have courage, but everything can be hard to say. So it’s just a little.

Everyone has sadness. Therefore, there are various lives and various things. People who can’t go to school, people who don’t want to go to school, I think it’s hard, but I’m sure there are some good things. Please do your best, don’t throw away your hope. May there be good things. I pray.

作成者: Qoo

住宅は、買い替え派。住宅ローンは、3年半で完済。 株式投資歴は、長い。 Housing is a replacement group. The mortgage is paid off in three and a half years. He has a long history of investing in stocks.

コメントを残す