建物の価値を知る。Know the value of the building.

広告

建物の構造について、どれだけの価値があるかお伝えしたいと思います。

専門的になりますので、建物構造は、業者の方に聞いてください。

今日は、住居用途に限り(一般にお住まいされる住宅のこと)のお話しです。

法定耐用年数です。鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造47年。

れんが造、石造、ブロック造38年。

金属造(骨格材の肉厚が4ミリメートル以上)34年。

金属造(骨格材の肉厚が3〜4ミリメートル以下)27年。

金属造(骨格材の肉厚が3ミリメートル以下)19年。

木造、合成樹脂造22年。

木骨モルタル造20年。

このようになっています。

建物の解体現場を見ますと鉄骨の使われた建物は、特殊な機材を使い、解体、処理していますので、解体費や処理費がかなりかかる印象があります。

どのような住まいにするのかは、色々だとは思います。

駐車場にアスファルト(10年の法定原価償却)やコンクリート(15年の法定原価償却)等を敷くと、建物と見なされ、法定原価償却が有ります。

参考になれば、と思います。

今日は、建物の法定耐用年数について書いてみました。

I would like to tell you how valuable the structure of a building is.

Please ask the contractor for the building structure as it will be professional.

Today, we will talk about residential use only (general housing).

The legal useful life.

Steel frame reinforced concrete construction, reinforced concrete construction 47 years.

38 years of brick, stone and block construction.

Metal construction (thickness of skeletal material is 4 mm or more) 34 years.

Metal construction (thickness of skeletal material is 3-4 mm or less) 27 years.

Metal construction (thickness of skeletal material is 3 mm or less) 19 years.

22 years of wooden construction and synthetic resin construction.

Wooden bone mortar 20 years.

It looks like this. Looking at the site of dismantling the building, we can see that the building with steel frames is dismantled and processed using special equipment, so dismantling costs and processing costs are quite high.

I think there are various ways to live.

When asphalt (10 years legal cost depreciation) or concrete (15 years legal cost depreciation) is laid in the parking lot, it is regarded as a building and there is legal cost depreciation.

I hope it will be helpful.

Today, I wrote about the legal life of a building.

作成者: Qoo

某1部上場企業の知的財産部門に在職。出産を機に退社。その後は、株式投資をしています。投資歴、30年以上。その後、不動産賃貸会社経営、個人事業主。NIKKEI SEEKS にて経営コンサルタントを登録しています。 ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。 節約をしながら、教育費は削らないのがモットー。住宅ローンは、3年半で返済。 父は、大学在学中、アルバイトで新聞社の政治記者をしていました。だから、私も文章を書くのが好きです。 多趣味、好奇心いっぱいの生活しています。 ブログで、色んなことをお伝えしたい、思いから始めました。だから、個性いっぱいのブログです。皆さまにとって、幸せになれるようなこと、お伝えしたいと思います。

コメントを残す