フリマアプリで売れたウォシュレット|人の嫌がる仕事はお金になる

時々、休みながらフリマアプリで不用品を売っています。

そんな中、私は、使用期間半年のウォシュレットをフリマアプリで売った。

家族は「使ったウォシュレット」を渡した。

処分費用もかかるし、そんなの引き取ってもらえるなら、嬉しいようでした。

しばらく放置しておいたけど、やっぱり使ってもらえると嬉しいし、綺麗にすることにした。

トイレは、メーカーとしても、恥ずかしいところもあるし、どこか控えめに、コマーシャルを打つ。

だから、どこのメーカーでも、同じような感じだし、どこで判断して良いか分からない。

私は、なんでもはっきりと表現することにしているから、「ノズルの裏側」まで、綺麗にしたよ、ってメッセージを添えるように、表紙のような、写真を出した。

Panasonic beauty toilette

この製品は、パナソニックのビューティトワレなんだけど、写真が、Googleショッピングまで出て、なんと超人気商品になった。

分かりやすく、単純明快に、これだけ綺麗にして、出品していることを伝えたかったのです。

出品した商品は、頬擦りできるほど、綺麗にして、消毒も完璧だった。

まあ、売れるのも早かったし、購入者のコメントも、「大満足です」って言葉をいただいた。

人の嫌がる仕事って、汚いとか、きついとか、色んな不満があるけれども、プライドを捨てたら、すごく儲かる。

以前、田舎に家を買った話を書いたけど、まだ下水道が通っておらず、浄化水槽、だった。

水洗トイレだけども、汚物を定期的にバキュームカーで取ってもらっていた。

そんなある日、転勤が決まって、その家を売って引っ越しするときに、浄化槽を完全に汚物を取ってしまって、綺麗にしておく必要がありました。

電源も切ってしまうので、浄化水槽が止まってしまい、機能が停止するからです。

だから、私は、そのバキュームカーを持っている業者に引っ越ししてから、お掃除してもらうように、頼みに出かけたのです。

なんと、その業者の自宅兼会社は、ピカピカの大豪邸だった。

「ああ、人の嫌がる仕事」は儲かるな、って思った瞬間だった。

地震の被災者と話したことがあるけれども、亡くなった人の遺体を洗う仕事、がお給料が良くて、気になるなんて、直接聞いた。

人には、価値観があるからなんとも言えないけれども、病院の先生だって、遺体を解剖するんだから、そんなに、遺体を嫌う必要もない。

葬儀屋は、儲かる。

遺体を焼いたら、歯に金歯や、銀歯があって、これが、焼却炉に残って、お金になるらしい。

だから、仕事に差別なんてない。

なんか、世の中は元気がないけれども、探せば色んな仕事があるし、格好なんて関係ない。

人の嫌がることは、進んでやってみるのも良いという、お話でした。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

サラリーマンの給料が上がらなくても生活できる日本は幸せなのか?Is Japan happy to live without raising the salary of office workers?

日本は、世界中が金利をあげる中、未だ金利をあげずにいる。先日、黒田日銀総裁が、「金利をあげるつもりは全くない」と発言したことは、記憶に新しい。

確かに、世界中が食糧不足や物不足により、生活費が上昇しています。しかし多くの人々は給料が上がらない。先日書いたけれども、大企業の統計では、この夏のボーナスは、増えるところが多い。日本は海外生産をしているけれども、重要な製品は国内で生産されている。だから為替で儲けている大企業も存在する。そうして景気の良い業種と悪い業種に別れる。2022年.日本のインフレの対処法と賃金.2022. How to deal with inflation in Japan and wages.

だから、これは、根本的には、貧富の差、つまり二極化になる。けれども先日お伝えしたけれども、日本は、憲法によって、福祉が充実しているから、ある程度大胆に政策を行える下地があります。生活をサポートする社会制度があるからです。三重県松下幸之助が通った椿大神社のスピリチュアルと教育勅語から感じる日本Japan felt from the spiritual and Imperial Rescript on Education of Tsubaki Grand Shrine, where Konosuke Matsushita of Mie Prefecture attended

だから、サラリーマンが多くの収入を得ても、大きく税金も上がる。こんな社会制度がある。それに相続税も大きく増えたから、代々資産は残せない。私の知人にも、相続税を払えず、家屋敷を売る人は多い。と言っても、そんな人ばかりではない。私の知人には、早期退職制度で退職を余儀なくされ、再就職できれば、良い方で再就職できない人もいる。それなりのお給料をもらっていたので、非常に苦しい。そんな人もみている。

日本人は相対的に個人で大きな資産を持つことができない。相続税が非常に高いです。そのため、ストックができない仕組みだからです。大体、三代でこの資産がリセットされて行くのが現実です。だから、本当の富裕層なんて日本では、ほんの一握りしかいない。個人で資産を築いてもしっかり税務署が、相続で持っていく。だから、そんなに「あの人、お金持ち」だと思っていても、死ぬ時には税務署が持っていくから、そんな感じでみんな平均的になるような社会制度です。

この頃思うのは、自分が死ぬまでのお金さえあれば、それ以上は要らないなって思う。事実、両親は高齢で外出できるところは限られていて、食欲もその年齢なりに落ちていくから、そんな消費はしない。自宅で、介護保険を使いながら、なんとか生活している。もう、お金を使うところもない。生活費と老後の蓄えがあれば良いのです。この老後の蓄えは、非常にネックになる老後20,000,000円問題とか言われている。これをどうするか非常に問題になっています。

日本には、世代間格差というのがある。年金は、徐々に減っていく。しかし、今の若い世代は、政府が若い今のうちにたくさん補助しているから、これで相殺している。子供を産んで働こうとすると保育費は30年前の値段より、今は安い。羨ましいが、これは高齢化社会で女性も働かないと人材不足で困るからです。

この「必要な人材」とは、機械やデジタル社会が普及する中で、単純作業のする需要は、少なくなり、雇用にギャップが出ている。事実、私の知人の解雇された人々は、単純な事務作業や営業マンだったりする。厳しい時代だな、って思う。

日本では、お金がなくてもそれなりに生活できる社会制度があるから、社会は安定していると感じることが多くなりました。こんな社会制度は、国民がやる気を無くす気がするけれども、それなりに良いところもあるので、私はコメントを残すことは控えます。海外の方はどう思うか聞いてみたい質問です。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

金とステータス-人はなぜお金が欲しいのかMoney and Status-Why do people want money?

人は、何故、お金を求めるのか。今回は、このことを、追求したいと思います。興味ある方は、ご覧になってください。

お金を持つことは、色んな効果があります。これは、社会的ステータスを評価するのに非常に優れた数字だからです。

お金を持っていると、色んなことが、できます。お金がないと自分のしたいことに、予算が限られる為、これは社会的に自分がしたいことに制限ができます。

お金には、魔力があります。それは、社会的に成功すれば、ステータスを持つことができるからです。これは、政治、経済、などの分野で活躍できるようになります。

力とは、多くの人々から信頼されて、成り立ちます。お金を築き上げるには、一種の才能、運、色んな人脈が、必要です。これらを、社会的に還元できることができるのは、お金を築いて、社会的に貢献した人です。

だから、このような実績を持ち合わせるには、やはり、お金を持っています。だから、私は、社会的に成功してお金を持っている人を尊敬します。

これは、社会的に成功するには、多くの人々からの支持を必要とするからです。そうして、この支持は、ステータスになります。

ステータスを持つためには、お金も、もちろん必要ですが、トップに君臨するためには、非常に握力が、強くなければなりません。これは、闘争心を持って、勝ち抜く力です。相手も数多くいますし、これは、非常に難しいことです。

しかし、力は、そのグループを統率する能力が、必要になります。つまり、求心力です。このようなトップがいるグループは、大きくなります。これは、集団で大きな力を発揮することになります。

ですから、ステータスとは、非常に大切です。時に、力について、色んな事柄が起きます。これを、非常に嫌う方も、います。ですが、よい力は、そのグループを発展させます。

時に、一部の人は、お金という言葉を嫌います。ですが、私たちの生活は、お金がなければ、困窮してしまいます。だから、お金は、非常に大切です。

そうして、社会を健全に運営するには、よい力の行使が、必要になります。時に、力と金について、ネガティブなイメージを持つ人も多いです。ですが、やはり、私たちは、多くの力によって、支えられ、生活しています。

力は、時に暴走します。けれども、人々の支持がなければ、成り立ちません。

ですから、お金を持っているだけでは、ステータスを持てません。ですから、社会的に成功している人や、企業には、非常に良いステータスを持った人が存在します。ステータスは、お金と人望が、必要です。

だから、人々は、お金に、魅力を感じます。そこには、自分が、ステータスを持ちたいという気持ちが存在します。

しかし、なかなか、その人の器によって、その大きさは、違います。私たちは、このようなことを潜在的に感じて、生きています。だから、お金を欲しい、と思うのです。それは、悪いことではありません。

一種、これは、自己向上心になるからです。人によって器の大きさは、違いますが、常に、向上心は、持っていたいですね。

Why do people ask for money? This time, I would like to pursue this. If you are interested, please have a look.

Having money has many benefits. This is a very good number for assessing social status.

With money, you can do many things. This can be socially limited to what you want to do, because without money you have a limited budget for what you want to do.

Money has magical power. That’s because if you’re socially successful, you can have status. It will allow you to play an active role in areas such as politics and economics.

Power is built on the trust of many people. To build money, you need a kind of talent, luck, and connections. Those who can give back to society are those who have made money and contributed to society.

So, to have such a track record, you still have money. So I respect those who are socially successful and have money.

This is because social success requires the support of many people. Then this support becomes a status.

You need money to have status, of course, but you have to have a very strong grip to reign at the top. This is the power to win with a fighting spirit. There are many opponents, and this is very difficult.

But power requires the ability to lead the group. In other words, centripetal force. Groups with such tops will grow. This will be a great force in the group.

So status is very important. Sometimes things happen about power. Some people hate this very much. But good power develops the group.

Sometimes people hate the word money. But our lives are in dire straits without money. So money is very important.

Then, in order to manage society soundly, it is necessary to use good power. At times, many people have a negative image of power and money. But again, we are supported and lived by a lot of power.

Power sometimes goes out of control. But without the support of the people, it wouldn’t be possible.

So, just having money doesn’t give you status. So there are people who are socially successful and who have a very good status in the enterprise. Status requires money and humanity.

So people are attracted to money. There is a desire to have status.

However, the size is quite different depending on the person’s vessel. We are living with the potential to feel this kind of thing. That’s why I want money. That’s not a bad thing.

One kind, because it is self-improvement. The size of the vessel varies from person to person, but I always want to have aspirations.

 

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

一心不乱に生きる-お金で幸せは買えないLive with all one’s might-money can’t buy happiness.

「一心不乱(イッシンフラン)」。心が、乱れない様子をこの言葉は、表現しています。「一心」とは、一つの心と書きます。「不乱」は、乱れないことを指します。四字熟語は、古い言葉で、漢文のような読み方をします。

つまり、言葉の意味が、とても歴史があります。今なお、語られる言葉は、とても価値があると私は、感じています。いつも私は、心の中に、この言葉が、あります。

それは、いつの時にも、決して乱れないことは、とても難しいからです。このような心の境地になるのは、とても難しいです。

この「揺らぎのない心」を育て、物事を決して軽く扱う事なく、じっくりと物事に集中して対応する、「心」がそこには、存在します。

「心」のありさまは、現代に於いては、個人の自由が、尊重されて、色んな「心」の在り方があります。それは、個人の自由でもあり、この現代に於いて、それは、否定されるものでは、ありません。

けれども、人生の心構えは、大きな物事をやり遂げたり、社会的に認められるようになる為には、物事を軽く見て、ひとつの物事を簡単に対処したりすることは、良いことではありません。

良い人生の重ね方とは、どんなことであっても、「一心不乱」に物事に対処することが、大切だと思うからです。

つまり、どんな小さな物事であっても、ひたすら真摯に対応することです。良い小さな物事の積み重ねは、良い人生を築く基礎であり、それは、しっかりとした土台になります。

そのような時間を築き上げることは、後の人生に於いて、決して、「後悔」の無い人生になるでしょう。人生は、大きな決断をすることがあります。その決断が、正しいとは、限りません。

ですが、「一心不乱」に考え、出した決断は、「後悔」を生むことは、無く、そこには、自分で、決断した物事だから、「納得する」ことができます。

色んな人生がありますが、時間だけは、元には、戻りません。これは、現代に於いて、もっとも、平等な事柄です。

「後悔」ではなく、「納得」できる人生を送る為には、「一心不乱」に生きることは、重要な事柄だと感じています。色んな人がいます。けれども、真面目に生きることは、大切です。何故なら、そこには、信頼が、生まれ、良い人々に囲まれていると、思うからです。

そこには、お金では、買えない、素晴らしい環境が整っています。人は、いつも、孤独です。孤独に生まれてきて、孤独に死んでいきます。だから、人生は、自分そのものです。自分に責任を持つことは、自分の限界を知ることでもあります。

だからこそ、「一心不乱」。

現代に於いて、お金をたくさん持っていることが、その人物が、良い人生を送っているように、見えることがあります。しかし、それは、間違いであり、人生を快適に過ごすことはできますが、それは、「幸せ」を得るための条件ではありません。

お金で、解決できることは、たくさんあります。だから、人生は、快適です。けれども「人の心」は、お金では、買えないことを知っておきましょう。人生に於いて、ある程度のお金は、必要です。

ですが、ひとりの人間として生き、そして、ひとりの人間として、死んでいく人生には、過剰なお金は、必要ではありません。

そこには、別れを惜しんでくれる「人々の心」が、もっとも、必要な事柄です。

心の価値観は、人によっても大きく異なることがあります。ですから、色んな論議があり、これは、哲学にも通じます。ですから、この文章が絶対では、ありません。

違う価値観もあるからです。これを否定は、しません。

なぜなら、そこには、多様性があるからです。

だからこそ、人は、悩み、苦しみます。そうして、心の拠り所を探します。人生に答えは、ありません。自問自答しながら、歩むのが、人生そのものだと思うからです。

“Isshin Fran”. This word expresses how the mind is not disturbed. “One heart” is written as one heart. “Undisturbed” means not disturbed. Yojijukugo is an old word that is read like a Chinese sentence.

In other words, the meaning of words has a very long history. I still feel that the words spoken are very valuable. I always have this word in my heart.

That’s because it’s very difficult to never be disturbed at any time. It’s very difficult to be in such a state of mind.

There is a “heart” that nurtures this “unwavering heart” and never treats things lightly, but rather concentrates on things carefully.

In modern times, the “mind” is respected for individual freedom, and there are various ways of “mind”. It is also personal freedom, and in this modern era it cannot be denied.

However, the attitude of life is that it is not good to take a light look at things and deal with one thing easily in order to get things done or become socially recognized.

I think it’s important to deal with things in a “one-hearted manner” no matter what the good way of life is.

In other words, take all the small things seriously. The accumulation of good little things is the foundation for a good life, and it is a solid foundation.

Building up such time will never be a “regret” in later life. Life can make big decisions. That decision is not always correct.

However, the decision you make with “one-heartedness” does not cause “regret”, and you can “convince” it because it is a decision you made yourself.

There are many different lives, but only time is irreversible. This is the most equal thing in modern times.

I feel that it is important to live in a “one-hearted manner” in order to live a life that is “convincing” rather than “regret”. There are various people. However, it is important to live seriously. Because I think that trust is born and surrounded by good people.

There is a wonderful environment where you can’t buy with money. People are always lonely. Born lonely and dying lonely. So life is yourself. Taking responsibility for yourself also means knowing your limits.

That is why “one-hearted unrest”.

In modern times, having a lot of money can make the person seem to have a good life. But that’s a mistake, and while you can live your life comfortably, it’s not a condition for “happiness.”

There are many things that can be solved with money. So life is comfortable. But be aware that the “human heart” cannot be bought with money. You need some money in your life.

But living as a human being and dying as a human being does not require excess money.

The most necessary thing is the “hearts of the people” who are willing to say goodbye.

The values of the mind can vary greatly from person to person. So there is a lot of controversy, which also leads to philosophy. Therefore, this sentence is not absolute.

Because there are different values. I will not deny this.

Because there is diversity there.

That is why people suffer and suffer. Then, look for a place of heart. There is no answer in life. I think it is life itself to walk while asking yourself questions.

 

 

 

 

 

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

子育て中の生活費。Living expenses while raising children.

光熱費を抑えることは、大切です。ですから、以前に書いた、お湯の節約を行ってください。すると、私は、マンションの管理人が、声を掛けてきます。そこのマンションは、水道代は、管理人が集金するシステムでした。どうやって、こんなに「節約」できるのか、と。私は、他の家庭を知りません。だから、ここが、違うとは、言えません。だだ、私の家庭4人は、月5,000円で、同じ市の他の家庭は、20,000円以上でした。

電気代は、子供にパソコンを買い与えたら、凄くお高くなりました。月、4,000円から、5,800円になりました。冬の暖房は、自分ひとりの時は、18℃にしていました。今では、できないことですが、当時は、子育てで忙しいので、寒い、と思うより、身体をいつも動かしていたのでしょう。

最近、節約に購入したものがあります。それは、ガスストーブです。電池一本で、電気代が掛からず、ガスストーブは、掃除ができて、何十年も、持つからです。電気代は、これからクリーンエネルギーでお高くなります。お湯もできます。

ご飯は、手作り、でした。時々、外食したいと思いますが、時間が、みんな違うので、なかなか、合いませんし、何より、子供が行きたくない、と言うのです。これには、困りました。時々、おやすみしたいのですが、子供は、家が良い、言うのです。ですから、食費は、ますます、お安くなります。

ディナーの手作りハンバーグを作る時に、お弁当用の小さなハンバーグをたくさん作って、一緒に焼いて冷凍しておきます。トンカツでも、ディナーで、作った、時に一緒に油で揚げて、冷凍しておきます。このようにしていました。とても、大変、でした。

マクドナルドのポテトが、食べたいというので、冷凍のポテトを1kg揚げて、自宅で食べたり、ポテトチップスは、かさばるので、ポップコーンのとうもろこしの乾燥を買って、子どもたちに、自分で作って、おやつにしました。子供たちは、これを見ているので、とても料理上手です。私より、上手だと思います。

この頃、私の料理を見て、良く言うことばがあります。「これ、いくら?」値段を聞いてきます。私は、週末に大量に買い込みます。車に乗せてもらい、お安いお店でお買い物をします。家族は、一度も断りません。美味しい、ものが食べれると、期待するのでしょう。

ある日のお買い物です。調理されていない、お魚を買ってきて、自分で料理します。新鮮なら、お安いアジでも「さしみ」にできます。このように調理を工夫すれば、美味しいです。

大根でも、皮や葉も食べます。皮は、繊維に沿って刻み、炒めて、ダシしょうゆで味付け、少し炒め終わる時に胡麻油を入れると、もっと美味しい、です。そして、とうがらしをかけます。これで、大根のきんぴらの出来上がりです。とても、美味しいです。葉は、油で炒めると、ピリっとした、炒めもの、の出来上がりです。

食を楽しむと、食材を大切にしますから、色んなバリエーションの料理が、楽しむことができます。その上に節約になります。そうすると、自動引き落とし(電気、ガス、家賃、塾、学校、保険等)以外は、4人家族、それも食べ盛りがいて130,000円(現金払いの塾代20,000円、水道代、含む)でした。

ですから、教育費は、沢山掛けました。これは、子供自身も良く知っており、社会人になって改めて本人、それぞれから「ありがとう」と言われました。子供の「教育」は、その「人生」を大きく変えます。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

食費、生活費の節約術。How to save food and living expenses.

先日、新婚家庭の家計簿を見せて頂きました。

彼らは、今、流行りのスマホで、記帳できる家計簿を使っています。

共働きの家庭です。色んなことが、記載されていた。

驚いたのが、食費でした。

日用品とか、色んな項目がありました。

私は、あまりお買い物が、上手く無い。

だから、社内販売で、歯磨き粉やら、洗剤、歯ブラシなどの日用品の販売があれば、そうお安くも無いのに、嬉しくなっていっぱい買ってしまう。

だから、家族に、こんなに要らないでしょ?と言われ、それらを配ってしまう。

でも、たくさんすぎて、しばらく、日用品は、ほとんど買うことも無い。

だから、ドラックストアなんて、誘惑のいっぱいあるところには、めったに行かない。

それらの在庫は、トイレのデットスペースに山のようにダンボールになって積まれています。

だから、日用品は、トイレットペーパーぐらいしか、買わない。

スーパーに行くのも苦手です。

だから、週末にまとめて、買い物をします。

「ついで買い」って言葉を知っていますか?

この頃は、家をきれいにするために、あまりストックを持ちません。

けれど、これって、色んな誘惑に合う。

私は、自転車に乗らない。ひたすら、歩く。

だから、重いものは、買えないし、時間もかかる。

身体には良いと思うので、実行しています。

週末の買い物だけは、自動車、です。

だから、平日は、買い物にも行きたくないです。

話は、戻りますが、私は、こんな状態だから、日用品なんて、ほとんど買わない。

見せて頂いた家計簿は、外食と食費を合わせて、月、60,000円程でした。

共働きは、どうしても、外食が多くなる。だから、こんな感じです。

でもね。やっぱり、多い。もっと削れると思う。

私は、週末の買い物は、5,000〜10,000円の間、それも2人。

現金で、100,000円銀行から出金したら、忘れるくらいにもつ。

インターネットでのお買い物は、カードだけど。

お菓子も買いたくなる。

先日、思い切って、ポテトチップの小袋を1袋、買った。

でも、ダイエット中だから、ためらい、もあった。

だから、あまり、お買い物に行くと色んな誘惑があるので、つらくなる。

週末は、お安いお店に自動車で、行って、思い切り、買う。

こんな感じです。だから、食費は、お安い。

まとめ買い、すると、経済的に良いから、お勧めです。

前に、お店に行ったら、「あんこう」が、そのまま、売っていました。

それ、一匹、380円。調理した切り身なら、1,000円以上する。

だから、調理方法を聞いて、自分で、あんこうを調理しました。

魚のイワシでも、1ケース500円ぐらい。

それを調理して、フライしたり、色んな料理にします。

とんかつだって、まとめて作れば、お安い。

そうやって、冷凍しておくと便利。ミンチ肉だって、まとめ買いして、フードプロセッサーで、ハンバーグにして、冷凍します。

とても美味しいし、お安いです。

少し、手間がかかるけど。お弁当のおかずなら、小さなハンバーグを焼いてから冷凍したり、色んなフライを作って油で揚げて、冷凍すれば、とても節約になります。

ちょっとしたことだけど、小さな積み重ねが大きな差になるから、がんばって、節約して、コツコツ、お金を貯めましょう。

お互いに頑張りましょう!

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

お金を稼ぐ王道。The royal road to make money.

他人は、良く見える。

テレビと同じ程、進んだのが、インターネットです。

色んなアイデアで、情報を売って、生計を立てている人がたくさん生まれた。

だから、「情報」で、「ラクして」お金を「稼ぎたい」。

と思っている人がたくさんいる。

日本に面白い言葉がある。

「稼ぐに追いつく貧乏なし。」

一生懸命働くと貧乏することは、ない、ということわざです。

それにこんな言葉もある。

「貧乏ひまなし。」

貧乏なために、生活に追われて、暇が無い。

つまり、稼ぐということは、世の中を生きるための仕事、です。

豊かになりたい、はずなのに、始めた仕事が、毎日、貧乏にならないように働くことになる。

毎日、休まず、お金のために働くことになる。

毎日、インターネットの更新とか。

それが、お金を稼ぐためなら、やめた方が良い。

それは、効率が悪いからです。

つまり、資本主義が、わからないで、インターネットの世界に「夢」見て、参入する人が、たくさんいる。

けれども、資本主義は、多くの資金を持った人が有利です。

それは、色んな場面で如実に現れる。

インターネットで成功した人も、バックには、支援する人が存在する。

それは、プロダクションだったり、スポンサーだったりする。

まれに、スターのような人もいるけれど、これは、私の言葉でいうと、賭けごとのような、ゲームのような、人生です。

だから、そんな良い話は、ずっと続くはずは、無い。

芸能人だって旬がある。

そんな良い話は、そんなに無い。

そんな良い話が、ずっと続くはずが無い。

だから、「普通」が一番良いと感じる。

普通を続けていれば、それは、大きな「ちから」になる。

「普通」は、一番難しい、から。

良い就職先とされた「銀行員」は、今やリストラの対象で、もう、高給取りでは無い。

そんなことが、身近にたくさんある。

人は、苦しいと、誰にも、相談できなくなる。

じっと、黙っている。

だから、声さえ、あげれない人がいる。

家庭が苦しくて、困った学生もいる。

そんなことを知って、学校に制服を寄付したこともある。

学校が、困った家庭に制服を渡してくれる。

人は、苦しいと、無言になる。

そんな家庭が、あることを忘れては、いけない。

もっと、謙虚になる必要がある。

良い格好をしていて、寄ってくる人は、警戒した方が良い。

危険がいっぱいある。

だから、「大金」を「稼ぐ」とか、考えずに、小さな「一歩」で良いから、前を向いて、踏みだして欲しい。

仕事に貴賤(キセン)上下なんて無い。

確実に1ヶ月、入ってくるお金があれば、そこから、工夫すれば、お金は、貯まる。

そうしていれば、少しの余裕が生まれる。

色んな情報があるけれど、地に足をつけて、着実に、生きよう。

そうすれば、色んなことができるようになる。

「資本」と「信用」は、社会にを生きる上で、最も大切です。

定職や信用がないと、なかなか、クレジットカードは、作れない。

そう、インターネットの社会にも、入れない。

だから、人生は、基礎作りが、最も大切です。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

高齢者と若者の「お金」に対する感性の違い。Differences in sensibility for “money” between the elderly and young people.

ある質問をQuora でしてみました。

Quoraとは、みんなで、問題を解決する場所で、とても親切に質問に答えてくださる場所です。

日本では、老人が、お金を抱え込んで、若者にお金が無い。

だから、老人の福祉を奪って、若者の福祉を厚くして、不妊治療とかまで、国が、負担するとか言い始めています。

だから、これから、歳を重ねていく人や若者もみんな、きっと、興味ある話です。

その高齢者がお金を貯めることは、本当に悪いことなんだろうか、と悩んでいたからです。

色んな方の体験談が寄せられました。

「もう、いい歳だから」お金を使おうと海外旅行に何回か行った人の話も出てきました。

ですが、そのような事をしても、結局のところ、旅行もそう楽しいものでも無さそうで、飽きてしまうようです。

そんな中、こんな意見があり、とても納得できたので、皆さまと共有できましたら嬉しいです。

若い内は、稼ぐとか、自由とか、色んな、欲や希望があります。

そして、人生の終活を考える時期が来ます。

その時には、たくさんのお金を使って楽しむことは、辞めた方が良い。

何故なら、お金を使おうとお金にこだわると、悪い人間関係が忍びよるからです。

だから、知的趣味や知識を持って、お金にこだわらない生活が大切。

そして、生活は、質素に、でも健康には、お金を使う。

それは、決して華美な生活では無い。

自分の生活環境を整える事。

色んな不慮の事故について、保険に入る。

生活予防費はしっかりと確保する。

親は、自分の人生に責任を持って、子供に迷惑をかけない為にお金を持つ。

そして、これが、代々、引き継がれるなら、幸せ、である。

こんな答えが、出ました。

つまり、親は、子供の為にお金を貯める事をしています。

決して、自分たちだけが、良い暮らしをしたいのではなく、子供を思うからこそ、自分の事で迷惑をかけたくないから、お金を持っているんです。

「持っている事に意味があります。」とおっしゃっている方もいました。

決して、自分たちだけが、良いのでは、無く、そこには、親の大きな、「やさしい心」や「思いやり」を感じます。

ある海外在留の日本人に相談された事があります。

「私は、親の死ぬ時にも、会えなかったし、親不孝ばかりした。とても、罪悪感でいっぱいです。この心はどうすれば良いのか?」

私は、こう答えました。

親からの恩は、返すことは、誰もできません。

これは、自分の子供に引き継いでいけば、良い、と答えました。

彼は、とても心が穏やかになったようでした。

このように、みんな悩んでいます。

私は、今回幸せにも、色んな方のご意見を聞かせていただき、改めて、親の愛情の深さに触れ、これを世代を超えて、受け継いでいきたいと感じました。

不幸にも、親の愛情に触れることもできない子供もいます。

色んな方がいますが、今を大切に、お互いに思いやりを持って、接していきたいですね。

日本では、世代間格差とか、言われていますが、

若者も高齢者も、お互いの立場を理解して、誤解の無い、より良い社会にしたいですね。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

節約。金銭感覚を育てよう母の日のプレゼント。Savings. A gift for Mother’s Day to develop a sense of money.

日本では、5月の第2週目の日曜日は、母の日、と言って、お母さんにプレゼントを贈る、習慣があります。

その母の日にお決まりのパターンがあります。

それは、カーネーション(花)をプレゼントします。

私は、プレゼントやお祝い、を派手にしたり、しません。

そこには、母の強烈なほどの金銭感覚が、受け継がれています。

母は、商売人の家に生まれています。

私は、幼い時に、お小遣いを貯めて、カーネーションを、プレゼントしました。

初めてのことで、ドキドキ、していました。

そうすると、母は、「これ、私のお金で、買ったのね。」と、言い放ち、ありがとう、の一言もありません、でした。

確かに、お小遣いは、家庭から、もらったものでした。

それも、一年で、カーネーションが、一番、お高い、時期です。

ここまで、言われると、とても、毎年、お祝い、なんて、できない。

こんなことも、ありました。料理が、したいので、オーブンを買ってもらいました。

そうすると、母は、誕生日やクリスマスになると、ケーキを焼くように、いつも、私に言います。

そして、わずかな予算で、ケーキを作ることしか、できないほど、予算は、削ります。

ですから、クリスマスシーズンの、お高いイチゴなんて、とてもじゃないけど、買えません。

ですから、缶詰のフルーツを買って、チェリーや、パイナップル、ピーチなど、色とりどりにして、なんとか、作っていました。

そして、お正月(一年の始まりを日本は、オショウガツと言って、お祝い、します。)になると、又、指示が出ます。

鯛の姿焼き、を作るように、言います。

鯛を串に刺して、踊っているようにして、オーブンで、毎年焼いていました。

鯛の姿焼きは、お高い、です。ですから、自分で作って節約していました。

お誕生日お祝いなんて、小さい頃は、していたけれど、ケーキを焼くのも、もう、どうでもよくなりました。

イチゴのお高い時期に、手作りのケーキにイチゴをのせるのは、不経済、だと思います。

そんな、経済感覚が、身についています。

小さな節約は、後の、大きな成長になります。

工夫をして、いかに、楽しむのか、そこには、知恵が生まれる、原点、が、あります。

カーネーションは、とても育てやすい、お花です。

タネを買って、たくさん、咲かせるのも、ステキだと思います。

知恵を使って、より良い、暮らしにしたいですね。

In Japan, the second week of May, Sunday, is Mother’s Day, and there is a custom of giving presents to mothers.

There is a fixed pattern on Mother’s Day.

It presents carnations (flowers).

I don’t flashy gifts or celebrations.

There, the intense monetary sensation of my mother is passed down.

My mother was born in a merchant’s house.

When I was young, I saved my pocket money and presented a carnation.

It was my first time and I was excited.

Then, my mother said, “I bought this for my money.”

Certainly, my pocket money was received from my family.

It’s also the year when carnation is the most expensive.

So far, I can’t celebrate every year.

There was also such a thing.

I want to cook, so I got an oven.

Then my mother always tells me to bake a cake on birthdays and Christmas. And I cut the budget so that I can only make a cake with a small budget.

So I can’t buy expensive strawberries for the Christmas season, though it’s not very good.

So, I bought canned fruits and made them colorful with cherries, pineapples, peaches, etc.

Then, when New Year’s Day (the beginning of the year is called “Oshogatsu, Japan celebrates”), instructions will be given again.

Ask them to make a grilled sea bream.

I grilled sea bream every year in the oven, sticking on a skewer and dancing as if I were dancing.

The grilled sea bream is expensive.

So I made it myself to save money.

I used to celebrate birthdays when I was little, but I don’t mind baking cakes anymore.

I think it is uneconomical to put strawberries on a handmade cake during the high season of strawberries.

I have such an economic sense.

Small savings will be big growth later.

There is a starting point, where wisdom is born, how to devise and enjoy.

Carnations are flowers that are very easy to grow.

I think it’s great to buy seeds and make them bloom a lot.

I want to use my wisdom to make a better life.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

任天堂のキャラクター人気の秘密Nintendo character, popular secret.

任天堂は、日本の代表的な企業です。この企業の原点は、「花札」にある。

「花札」とは、日本のカードゲームで、季節の花などの書かれたカードで、遊びます。この花札は、過去は、博打に使われました。カードに不正はあっては、いけないから、ゲームごとに、花札のセットは、交換されました。

これが、もう、世界的なゲーム会社になったのだから、凄いことです。

この会社は、創業年1889年です。この記事を書いているのは、2022年だから、133年間です。

凄い企業です。この会社は、人気のキャラクターが、たくさんあります。

このキャラクターの作り方が、先ず、上手い。どう「上手い」かと言うと、それは、人間の原点を知って作られています。

人間には、言葉があります。これは、高度なコミュニケーションです。自分の意思を伝えるためには、必要です。しかし、これは、時として、誤解を招いたり、好き嫌い、を分けていまう原因になります。だから、人間関係は、非常に難しいものです。

しかしながら、この難しい人間関係の疲れを癒してくれるのが、ペットです。ペットは、言葉は、言いません。鳴きますが、これは、簡単なコミュニケーションであり、非常に原始的、そして、心温まる関係です。

そんな動物との、基本的な「ふれあい」を基にして作られたのが、任天堂のキャラクターです。キャラクターは、鳴いても、決して、言葉は、言いませんから、後腐れのない、程よい距離感があり、心安らぎます。

このようなキャラクター作りは、子どもたちにとって、ペットの世話をせず、そうして、心安らげるキャラクターになります。

だから、任天堂のキャラクター作りは、非常に上手い、と唸ります。

このような体験をすれば、子どもは、繰り返しが、大好きだから、何度も、ゲームをして、楽しむでしょう。企業努力は、大切です。

だからこそ、大きく変わりゆく時代においても、大きく成長していく企業です。隠れたところまで、企業が、いかに努力しているか、わかる、一つの企業例を今回は、書いてみました。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
Translate »