節約。金銭感覚を育てよう母の日のプレゼント。Savings. A gift for Mother’s Day to develop a sense of money.

日本では、5月の第2週目の日曜日は、母の日、と言って、お母さんにプレゼントを贈る、習慣があります。

その母の日にお決まりのパターンがあります。

それは、カーネーション(花)をプレゼントします。

私は、プレゼントやお祝い、を派手にしたり、しません。

そこには、母の強烈なほどの金銭感覚が、受け継がれています。

母は、商売人の家に生まれています。

私は、幼い時に、お小遣いを貯めて、カーネーションを、プレゼントしました。

初めてのことで、ドキドキ、していました。

そうすると、母は、「これ、私のお金で、買ったのね。」と、言い放ち、ありがとう、の一言もありません、でした。

確かに、お小遣いは、家庭から、もらったものでした。

それも、一年で、カーネーションが、一番、お高い、時期です。

ここまで、言われると、とても、毎年、お祝い、なんて、できない。

こんなことも、ありました。料理が、したいので、オーブンを買ってもらいました。

そうすると、母は、誕生日やクリスマスになると、ケーキを焼くように、いつも、私に言います。

そして、わずかな予算で、ケーキを作ることしか、できないほど、予算は、削ります。

ですから、クリスマスシーズンの、お高いイチゴなんて、とてもじゃないけど、買えません。

ですから、缶詰のフルーツを買って、チェリーや、パイナップル、ピーチなど、色とりどりにして、なんとか、作っていました。

そして、お正月(一年の始まりを日本は、オショウガツと言って、お祝い、します。)になると、又、指示が出ます。

鯛の姿焼き、を作るように、言います。

鯛を串に刺して、踊っているようにして、オーブンで、毎年焼いていました。

鯛の姿焼きは、お高い、です。ですから、自分で作って節約していました。

お誕生日お祝いなんて、小さい頃は、していたけれど、ケーキを焼くのも、もう、どうでもよくなりました。

イチゴのお高い時期に、手作りのケーキにイチゴをのせるのは、不経済、だと思います。

そんな、経済感覚が、身についています。

小さな節約は、後の、大きな成長になります。

工夫をして、いかに、楽しむのか、そこには、知恵が生まれる、原点、が、あります。

カーネーションは、とても育てやすい、お花です。

タネを買って、たくさん、咲かせるのも、ステキだと思います。

知恵を使って、より良い、暮らしにしたいですね。

In Japan, the second week of May, Sunday, is Mother’s Day, and there is a custom of giving presents to mothers.

There is a fixed pattern on Mother’s Day.

It presents carnations (flowers).

I don’t flashy gifts or celebrations.

There, the intense monetary sensation of my mother is passed down.

My mother was born in a merchant’s house.

When I was young, I saved my pocket money and presented a carnation.

It was my first time and I was excited.

Then, my mother said, “I bought this for my money.”

Certainly, my pocket money was received from my family.

It’s also the year when carnation is the most expensive.

So far, I can’t celebrate every year.

There was also such a thing.

I want to cook, so I got an oven.

Then my mother always tells me to bake a cake on birthdays and Christmas. And I cut the budget so that I can only make a cake with a small budget.

So I can’t buy expensive strawberries for the Christmas season, though it’s not very good.

So, I bought canned fruits and made them colorful with cherries, pineapples, peaches, etc.

Then, when New Year’s Day (the beginning of the year is called “Oshogatsu, Japan celebrates”), instructions will be given again.

Ask them to make a grilled sea bream.

I grilled sea bream every year in the oven, sticking on a skewer and dancing as if I were dancing.

The grilled sea bream is expensive.

So I made it myself to save money.

I used to celebrate birthdays when I was little, but I don’t mind baking cakes anymore.

I think it is uneconomical to put strawberries on a handmade cake during the high season of strawberries.

I have such an economic sense.

Small savings will be big growth later.

There is a starting point, where wisdom is born, how to devise and enjoy.

Carnations are flowers that are very easy to grow.

I think it’s great to buy seeds and make them bloom a lot.

I want to use my wisdom to make a better life.

環境に負けずに、大きく成長する。鳴門海峡に見る自然。Grow big without losing the environment.Nature seen in the Naruto Strait.

日本に明石海峡大橋と鳴門大橋があります。

この2つの橋は、島をひとつ渡って、本州と四国を繋いでいる高速道路の大橋です。

この橋は、渦潮という、大きな海のうねりがある、ところに建設されています。

下が、先ず、海ですから、河、の橋とは、格段に、技術が必要です。

何故なら、真水とは、違い、海水です。ですから、すぐに、痛み易いです。

素材も、とことん、こだわりが有ります。

メンテナンスが、容易に出来る様に、メンテナンスのする人の渡る部分も有りますし、それは、とても凄い技術です。

橋の吊るケーブルももちろんですが、その吊って居る支柱は、エレベーターで、上がります。

遠くから見れば、普通の橋の様ですが、支柱をエレベーターで上がる程、壮大な建築物です。

その下には、渦潮があり、そこには、又、素晴らしい、事が発覚できます。

その激流の海流の中で、育った海の生き物達は、素晴らしい程、美味しいのです。

その代表が、タコ、です。吸盤で張り付いて、流されないように、生息しています。

ですので、身が、引き締まって、とても美味しい、のです。

他にも、「ワカメ」などの海藻も、そのような環境で、育った海の生きものは、とても美味しいです。

とても、日本では、有名な食材です。

厳しい環境で、晒される事は、一見、不幸なことのように、思われる事が、多いです。

ですが、このような自然界が、教えてくれているようです。

どんな環境でも、堪えて、頑張れば、それは、とても素晴らしい結果になり、大きな実りをもたらす、ことを教えてくれています。

自分の置かれた環境に、不平を言わず、それをバネに、大きく成長して、ください。

There are Akashi Kaikyo Bridge and Naruto Bridge in Japan.

These two bridges are highway bridges that connect Honshu and Shikoku across one island.

This bridge is built in the place where there is a big ocean swell called whirlpool.

Below is the sea first, so the technology of river bridge is much needed.

Because fresh water is different from seawater.

So it’s easy to hurt right away.

As for the material, we are very particular about it.

There is a part that the person doing the maintenance crosses so that the maintenance can be done easily, and it is a great technique.

Of course, the cable that hangs the bridge is lifted by the elevator.

Seen from a distance, it looks like an ordinary bridge, but it’s a magnificent building, where you can go up the pillars by elevator.

Below that, there is a whirlpool, and there are also wonderful things to discover.

The marine creatures that grew up in the torrent of ocean are so delicious that they are wonderful.

The representative is octopus.

It sticks to the sucker and lives so as not to be washed away.

Therefore, the body is firm and delicious.

In addition, seaweeds such as “seaweed” are very delicious when they grow up in such an environment.

Very famous in Japan.

In a harsh environment, there are many things that seem to be exposed, seemingly unhappy.

However, it seems that such a natural world teaches us.

It tells us that in any environment, if you endure and work hard, it will give you great results and great results.

Do not complain about your environment and use it as a spring to grow up.

今のウェブ、SNSに必要なこと。What you need for today’s web and SNS.

日本には、日本版SNSがあります。

この現状を書いてみたい、と思います。

今のツイッター社やフェイスブック社の将来を見分ける上で、重要になる、と思いますので、今後の展望を書いてみたい、と思います。

何も、対策をしないのなら、この場は、将来的に、誹謗、中傷の場、そして、裏情報のやり取りの場になるでしょう。

これは、日本での、「2ch」(2ちゃんねる)と呼ばれるサイトを参考にしています。

このサイトは、インターネットの黎明期において、とても、インターネットやパソコンのスキルの高い人が、色んな情報を交換していたサイト、でした。

ですから、匿名では、ありましたが、とても有益な情報が、得られる場所でした。

みんな、とても、親切で、とても、良いサイトでした。

ところが、今は、荒廃して、人の悪口や、変なうわさ話をしたりする、サイトになってしまいました。

サイトは、情報交換もしている所もありますが、それも、嫌がらせで、話をそらして、そのサイトを潰そうとする者が、現れるので、やはり、良い情報は、得られるサイトでは、ありません。

幾つもの、スレッドがありますが、これは、もう、発言の「自由」は、ありますが、そこには「責任」がありません。

そのサイトは、汚いことばで、埋め尽くされています。

時々、そこに、真実が、混ざっていることもあります。

それを見つけるために情報を探す人もいますが、「真実」か、どうかは、自分で判断しなければ、なりません。

このように、広く一般的になる、という事は、「自由」という特権を、デジタルの場所で、身勝手な発言することになります。

これは、自分を優位にしたい、欲求から、です。

リアルの世界で、不満を募らせ(つのらせ)、そして、はけ口にします。

ですから、悲しい現実ですが、インターネットが、普及する事は、何かしらのルールが、必要になります。

SNSは、とても、このサイトのようになる可能性を持っています。

事実、日本では、SNSで、誹謗、中傷で、心が傷ついて、自殺した方がいます。

これは、社会的に問題になっています。

このような事は、色んな国で、起こっている事でしょう。

ですから、ウェブやSNSは、何らかの規制が、必要になりますし、実際、このような事になっています。

今後、どのように運営するのかは、非常に大切ですし、人間は、「自由」である事は、「自己主張」だとして、「無責任」に「発言」します。

ウェブのリテラシーやルールを学校教育で、又、色んな場で、学ぶ、機会を作る、必要があります。

これは、道徳心が有れば、自然に、身に着きます。

ですが、これは、理想で、現実的では、ありません。

ウェブの環境にルール、これは、法律のようなものです。

これを、作って、しっかりと運用していく必要があります。

そして、そこで、ルールを守って、しっかり、健全なウェブ、に育つことを、私は、提言します。

In Japan, there is a Japanese version of SNS.

I would like to write about this current situation.

I think that it will be important in distinguishing the future of Twitter and Facebook, so I would like to write a future outlook.

If nothing is done, this place will be a place of slander, slander, and exchange of secret information in the future.

This is based on a site called “2ch” (2 channel) in Japan.

This site was a site where people with very good Internet and PC skills exchanged various information in the early days of the Internet.

So, anonymously, it was a place to get some very useful information.

Everyone was very kind and very good site.

However, now it has become a site that has been ruined and people have talked about bad things and weird rumors.

Some sites also exchange information, but it is also harassment, some people try to distract the site and try to crush the site, so again, good information is not available on the site .. There are a number of threads, and this has some “freedom” to speak, but no “responsibility” there.

The site is full of dirty words.

Sometimes the truth is mixed in there.

Some people look for information to find it, but you have to decide for yourself whether it is “truth.”

In this way, becoming broad and general means making the privilege of “freedom” a selfish statement in a digital place.

This is because of the desire to give yourself an edge.

In the real world, make people frustrated (grow) and make an outlet.

So, it’s a sad reality, but the spread of the Internet requires some rules.

SNS has the potential to look very much like this site.

In fact, there are people in Japan who have committed suicide on social media through slander, slander, and heart damage.

This is a social problem.

Things like this are probably happening in various countries.

Therefore, the web and SNS require some kind of regulation, and in fact, this is the case.

In the future, how to operate will be very important, and human beings “freely” will “speak” irresponsibly, as “self-assertion”.

There is a need to learn and create opportunities for school literacy and rules in school education and in various places.

If you have a sense of morality, you will naturally wear it.

But this is not ideal, not realistic.

Rules to the web environment, this is like law.

It is necessary to make this and operate it firmly.

And there, I recommend that you follow the rules and grow into a solid, healthy web.

不動産。建物の価値を知る。Real estate. Know the value of the building.

建物の構造について、どれだけの価値があるかお伝えしたいと思います。

専門的になりますので、建物構造は、業者の方に聞いてください。

今日は、住居用途に限り(一般にお住まいされる住宅のこと)のお話しです。

法定耐用年数です。鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造47年。

れんが造、石造、ブロック造38年。

金属造(骨格材の肉厚が4ミリメートル以上)34年。

金属造(骨格材の肉厚が3〜4ミリメートル以下)27年。

金属造(骨格材の肉厚が3ミリメートル以下)19年。

木造、合成樹脂造22年。

木骨モルタル造20年。

このようになっています。

建物の解体現場を見ますと鉄骨の使われた建物は、特殊な機材を使い、解体、処理していますので、解体費や処理費がかなりかかる印象があります。

どのような住まいにするのかは、色々だとは思います。

駐車場にアスファルト(10年の法定原価償却)やコンクリート(15年の法定原価償却)等を敷くと、建物と見なされ、法定原価償却が有ります。

参考になれば、と思います。

今日は、建物の法定耐用年数について書いてみました。

スマホ2台持ちは節約と通信補強になるHaving two smartphones saves money and strengthens communication.

意外に思われると思いますが、運用方法で、スマホ2台は、節約と通信補強になりますので、読んでくださいね。

長く愛用していたガラケーがありました。

それは、親が、なかなか、スマートフォンになじめないから。だから、ガラケーを今まで、使っていました。(2020年)

もう、3Gも無くなるし、期限もあります。

それで、格安スマホ(MVNO)のデータ通信のsimを入れて使っていました。

私も、スマホにしたいけど、やはり、家族で、お話できるように、ガラケーと、格安スマホの他社のデータ通信、のみでした。

ですから、通信障害があっても、スマホがあるので、困らないし、電話をかけながら、検索できるので、便利でした。

ですが、格安スマホは、やはり電波が、よくないです。そんな感じでしたから、wifiを契約して、補強しています。

思い切って、携帯電話を1本にしようと思いました。

そこで、電波の安定した大手の通信会社と契約しました。

スマホの2台持ち、です。

通信データを必要に合わせて、使い分けします。

インフラは、多く持っていた方が、何かと良いですから。

納得の2台持ちです。

今回は、スマホ2台持ちって、格安スマホサービスと併用すれば、お安くでき、通信インフラとしても補強できて、とても良い、というお話でした。

It may seem surprising, but please read this because the two smartphones will save you money and reinforce communication depending on how you use it.

There was a phone that I used for a long time.

That’s because parents can’t easily adapt to smartphones. That’s why I used to use the phone. (2020) 3G will be gone and there will be a deadline.

So, I was using it by inserting a sim for data communication on a cheap smartphone (MVNO).

I also want to make it a smartphone, but after all, as the family can talk about, it was only data communication of other companies such as a mobile phone and a cheap smartphone.

Therefore, even if there is a communication failure, I have a smartphone so I do not have to worry, and I can search while making a call, which is convenient.

However, cheap smartphones still have bad radio waves.

It was like that, so I contracted wifi and reinforced it.

I took the plunge and decided to have one mobile phone.

Therefore, we contracted with a major telecommunications company with stable radio waves.

I have two smartphones. Use communication data according to your needs.

It’s better to have a lot of infrastructure.

I have two convincing ones.

This time, if you have two smartphones and use them together with a cheap smartphone service, it will be cheaper and you can reinforce the communication infrastructure, which is very good.

不動産投資、株式投資の王道スタイル。The royal road style of real estate investment and stock investment.

不動産投資、株式投資、FX、などお話していますが、これを否定しているのでは、ありません。

株式投資にも、私は、こんな経験があります。

それは、注文入力している間に値段が5〜10円上がってしまい、思うようなお値段で、買えなくなりました。

ですから、とても、私は、腹が立って、そのお高いお値段で、買い、その日のうちに、損をして、何万と、損益を出しました。

しばらくすると、その証券会社に、顧客の覗き見が、あったとして報道されました。

その事象は、改善されました。

不動産投資も、賃料相場よりもお安くなっていますが、まだ値上げされません。

大きなお金が、絡むものは、そんなにきれいな世界ではありません。

株式投資も、なんとか、うまくやっているし、不動産投資については、インカムゲインより、キャピタルゲインを目指すのが、正統法で、事実、私の持っているものは、かなり値上がりしています。

この値上がりは、業者も羨ましいと思います。

ですから、株式投資、不動産投資は、キャピタルゲインを狙った方が、良い感じがします。

インカムゲインですと、ちょっとした数%で、利益が、飛んでしまいます。

ですから、不動産投資についても、余裕ある資金、自己資金で運用するのが、最善です。

ほんの数%で、持ちこたえることのできないような運用の仕方は、どの投資についても、失敗する確率が、高くなります。

投資は、余裕資金ですれば、悪い時期を乗り越えて、良い投資先であれば、必ず結果が出る、と思います。

今回は、どんな投資でも、余裕資金でするのが、王道であることをお話しました。

FXと株式投資。資産運用とトレードFX and stock investment. Asset management and trading

FXは、為替、つまり、国の相対評価。株式投資は、会社の評価。

FXは、為替だから、どんどん動きます。

それに、国同士の評価だから、時差もあるし、政策や財政など、色んなことが、絡みます。

だから、24時間、365日、ずーっと見張っておかないと、いけない。

投資は、余ったお金でするもので、借金で、するのは、基本的におすすめしません。

気持ちに余裕も無くなるし、ちょっとした利益で、売却するから、いつも時間に追われてしまう。

余裕資金なら、気持ちが違います。

ですから、住宅ローンのある人は、しない、に限る。

ローンの償却表を、じっと見てみると良いです。

元金と利息が、記載されていて、返済額があります。

それだけの利息を毎月、利益を出すことは、無理だと思う、からです。

ですから、お若い時に少しずつ経験して、自分に向いていると思うなら、住宅ローンが終われば、又、始めれば、良いし、向いていなければ、やらない方が良いです。

「休むのも相場」と言うことわざがあります。私も住宅ローンのある時は、投資はお休みしていました。

その時に、証券会社の取り計らいもあり、年に一回だけど、アンケートを答えて、商品券が貰える、ことがありました。

ですから、大手の証券会社は、親切だし、インターネット専門の証券会社は、手数料がお安いので、色んな証券会社を自分で選ぶのは、良いと思います。

話は、戻りますが、基本的に、FXというのは、パイの取り合い、というイメージが私には、あります。

ですから、FXは、ずっと見張るのも面倒で、パイの取り合い、のようなのは、私の場合、向きませんでした。

ですから、FXをちょっと、してみましたが、辞めてしまいました。

ですが、小額投資には、向いています。

株式投資は、会社を分析して将来性を買う行為ですので、この方が、私には、向いていました。

金額は、大きくなりますが、基本的に投資は、ギャンブルでは、ありません。

ですから、追証に追われるような、お取引は、しません。

これが、投資を長くする秘訣だと思います。

私は、海外株式投資は、余り考えていません。

海外の通貨ベースで、利益が出ても、為替で、帳消しになることも、多い、からです。

ですから、海外投資は、かなり難しく、これをできる人は、とても、素晴らしい、才能だと思います。

何事も、経験ですから、投資を通して、色んな社会を勉強して欲しいと思います。

そうすれば、政治、経済が、自分の身近な存在になり、学校とは、違う、社会勉強ができます。

物事を、深く考え、それは、自己研鑽になります。

年齢に関係なく、いつまでも、社会を通して、勉強していたいですね。

FX is a currency exchange, that is, a relative evaluation of the country. Equity investment is a company valuation.

Because FX is a currency exchange, it moves more and more.

Also, because of the evaluation between countries, there are time differences, and various things such as policies and finances are involved.

Therefore, you have to keep an eye on you 24 hours a day, 365 days a year.

Investing is done with surplus money, and it is basically not recommended to do with debt. I’m running out of time, and because I sell it with a little profit, I’m always in a hurry.

If you can afford it, you will feel different.

So, if you have a mortgage, you should not.

Take a closer look at the loan amortization table.

The principal and interest are listed and there is a repayment amount.

I think it’s impossible to make a profit that much every month.

Therefore, if you experience it little by little when you are young and think that it is suitable for you, it is better if the mortgage is over, if it starts again, if not, it is better not to do it.

There is a saying that “it is also a market price to rest”.

When I had a mortgage, I didn’t take any investment.

At that time, there was a case where I got a gift certificate by answering the questionnaire once a year, partly because of the arrangement of the securities company.

Therefore, major securities companies are kind, and securities companies that specialize in the Internet have low fees, so I think it is good to choose various securities companies by yourself.

The story returns, but basically, I have the image that FX is a pie fight.

Therefore, FX is a hassle to keep an eye on for a long time, and it was not suitable for me to fight with pies.

So I tried FX a bit, but I quit. However, it is suitable for small investment.

Stock investment is the act of analyzing a company and looking for future prospects, so this was more suitable for me.

The amount is large, but basically the investment is not in gambling. Therefore, we will not make any transactions that require additional proof.

I think this is the secret to lengthening investment.

I don’t really think about foreign equity investment.

Even if a profit is made on an overseas currency basis, it is often canceled by the foreign exchange.

So overseas investment is quite difficult and I think the people who can do this are very, very talented.

Everything is an experience, so I would like you to study various societies through investment.

By doing so, politics and economy will become familiar to you, and you will be able to study social studies differently from school.

Think deeply about things, it will be self-improvement.

I want to study forever through society, regardless of age.

兵庫県姫路市家島で知った温暖化と海面上昇。Global warming and rising sea levels that I learned from Iejima, Himeji City, Hyogo Prefecture.

ある島に行きました。これがこのお写真のところです。

何も、観光なんてない。

だから、多分お話だけで、いいんじゃないかと思って、書いています。

観光バスもないので、町の無料コミュニティバスに乗って、色んなところを周りました。

って、言っても、観光なんてないから、老人ホームとか、町の商店街とか、ぐるっと周ります。

この島は、魚が、良く釣れるので、それをお目当てに料理旅館があります。

で、そこで、高速艇で、行くんだけど、その前に料理を予約しておくんです。そしたら、おいしいお魚料理が、食べれます。

勿論、旅館だから、お泊りでいらしゃる方もたくさんいます。

で、夕方になれば、波止場に行って、竿を落とすと、いっぱいお魚が取れる。

だから、子供達は、とても嬉しい様子。

この島は、そんなへんぴな所だけど、石が採掘されて、とても、見かけによらず、豊かな島です。

そんなアナウンスをサービスいっぱいに、町のコミュニティバスの運転手は、話してくれました。

でも、小さな島だから、心配ごとが、あるんだよ。

と、ため息をつきながら、話し始めました。

小さな島には、防波堤が、あります。

その海の水位が、年々、上昇しているんです。

ここ数年で、50cm以上、上がりました。

年々、上昇しています…小さな防波堤だから、津波でも来れば、大変だろう。

日本の南の無人島は、水没した島もあります。

そんな、こと、身近にたくさんあると思う。

ただ、この問題は、経済とか、色んなことが、絡んでいるから、とても、難しい。

けれども、気温が上がれば、人間だって、生きていくのも、大変です。

事実、温帯と言われる地帯でも、クーラーなしに夏は、過ごせ無いし、干ばつとか、異常気象があります。

この先、100年って、人間が、存在するのかな?その前に疫病で、調整されるのかも、しれない。

とにかく、このままでは、人間は、地球には、生存できない、ことは、明らかです。

人間って、自分の後の3代先しか、考えないらしい。

これって、100年。

これは、ギリギリのタイムリミットなのかもしれない。

だから、この先、200年のこと、考えないと、対策は、できないと思います。

どの国も自分のことしか、考えていないから。

地球は、ひとつ。

I went to an island. Here is this photo. Nothing is sightseeing.

So maybe I’m just writing the story, thinking it might be good.

I didn’t have a sightseeing bus, so I took a free community bus in the town and went around various places.

Even so, I don’t go sightseeing, so I go around the nursing home, the shopping streets of the town, and so on.

Since the fish can be caught well on this island, there is a cooking inn for that purpose.

So, I’m going to go there by high-speed boat, but I’ll reserve food before that.

Then you can eat delicious fish dishes.

Of course, because it is an inn, there are many people who stay overnight.

Then, in the evening, go to the dock and drop the rod to catch a lot of fish.

So the kids look very happy.

This island is such a peculiar place, but the stone is mined and it is a very rich island regardless of its appearance.

The community bus driver in the town told us about such an announcement, full of services.

But since it’s a small island, there are worries.

I began to talk, sighing.

The small island has a breakwater.

The water level of the sea is rising year by year.

In the last few years, it has risen by more than 50 cm.

It’s rising year by year …

It’s a small breakwater, so it would be hard if the tsunami came.

Some uninhabited islands in the south of Japan are submerged.

I think that there are many things around us.

However, this problem is very difficult because it involves the economy and many other things.

However, if the temperature rises, it will be difficult for human beings to survive.

In fact, even in the so-called temperate zone, you cannot spend summer without a cooler, and there are droughts and abnormal weather.

Will humans exist in the next 100 years?

Before that, it may be adjusted by a plague.

Anyway, it is clear that human beings cannot survive on the earth as it is.

It seems that humans only think about the third generation after themselves.

This is 100 years.

This may be the last minute time limit.

Therefore, I don’t think we can take any measures without thinking about 200 years from now.

Every country only thinks about itself.

The earth is one.

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: