本物を知らない若者たち|物の価値が分からない世代

この頃、私は、考え込むことが多くなった。

何故なら、何もかも、軽薄短小になっているような気分になる。人々は、確実に、物を持たないようになってきています。

例えば、スピーカー。小さなコンパクトなスピーカーが我が家にはありました。私のお気に入りのメーカーで、その性能に不満はなかった。けれども、私は、あまり使うこともなく、そのスピーカーをフリマアプリで、超人気の時に処分しました。

別に、儲けようとかない。ただ、自分のライフスタイルに合わなかった。商品は、非常に良かった。しかし、私は、売ってしまった。理由は、その音にある。

我が家には、古いアンプと大きなスピーカーがあり、その音の重厚さには、小さなポータブルスピーカーの利便性を考えた時、音質を求めるスピーカーとしては、私にとって、不満だったからです。

今や、動画で、ダンスをして歌うアイドルが、主流で、これは、時代の流れだし、どうしようもない。けれども、動画には、そう高品質なスピーカーは、必要ないし、ダンスして歌うアイドルに、中途半端な音を継ぎ足しても、これは、必要ない、と結論を出したからです。

そうして、私は、古いアンプと古い大きなスピーカーを選んだのです。音が、重厚で、とても、音楽が、心地よく、聞こえるからです。音を追い求めると、どうしても、このようになってしまい、私は、中途半端な最近流行っているコンパクトスピーカーを持つのをやめた。

まあ、場所は、取るけれども、別に関係ない。心地よい音を求めたら、このような結果になったのです。モノが、多くなるけれども、スピーカーは、やはり、大きいのが、音に迫力がある。

そんな素晴らしい、スピーカーが、どんどん、捨てられている。古いから、と言って捨てる。しかし、新しいものが、必ずしも、高品質とは、限らない。

しかしながら、特に、あまり、物事を知らない、若者たちは、それが顕著です。新しい方が、良いとか、思い込んでいる。

しかし、メーカーは、客層の購買力とか、マーケティングをして、商品を販売するから、新しいものが、必ず、アップグレードしているとは、限らない。ダウングレードして、価格を抑えて、販売することも、ある。

しかし、経年劣化より、新しい方が良いと、一般の人々は考える。けれども、モノの本質がわかる人は、入手困難な古いものを買い求めるから、プレミアム価格が存在する。多くの人は、そういう事は、無頓着だから、古いと言って、簡単に手放す。

メーカーも、部品供給期間があるから、これは、古いものは、値打ちが、一般的には、下がるけれども、技術のあるものは、これを修理できる。

しかしながら、最近は、修理の手間を省くために、部品がユニットになっているから、本当に、修理さえできないように、なってきている。

そうやって、新しいモノが供給されるけれども、私が例を挙げたように、色んなモノが、陳腐化している。これが、現実で、このまま、本物を知らない世代が、増えていくことは、私は、違和感を感じずには、いられないのです。

今回は、本物が分からない世代が多くなってきている、現実を書いてみました。

通信の秘密|個人の尊厳を大切にする社会にしよう

皆さまは、普段、家族の郵便物やメールをどう扱っているだろう。メールについては、多分、ダイレクトに送られるものであり、個人的に受信できるようになっていると思います。

しかしながら、普段の生活において、郵便物なんて、同じ家庭内なら、開封してしまうことが、多いと思います。たとえ家族宛の郵便物であっても、私の家庭では、決して開封はしません。

これは、法律で定められており、信書の秘匿権があるからです。

クレジットカードの利用明細とかもそれに当たります。本人が開封して、許可して、他の人が見るのは、許されますが、開封はできません。

普段の何気ない行動は、日本国憲法によって、それは、できませんので、改めて、家庭内で、ルールを見直してほしい、と私は、感じています。

すぐに、家族宛のダイレクト郵便物など、開封する、風潮がここ日本では多いです。でも、家族であっても、これは、違反になります。

憲法21条集会、結社、表現の自由、通信の秘密が定められています。普段の家庭内では、この通信の自由が、これに当たります。

憲法21条集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由をこれを保証する。②検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。このように、通信の秘密の検閲をしては、いけないことになっています。

また、付随ですが、いろんな表現、意見、本を出したり、集会も認められています。このように、自由を認めてはいますが、通信の秘密は、大切です。自由であるということは、責任を持って行動することが、非常に大切です。

いくら同じ、家庭内であっても、社会的ルールは、守って生活してみましょう。私は、決して、家族の郵便物は、開封しません。これは、両親から、教えられました。

個人的尊厳は、いつも守られるべき、事項であります。

ぜひ、この機会に、自分の行動について、見直して、お互い、個人の尊厳が、尊ばれる、そんな家庭になって下さい。

これは、家庭は、社会の最小の集団であり、ここが乱れると、社会全体が、乱れるからです。

良い社会になるように、家庭から、お互いの尊厳を認め合えると良いですね。今回は、信書の秘密から、個人的尊厳について書いてみました。より良い社会になりますように。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

中庸な人が本当の幸せになると思う理由

今のインターネット社会は「目立つこと」が非常に重要でこれがないとなかなか良い結果にならない。

だから炎上とかして、盛んに目立つことをする人が存在したりする。

私がブログを書いていると、この頃盛んに家族から言われる言葉があります。

「中庸に生きなさい」

中庸とは、常にかたよらず、いつも変わらないことです。

この漢文を読んでいこうと思います。私のお気に入りはこの二節です。

「中庸」は、中国の書物です。

喜怒哀楽之未発、謂之中、発而皆中節、謂之和、中也者、天下之大本也、和也者、天下之達道也、致中和、天地位焉、万物育焉、

朱子章句第一章 「中庸」より引用

喜怒哀楽を出さずにみんな「中」であればみんな上手くいって、人間関係、政治、天地万物(すべて)上手くいく。

仲尼曰、君子中庸、小人反中庸、君子之中庸也、君子而時中、小人之反中庸也、小人而無忌憚也、

朱子章句第二章 「中庸」より引用

人格が立派な人は「中」で、そうでない人は、「中」ではない。人格が立派な人は中庸で、そうでない人は中庸ではない。「中」でない人は遠慮がない。

私は、普通の人です。だから、偉そうなことは何もいえない。しかし、昔から伝えられている書物には、時代を超えて色んなことを教えてくれる。

私は、一冊の古びたノートを借りた。倫理、つまり道徳を学びたいと今更ながらに強く思うのです。

この頃は、自己主張しなければなかなか認められなくなったような世の中を感じるからです。

相手にたいしてもっと思いやりを伝えたいけれども、不器用な私はうまく言葉にできずにいます。

だから、言葉に出さなければ恨まれたり、不満を持たれることが、多くなりました。

これは、心の中に相手を信頼していない、だからこそ、自己主張しなければならないようになったような感触を感じます。

だから、私は、「信頼される」にはどうすれば良いか考えることが多くなりました。

私は、あまり人に対して、疑いを持たないので、いつも騙されています。

しかし、家族はこれから気をつければ良いよ、って言われる。

インターネットで、個人情報が流出して大変だったり、ハッキングされたりした。

しかし、そんな私を支えてくれた人々もいた。

人生、「中」、普通が一番幸せだと思う。

「自然に生きる」これは、とても難しくて、一番大切な人生の処方箋だと思います。私は、平凡な幼少期の人生ではなかったので、特にそう感じています。

生活が苦しくても家族は大切。Family is important even if life is difficult.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

自分でできる!ワンピースをお洒落にリメイクしてセットアップにしました。You can do it yourself! I made a fashionable remake of the dress and set it up.

今回は、必読!古いジャケットを自分でリメイクしました。Must read! I remade the old jacket myself.

の続きです。半袖のスーツミニタイトスカートがありましたので、この残りのハギレを使って、リメイクします。

まず、Before

This time, a must read! 必読!古いジャケットを自分でリメイクしました。Must read! I remade the old jacket myself.

It is a continuation of. There was a short-sleeved suit mini tight skirt, so I will remake it using the rest of the hagire.

First, Before

このワンピースは、ひざより上です。This dress is above the knee.

丁寧にレースのえりは、手縫いで縫い付けます。そうして、前回、ジャケットで余ったハギレで、スカートの丈を長くします

こんな感じで、Afterです。

Carefully sew the lace collar by hand. Then, last time, I will lengthen the length of the skirt with the excess of the jacket.

Like this, it’s After.

盗作禁止/No theft

落ち着いた上品な感じになりました。これに前回作った、ジャケットを着るとこんな風になります。

It became a calm and elegant feeling. If you wear the jacket you made last time, it will look like this.

盗作禁止/No theft

セットアップにしても、良いし、そのまま、ジャケットだけや、ワンピースだけ、着ても、よいですね。

とても落ち着いた、上品な感じのセットアップになりました。

また、良かったら、ご自分で作ってみてください。簡単にできて、色んな正式の場で着用しても大丈夫です。

今回は、半袖スーツから、ジャケットとワンピースのセットアップを作りました。参考になれば、嬉しいです。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

You can set it up, or you can wear it as it is, just a jacket or just a dress.

It’s a very calm and elegant setup.

Also, if you like, please try to make it yourself. It’s easy to make and can be worn in various formal occasions.

This time, I made a jacket and dress setup from a short-sleeved suit.

節約。金銭感覚を育てよう母の日のプレゼント。Savings. A gift for Mother’s Day to develop a sense of money.

日本では、5月の第2週目の日曜日は、母の日、と言って、お母さんにプレゼントを贈る、習慣があります。

その母の日にお決まりのパターンがあります。

それは、カーネーション(花)をプレゼントします。

私は、プレゼントやお祝い、を派手にしたり、しません。

そこには、母の強烈なほどの金銭感覚が、受け継がれています。

母は、商売人の家に生まれています。

私は、幼い時に、お小遣いを貯めて、カーネーションを、プレゼントしました。

初めてのことで、ドキドキ、していました。

そうすると、母は、「これ、私のお金で、買ったのね。」と、言い放ち、ありがとう、の一言もありません、でした。

確かに、お小遣いは、家庭から、もらったものでした。

それも、一年で、カーネーションが、一番、お高い、時期です。

ここまで、言われると、とても、毎年、お祝い、なんて、できない。

こんなことも、ありました。料理が、したいので、オーブンを買ってもらいました。

そうすると、母は、誕生日やクリスマスになると、ケーキを焼くように、いつも、私に言います。

そして、わずかな予算で、ケーキを作ることしか、できないほど、予算は、削ります。

ですから、クリスマスシーズンの、お高いイチゴなんて、とてもじゃないけど、買えません。

ですから、缶詰のフルーツを買って、チェリーや、パイナップル、ピーチなど、色とりどりにして、なんとか、作っていました。

そして、お正月(一年の始まりを日本は、オショウガツと言って、お祝い、します。)になると、又、指示が出ます。

鯛の姿焼き、を作るように、言います。

鯛を串に刺して、踊っているようにして、オーブンで、毎年焼いていました。

鯛の姿焼きは、お高い、です。ですから、自分で作って節約していました。

お誕生日お祝いなんて、小さい頃は、していたけれど、ケーキを焼くのも、もう、どうでもよくなりました。

イチゴのお高い時期に、手作りのケーキにイチゴをのせるのは、不経済、だと思います。

そんな、経済感覚が、身についています。

小さな節約は、後の、大きな成長になります。

工夫をして、いかに、楽しむのか、そこには、知恵が生まれる、原点、が、あります。

カーネーションは、とても育てやすい、お花です。

タネを買って、たくさん、咲かせるのも、ステキだと思います。

知恵を使って、より良い、暮らしにしたいですね。

In Japan, the second week of May, Sunday, is Mother’s Day, and there is a custom of giving presents to mothers.

There is a fixed pattern on Mother’s Day.

It presents carnations (flowers).

I don’t flashy gifts or celebrations.

There, the intense monetary sensation of my mother is passed down.

My mother was born in a merchant’s house.

When I was young, I saved my pocket money and presented a carnation.

It was my first time and I was excited.

Then, my mother said, “I bought this for my money.”

Certainly, my pocket money was received from my family.

It’s also the year when carnation is the most expensive.

So far, I can’t celebrate every year.

There was also such a thing.

I want to cook, so I got an oven.

Then my mother always tells me to bake a cake on birthdays and Christmas. And I cut the budget so that I can only make a cake with a small budget.

So I can’t buy expensive strawberries for the Christmas season, though it’s not very good.

So, I bought canned fruits and made them colorful with cherries, pineapples, peaches, etc.

Then, when New Year’s Day (the beginning of the year is called “Oshogatsu, Japan celebrates”), instructions will be given again.

Ask them to make a grilled sea bream.

I grilled sea bream every year in the oven, sticking on a skewer and dancing as if I were dancing.

The grilled sea bream is expensive.

So I made it myself to save money.

I used to celebrate birthdays when I was little, but I don’t mind baking cakes anymore.

I think it is uneconomical to put strawberries on a handmade cake during the high season of strawberries.

I have such an economic sense.

Small savings will be big growth later.

There is a starting point, where wisdom is born, how to devise and enjoy.

Carnations are flowers that are very easy to grow.

I think it’s great to buy seeds and make them bloom a lot.

I want to use my wisdom to make a better life.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

環境に負けずに、大きく成長する。鳴門海峡に見る自然。Grow big without losing the environment.Nature seen in the Naruto Strait.

日本に明石海峡大橋と鳴門大橋があります。

この2つの橋は、島をひとつ渡って、本州と四国を繋いでいる高速道路の大橋です。

この橋は、渦潮という、大きな海のうねりがある、ところに建設されています。

下が、先ず、海ですから、河、の橋とは、格段に、技術が必要です。

何故なら、真水とは、違い、海水です。ですから、すぐに、痛み易いです。

素材も、とことん、こだわりが有ります。

メンテナンスが、容易に出来る様に、メンテナンスのする人の渡る部分も有りますし、それは、とても凄い技術です。

橋の吊るケーブルももちろんですが、その吊って居る支柱は、エレベーターで、上がります。

遠くから見れば、普通の橋の様ですが、支柱をエレベーターで上がる程、壮大な建築物です。

その下には、渦潮があり、そこには、又、素晴らしい、事が発覚できます。

その激流の海流の中で、育った海の生き物達は、素晴らしい程、美味しいのです。

その代表が、タコ、です。吸盤で張り付いて、流されないように、生息しています。

ですので、身が、引き締まって、とても美味しい、のです。

他にも、「ワカメ」などの海藻も、そのような環境で、育った海の生きものは、とても美味しいです。

とても、日本では、有名な食材です。

厳しい環境で、晒される事は、一見、不幸なことのように、思われる事が、多いです。

ですが、このような自然界が、教えてくれているようです。

どんな環境でも、堪えて、頑張れば、それは、とても素晴らしい結果になり、大きな実りをもたらす、ことを教えてくれています。

自分の置かれた環境に、不平を言わず、それをバネに、大きく成長して、ください。

There are Akashi Kaikyo Bridge and Naruto Bridge in Japan.

These two bridges are highway bridges that connect Honshu and Shikoku across one island.

This bridge is built in the place where there is a big ocean swell called whirlpool.

Below is the sea first, so the technology of river bridge is much needed.

Because fresh water is different from seawater.

So it’s easy to hurt right away.

As for the material, we are very particular about it.

There is a part that the person doing the maintenance crosses so that the maintenance can be done easily, and it is a great technique.

Of course, the cable that hangs the bridge is lifted by the elevator.

Seen from a distance, it looks like an ordinary bridge, but it’s a magnificent building, where you can go up the pillars by elevator.

Below that, there is a whirlpool, and there are also wonderful things to discover.

The marine creatures that grew up in the torrent of ocean are so delicious that they are wonderful.

The representative is octopus.

It sticks to the sucker and lives so as not to be washed away.

Therefore, the body is firm and delicious.

In addition, seaweeds such as “seaweed” are very delicious when they grow up in such an environment.

Very famous in Japan.

In a harsh environment, there are many things that seem to be exposed, seemingly unhappy.

However, it seems that such a natural world teaches us.

It tells us that in any environment, if you endure and work hard, it will give you great results and great results.

Do not complain about your environment and use it as a spring to grow up.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

今のウェブ、SNSに必要なこと。What you need for today’s web and SNS.

日本には、日本版SNSがあります。

この現状を書いてみたい、と思います。

今のツイッター社やフェイスブック社の将来を見分ける上で、重要になる、と思いますので、今後の展望を書いてみたい、と思います。

何も、対策をしないのなら、この場は、将来的に、誹謗、中傷の場、そして、裏情報のやり取りの場になるでしょう。

これは、日本での、「2ch」(2ちゃんねる)と呼ばれるサイトを参考にしています。

このサイトは、インターネットの黎明期において、とても、インターネットやパソコンのスキルの高い人が、色んな情報を交換していたサイト、でした。

ですから、匿名では、ありましたが、とても有益な情報が、得られる場所でした。

みんな、とても、親切で、とても、良いサイトでした。

ところが、今は、荒廃して、人の悪口や、変なうわさ話をしたりする、サイトになってしまいました。

サイトは、情報交換もしている所もありますが、それも、嫌がらせで、話をそらして、そのサイトを潰そうとする者が、現れるので、やはり、良い情報は、得られるサイトでは、ありません。

幾つもの、スレッドがありますが、これは、もう、発言の「自由」は、ありますが、そこには「責任」がありません。

そのサイトは、汚いことばで、埋め尽くされています。

時々、そこに、真実が、混ざっていることもあります。

それを見つけるために情報を探す人もいますが、「真実」か、どうかは、自分で判断しなければ、なりません。

このように、広く一般的になる、という事は、「自由」という特権を、デジタルの場所で、身勝手な発言することになります。

これは、自分を優位にしたい、欲求から、です。

リアルの世界で、不満を募らせ(つのらせ)、そして、はけ口にします。

ですから、悲しい現実ですが、インターネットが、普及する事は、何かしらのルールが、必要になります。

SNSは、とても、このサイトのようになる可能性を持っています。

事実、日本では、SNSで、誹謗、中傷で、心が傷ついて、自殺した方がいます。

これは、社会的に問題になっています。

このような事は、色んな国で、起こっている事でしょう。

ですから、ウェブやSNSは、何らかの規制が、必要になりますし、実際、このような事になっています。

今後、どのように運営するのかは、非常に大切ですし、人間は、「自由」である事は、「自己主張」だとして、「無責任」に「発言」します。

ウェブのリテラシーやルールを学校教育で、又、色んな場で、学ぶ、機会を作る、必要があります。

これは、道徳心が有れば、自然に、身に着きます。

ですが、これは、理想で、現実的では、ありません。

ウェブの環境にルール、これは、法律のようなものです。

これを、作って、しっかりと運用していく必要があります。

そして、そこで、ルールを守って、しっかり、健全なウェブ、に育つことを、私は、提言します。

In Japan, there is a Japanese version of SNS.

I would like to write about this current situation.

I think that it will be important in distinguishing the future of Twitter and Facebook, so I would like to write a future outlook.

If nothing is done, this place will be a place of slander, slander, and exchange of secret information in the future.

This is based on a site called “2ch” (2 channel) in Japan.

This site was a site where people with very good Internet and PC skills exchanged various information in the early days of the Internet.

So, anonymously, it was a place to get some very useful information.

Everyone was very kind and very good site.

However, now it has become a site that has been ruined and people have talked about bad things and weird rumors.

Some sites also exchange information, but it is also harassment, some people try to distract the site and try to crush the site, so again, good information is not available on the site .. There are a number of threads, and this has some “freedom” to speak, but no “responsibility” there.

The site is full of dirty words.

Sometimes the truth is mixed in there.

Some people look for information to find it, but you have to decide for yourself whether it is “truth.”

In this way, becoming broad and general means making the privilege of “freedom” a selfish statement in a digital place.

This is because of the desire to give yourself an edge.

In the real world, make people frustrated (grow) and make an outlet.

So, it’s a sad reality, but the spread of the Internet requires some rules.

SNS has the potential to look very much like this site.

In fact, there are people in Japan who have committed suicide on social media through slander, slander, and heart damage.

This is a social problem.

Things like this are probably happening in various countries.

Therefore, the web and SNS require some kind of regulation, and in fact, this is the case.

In the future, how to operate will be very important, and human beings “freely” will “speak” irresponsibly, as “self-assertion”.

There is a need to learn and create opportunities for school literacy and rules in school education and in various places.

If you have a sense of morality, you will naturally wear it.

But this is not ideal, not realistic.

Rules to the web environment, this is like law.

It is necessary to make this and operate it firmly.

And there, I recommend that you follow the rules and grow into a solid, healthy web.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

不動産。建物の価値を知る。Real estate. Know the value of the building.

建物の構造について、どれだけの価値があるかお伝えしたいと思います。

専門的になりますので、建物構造は、業者の方に聞いてください。

今日は、住居用途に限り(一般にお住まいされる住宅のこと)のお話しです。

法定耐用年数です。鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造47年。

れんが造、石造、ブロック造38年。

金属造(骨格材の肉厚が4ミリメートル以上)34年。

金属造(骨格材の肉厚が3〜4ミリメートル以下)27年。

金属造(骨格材の肉厚が3ミリメートル以下)19年。

木造、合成樹脂造22年。

木骨モルタル造20年。

このようになっています。

建物の解体現場を見ますと鉄骨の使われた建物は、特殊な機材を使い、解体、処理していますので、解体費や処理費がかなりかかる印象があります。

どのような住まいにするのかは、色々だとは思います。

駐車場にアスファルト(10年の法定原価償却)やコンクリート(15年の法定原価償却)等を敷くと、建物と見なされ、法定原価償却が有ります。

参考になれば、と思います。

今日は、建物の法定耐用年数について書いてみました。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
Translate »