ソーシャルディスタンスが生み出す社会的格差。The social disparity created by social distance.

広告

このコロナウイルスの渦中、ソーシャルディスタンス、ということばが、良く出てくる。

これは、社会的距離を取ろうという意味です。

これは、相手を大切に思うからこそ、ソーシャルディスタンス、なのです。

ところが、経済活動は、人々が暮らすためには、必要で、そのソーシャルディスタンスが、今や、集団的英知、つまり、みんなで考え、実行すること、集団的能力から、個人的英知、つまり、個人的能力ヘシフトされてきている。

人々は、距離を取らないと、病気が蔓延するのだから、仕方がない。

だから、個人的能力が、必要になる。

ここには、集団で、埋もれていた人材が、発掘できる。

日本的経営で、あっても、このコロナウイルスによって、このことは、急速に加速している。

だから、個人主義に移りつつある。

そんな現実がある。

だから、色んな誌上では、「将来稼げる人と稼げない人」とか、そんな字が、踊っている。

資本主義とは、確かに厳しいもので、強者と弱者がいる。

そして、それに呑み込まれ、更に強いものは、更に大きくなる。

そんな社会である。

競争があるから、そこには、公平な、評価がある。

だから、人々は、一生懸命全力で、力を出す。

そこには、日々の努力と進歩があります。

それだけでも、大変なのに、チームが作れない。

そこにITという、テレビ会議が行われます。

そこには、隠すことのできない、個人的能力が、映し出されます。

だから、上司が、部下の意見を奪ったとか、無い。

ある意味で、公平になったのだと、思う。

だから、能力ある者は、認められ、更に大きく成長する。

そして、そこに便乗していた者は、ニセモノだと、分かる。

このソーシャルディスタンスは、個人的能力を映し出す、鏡だった、のです。

「組織」から、「能力ある集団」になる。

これは、企業にとっても、経営を考えると、この方が、効率が良い。

社会的経営をしていた日本の企業にとっても、これは、ひとつの転機になる。

これからは、そんな熾烈な競争がある。

だから、それに打ち勝つには、ナンバーワンになることが必要になる。

でも、ナンバーワンは、「1」だから、その他、大勢が「たくさん」居る。

その「たくさん」の人は、他には無い「オンリーワン」を目指す。

これも「1」だ。

とても、ことばでは、言えない程、厳しい社会が、待っていることは、間違いない。

だから、今、できることは、ソーシャルディスタンスで、みんな自宅を中心に楽しんでいます。

こんなささやかな「生活」をずっと続けると、そんなに、「浪費」をしなくなる。

「消費」は、楽しいけれど、その資本が無ければ、お金は、使えない。

その「節約」生活を忘れずに、次なる「スタートライン」に備えることが、私達にとって、大きな「生活防衛」になります。

お金は、ウソをつきません。

だから、大切にしましょう。

In the midst of this coronavirus, the term social distance is often used.

This means keeping a social distance.

This is a social distance because we care about the other person.

However, economic activity is necessary for people to live, and its social distance is now collective wisdom, that is, personal wisdom, that is, personal wisdom, because of the collective ability to think and execute together.

It has been shifted to ability.

People can’t help because if they don’t keep a distance, the disease will spread.

Therefore, personal ability is needed.

Here, human resources who were buried in a group can be found.

This is accelerating rapidly, even with Japanese-style management, due to this coronavirus.

Therefore, it is shifting to individualism.

There is such a reality.

Therefore, in various magazines, such characters as “people who can earn in the future and those who cannot earn” are dancing.

Capitalism is certainly tough, with strong and weak.

And the stronger ones that are swallowed by it become even bigger.

It is such a society.

Because there is competition, there is fairness and reputation.

Therefore, people do their best and do their best.

There is daily effort and progress.

Even that alone is difficult, but I can’t make a team.

A video conference called IT is held there.

It reflects personal abilities that cannot be hidden.

Therefore, the boss did not take the opinion of his subordinates.

In a sense, I think it has become fair.

Therefore, those who are capable are recognized and grow even larger.

And the person who was piggybacking there turns out to be a fake.

This social distance was a mirror of personal abilities.

From “organization” to “capable group”.

This is more efficient for companies as well, considering management.

This is a turning point for Japanese companies that have been socially managed.

From now on, there will be such fierce competition.

So to overcome it, you need to be number one.

However, the number one is “1”, so there are many others.

The “many” people aim to be “only one” like no other.

This is also “1”.

There is no doubt that a harsh society is waiting for us, which cannot be said in words.

So, what we can do now is social distance, and everyone is enjoying themselves mainly at home.

If you continue such a small “life” for a long time, you will not waste so much.

“Consumption” is fun, but without that capital, money cannot be used. Remembering that “saving” life and preparing for the next “starting line” is a big “life defense” for us.

Money doesn’t lie.

So let’s cherish it.

「刀狩り」と銃、日本的伝統から学んで欲しいこと。I want you to learn from “katanagari, sword hunting”, guns, and Japanese tradition.

広告

米国で、簡単に「銃」が、手に入る。

だから、犯罪が多くなる。

ここでは、「銃社会」について、触れよう。

日本には、かつての「銃」にあたる、「日本刀」があった。

ですが、これは、「刀狩り」によって、完全に排除できた、のです。

ここには、日本の「忠誠心、チュウセイシン」がある。

忠誠、チュウセイとは、まごごろ。

まことマコト、尽くす心です。

まこと、マコトとは、人に対して、嘘をついて、騙さないことです。

このような心が、侍、サムライにあったから、できました。

米国は、他民族国家で、多く移民を受け入れている。

だから、優秀な人材も集まってくるし、色んな思想や人々が暮らす。

だから、その思想を統一するのは、なかなか難しい、ことかも、しれません。

このコロナウイルスの緊急事態でも、まず初めに売れたのは、「銃」だった。

「マスク」をすれば、暴力を振るわれ、街に居ることもできなかった、のです。

これは、おかしい。

自分の事を放り出して、相手の欠点を攻撃するのです。

今、ソーシャルディスタンスで、みんな自宅で過ごすことが多い。

こんな時だからこそ、「道徳」を学び、人を思いやる、心を育てて欲しい。

人を疑うと、かぎり無い。

人は、完璧じゃないから、自分と違う所もある。

その「違い」を学んで、欲しい、と思う。

互いに、「違い」が、分かれば、「誤解」も解ける。

やがて、そんな、凶器、「銃」なんて持たない社会になって欲しい。

「銃」は、「自分を守る」ものではない。

それは、「相手を攻撃する」ものであることを、知るべき、です。

銃は、バーチャルの世界「ゲーム」だけ、で良い。

そんな「ゲーム」も、やはり、年齢制限は、必要だと、感じる。

幼い頃に、「銃のゲーム」をすることは、「擦り込み」を起こす。

決して、「銃で、幸せになれない」ことだけは、確かです。

「銃」を使って生き残っても、それは、周りが、「警戒」するから、です。

「銃社会」は、お互いが、不幸になり、消耗することを、学んで欲しい。

そして、銃のない社会が、訪れますように。

It’s easy to get a “gun” in the United States.

Therefore, there are many crimes.

Here, let’s touch on the “gun society”.

In Japan, there was a “Japanese sword,” which was once a “gun.” However, this could be completely eliminated by “sword hunting”.

Here is Japan’s “Loyalty, Chuuseishin”.

Loyalty and Chusei are all about. Makoto Makoto, I will do my best.

Makoto is to lie and not deceive people.

This kind of heart was created because the samurai, Samurai, had this kind of heart.

The United States is a multi-ethnic country and accepts many immigrants.

Therefore, excellent human resources also gather, and various ideas and people live.

Therefore, it may be quite difficult to unify the idea.

Even in this coronavirus emergency, the first thing that sold was a “gun.”

If you put on a “mask”, you would be violent and couldn’t even stay in the city.

This is strange.

Throw yourself away and attack your opponent’s shortcomings.

Nowadays, everyone spends most of their time at home because of their social distance.

It is at such times that I want you to learn “morality”, be considerate of others, and nurture your heart.

If you doubt a person, there is no limit.

People are not perfect, so there are some differences from them.

I want you to learn the “difference”.

If we can understand the “difference” from each other, we can solve the “misunderstanding”.

Eventually, I want a society that does not have such weapons and “guns.” A “gun” is not something that “protects you.”

You should know that it is something that “attacks your opponent.”

The gun only needs to be a virtual world “game”.

I feel that age restrictions are necessary for such “games” as well.

Playing a “gun game” at an early age causes “rubbing”.

It is certain that you can never be happy with a gun.

Even if you survive with a “gun”, it is because the people around you are “alert”.

I want the “gun society” to learn that each other becomes unhappy and exhausted.

And may a society without guns come.

人間は、本来「純粋」な心を持って生まれてくる。Human beings are originally born with a “pure” heart.

広告

今、日本で、子供にアンケートを取るとなりたい職業で、急上昇している職業があります。

それは、「医者」です。

コロナウイルスで、世の中が、世界の動きが止まっています。

その中で、免疫のつくことの無い(2020/09現在)病気に、立ち向かっている。

コロナウイルスの専門病院になった職員、医者、は、とても「差別」に遭っているようで、バスの乗車さえ、拒否される、そうです。

だから、退職する人も多いそうです。

このコロナウイルスは、昔のキリシタン弾圧、つまり、踏み絵のようです。

日本も、その昔、キリスト教弾圧がありました。

キリスト教は、密教のような扱いで、「イエス.キリスト」や「聖母マリア」が彫られている板を、足で、踏ます事によって、キリスト教の信者を見つけ、処罰しました。

このことは、とても有名で、今、日本では、宗教によって「差別」されるのは、タブーです。

このように、不幸な歴史は、繰り返しては、いけません。

このようなことは、不幸です。

「差別」は、よく無い。

子供達は、純粋です。

だから、一生懸命に働いている、「医者」を見て、自分も、なりたいと思う、この純粋な気持ちは、本物の「志、ココロザシ」だと感じる。

困難に立ち向かうその姿は、物事を損するとか、得するとか、そんな気持ちで、見ていない。

人間は、本来、そのような性質を持って生まれてきます。

だから、その純粋な気持ちを、育てていくのが、その周りに居る人です。

色んなことが、人生においてあると思うけど、その純粋な、「社会に奉仕したい」という気持ちを忘れないで、欲しいと思う。

色んな困難が、ありますが、「初心を忘れず」に頑張って欲しい、と思います。

Now, in Japan, there are professions that want to take surveys for children, and there are soaring professions. It’s a “doctor”.

With the coronavirus, the world has stopped moving.

Among them, I am confronting diseases that are not immune (as of 2020/09).

The staff, doctors, and others who have become specialized hospitals for coronavirus seem to be very “discriminated” and even refused to board the bus.

Therefore, it seems that many people retire.

This coronavirus is like an old Christian oppression, a stepping stone.

In Japan, there was a crackdown on Christianity a long time ago.

Christianity treated it like esoteric Buddhism and found and punished Christian believers by stepping on a plate on which “Jesus Christ” and “Virgin Mary” were carved.

This is very famous, and in Japan, it is taboo to “discriminate” by religion.

Thus, unfortunate history must not be repeated.

Things like this are unfortunate.

“Discrimination” is not good.

Children are pure.

So, when I see a doctor who works hard, I want to become myself, and I feel that this pure feeling is a genuine “heart.

I haven’t seen the appearance of confronting difficulties, with the feeling that things will be lost or gained.

Human beings are naturally born with such characteristics.

Therefore, it is the people around us who develop that pure feeling.

I think there are many things in life, but don’t forget the pure feeling of wanting to serve society.

There are various difficulties, but I want you to do your best without forgetting your original intention.

環境に負けない。巨額の負債を抱えた銀行の努力。Not defeated by the environment. Efforts of banks with huge debt.

広告

今、色んな業界で、変革が起こっています。

これは、コロナウイルスによるものですが、近未来化が加速度的に進んでいると思います。

私は、日本は、色んな意味で、世界の最先端を行っていると思っています。

日本の「バブル崩壊」「ITバブル崩壊」と立て続けに起きた金融危機は、米国発の「リーマンショック」の対処に日本の政策を参考にされました。

今の世界的マイナス金利は、すでに日本では、蔓延している。

日本は、ある意味で、金融の最先端だと思う。

金融危機で、2003年5月にりそな銀行が、国からの膨大な資金援助を受けました。

つまり、実質、銀行の国有化、です。

その金額、総額3兆1,280億円。膨大な金額です。

その公的資金をりそな銀行は、2015年6月に完済しています。

つまり、この膨大な金額をたったの12年間で、返済しました。

これは、とてもすごいことです。

普通、銀行は、9:00〜15:00の営業時間です。

これを9:00〜17:00としました。

その上、徹底的にに無人化が、行われました。

四国には、有人店舗も無いし、政令指定都市では、新潟市、静岡市、岡山市、にも無い。

そのATMも、そんなにお金を掛けていません。

普通、ATMは、銀行通帳がいっぱいになれば、新規の銀行通帳が、自動で出てきますが、その機能のあるATMは、少ない。

そして、横に、新規銀行通帳発行の専用機が置いてあります。

だから、普通の都市銀行に通い慣れている人は、少し戸惑う。

最先端の高額のATMは、置いていない。

だから、そこで、コスト削減できます。

りそな銀行の住宅ローンも驚きの連続です。

金利もそうお高くない。

店舗がある銀行で、低金利、なのです。

それだけではなく、繰り上げ返済のシステムが、すごい、のです。

繰り上げ返済の手数料が、無料なのです。

普通、繰り上げ返済をすると、多いところでは、20万〜数万円、取られる。

これは、とても、大きなコストなのです。

この、りそな銀行の繰り上げ返済は、とても近未来的システムです。先ず、銀行に繰り上げ返済をしようとすると、小さなpcとスキャナーと椅子のある、ボックスのような小さな部屋に案内されます。

そこで、本社は、色んな支店とつながっています。

だから、インターネットのテレビ電話につながるまで、待たないといけない。

やっと、つながると、インターネットテレビ電話の、本社の銀行員とお話をしながら、色んな書類に署名して、印鑑を押す。

これを、横に置いてある、スキャナーで、自分で本社に送るのです。

だから、全部、自分ですることになる。

住宅ローンを効果的に繰り上げ返済ができます。

金利より、この繰り上げ返済の手数料の方が、私は、住宅ローンを組む上で、大事だと思う。

銀行は、金利で、利益を出しているのだから、繰り上げ返済は、あまり好きでは、ない業務です。

これを、無料にしたのは、すごいと思う。

こうやって、りそな銀行は、この膨大な金額を完済した。

自動化は、人件費を削り、経営を強くします。

だから、これから、こんなことが、次々、起こるので、それに負けない、オンリーワンの強みを持つような人になれるよう、頑張ってほしい、と思います。

大きな負債を抱えた銀行も、こうやって、再生しました。

だから、置かれた環境をどう対処するかで、人生も変わります。

より良い人生になるように、全力を尽くしてください。

今回は、大きな負債を抱えた銀行の再生のお話から、人生の取り組み方を書いてみました。

より良い人生になりますように。

この記事は、Wikipedia,りそな銀行のホームページを参考に作られました。

Today, change is happening in many industries.

This is due to the coronavirus, but I think the near future is accelerating.

I think Japan is, in many ways, at the forefront of the world.

Japan’s policy of dealing with the “Lehman shock” originating in the United States was used as a reference for Japan’s “bubble burst” and “IT bubble burst” financial crisis.

The current global negative interest rates are already widespread in Japan.

In a sense, Japan is at the forefront of finance.

Due to the financial crisis, in May 2003, Resona Bank received a large amount of national financial support.

In other words, it is the nationalization of the bank.

The total amount is 3,128 billion yen.

That’s a huge amount.

The public fund, Resona Bank, was paid off in June 2015.

In other words, I paid back this huge amount of money in just 12 years.

This is amazing.

Banks are usually open from 9:00 to 15:00. This is 9:00-17:00.

Besides, drone was thoroughly done.

There are no manned stores in Shikoku, and there are no government-designated cities in Niigata City, Shizuoka City, and Okayama City.

That ATM doesn’t spend that much money either.

Normally, when an ATM is full, a new bankbook automatically appears, but few ATMs have that function.

And next to it, there is a special machine for issuing new bank passbooks.

Therefore, people who are accustomed to using ordinary city banks are a little confused.

The state-of-the-art expensive ATMs are not placed.

So there you can cut costs.

Resona Bank’s mortgage loan is also a surprise.

Interest rates are not so high.

A bank with a store has a low interest rate.

Not only that, the prepayment system is amazing.

The prepayment fee is free.

Usually, if you make early repayments, you can get 200,000 to tens of thousands of yen in many places.

This is a huge cost.

This prepayment by Resona Bank is a very near-future system.

First of all, if you try to make a prepayment to the bank, you will be taken to a small box-like room with a small pc, scanner and chair.

Therefore, the head office is connected to various branches.

So I have to wait until I get a videophone call on the Internet.

Finally, when I was connected, I talked to a bank employee at the headquarters on the Internet videophone, signed various documents and stamped my seal.

You can send this to the head office by yourself with the scanner placed next to it.

Therefore, you have to do it yourself.

You can effectively advance your mortgage and repay it.

I think this prepayment fee is more important than the interest rate for mortgages.

Since banks make profits at interest rates, prepayment is a business that I don’t like very much.

I think it’s amazing that I made it free.

In this way, Resona Bank paid off this enormous amount.

Automation reduces labor costs and strengthens management.

So, from now on, things like this will happen one after another, so I want you to do your best to become a person who has the strength of uniqueness.

Banks with large debts also regenerated in this way.

Therefore, how you deal with the environment in which you live will change your life.

Do your best to have a better life.

This time, I wrote about life’s approach from the story of the revitalization of a bank with a large debt.

I hope you have a better life.

This article was created with reference to Wikipedia, the homepage of Resona Bank.

 

時間を味方につける。Give time to your side.

広告

真実は、知ることは、大事、ですが、物事は、多方面から、広い視野で、判断した方が、良いと感じます。

物事は、長くそのままにはなりません。時は、次第にその事柄を変化させます。だから、今、自分の境遇を決して悲観しないでください。

それは、「夜明けの前」の、深夜、です。だからこそ、しばらくは、「夜明け前」を味わう、必要が、ある。

時間と努力は、谷底から、抜け出せる。闇夜、にさせない、「夜明け前」にするために、踏ん張ることが、必要、です。

The truth is that it is important to know, but I feel that it is better to judge things from a wide range of perspectives.

Things don’t stay that long. Time gradually changes that matter. So don’t be pessimistic about your situation right now.

It’s midnight, “before dawn.” That is why it is necessary to taste “before dawn” for a while.

Time and effort can escape from the bottom of the valley. It is necessary to step on in order to make it “before dawn”, not to let it be in the dark night.