コロナワクチンは、絶望的に無い。The corona vaccine is hopelessly absent.

ワクチン接種のお知らせをホームページで確認しました。ワクチンの国からの供給量が、かなり減る。ファイザー社製で、50%。モデル社製ゼロ。それで、基礎疾患のある人や、介護従事者や保育士、教職員等を優先的に接種するとのこと。もう、8月なんて、無理。

きっと、国産ワクチンが出るまで、どうやって生活するか、考えた方が良い。テレビなんて、報道関係者がマスクして、政治家に擦り寄り取材している。建前は、マスクしているけれど、もう、関係ない。一般人とは、違う。そんな画面で演技しても、国民は分かっている。

一般人は、もう国産ワクチンしか無い。だから、きっと、来年だ。そう、日本では、来年のことを言うと馬鹿にされる。こう言います。「来年のことを言うと、鬼が笑う。」そんなことわざがある。日本国民は疲れた。だから、投げやりになる。笑うしか、無い。

だから、脱線したくなる人もいる。だって、生活に困る人々がいる。彼らには、家族が居る。だから、緊急事態宣言なんてしても、生活に困る人々がいるから、そんな強制力は無い。日本人は、律儀だ。だから、そんな無茶苦茶にはしない。けれども、もう生活に支障が出る人々がいる。そんな理想的にできない。良心もある。

だから、そこには、矛盾ができる。だから、日本人は、このコロナで、いっぱい心の病気になる人が、後を絶たない。真面目だから、そうなる。こんな時にワクチンが、約束通りに来ないことは、その国を覚えておこう。どの国が、一番、誠実なのか、究極の場面で分かる。

日本は、そんな世界から国歌も奪われる程、民族性が低い?日本には、滅私奉公って、言葉がある。以前にも書いたけれど、自分を無くして、みんなに奉仕する。そんな言葉がある。

従軍慰安婦の銅像を世界中に建て、それで、叩く。そんな日本は、悪い国民性なの?人々は、病気になって、自殺する人も多い。自分を責めてしまう。他人に転嫁しない。だから、銃なんて、そんな野蛮な、人を攻撃することなんてしない。事実、日本は、「刀狩り」をしている。

世界に問いたい。日本は、そんなに悪い国?もう、謝罪には、疲れた。もう、コロナにも、疲れた。そう、誰も助けてくれない。そう、日本は、ワクチンを色んな困った国に援助した。そう、本当に、そんなことばかりです。だから、困る。だから、心の病気が多い。自殺が多い。

そんなに責任を負わせないで欲しい。一生懸命頑張っている。だから、日本人を責めてほしく無い。日本は、頑張っている。だから、このオリンピックは、成功したい。だけど、人々の生活がある。そんなもう、感染者数は、減らない。そう断言する。

その中で、心から頼れるのは、日本人の医師だ。彼らは、そんな高いお給料なんて、もらっていない。逃げ出したりしない。日本の医師は誠実だ。だから、もう、医療に頼って、その場を凌ぐしか無い。そう、職種によって、分断される。

でも、国民総保険制度だから、なんとかなる。医療関係者の方々には、感謝の心しか無い。これから、医療が逼迫する。だから、今の内に、ゆっくりしてください。もう、ワクチン無いから、それしか無い。本当に医療関係者には、心からの感謝しか無い。これから、大変になる。

そう、じっくりと、その時が来る。だけど、一部の人々だけだから。仕方ない。だって、生活のために、これ以上、堪えられない人々がいる。なるだけ、迷惑をかけることはしないように日本国民は、頑張っている。早く、平和になりますように。

経済と投資は、時間を選ぶ。資産形成、資産運用に必要なこと。Economy and investment choose time.What is necessary for asset formation and asset management.

この世の中、コロナショックで、動きが止まっています。その中でも、刻々といつものように、刻んでいる経済。

数字は、時間と共に、刻々と刻んでいます。

株式の暴落、は凄いもので、あの「リーマンショック」を上回る。その「ショック」は、「ボディーブロー」のように、効いている。

その中でも、個人投資家の新規参入、がかなりあるらしい。

事実、私の友人も、ここぞ、とばかり、底値(?)、で購入した。

又、証券会社の新規口座開設は、忙しい、らしく、なかなか、口座を開けない、との話も聞きます。

政府の老後、2,000万円の蓄えは、自己責任にて用意していないと、年金だけでは、暮らせ無いとの、報道は、日本の国民の「お金に対する」姿勢、を変えた、ようです。

その、年金運用も、この暴落で、心もとない。だから、「お金に対する」ことに、なおさら、心配になり、投資、にはしる。

これは、「貯蓄」の国民性からの「変貌」だと思う。

「アベノミクス」の「貯蓄」から「投資」ヘ、のスローガンは、かなり、浸透している、感じがします。

なぜなら、今、「投資」を始める人は、そんなに余裕がある人では、ありません。

連日、株式で「儲けた」人の話を聞いていたけど、大きな「資金」が無くて、「買えなかった」人だから。

日本人の意識は、本当に変わった、と感じます。

日本人は、投資が、あまり上手くありません。

損をして、引退する人が多い、です。

今の金利では、「貯蓄」は、魅力は無いし、「配当金」の方が、よっぽど、良い。換金性も良い。「投資」は、「ギャンブル」では無い。

時々、色んなことを聞いてきた人がいました。

私は、アドバイス、をしましたが、それとは、全く逆のことをした人がいました。

その人は、もうアドバイスは、聞けないようで、時々、私の近況を聞いてくる。

でも、そんなこと、軽く一蹴する。

それぞれ、「スタイル」があるし、「自分」で「判断力」をつけないと、「結果」は、ついてこない。「投資」は、本当に「厳しい」世界、だと思う。

このリアルの「物語」は、「体験」できる。

それぞれ、色んな、モチベーションがある、と思う。

「マイホーム」を買うことも、「不動産投資」です。

色んな「形」で、すでに、私達は、「投資」をしています。

だから、そんな、特別な世界、では無い。

毎日、哀しいニュースばかりです。

刻々、と時間は、刻んでいます。

「お金」は、人を幸せ、にします。

「お金」があれば、医療も、受けられます。

日本では、当たり前、かも、しれないけども、これは、真実、です。

将来の医療費の上昇も、あるかもしれない。

こんな時だから、敢えて、お金のお話、をしてみました。

In this world, the movement has stopped due to the corona shock.

Among them, the economy that is carving as usual.

The numbers are ticking over time.

The stock crash was terrible, surpassing that Lehman shock.

The “shock” works like a “body blow”.

Among them, there seems to be considerable entry of individual investors.

In fact, my friend also bought here, just at the bottom (?).

I also hear that opening a new account with a securities firm seems to be busy, seemingly difficult, and has difficulty opening an account.

After the government’s retirement, reports that the pension alone could not live without the 20 million yen reserve at its own risk seemed to have changed the attitude of Japanese people to “money”.

The pension management is not in the heart of this crash.

That’s why I’m even more worried about investing in money.

I think this is a “transformation” of the national character of “savings.” The slogan of “Abenomics” from “savings” to “investment” feels quite pervasive.

Because, now, people who start investing are not people who can afford it.

I listened to people who “gained” in stock every day, but they didn’t have much “fund” and couldn’t buy.

I feel that Japanese consciousness has really changed.

Japanese are not very well invested.

Many people lose and retire.

At current rates, “savings” is not attractive, and “dividends” are much better.

Good cash value. “Investment” is not “gambling”.

From time to time, there were people who had heard various things.

I did some advice, but there was someone who did the exact opposite.

He doesn’t seem to be able to ask for advice anymore, and occasionally hears about my current situation.

But I’m going to do that lightly.

Each has a “style”, and if you do not give yourself “judgment”, you cannot get a “result”.

I think investment is really a tough world.

This real “story” can be “experienced”.

I think that each has various motivations.

Buying “My Home” is also a “Real Estate Investment”. We are already “investing” in various “shapes”.

So it is not such a special world.

Every day is sad news.

Every moment, time is ticking.

“Money” makes people happy.

If you have “money”, you can also get medical care.

In Japan, it may be natural, but this is the truth.

There may be rising medical costs in the future.

At such a time, I dared to talk about money.

布製マスク2枚配布という政策は、素晴らしいと思う。I think the policy of distributing two cloth masks is wonderful.

ソーシャルメディアは、人びとの言論の自由、というのを実現したかに思えた。

しかし、これは、安易な手段で、人びとは、自由という元で、真実であることを、確認する、ことを、しなければ、ならなくなってしまった。

このことを、心に刻んで、この話を書こうと思います。

ニュースに対しても、みんな、気軽に意見を発信する。

これは、良いと思うが、副作用、もあります。

コロナウイルス対策に日本政府は、布製のマスクを1世帯2枚送付するとしました。別途、学校を通じて、児童、ひとり、ひとりに配る、というものでした。

みんな、ほとんどの人びとは、笑いもの、にしました。

私は、豊かになる、ということは、こういうこと、なんだ、と感じました。

確かに、布製マスクには、性能はおちる。けれど、繰り返し洗って使えるし、環境にも優しい。

毎朝、ドラッグストアには、長蛇の列があって、マスクを人びとは、買い求めている。

私は、このような列に並ぼう、とは思わない。そんな人は、体力も気力も充分で、多分、マスクの必要性も少ない、と思う。

だから、本当に必要な人に、マスクが届かない。

誰かが、布製マスクは作れるから要らない、と言った。

本当に、自分本位の人が、増えた、と思う。

なぜなら、針に糸を通せない人も、たくさん居ます。

障害もあるだろうし、高齢者の中には、そういう人は、多い。

本当に、想像力の少ない人が多いし、そんな人が発言すると、世の中の論調がおかしなことになる。

政府で配布されるマスクは、ちゃんと「衛生管理」された布製のマスクです。

これを、全世帯に配ることのできる、国は、今、ほとんど無い、と思う。

マスク外交をしている国がある。

でも、これは、日本のメーカーが、その国で生産した工場ラインを乗っ取り、をして作ったマスクです。

だから、安いものにはワケがある、ことを知る必要があります。

だから、これからは、必要なものは、少しお高いが、やはり国産、が良いと思う。

私は、政府の配るマスクで、多くの、弱いひと、が救われる、と思う。

心のこもった、マスク、だと思う。

もう、毎朝、マスクを買うために、列を作る必要は無い。

必要な人に、必要なだけ、マスクが届く社会になります、ように。

It seemed that social media enabled people to have free speech.

But this was an easy way, and people had to do something to confirm the truth under freedom.

With this in mind, I will write this story.

Everyone is willing to share their opinions on news.

I think this is good, but there are also side effects.

In response to the coronavirus, the Japanese government decided to send two cloth masks per household. Separately, it was to be distributed to children, one person, one person through school.

Everyone, most people made it laugh.

I felt that being rich was like this.

Certainly, the performance of a cloth mask falls.

However, it can be washed and used repeatedly, and is environmentally friendly.

Every morning there is a long line at the drugstore, and people are buying masks.

I don’t think we’ll line up like this.

I think they have enough physical strength and energy, and probably need less masks.

Therefore, the mask does not reach the people who really need it.

Someone said that they can make a cloth mask and don’t need it.

I think the number of self-oriented people has really increased.

Because there are many people who can not thread the needle.

There will be obstacles, and there are many elderly people. Indeed, there are many people who have little imagination, and when they say, the tone of the world is strange.

The masks distributed by the government are properly “sanitary” cloth masks.

I think that there are few countries that can distribute this to all households.

Some countries have mask diplomacy.

But this is a mask made by a Japanese manufacturer that hijacked a factory line produced in that country.

So, you need to know that cheap things have different reasons.

So, from now on, what I need is a little expensive, but I think that domestic ones are still good.

I think many, vulnerable people can be saved by government handed masks.

I think it’s a hearty mask.

No more needing to queue up to buy a mask every morning.

A society where masks reach the people who need them and as much as they want.

「でっち上げ」という叫び。Shouting “make up”.

私は、やっぱり、この人物が気になるので、書いてみようと思います。

それは、アメリカ大統領のドナルド.トランプ氏です。(以下、トランプと呼びます。)

彼は、ことごとく「フェイクニュース」だと言って我が道を歩んできました。巷に「フェイクニュース」は、たくさんあります。

ですが、そんなこと、一国の大統領が気にしなくても、良いはずです。まあ、色んなことがあったでしょう。

彼は、とても「爽快」にしてくれます。

絶対言えないことを平気に「言葉」にするし、それは、みんなの「憂さ晴らし」の代弁のようです。

トランプの「言葉」は、一種「麻酔」のように、「明るい未来」を「夢」見る。だから、米国の国民は、彼の演説に酔いしれました。

とても、それは、「麻酔」だから、良く効いている間は、気持ちの良いものでした。

ですから、疑心暗鬼で、始まったトランプ政権ですが、とても調子が良かった。

WHOの会見では、誰かが、「でっち上げ」と叫んでいました。へー、そうなのか、と思いながら、ことばを噛みしめた。

コロナウイルス対策では、初動が良くありませんでした。

ですが、ここぞとばかり、もう、「でっち上げ」は、できず、今に至る、のですが、ニューヨークダウは、30,000どころではなく、20,000近くになってしまった。

これは、米国だけでなく、世界中のことです。

これから、しばらくは、混乱が続きます。

その中では、舌戦、は有効ではありません。

この、「麻酔」の効かなくなった、米国をどうコントロールしていくのか、とても気になります。

本当の、実力の見せどころ、です。

彼を見ていると、イソップ物語の「オオカミとヒツジ飼い」のようです。

何度も、叫んで、本当に心から叫んだ時は、誰も、信じません、でした。

トランプに「叫び」以上のものは、持っていません。

これは、地道にコツコツと、今あることを誠実にこなして、国民の命を守る、ことです。

それが、できた時、本当の信頼、を得ることができます。

「命はひとつ」。是非、国民の命を、守り抜いて、欲しいと思います。

After all, I am going to write this person because I am worried about this person.

That’s US President Donald Trump. (Hereafter referred to as Trump.)

He has walked our way saying that it is all “fake news.” There are many “fake news” in the streets.

However, such a thing should be good even if the president of a country does not care.

Well, there must have been many things.

He is very refreshing.

We make what we can never say “words” without any doubt, and it is like speaking for everyone “disappearing”.

Trump’s “words” dream of a “bright future”, like a kind of “anesthesia”.

So the American people were drunk with his speech.

Very, it was “anesthesia”, so it felt good while it worked.

So, despite the suspicion and the Trump administration that started, it was very good.

At a WHO conference, someone shouted, “Make up.”

Hey, I wondered if it was, and bitten the words.

The initial response was not good with coronavirus measures.

However, just now, I couldn’t “make up” anymore, and it’s still up to date, but the New York Dow is now close to 20,000, not 30,000.

This is not only in the United States, but all over the world.

The confusion will continue for a while.

Among them, tongue fighting is not effective.

I am very worried about how to control the United States, where “anesthesia” has ceased to work.

It’s a real, showcasing ability.

Looking at him, it seems to be the “wolf and sheep keeper” in the Aesop story.

When I shouted many times and really shouted out, nobody believed.

I don’t have anything more than a “scream” on Trump.

This is to protect the lives of the nation by doing what is present and honestly and steadily.

When it does, you can gain real trust.

“One life.” By all means, I want to protect and protect the lives of the people.

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: