不幸と幸福の判断。Judgment of misery and happiness.

今回は、人生を「幸福」にする言葉です。

人生のほとんどすべての不幸は、自分に関することがらについて、あやまった考え方をするところから生じる。できごとを健全に判断することは、幸福への大きな第1歩である。

スタンダール

スタンダールは、フランスの小説家(1783-1842)。

今、人生を振り返ってみた時に、実は、あの時は、幸福だった。と思い出すことがある。その時は、不満や苦労があった。けれども、それを上回る幸福が、あった。

それに気付かない人は、多い。そのマイナス思考を転換すれば、それは、本当の自分の人生を適正に見つめ直すことができます。そうすれば、自然と、不平不満は、無くなり、これは、幸福になることが、できます。

無いことに不満を持つより、今ある自分から、素晴らしい、できごとを探してください。そうすると、人生が幸福になります。

This time, it is a word that makes life “happiness”.

Almost all the misfortunes of life come from misconceptions about things about yourself. Judging events soundly is a great first step towards happiness.

Stendhal

Stendhal is a French novelist (1783-1842).

When I look back on my life now, I was actually happy at that time. I sometimes remember. At that time, I was dissatisfied and had a hard time. However, there was more happiness than that.

Many people don’t notice it. If you turn that negative thought, it can properly re-examine your true life. Then, naturally, the complaints will disappear and this can be happy.

Rather than complaining about what you don’t have, look for great events from yourself. Then life will be happy.

不幸と幸せは、混じって存在する。Unhappiness and happiness are mixed.

人々に「悩み事」はある。多分、悩み事のない人はいない。その中で、一番、悩ましいのは、対人関係です。そんな時、皆さまは、どうやって心を整理するだろう。

多分、多くは、不満と共に、つい口に出して、グチを言うこともある。そんな苦しい時にどうしたら、良いか?というのが、今回のテーマ。

そう、そんなあなたは、「幸せ」なのです。心配する相手がいることは、「幸せ」である。何故なら、その存在が、いなくなれば、心が、空虚になるから。

私は、歳上の人が大好きで良くお話する。色んな人生のことを語ってくださる。人は、やはり、人と繋がってこそ、人生に彩りがつく。その先輩方は、アドバイスをくださる。

「後から、後悔するから、いっぱい「幸せ」を噛みしめなさい。」と言われた。車椅子の母と、悪性の癌の父がいる。「心配する相手のいる幸せ」を噛みしめて、毎日送っている。そんな「幸せ」もある。

後から、きっと、今の自分は、「幸せ」で、そんな両親でも、命のあることを「幸せ」に思っている。

良く私は、人に言われる言葉がある。「あなたって、曲がって考えないのね。」そう言って、騙されたこともある。けれども、私は、不器用だけど、それで、「幸せ」だと感じている。

何故なら、過去に、私に悪いことをした人々は、私を遠くから見て近くに来れない。やはり、誰にでも、「罪悪感」は、ある。私は、その罪悪感を感じたことはない。

何故なら、人を騙したり、イジメ返ししたり、しない。それは、鈍感な私は、分からないのもある。けれども、それで良いと思う。

人には、色んな苦労とかある。大きいほど、それは、口に出さない。だから、自分らしく、生きれば良い。

心配事や悩み事は、「悩める幸せ」なのです。これは、今は分からない。けれども、将来、振り返って今の自分を見た時に、「幸せ」をそこに、「発見」できる。

今ある「幸せ」は、見つけられる人は、少ない。

人は、時に贅沢になる。他人が、「幸せ」に見えるからです。

けれども、それは、違う。他人は、良く見える。

だから、自分を良く見つめてみると、そこには、「隠れた幸せ」があることを発見できる。そんな「幸せ」を探すことは、人生を「幸せ」に生きるヒントだと感じる。

不幸の中に「幸せ」は、混じって存在している。そんな「幸せ」を探すことが、「幸せ」になることを皆さまに知って欲しいと思い、今回は、人生を「幸せ」になる心について書いてみました。

People have “worries”. Perhaps no one is trouble free. The most troublesome of these is interpersonal relationships. In such a case, how do you organize your mind?

Perhaps many, with dissatisfaction, just swear and croak. What should I do in such a difficult time? That is the theme of this time.

Yes, you are “happy”. Having someone to worry about is “happiness.” Because if its existence disappears, the mind will be empty.

I love older people and talk a lot. He talks about various life. After all, people can add color to their lives only by connecting with them. The seniors give me some advice.

“I will regret it later, so please chew a lot of” happiness “. Was said. She has a mother in a wheelchair and a father with malignant cancer. She chews on “the happiness of someone who is worried” and sends it every day. There is also such “happiness”.

Later, I’m sure that I am “happy” now, and even such parents think that they have a life.

Often I have words that people say. “You don’t think it’s bent.” I was fooled by saying that. But I’m clumsy, but I feel “happy”.

Because people who have done bad things to me in the past can’t come close to me when they see me from a distance. After all, everyone has a “guilt feeling”. I have never felt that guilty.

Because it doesn’t deceive or bully people. It’s insensitive, I don’t know. But I think that’s fine.

People have various hardships. The bigger it is, the less it is said. Therefore, you should live as you are.

Anxiety and worries are “happiness to worry”. I don’t know this now. However, in the future, when I look back and look at myself now, I can “discover” “happiness” there.

Few people can find the existing “happiness”.

People sometimes become extravagant. Because others look “happy”.

But that’s not the case. Others look good.

So, if you look closely at yourself, you can discover that there is “hidden happiness” there. I feel that searching for such “happiness” is a hint to live life in “happiness”.

“Happiness” exists in a mixture of misfortunes. I want everyone to know that searching for such “happiness” will make you “happy”, so this time I wrote about the heart that makes life “happy”.

「刀狩り」と銃、日本的伝統から学んで欲しいこと。I want you to learn from “katanagari, sword hunting”, guns, and Japanese tradition.

米国で、簡単に「銃」が、手に入る。

だから、犯罪が多くなる。

ここでは、「銃社会」について、触れよう。

日本には、かつての「銃」にあたる、「日本刀」があった。

ですが、これは、「刀狩り」によって、完全に排除できた、のです。

ここには、日本の「忠誠心、チュウセイシン」がある。

忠誠、チュウセイとは、まごごろ。

まことマコト、尽くす心です。

まこと、マコトとは、人に対して、嘘をついて、騙さないことです。

このような心が、侍、サムライにあったから、できました。

米国は、他民族国家で、多く移民を受け入れている。

だから、優秀な人材も集まってくるし、色んな思想や人々が暮らす。

だから、その思想を統一するのは、なかなか難しい、ことかも、しれません。

このコロナウイルスの緊急事態でも、まず初めに売れたのは、「銃」だった。

「マスク」をすれば、暴力を振るわれ、街に居ることもできなかった、のです。

これは、おかしい。

自分の事を放り出して、相手の欠点を攻撃するのです。

今、ソーシャルディスタンスで、みんな自宅で過ごすことが多い。

こんな時だからこそ、「道徳」を学び、人を思いやる、心を育てて欲しい。

人を疑うと、かぎり無い。

人は、完璧じゃないから、自分と違う所もある。

その「違い」を学んで、欲しい、と思う。

互いに、「違い」が、分かれば、「誤解」も解ける。

やがて、そんな、凶器、「銃」なんて持たない社会になって欲しい。

「銃」は、「自分を守る」ものではない。

それは、「相手を攻撃する」ものであることを、知るべき、です。

銃は、バーチャルの世界「ゲーム」だけ、で良い。

そんな「ゲーム」も、やはり、年齢制限は、必要だと、感じる。

幼い頃に、「銃のゲーム」をすることは、「擦り込み」を起こす。

決して、「銃で、幸せになれない」ことだけは、確かです。

「銃」を使って生き残っても、それは、周りが、「警戒」するから、です。

「銃社会」は、お互いが、不幸になり、消耗することを、学んで欲しい。

そして、銃のない社会が、訪れますように。

It’s easy to get a “gun” in the United States.

Therefore, there are many crimes.

Here, let’s touch on the “gun society”.

In Japan, there was a “Japanese sword,” which was once a “gun.” However, this could be completely eliminated by “sword hunting”.

Here is Japan’s “Loyalty, Chuuseishin”.

Loyalty and Chusei are all about. Makoto Makoto, I will do my best.

Makoto is to lie and not deceive people.

This kind of heart was created because the samurai, Samurai, had this kind of heart.

The United States is a multi-ethnic country and accepts many immigrants.

Therefore, excellent human resources also gather, and various ideas and people live.

Therefore, it may be quite difficult to unify the idea.

Even in this coronavirus emergency, the first thing that sold was a “gun.”

If you put on a “mask”, you would be violent and couldn’t even stay in the city.

This is strange.

Throw yourself away and attack your opponent’s shortcomings.

Nowadays, everyone spends most of their time at home because of their social distance.

It is at such times that I want you to learn “morality”, be considerate of others, and nurture your heart.

If you doubt a person, there is no limit.

People are not perfect, so there are some differences from them.

I want you to learn the “difference”.

If we can understand the “difference” from each other, we can solve the “misunderstanding”.

Eventually, I want a society that does not have such weapons and “guns.” A “gun” is not something that “protects you.”

You should know that it is something that “attacks your opponent.”

The gun only needs to be a virtual world “game”.

I feel that age restrictions are necessary for such “games” as well.

Playing a “gun game” at an early age causes “rubbing”.

It is certain that you can never be happy with a gun.

Even if you survive with a “gun”, it is because the people around you are “alert”.

I want the “gun society” to learn that each other becomes unhappy and exhausted.

And may a society without guns come.

人間は、本来「純粋」な心を持って生まれてくる。Human beings are originally born with a “pure” heart.

今、日本で、子供にアンケートを取るとなりたい職業で、急上昇している職業があります。

それは、「医者」です。

コロナウイルスで、世の中が、世界の動きが止まっています。

その中で、免疫のつくことの無い(2020/09現在)病気に、立ち向かっている。

コロナウイルスの専門病院になった職員、医者、は、とても「差別」に遭っているようで、バスの乗車さえ、拒否される、そうです。

だから、退職する人も多いそうです。

このコロナウイルスは、昔のキリシタン弾圧、つまり、踏み絵のようです。

日本も、その昔、キリスト教弾圧がありました。

キリスト教は、密教のような扱いで、「イエス.キリスト」や「聖母マリア」が彫られている板を、足で、踏ます事によって、キリスト教の信者を見つけ、処罰しました。

このことは、とても有名で、今、日本では、宗教によって「差別」されるのは、タブーです。

このように、不幸な歴史は、繰り返しては、いけません。

このようなことは、不幸です。

「差別」は、よく無い。

子供達は、純粋です。

だから、一生懸命に働いている、「医者」を見て、自分も、なりたいと思う、この純粋な気持ちは、本物の「志、ココロザシ」だと感じる。

困難に立ち向かうその姿は、物事を損するとか、得するとか、そんな気持ちで、見ていない。

人間は、本来、そのような性質を持って生まれてきます。

だから、その純粋な気持ちを、育てていくのが、その周りに居る人です。

色んなことが、人生においてあると思うけど、その純粋な、「社会に奉仕したい」という気持ちを忘れないで、欲しいと思う。

色んな困難が、ありますが、「初心を忘れず」に頑張って欲しい、と思います。

Now, in Japan, there are professions that want to take surveys for children, and there are soaring professions. It’s a “doctor”.

With the coronavirus, the world has stopped moving.

Among them, I am confronting diseases that are not immune (as of 2020/09).

The staff, doctors, and others who have become specialized hospitals for coronavirus seem to be very “discriminated” and even refused to board the bus.

Therefore, it seems that many people retire.

This coronavirus is like an old Christian oppression, a stepping stone.

In Japan, there was a crackdown on Christianity a long time ago.

Christianity treated it like esoteric Buddhism and found and punished Christian believers by stepping on a plate on which “Jesus Christ” and “Virgin Mary” were carved.

This is very famous, and in Japan, it is taboo to “discriminate” by religion.

Thus, unfortunate history must not be repeated.

Things like this are unfortunate.

“Discrimination” is not good.

Children are pure.

So, when I see a doctor who works hard, I want to become myself, and I feel that this pure feeling is a genuine “heart.

I haven’t seen the appearance of confronting difficulties, with the feeling that things will be lost or gained.

Human beings are naturally born with such characteristics.

Therefore, it is the people around us who develop that pure feeling.

I think there are many things in life, but don’t forget the pure feeling of wanting to serve society.

There are various difficulties, but I want you to do your best without forgetting your original intention.