勤勉であることを大切にした二宮尊徳。Sontoku Ninomiya who valued being diligent.

今回は、以前にブログに取り上げた、薪を背負って勉強して、立身出世した、二宮金次郎の成人になった、二宮尊徳の言葉です。

貧となり富めるものとなるのは偶然のことではない。富める人は富を得る原因があり、貧しいものは貧しくなる原因がある。富は節倹をなし、よく働くものに集まってくるもので、偶然集まってくるものではない。財は油断すれば自分のもとより逃げていく。富財を得ようとするには勤勉と節倹、努力によってのみ得られる。1日働けば働いただけ利益があるが、1日働かねばそれだけ損失が大きい。こういうわかりきったことがなかなかおこなわれないのが人間のありさまである。明日をたのまず、今日1日働くべきである。

二宮尊徳

訳文

「貧乏になる人、富のある人は、偶然に発生するものではない。富のある人は、富を得られる原因がある。又、貧しい人は、貧しくなる原因がある。

富を持つには、節約(要らないものを持たないでお金を貯めること)、倹約(必要なものも持たないでお金を貯めること)をして、そうして一生懸命働いた人にお金は集まってくるもので、偶然にお金は集まってこない。

財産は、注意を油断すれば、自分のところから逃げていく。豊かな財産を得るためには、仕事や勉強に一生懸命になり、節約(要らないものを持たないでお金を貯めること)、倹約(必要なものも持たないでお金を貯めること)、努力によって、しか、お金を得る手段はない。

1日働けば、その日働いた分だけの利益があるが、1日働かずにいれば、それは、その分、損失が大きく発生する。

こういう、当たり前の誰にでもわかる、物事が、なかなかできないのが人間の状態です。将来を期待しないで、今日を大切にして、働くべきです。」

幼少期を貧しく過ごして、のちに、地域の農村を助け、みんなの為に働き、人々を豊かにして、立身出世した二宮尊徳の言葉には、事実に裏付けされたものがあります。

勤勉であること。お金を大切にすることを最も強調しています。この言葉は、人生の道しるべになりますように。皆さまのご多幸を願います。

A statue of Sontoku Ninomiya’s childhood Kinjiro Ninomiya.
二宮尊徳の幼少期の二宮金次郎の像。

This time, I mentioned in my blog earlier, the words of Sontoku Ninomiya, who became an adult of Kinjiro Ninomiya, who studied with firewood on his back and succeeded in life.

Translation

“People who become poor and those who are rich do not happen by accident. People who are rich have a cause for gaining wealth, and those who are poor have a cause for becoming poor.

To have wealth, save money (save money without having what you don’t need), save money (save money without having what you need), and for those who work hard It’s something that comes together, and money doesn’t come by chance.

Property runs away from you if you are careful. To get a wealth of wealth, work and study hard, save money (save money without what you need), frugality (save money without what you need), and effort. However, there is no way to earn money.

If you work one day, you will make a profit as much as you worked that day, but if you do not work one day, you will incur a large loss.

It is the human state that it is difficult for anyone to understand such things. Don’t expect the future, you should cherish today and work. “

The words of Sontoku Ninomiya, who spent his childhood poorly and later helped rural villages in the area, worked for everyone, enriched people, and succeeded in life, are supported by the facts.

Be diligent. The most emphasis is on valuing money. May this word be a guide to your life. We wish you all the best of luck.

仕事で、トップになる。Be the top at work.

難関をくぐり抜けて、あるアルバイトに就いた。それは、東海道新幹線の車内販売員だった。チームでの参加だったから、歩合制では無かった。それが、残念だった。そのチームからは、とても可愛がっていただきました。しかし、いつも、売り上げの難しい、時間帯や、方面だったりしました。その中で、ダントツに売り上げたのです。ものの上達は、「マネ」から、始まると、以前、「文章力を上げる」で、書いたことがあります。だから、上達するには、これしかない。しかし、チームには、手本は無かった。

じゃあ、どーやって学んだかというと、それは、時折、その特産のお弁当を持って、車内で、特産お弁当を決められた駅間で、売り切る、おばちゃん達でした。そりゃ、掛け声が、素晴らしいのです。販売員は、顔の美醜とか、関係無い。これは、声で心を掴む、これが、販売員の真髄なんだ、と感じた。それを観察して、研究して、売った。それは、面白い程、売れたのです。私は、途中で、ホットコーヒーが無くなり、ワゴンを置いて、取りに行っている間に、同僚が、売れないので、スピードが、早いので、追い越す、なんて良く有った。それぐらい、売れたのです。

顔は、関係無い。それは、心を掴む、声の愛嬌なのです。車内販売なんて、新鮮だけど、お高い、だけど、売れる。計算に間違いがあるといけないから、色んな商品をいっぱい買うお客様には、サンリオの可愛い電卓で、計算して、間違いの無いように、したものです。つたない英語で、海外からのお客様には、良くジュースを売った。大抵、オレンジジュースを購入していただきました。そうなんだ。海外の方は、オレンジジュースが、好きなんだ。と、色んなことを思ったことも、ありました。とにかく、声なのです。それにつられて、乗客は、購入する。ワゴン販売が、中心だけど、時々、その駅を通り過ぎる時に、その名産のお土産を売るのです。

他のメンバーは、ひとつも、売れず、帰ってくる。それで、私に渡された。そうすると、大抵、1〜2車両で、売り切れてしまう。見るからに、鈍臭い私です。なのに、売れる。だから、メンバーのリーダーが、水割りを私に渡した。これは、「高いから」と言いながら、水割りを渡された。しかし、私は、1〜2両目で、売り切ったのです。そんな、ことがありました。ただ、ひたすら、「声」なのです。声に集中するあまり、同僚からは、「能面、ノウメン」のようだ、と言われたこともある。

愛嬌は、顔ではない。「声、言葉」です。だから、職場に、これ、とか、いう人が居れば、観察して、「マネ」する。そうすれば、その、上を研究する、そうすれば、トップになれる。だから、社会経験を積んで、まず、なんでも良いから、トップになって欲しい。成功経験は、後の、自信になるからです。これは、簡単ではない。だからこそ、勉強が、必要になります。常に謙虚である。これは、学びの、精神です。トップになっても、抜かれてしまう、常にトップは、難しい。これは、「無常、ムジョウ」。これは、何度も言っています。だからこそ、謙虚に、学ぶ精神を忘れることなく、何事にも、真剣に向かうことは、最も大切なことです。

文章力を上げる、基本編。Basic edition to improve writing skills.

人と違う仕事をしましょう。Do a different job than others.

After going through the difficulties, I got a part-time job. It was an in-car salesperson on the Tokaido Shinkansen. He wasn’t commissioned because he was a team participant. That was a shame. The team loved me very much. However, it was always difficult to sell at times and directions. Among them, it sold to the best. I have written about “improving writing skills” before, starting from “manet” to improve things. So this is the only way to improve. However, the team had no example.

Then, what I learned was the aunts who occasionally took their special lunches and sold them out in the train between the stations where the special lunches were decided. That’s why the shouts are wonderful. The salesperson has nothing to do with the beauty and ugliness of the face. She felt that this was the essence of the salesperson, which caught her voice. I observed it, studied it, and sold it. It sold so much that it was interesting. On the way, I often ran out of hot coffee, left the wagon, and while I was going to pick it up, my colleague couldn’t sell it, so the speed was so fast that I overtook it. That’s how much it sold.

The face doesn’t matter. It’s a captivating, charming voice. In-car sales are fresh and expensive, but they sell. In case there is a mistake in the calculation, for customers who buy a lot of various products, we calculated it with Sanrio’s cute calculator so that there is no mistake. He sold juice well to customers from overseas in poor English. Most of the time, I bought orange juice. is that so. Overseas people like orange juice. I also thought about various things. Anyway, it’s a voice. With that, passengers buy. Wagon sales are the main focus, but sometimes when you pass the station, you sell the specialty souvenirs.

None of the other members sold and returned. So it was handed over to me. That usually sells out in one or two vehicles. As you can see, it’s a dull me. But it sells. So the leader of the member gave me a mizuwari. I was given a mizuwari, saying “because it’s expensive”. However, I sold out in the first and second cars. There was such a thing. However, it is just a “voice”. I was so focused on my voice that my colleagues once said that it was like “Noh mask, nmen”.

Adorability is not a face. “Voice, words”. Therefore, if there is a person like this in the workplace, observe it and “manage” it. Then you can study the top, and you can be the top. Therefore, I want you to gain social experience and become the top because anything is fine. Successful experiences give you confidence later. This is not easy. That is why studying is necessary. Always humble. This is the spirit of learning. Even if you reach the top, you will be overtaken. It is always difficult to reach the top. This is “Impermanence, Mujo”. This has been said many times. That is why it is of utmost importance to be humble, remember the spirit of learning, and take everything seriously.

人と違う仕事をしましょう。Do a different job than others.

私は、何かと、面接なんて受けると、とてもウケが良いのです。だから、とんでもない、仕事をして欲しい、と頼まれる。そう、トップで、選考されることが、多い。3,000倍で、選ばれたのですよ。とか、言われたこともある。けれども、家庭や、色んなことを考えると、ちょっと、パートに勤めるのに、多大な重責を負う仕事なんて割に合わないし、断ることが多い。結局のところ、こうやって、自分で、会社を経営しています。

ちょっとしたところで、数ヶ月、身を置いたことがある。そうすると、職場の同僚は、そうね、と納得して会話をする。何がなんだか、側から聞いて居る私には、良く分からない。そうすると、その人々は、先程の話の矛盾をお互いに知り、もう一度確認しているのです。ある商品を数えることになりました。そして、段ボールに入っている商品を数えることになった。それは、おおよそ、100個ぐらいの商品が入っていたのです。ところが、私は、その商品の数を数え終わった時に、そのもう一人の人は、30個ぐらいしか、まだ数えることができていなかったのです。だから、同じ仕事をしても、こうも違う。そうして、その人は、私に商品の数え方を教えて欲しい、と私に言うのです。

だから、やっぱり、単純作業でも、個人差がある。私は、とても、鈍臭く見えるそうで、それでいて、何やら、違う、印象がある、と言われたことがあります。だから、このキレキレの良くできるようには、一見は、見えないのです。普通のありふれた風采(フウサイ)です。だから、周りと合わないのです。学生の時に、アルバイトをして、社会を知って、勉強して欲しいと思う。学生の時に、社会を知れば、世の中を知ることができます。そして、そのアルバイトの中で、No.1になって欲しいと思います。私の学生のアルバイトのお話も、又、機会があれば、書いてみたいと思います。

When I get an interview, I’m very happy. That’s why I’m asked to do a job. Yes, they are often selected at the top. It was chosen at 3,000 times. I have been told that. However, considering my family and various things, it is not worth the heavy burden of working as a part-time worker, and I often refuse. After all, this is how I run my own company.

I’ve been there for a few months. Then, the colleague at work convinces and talks. I’m not sure what’s going on from the side. Then, the people know each other the contradictions of the previous story and confirm it again. I have decided to count a certain product. Then, I decided to count the products in the cardboard. It contained about 100 items. However, when I finished counting the number of the products, the other person was still able to count only about 30. So even if you do the same job, it’s different. Then the person asks me to teach me how to count the goods.

Therefore, after all, even simple work has individual differences. I’ve been told that it looks very dull, yet it has a different impression. Therefore, at first glance, it is invisible so that this sharpness can be improved. It is an ordinary and ordinary style. That’s why it doesn’t fit around. I want you to work part-time, get to know society, and study when you are a student. If you know society when you are a student, you can know the world. And I want you to become No. 1 in that part-time job. I would also like to write about my student’s part-time job, if I have the opportunity.

「本当の勉強」の素晴らしさ。The splendor of “real study”.

ほとんどの日本の小学校にある、「二ノ宮金次郎」の像をご存知でしょうか。

この頃は、改築の時に撤去されることも多いようです。

残念なことです。

多分、日本人なら、知っていると思います。

外国の方は、知らない人も多いと思います。

この像は、1787年に生まれた、実在の人物です。

薪を背に背負って本を開いて勉強する姿、です。

とても貧しいので、夜、勉強するのに、明かりさえ与えられず、明るい時間は、働きながら、本を手にしてひたすら、自分で勉強しました。

その幼少期の時の姿です。このように、決して恵まれない環境でさえ、「勉強」することの大切さを、心に刻む像が日本にはあります。

この人物は、身分制度の厳しい時代に、農民でお金も無い家に生まれました。

そして勉強して、知恵を絞って、自分だけでなく、多くの人を救い、出世しました。

今の時代でも「尊敬」されています。「教育」を受ける時間がなくても、工夫すれば、「勉強」できます。

「勉強」は、「人生」を変えると、以前書きました。

(クロームブックの作り方。教育の平等化。How to make chrome book. Equality of education.)

「勉強」とは、自分の人生の選択肢を多くする為に、基礎をしっかりと学ぶことが、重要です。基礎をしっかりと学ぶと、「道徳心」も生まれます。

それは、どんな境遇の人でも、「本」があれば、できます。

ノートは、枯木をペンにして、砂に「字」を書いても、勉強できます。

大人は、子供に「勉強」の大切さ、を教えれば、子供は、自分で勉強するようになります。

本当に勉強が、出来る、ということは、自分で勉強する事、です。

人から教えられた「勉強」は、「暗記」であって、身につきません。

回り道をして、自分で調べ、学び、学んだことは、身についた「勉強」で、「暗記」ではなく、それは、実際の自分の「人生」を変えます。

ですから、本当の勉強は、個人差がありますが、「時間」をかけて、「自分で学ぶ」ことが大切です。

「勉強」に近道は、ありません。この「二ノ宮金次郎」の像は、「常に勤勉(キンベン)であることは、すばらしい」ことを教えています。

「勤勉、キンベン」とは、「まじめに」「勉強」することです。

これは、基礎の「勉強」だけでは、なく、日本では、「勤勉(キンベン)に働く」とよく言います。

つまり、大人になって、社会人になっても、「仕事」は、「まじめに勉強すること」です。

ですから、常に、「仕事」は、「改善、カイゼン」です。

この言葉は、トヨタ自動車、で、世界的に有名な言葉、です。

単純な仕事は、ありません。

小さな事でも、良いのです。

仕事から、得られることを、勉強して、答えを出します。

そこには、「改善、カイゼン」があります。

小さなことです。これを、ひとつ、ひとつ、重ねていくと、大きな「差」が、つきます。

これは、「洗濯の仕方」

(セルフクリーニングでもっと清潔に!Cleaner with self-cleaning!)

にも、書きました。

まじめに、物事をする事は、大切です。

小さなことを、軽く考えては、いけません。

それを、まじめに、取り組み、ひとつ、ひとつ、積み重ねる、ことは、恥ずかしいことではありません。

近道は、決してありません。

真の「勉強」は、境遇ではなく、「心構え」です。

これは、「サムライ」

まじめに生きる。Live seriously.

で書きました。

本当の「勉強」は、教えられなくとも、「道徳心」が、身に付きます。

親は、決して、子供を自分のものとは、思ってはいけません。

「社会」に「還元」するのです。

ですから、日本では、「教育の機会」が平等にあります。

これは、社会の助け合いに、通じる、ものです。

ですから、国際的に「攻撃された国」にも、困っていれば、日本は、その国を助けたりします。

これは、よく、「人道的支援」とか、言われるものです。

このように、「勉強」すれば、「道徳」もできます。

まずは、「勉強」の「素晴らしさ」を知って欲しい、と思い、日本の「二ノ宮金次郎」の像を題材に書いてみました。

撮影に協力してくださった学校関係者に深くお礼申し上げます。

Do you know the statue of “Kinjiro Ninomiya” in most Japanese elementary schools?

At this time, it seems that it is often removed during renovation.

It is unfortunate.

Maybe if you’re Japanese, you know.

I think that many foreigners do not know.

This statue is a real person, born in 1787. It is a figure of studying by opening a book with a back of firewood.

I was so poor that I couldn’t even get the light to study at night, and during the bright hours, I worked hard while studying with my books.

It is the figure when I was a child.

In this way, there is an image in Japan that reminds us of the importance of “studying” even in an unfortunate environment.

This person was born into a farmer’s house without money during times when the status system was severe.

After studying, I narrowed down my wisdom, saved not only myself but many people, and succeeded.

Even today, it is “respected”.

Even if you do not have time to receive “education”, you can “study” if you devise it.

I wrote before that “study” changes “life”.

(クロームブックの作り方。教育の平等化。How to make chrome book. Equality of education.)

“Study” is important to learn the basics in order to make many choices in your life.

If you study the basics well, you will also have “morality”.

It can be done by people of all circumstances with a “book”.

You can study notebooks by writing a letter on the sand with a dead tree as a pen.

If an adult teaches a child the importance of “study”, the child will study by himself.

To really study is to study by yourself. The “study” taught by a person is “memorization” and is not learned.

By detouring, investigating, learning and learning by yourself is what you have learned, not “memorization”, which actually changes your “life.”

Therefore, there are individual differences in true study, but it is important to take “time” and “learn by yourself”.

There is no shortcut to “study”.

The image of “Kinjiro Ninomiya” teaches that “always being a diligent person is wonderful.”

“Hard work, Kimben” means “serious” and “studying”.

This is often called “working hard” in Japan, not just the basic “study”.

In other words, even if you grow up and become a member of society, your “work” is to “learn seriously”.

Therefore, “work” is always “improvement, Kaizen”.

This word is Toyota Motor Corporation, and is a world-famous word.

There is no simple job.

Even small things are good. Learn what you can get from work and give answers.

There is “improvement, Kaizen” there. It’s a small thing.

If you stack this one by one, you will get a big difference.

This is “how to wash”

(セルフクリーニングでもっと清潔に!Cleaner with self-cleaning!)

I also wrote It is important to do things seriously.

Don’t think lightly about small things.

It is not embarrassing to take it seriously, work on it one by one, and stack it up.

There are never shortcuts.

True “study” is not “circumstance” but “attitude”.

This is “Samurai”

まじめに生きる。Live seriously.

I wrote in. Even if you can’t teach true “study”, you can acquire “morality”.

Parents should never think of their children as their own.

“Return” to “society”.

So, in Japan, there are equal opportunities for education.

This is something that helps people in society.

Therefore, if you are in trouble with the “attacked country” internationally, Japan will help that country.

This is often referred to as “humanitarian assistance.”

In this way, if you “study”, you can also become “moral”.

First of all, I wanted you to know the “wonderfulness” of “study”, so I wrote about the image of “Kinjiro Ninomiya” in Japan.

 

We would like to express our deep gratitude to the people involved in the school for their cooperation in shooting.