個人のローンを銀行から借りるメリット。The benefits of borrowing a personal loan from a bank.

広告

私はある人から相談された。生活に追われて、キャッシングをしてしまい、その金利の高さに、毎月お金の支払いに追われて、大変な様子でした。

私は、銀行とのお付き合いは、「決してウソをついてはいけない」と言いました。その人は、親から相続した定期借地権の土地に住宅を持っていました。誰でもそうだけど、住んでいる所は、ローンの支払いができなくなると怖い。その人物は、ようやっと、住宅ローンを返済しています。だから、このようにアドバイスをしました。「住宅ローンを払った実績があるから、信用があるその銀行に相談してみると良いよ。」

その友人は、キャッシングを銀行の個人ローンに切り替えて、見事に返済しました。やはり、金利が多いと、ドンドン返済金額が増える。貸した方も、借りた方も、本来は、資金回収して初めて、商売になる。だから、今、住宅ローンがあって、資金に困っている人が居れば、先ず銀行に相談すると、良い。

たまに、住宅が、買った金額より、かなり値下がりして、査定額が大きく下落すれば、なかなか、難しいこともあるかもしれません。ですが、急に住宅ローンまで、返せない程の状態になるより、銀行に相談した方が、良い場合が多い。融資が、焦げ付くのは、良くないからです。私に相談した人は、キャッシングに苦しめられることも無く、ローンも全部、返済して、借金も無くなったようです。

そうして、今は、以前とずいぶんとくらしが楽になったのが、側から見ても良く分かる。銀行には、ウソを付かずに、正直にお付き合いしましょう。そうすれば、長いお取引に信用が付きます。銀行は、融資することが、仕事だから、遠慮無く、相談すると良いです。担保があれば、良いのです。

ちょっと、銀行は、格式が高い。けれども、親身になってくれるし、金利は、きちんと決めれています。困った時は、正直に、相談してみよう。時間は、戻らないから、早く相談した方が良い。今回は、キャッシングで、お金に困った人を助けた、お話でした。参考になりましたら、嬉しいです。

I was consulted by a person. I was so busy with my life that I cashed in, and the high interest rates made me busy paying money every month.

I said that my relationship with the bank was “never lie.” The person had a house on a fixed-term land lease inherited from his parents. Like everyone, wherever you live, you’re scared if you can’t pay your loan. The person is finally paying off his mortgage. So I gave this advice. “I have a track record of paying mortgages, so it’s a good idea to talk to a creditworthy bank.”

The friend switched cashing to a bank personal loan and paid off brilliantly. After all, if the interest rate is high, the amount of repayment will increase. Originally, both the lender and the borrower will be in business only after collecting the funds. So, if you have a mortgage and are in trouble with your money, you should talk to your bank first.

Occasionally, it can be difficult if the price of a home drops significantly below the price you bought and the assessed value drops significantly. However, it is often better to consult a bank than to suddenly get into a mortgage loan. Loans aren’t good at burning. The person who consulted with me did not suffer from cashing, repaid all the loans, and seemed to be out of debt.

Then, I can see from the side that living is much easier now than before. Don’t lie to the bank and be honest with them. That way, long deals will be credited. Banks should feel free to consult with us because lending is their job. It’s okay if you have collateral.

Hey, banks are prestigious. However, they are kind and the interest rates are set properly. If you have a problem, let’s be honest and talk to us. Time will not come back, so it is better to consult early. This time, we talked about helping people who were in need of money with cashing. I would be happy if it was helpful.

破産しても資産は作れる。You can make assets even if you go bankrupt.

広告

私は、父の経営する会社が倒産しました。

でも、家族は、離婚もしないで、生活保護も受けることなく、生活しました。

そして、今は、マイホームを持っています。母は、パートで働き、家族を支えました。そうして、父も、又、会社を経営しました。現金商売で、相手から、手形をもらっても、銀行には、信用が、無いので、普通通帳で、運営しました。

大きなハンディがありますが、それでも、生活する為に働きました。そうすると、景気が良くなり、少しずつ、ですが、良いものになりました。

子供の私は、おしゃれをしたい、高校生でも、洋服なんて買ってもらえないので、長期休暇の時に、アルバイトをして、買いました。幸せだったのは、両親が、教育を一番大切に思っていたことです。

だから、大学に行きました。教科書は、自分のアルバイト代で買ったり、色んなアルバイトをして、工夫して、通いました。

私は、父の倒産で、勉強ができずに一時成績が、落ちました。勉強は、積み重ねですから、私には、大きなハンディがあり、あまり良い成績ではなかったですが、それでも努力しました。

そうして、大学に入学しました。就職は、両親の過去から、金融機関の就職は無理でしたので、業種を選んで、就職しました。数千倍の倍率でした。東証一部上場の会社でした。私の弟も、大学を出て、公務員になりました。

両親は、コツコツ、働きました。そして、父は、過去に破産していますので、財産は、持てません。ですから、母に生前贈与をしていました。

そうして、60歳で、新築のマンションを購入しました。住宅ローンは、弟の持ち分にして組みました。そして、7年で、全部返済しました。

その後、その持ち分を弟から、買い取り、全て、母の名義にしました。

相続は、直接、子供に行くようにして、遺言を書いて、父が、残された時は、それを子供が、助けるようにしています。家族と、教育は、絶対に捨てないで、ください。

今、苦しみがあっても、それは、ずっと続くものではありません。

私は、同窓会には、呼ばれることは、ありません。一度、行ったことがありますが、つらい、ものだったからです。

誰でも、つらいことは、あります。後ろを見ても、良いことは無いです。私は、過去は、忘れて、生きました。常に、前だけを見ることを、意識しました。ですが、まだ、言えないほどのつらいことが、あります。

けれども、今、私は、幸せにも、住宅投資の会社を経営したり、株式投資をしたり、こうやって、ブログを書いたり、色んなことをしています。

家族は、それを、すべて受け入れてくれます。色んな、苦しみや、苦労があるけれど、決して、あきらめないでください。

私は、色んな人に、しあわせになって、ほしくて、ブログを書き始めました。色んなことが、あっても、前を向いて生きてください。

お金をためる。目標金額を決める。Save money by saving money.Determine the target amount.

My father’s company went bankrupt.

However, the family lived without divorce and without welfare. And now I have my own home. My mother worked part-time and supported her family.

Then my father also ran the company. He is a cash business, and even if he receives a bill from the other party, the bank does not have credit, so he operated it with a regular passbook.

I have a big handicap, but I still worked to live. Then, the economy got better, and little by little, it got better. As a child, I want to be fashionable, and even high school students can’t buy clothes, so I worked part-time and bought them during my long vacation.

What made me happy was that my parents valued education the most.

So I went to college. I bought textbooks for my part-time job, did various part-time jobs, devised and went to school. Due to my father’s bankruptcy, I couldn’t study and my grades dropped temporarily. Studying is a lot of work, so I had a big handicap and I didn’t get very good grades, but I still made an effort.

Then I entered the university. Since my parents’ past, it was impossible to get a job at a financial institution, so I chose a business type and got a job.

It was a magnification of several thousand times. It was a company listed on the First Section of the Tokyo Stock Exchange. My younger brother also graduated from college and became a civil servant.

My parents worked hard. And my father has gone bankrupt in the past, so he can’t own his fortune. So I was giving a gift to his mother during his lifetime.

Then, at the age of 60, I bought a new condominium. I made a mortgage with my brother’s share. And in 7 years, I paid back everything.

After that, I bought the stake from my younger brother and made it all in my mother’s name. Inheritance goes directly to the child, writes a will, and when the father is left, the child helps it.

Never throw away your family and education.

Even if there is suffering now, it will not last forever. I will never be called to the alumni association. I’ve been there once, but it was painful and painful.

Everyone has a hard time. Looking behind, there is nothing good. I forgot about the past and lived. I was always conscious of looking only in front of me. However, there are still some pains that cannot be said.

But now, I’m happy to run a housing investment company, invest in stocks, write blogs, and do a lot of other things. The family accepts it all.

There are many sufferings and hardships, but never give up. I started writing blogs because I wanted many people to be happy. Even if there are various things, please look forward and live.

どうやって、住宅ローンを早く返済するか?How to repay your mortgage early?

広告

今回は、住宅購入のお話です。

私は、住宅ローンを3年半で、返済しています。

これは、銀行の融資の方もびっくりしました。

私は、「節約」は、大好きです。

でも、「倹約」は、嫌いです。

これには、大きな違いがあります。「節約」は、必要なものには、お金を掛ける。「倹約」は、必要なものも、削ることです。私は、貯蓄について書いています。

お金をためる。目標金額を決める。Save money by saving money.Determine the target amount.

こうやって私は、使います。固定コストを下げると、自然にお金は、貯まるようになります。

子供の教育費は、掛けます。何故なら、それは、将来、自立できなければ、子供は「負債」になるからです。

だから、私は、子供の教育費は、住宅購入より優先しました。だから、あまり、良い地域ではありません。

ですが、それは、私学の学校に行くことで、解消します。

そして、一番、教育費の掛かる大学は、国立、公立、近隣の有名大学にターゲットを絞っていました。

教育費の掛け方によって、子供の将来は、変わります。

ですから、住宅は、便利さを求め、その環境については、少し我慢をしました。

しかし、これも、将来性のある立地を選びました。

そうやって、住宅の購入価格を抑えて、私は、住宅を購入しました。でも、住宅ローンは、35年の住宅ローンを組みました。

それは、長い間、何かあれば、返済できなければ、住宅を手放してしまう必要があるからです。

そうやっていくと、余裕ある住宅ローンなので、繰上げ返済ができるようになります。

私は、住宅ローンのある間は、株式投資は、していません。住宅ローンの返済額の表を見ると、そこに金利の額が記入してあります。

これを見ていると、それだけの利益を確実に株式投資で利益を出すことは、難しいと、判断したからです。

ですから、住宅ローンは、決して、ボーナス払いなどせずに、毎月同じ額で、確実に返済できる金額にすることが大切です。

私は、以前に、住宅を購入しました。その時、ボーナス払いを選択して、とても大変だったからです。

幸いにも、その住宅は、5年住みましたが、買った金額より、40万円安く売りました。

これなら、家賃より、お安く住んだ計算になります。

これは、以前にも書きましたが、立地が、良かったのと、その時の経済状況が、良かったからです。この住宅は、その市町村の計画地図を参考に購入しました。こちらを参考にしてください。

住宅地と建物の関係。The relationship between residential areas and buildings.

暖房費の節約。Saving on heating costs.

一番贅沢なものを節約する。Save the most luxurious things.

ローンの通る方法。How the loan passes.

激安で、マイホームを買う方法③How to buy your own home at a discount ③

また、資産の築き方も書いていきます。

This time, I will talk about buying a house.

I have repaid my mortgage in three and a half years.

This also surprised the bank lenders. I love “savings”. But I don’t like “frugality”. There is a big difference in this.

お金をためる。目標金額を決める。Save money by saving money.Determine the target amount.

“Frugality” is to cut down what you need. I’m writing about savings. Save money. Set a target amount.

Save money by saving money.

Determine the target amount. This is how I use it. If you lower the fixed cost, you will naturally save money.

Educational expenses for children will be multiplied.

Because, in the future, if you can’t become independent, your child will become a “debt”.

So I prioritized my child’s education costs over buying a home.

So it’s not a very good area.

However, that can be solved by going to a private school. And the most expensive universities were targeted at national, public, and nearby well-known universities.

Your child’s future will change depending on how you spend your education.

So housing sought convenience and put up with a bit of its environment.

However, this too chose a promising location.

That’s how I bought the house, keeping the purchase price down. But for mortgages, I got a 35-year mortgage.

That’s because for a long time, if something goes wrong, if you can’t repay it, you have to give up your house.

If you do so, you will be able to prepay the mortgage because you can afford it.

I haven’t invested in stocks while I have a mortgage.

If you look at the mortgage repayment amount table, you can see the interest rate amount.

Looking at this, I decided that it would be difficult to make a profit by investing in stocks.

Therefore, it is important that you never pay a bonus for your mortgage, and make sure that you can repay the same amount every month. I bought a house before.

At that time, I chose to pay the bonus and it was very difficult. Fortunately, I lived in the house for five years and sold it 400,000 yen cheaper than I bought it.

In this case, it will be calculated that you lived cheaper than the rent.

This is because, as I wrote before, the location was good and the economic situation at that time was good.

I bought this house with reference to the planned map of the municipality. Please refer to here.

住宅地と建物の関係。The relationship between residential areas and buildings.

暖房費の節約。Saving on heating costs.

一番贅沢なものを節約する。Save the most luxurious things.

ローンの通る方法。How the loan passes.

激安で、マイホームを買う方法③How to buy your own home at a discount ③

I will also write how to build assets.

 

 

あなたはどうする?子供の住宅購入の補助。What are you going to do? Assisting children in buying a home.

広告

ある人から相談を受けました。

子供が住宅を購入するけど、資金は補助するために、今住んでいる家を売ってお金を補助して、同居をするべきか、悩んでる、との事。

結論から言いますと、この人は同居をしませんでした。

つまり、住宅購入に大きな資金援助は、しないことにしました。

しかし、子供には、このように伝えました。

今は、家は売却しないけど、私が死んだら、家を売って現金にすれば、良い。

そうすると、子供は、このように言いました。

こんな家売っても、大した値段にはならないと、不満を言ったそうです。

要するに、家を購入する資金が欲しいだけだったということです。

これは、断って良い例です。

お金が、分不相応にあると良くありません。

無理な物件を買って、ローンの支払いに苦労するから、です。

それに、同居は、全てとは言いませんが、お互いの遠慮や、気苦労があります。

それを上手くできるなら、良いと思いますが、なかなか上手く行くのは、難しいことも、多いように感じます。

お金は、魔物です。

つまり、人を迷わすものです。

だから、その人の分相応にしか、持てない物だと感じることが多いです。

援助は、価値観によって違うけれども、それによって、子供との軋轢(アツレキ)、ケンカになって、仲が悪くになる事がある、ことを知っておいた方が、良いです。

子供から言ってくるのは、特に気をつけた方が、良いと感じた、話でした。

I was consulted by a person.

The child buys a house, but he is wondering if he should sell the house he is living in to subsidize the money and live with him in order to subsidize the funds.

In conclusion, this person did not live together.

In other words, I decided not to give a big financial support to buy a house.

But I told my child: I don’t sell my house right now, but if I die, I can sell my house for cash.

Then the child said: He complained that selling such a house would not be a big price.

In short, I just wanted the money to buy a house.

This is a good example to decline.

It is not good if the money is disproportionate.

This is because it is difficult to pay a loan by buying an impossible property.

Besides, living together is not all, but there are mutual refrains and hardships.

I think it would be good if I could do it well, but I feel that it is often difficult to do it well.

Money is a monster.

In other words, it is confusing.

Therefore, I often feel that I can only have it for that person.

Aid depends on your values, but it’s better to know that it can lead to conflicts, fights, and quarrels with your child.

What the child said was a story that I felt was better to be especially careful.

日本で、マリーナのある住宅 。A house with a marina in Japan.

広告

大抵の高級住宅地は、高台にあります。

日本は、リアス式海岸と言って、急勾配の地形が多い。

だから、緑が、豊かで、日本の国土の50%以上が、緑豊かな山林です。

だから、狭い平地に人が集まっているので、人口密度が高い。

日本の高級住宅街のひとつに、兵庫県芦屋市の六麓荘(ロクロクソウ)がある。

これは、とても有名な高級住宅地です。

ですが、日本には、こんなことわざわざがあります。「金持ち3代続かず。」

高い相続税の為に、代替わりする度に、相続税が払えず、家、屋敷を売る人がいます。

そんな人物も知っている。

だから、入れ替わりもあります。

だから、六麓荘に、新しく家屋敷を建てる人もいます。

その芦屋市に、日本では、ここしかないなー、と思う高級住宅街があります。

それは、ヨットなどを係留施設が、付いた住宅街があります。

そこは、日本国、兵庫県芦屋市涼風町にあります。

電柱は、地下に埋め込んであり、ありません。

この住宅街は、なんと、マリーナに隣接して、ゲートセキュリティを設置しています。

だから、とても安全です。緑も豊かな街区です。

だから、海の好きな人におすすめの住宅街です。

以前、海外在住の日本人に、日本には、シーサイドを楽しめる住宅なんて、ないですね。

と、言われたので、こんなこと知らない人が、多いかも知れないと思いこれを書いています。

山だけではなく、海も楽しめる住宅街です。

この街に住宅を建てる時は、景観を重視される。

だから、綺麗な街並み、です。

もう、時間が経っているから、住宅は、中古住宅が、販売されていました。

その額2億円。(2020年)

お高いけれど、私は、タワーマンションより、この住宅街の方が、価値があると思います。

こんな素敵な住宅街が、日本にあることを知って欲しいと思い、この記事を書いてみました。

Most luxury residential areas are located on high ground.

In Japan, there are many steep terrains called rias coasts.

Therefore, it has abundant greenery, and over 50% of Japan’s national land is lush green forests.

Therefore, the population is high because people are gathering on a narrow flat land.

One of Japan’s high-end residential areas is Rokurokuso in Ashiya City, Hyogo Prefecture.

This is a very famous luxury residential area.

But in Japan, there are sayings like this.

“A rich man doesn’t inherit 3 generations.”

Due to the high inheritance tax, there are people who sell homes and houses without being able to pay the inheritance tax each time they substitute.

I know such a person.

Therefore, there are also changes.

Therefore, some people are building a new house at Rokuroso.

There is a high-class residential area in Ashiya City that I think is the only place in Japan.

It has a residential area with mooring facilities such as yachts.

It is located in Ryofucho, Ashiya City, Hyogo Prefecture, Japan.

There are no utility poles buried underground.

This residential area has a gate security adjacent to the marina.

So it’s very safe. It is a block with abundant greenery.

Therefore, it is a recommended residential area for people who like the sea.

In the past, there are no Japanese in Japan who can enjoy the seaside in Japan.

I am writing this because I think there may be many people who do not know this.

It is a residential area where you can enjoy not only the mountains but also the sea.

When building a house in this town, the landscape is important.

Therefore, it is a beautiful cityscape.

As it has been a long time, used homes were being sold.

The amount is 200 million yen. (2020)

It’s expensive, but I think this residential area is more valuable than a tower apartment.

I wanted to know that there is such a nice residential area in Japan, so I wrote this article.

激安で、マイホームを買う方法③How to buy your own home at a discount ③

広告

前回の続きです。

激安で、古家付きの土地を買ったその方の、地方自治体から、建物の解体の補助金が、出ました。

ハウスメーカーの方は、そういう制度があることを知らなかったそうで、こちらからの提案で、その手続きをしてくださいました。

擁壁(ヨウヘキ)と言って、段差のある所の壁の補修費は、道路に面した所だけだったようで、それは適応になりませんでした。

特に、擁壁(ヨウヘキ)を補修する必要も無かったようでしたので、そのままにしておくことにしました。

ハウスメーカーの営業の方も、その補助金の申請を代行してくださいました。

そして、お礼を言われたそうです。「とても良い経験になりました。永く営業をしていますが、こんな経験は、初めてです。」お家を売る営業の方は、とても感謝したそうです。

これから、良い提案が、できるようになったのですから。

お互いwin winの関係です。

そして、その補助金の手続きをしたものですから、そのぶん、工期が、後ろにずれてしまいました。

そうすると、予定していたシリーズの建物が、廃番になってしまいました。

新しいシリーズの建物は、古いシリーズに比べて、ずいぶんとお高く、とても、予算内に収まることのできない、建物になってしまいました。

とても、困り、このお値段では、購入できない、ことを、素直に相談したそうです。

そうすると、お高いお値段の新しいシリーズの建物が、古いシリーズのお値段で、建築できるようになったそうです。

つまり、お値下げです。

その地域では、初めての施工の建物だそうです。

ですから、モデルルームに使いたい、との話が出ています。

実際に住んでいて、建築の希望の方がおられると、家を見せるそうです。

それで、モデルルーム代という、お小遣い、がいただけるそうです。

やはり、win win の関係は、心地よい、関係です。

このように、色んな事柄について、真剣に取り組むことは、良い関係、を築いていきます。

どんな小さなことでも、真剣に、調べて、勉強をすることは、大切です。

良い人間関係は、大切です。

今回は、ここまで、です。話は、続きます…

Continuing from the previous session.

A subsidy for the demolition of the building was issued by the local government, who bought the land with an old house at a bargain price.

The house maker didn’t know that there was such a system, so he suggested it and took the necessary steps.

It seems that the repair cost of the wall at the stepped part called the retaining wall (youheki) was only for the part facing the road, and it was not adapted.

In particular, it seemed that there was no need to repair the retaining wall, so I decided to leave it alone.

The house maker sales representative also applied for the subsidy.

And he said thank you. “It’s been a very good experience. I’ve been doing business for a long time, but this is the first time I’ve had it.”

The sales person who sells the house is very grateful.

From now on, we can make good suggestions.

It is a win-win relationship with each other.

And because it was the procedure for the subsidy, the construction period was moved backwards.

Then, the building of the planned series was abolished.

The new series of buildings is much more expensive than the old series, and it’s a building that can’t fit within our budget.

It seems that he was very troubled and he honestly consulted that he could not purchase at this price.

Then, the expensive new series building can be built at the old series price.

In other words, it is a price cut. It seems that this is the first construction building in the area.

Therefore, it is said that they want to use it in the model room.

He says he will show his house if he actually lives and wants to build.

That’s why I heard that the model room fee, or pocket money, can be paid.

After all, the win-win relationship is a pleasant relationship.

In this way, seriously tackling various matters will build a good relationship.

It is important to seriously investigate and study even the smallest things.

Good relationships are important.

That’s it for this time.

The story continues…

 

狭小敷地や変形敷地の建物の注意したい所。Where you want to pay attention to buildings in narrow or deformed areas.

広告

今回は、一戸建て住宅の狭小敷地、変形敷地に住宅を建てる際に注意しておきたいことをお話ししたいと思います。

先ず、駐車場を優先して敷地を取って建物の配分を決められている印象があります。

これは、あまり良くありません。建物は、定期的メンテナンスをしなければ、傷みが大きくなり、放置すると多大なメンテナンスが必要になります。

その事を考えずに、建てられている住宅が、とても多いです。

建物をメンテナンスするには、足場を組む必要があります。

その足場の幅を考えると最低50cmは、必要です。

ですが、その幅を考えずに建てられている建物が多すぎます。

外壁塗装や屋根のメンテナンス等、とても重要ですが、それさえ、できない住宅が多いのです。

外壁塗装業者からこんな事を聞かれました。「お隣との関係は、良好ですか?」私の場合、足場も十分取れる住宅でしたし、そんな状況でもなかったのですが、業者の話では、「1cmでも」はみ出る事を許されない、住宅があるそうです。

敷地が有ってもそう聞かれるのですから、敷地いっぱいに、建てられた建物のメンテナンスは、出来ないか、もしくはお隣に土地が有れば、のお話しですが、借りるしかありません。

建物が傷むと取り崩して建て直しも考えなくでは、いけない時期も来ます。

私は、敷地いっぱいに建てられた住宅を解体依頼した事もあります。

その際は、敷地いっぱいに建てられた所は、お隣に廃棄物が飛ばないようにシートを張り、重機(大きな機械)は使えず、手で、崩しました。

その料金は、とても高かったです。

ですから、先ずはメンテナンスの事を考えて、建物の配置を決めて、プランを考えていただきたいのです。

建物にメンテナンスは、必要です。この事を考えて、設計してください。

住宅をメンテナンスしておくと、やはり価値は上がります。

住宅を買う時は、メンテナンス費用も考えて無理の無い資金計画での購入をお勧めします。

This time, I would like to talk about what to keep in mind when building a house on a small site or a modified site of a detached house.

First of all, I have the impression that the parking lot is given priority to the site and the distribution of buildings is decided.

This is not very good. A building will be badly damaged unless it is regularly maintained, and if left unattended, it requires a lot of maintenance.

There are so many houses that are built without thinking about it.

Scaffolding is required to maintain the building.

At least 50 cm is necessary considering the width of the scaffold.

However, there are too many buildings built without considering the width. It is very important to paint the outer wall and maintain the roof, but even many houses cannot do it.

I was asked this by an exterior painter.

“Is the relationship with your neighbor good?” In my case, it was a house where I could get enough foothold, and it was not such a situation, but according to the contractor, “1 cm” is not allowed to stick out, the house There seems to be It is said that even if there is a site, it is said that if the building built over the site can not be maintained or there is land next to it, there is no choice but to rent.

If a building is damaged, it will be time to take it down and think about rebuilding it. I have also asked for the dismantling of a house built over the entire site.

In that case, in the place built on the full site, I put a sheet next to it so that the waste wouldn’t fly, and I couldn’t use heavy machinery (large machinery), so I destroyed it by hand.

The price was very high. So, first of all, I would like you to consider the maintenance, decide the layout of the building, and come up with a plan.

The building needs maintenance.

Please design with this in mind.

Maintaining your home will increase its value.

When buying a house, we recommend that you purchase with a reasonable financial plan considering maintenance costs.

 

建物の価値を知る。Know the value of the building.

広告

建物の構造について、どれだけの価値があるかお伝えしたいと思います。

専門的になりますので、建物構造は、業者の方に聞いてください。

今日は、住居用途に限り(一般にお住まいされる住宅のこと)のお話しです。

法定耐用年数です。鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造47年。

れんが造、石造、ブロック造38年。

金属造(骨格材の肉厚が4ミリメートル以上)34年。

金属造(骨格材の肉厚が3〜4ミリメートル以下)27年。

金属造(骨格材の肉厚が3ミリメートル以下)19年。

木造、合成樹脂造22年。

木骨モルタル造20年。

このようになっています。

建物の解体現場を見ますと鉄骨の使われた建物は、特殊な機材を使い、解体、処理していますので、解体費や処理費がかなりかかる印象があります。

どのような住まいにするのかは、色々だとは思います。

駐車場にアスファルト(10年の法定原価償却)やコンクリート(15年の法定原価償却)等を敷くと、建物と見なされ、法定原価償却が有ります。

参考になれば、と思います。

今日は、建物の法定耐用年数について書いてみました。

I would like to tell you how valuable the structure of a building is.

Please ask the contractor for the building structure as it will be professional.

Today, we will talk about residential use only (general housing).

The legal useful life.

Steel frame reinforced concrete construction, reinforced concrete construction 47 years.

38 years of brick, stone and block construction.

Metal construction (thickness of skeletal material is 4 mm or more) 34 years.

Metal construction (thickness of skeletal material is 3-4 mm or less) 27 years.

Metal construction (thickness of skeletal material is 3 mm or less) 19 years.

22 years of wooden construction and synthetic resin construction.

Wooden bone mortar 20 years.

It looks like this. Looking at the site of dismantling the building, we can see that the building with steel frames is dismantled and processed using special equipment, so dismantling costs and processing costs are quite high.

I think there are various ways to live.

When asphalt (10 years legal cost depreciation) or concrete (15 years legal cost depreciation) is laid in the parking lot, it is regarded as a building and there is legal cost depreciation.

I hope it will be helpful.

Today, I wrote about the legal life of a building.

再建築不可物件の魅力。The appeal of buildings that cannot be built.

広告

「建築不可物件」は、融資が付かないので、どうしても現金での購入になりますので、購入できる人も限られてしまいます。

その上、リフォームをしようとしても銀行から「融資」が受けられない、ので、買える人が、少なくなってしまいます。

便利なところにある事も多いのです。

「再建築不可物件」を実際、購入してお住まいしておられる方も知っておりますが、それは、とても素敵に住まわれておりました。

窓やサッシ は、お高いのでそのままにしておられたようですが、中は、2階に対面キッチンにされて、それはとても素敵でした。

もちろん、駅から近いので、便利です。

建築不可物件は、中途半端にリフォームするより、土台のみ残して、お金をかけてリフォームした方が、良いと思います。

予算にもよりますが、やはり古い木造建築は、筋交に金具がないので、地震にも弱いです。

土台は、今のように、杭打ちまでは、無理でしょうが、補修して、建物の筋交に金具等を入れて作れば良いでしょう。

かなり、現金が必要となるとは、思いますが、「再建築不可物件」ですから、長く住う為には、思い切ってリフォームした方が、良いでしょう。

その方が、結局は、その住宅に満足して、長く住う事もできます。

不動産は、一つとして同じ物件は、ありません。色んな物件を見学にいきましょう。

Since “loans that cannot be built” have no financing, they must be purchased in cash, so the number of people who can buy them is limited.

In addition, even if you try to renovate, you will not be able to receive “financing” from the bank, so the number of people who can buy it will decrease.

It is often in a convenient place.

I know people who actually purchased and lived on “non-rebuildable property”, but it lived very nicely.

The windows and sashes were expensive and seemed to have been left alone, but inside was a face-to-face kitchen on the second floor, which was very nice.

Of course, it is convenient because it is close to the station.

I think that it is better to leave only the foundation and renovate the property that cannot be built, rather than renovating it halfway.

Older wooden buildings are also vulnerable to earthquakes, depending on the budget, because there are no braces for braces.

The foundation, as it is now, will not be possible until stakeout, but it should be repaired and made with fittings etc. in the building braces.

I think that you will need a lot of cash, but since it is a “non-rebuildable property”, it is better to renovate drastically to live longer.

In the end, you will be more satisfied with the house and will be able to live longer.

No two properties are the same.

Let’s visit various properties.

住宅地の条件とは。What are the residential conditions?

広告

中古住宅や土地探しについて、色んなことから見てみたいと思います。

まずは、接面している道は、出来れば公道が良いです。

私道は、道路のメンテナンスを自分のキャッシュでする必要があるからです。

公道は、道路の管理する部署に電話をすれば、色んなメンテナンスが、受けれます。

道路に水たまりが出来たり、落ち葉、雪等、危険な事が生じた場合、道路法に管理者はそれを管理する、事を義務付けています。

道路幅の目安は、4mです。

これは、道路中央から2m後退していなければ建物は建てる事はできないからです。

これを満たさない場合、セットバック、という事を行います。セットバックとは、道路から離れて住宅をたてることです。

道路中央より2m後退した場所に住宅を建てることができます。

路地状敷地といって、細い路地の奥に宅地のある住宅も有ります。旗のようなかたちをしている土地のことです。

このような宅地は、道路に2m以上ついていることが必要です。

又、角地の隅切り、というのも有り、これは、交差点の敷地を三角に切る事によって道路にすることもできます。

行政によりますが、義務あるいは推奨(かならずでもないけれど、すすめること)であったりしますが、これは、行政の工事費の助成金がでる都市もあります。

このように住宅は、道路と深く関係があります。

以前にも触れましたが、行政に関する情報は大切です。

私道をなくすような条例(都市の独自の法律)で区画整理で、再建築のできない所も存在します。

このように、行政を知る事は、大切です。

今、中古住宅が建っているから、大丈夫だとは思わないでください。

法令は、変わりますからこれに違反している住宅も多数存在します。

このような住宅は、新しい住宅にしたくても土台を残して建築する事になります。

これは、再建築不可、という表現で良く言われる物件です。

そして、このような物件は「価値」のないものとして、評価されるので、融資(ローン)は、できないので、現金での購入となります。

少しづつですが、色んなことを書いていきたいと思います。

I would like to look at used housing and land search from various viewpoints.

First of all, the public road is good for the land where you meet.

This is because the driveway requires maintenance of the road with its own cash.

Public roads can receive various maintenance by calling the department that manages the road.

When a dangerous thing such as a puddle on the road, fallen leaves, snow, etc. occurs, the administrator is obliged to manage it under the Road Law.

The public road width is 4m.

This is because a building cannot be built unless it is 2m away from the center of the road. If this is not met, setback is performed.

You can build a house in a place 2m away from the center of the road.

There is also an alley-like site with a residential area in the back of a narrow alley.

Such residential land must be connected to the road more than 2m.

There is also a corner cut, which can be provided as a road by cutting the corner of the intersection into a triangle.

Depending on the administration, it may be a duty or a recommendation, but this may be subsidized for administrative costs.(subsity)

As you can see, houses are closely related to roads. As I mentioned before, administrative information is important.

There are places that cannot be rebuilt due to ordinances and land readjustments that eliminate driveways. In this way, it is important to know the administration.

Don’t think that it’s okay now that used houses are built.

The laws and regulations change, so there are many houses that violate this. Even if you want to make a new house like this, you will leave the foundation.

This is a property often said by the expression that it cannot be rebuilt.

And since such a property is evaluated as having no “value”, there is no loan, so it will be purchased immediately. Little by little, I would like to write a lot of things.