選挙の出口調査が違法だと思うこれだけの理由|憲法違反

日本国憲法第15条の条文です。公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

つまり、自分たちが選挙で議員を選んだり、その議員を辞めさせることをできる権利を私たち、日本国民は、持っているのです。だから、その議員が良くないと思うならば、これは、辞めさせることも、全体の総意としてなら、認められる。これは、非常に大切な権利なのです。だから、その議員が気に入らないというなら、国民が総意を持って、議員を辞めさせられるのだから、我慢する、必要はないのです。もちろん、公務員全て、にこれは、適用されます。

また、全ての公務員は、みんなの奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。とも、定められています。つまり、公務というものは、全ての国民のためにあるもので、一部の人を優遇する、ことは、禁じられています。

つまり、賄賂なんかで、特別な人を優遇することは、認められません。

公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。等しく、規定された年齢層の方は、誰でも、選挙を受ける権利があります。

すべての選挙における投票の秘密は、これを侵してははならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問われない。これは、「秘密選挙」とも言われる。それに、誰に投票しても良い、その自由が認められています。

私は、だから、選挙の出口調査なんて、これは、違法なのではないかと、考えています。この「秘密選挙」と「黙秘権」のいずれにも、当てはまり、これは、違法な、調査だと言わずにはいられない。黙秘権|自分の権利を知って生活しよう

しかし、これは、公然として行われ、これは、選挙開票より、早く、確実に、選挙結果がわかる。そんなことが、日本国憲法を知らない国民に対して行われていることは、非常に、日本のあり方を危惧する。

色んな権利が、この日本国憲法に書かれています。しかし、それは、学校の授業にさえ、出てこない。あえていうなら、憲法9条は、「平和憲法」とも言われ、時々、社会の授業で、出てくるが、それも、深く理解できるような授業を受けた人のみである。憲法の外郭の三権分立ぐらいは出てくるけれども、それ以上のことは、出てこない。国民は、日本国民である限りは、その権利を理解して、これを行使すべきなのに、これを学ぶ時がない。

知っているものは、ごく僅かであり、今回は、公務員の選挙について、書いてみたけれども、憲法を理解すれば、選挙の出口調査なんて、「黙秘権」「秘密選挙」という、憲法に、二重に違反された行為である。なのに、日本は、国民が、権利を理解していないために、出口調査は、行われる。これは、日本の国民が、自分の権利を知らないから、起こることで、今の、教育制度は、いかに、おかしいか、知ってほしいと思うのです。

権利を知らないものが、損をする。そんな社会が、広がっています。そんな私も、憲法を習っていないから、よく知らない。けれども、微かな、感覚でさえ、これだけ、国民は、損をしていると感じることが、多いです。

社会が、良くなるように、私たちは、自衛するしかない。私は、六法全書を持っています。これは、両親から、欲しいと私から、言って譲ってもらった。しかし、コンパクトで、とても良いけれども、時に、難解な漢字が出てくる。これは、漢字が、旧字体なので、私は、新字体しか習っていないので、読めない。古い方が、私には、使いやすいけれども、もう1冊、六法全書を持っています。これは、漢字が読めないときに、補助で使っています。この新しい方の、六法全書は、古本屋で、新品同様に、綺麗で、激安だった。こんな大切なものが、叩き売られている、この世の中に、疑問を感じる。

もっと、権利を知って、世の中の、当たり前と、思っていることが、違法に行われていることを、知ってほしい、感じます。国民の権利を知ることが、私たちには、もっと必要です。今回は、ここまでです。ぜひ、1冊は、六法全書がある、家庭が、増えることを願っています。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

黙秘権|自分の権利を知って生活しよう

選挙の出口調査は一つの指針です。統計学で、あらかじめ、調査をすれば、どの候補が分かる、ような仕組みで、これは、びっくりするけれども、開票と同時に、分かるケースも、多くある。

私は、よく引越しをしたから、投票場も違うことが、多くあります。それでも、不思議なことに、2回も、出口調査をしている担当の人に声をかけられたことが、あります。どうやって、このように選ばれるのか、分からないけれども、不思議な感触に襲われます。

そんな、私は、いつも言う言葉は、「言えません」です。

これは、家族にも、話しては、いけない事項だと私は、両親から、教わったので、決して、口外しない。

日本国憲法にも、第32条にも、何人も、自己に不利益な供述を強要されない。とある。強制、拷問や脅迫によってもこれは、無効なのです。これは、供述の不強要、自白の証拠能力の事項です。

しかし、このように、選挙で、出口調査で、統計が取れるほど、人々は、投票した人の名前を調査員と言えども、気軽に、言うなんて、私には、考えられられない。

もっと、自分の権利と義務を知ることが、非常に大切です。いつも、選挙の投票結果をテレビで、レポートをする場面に遭遇すると、私は、もっと、国民は、その権利を知る、ことが、大切だと、感じることが多い。

日本の教育は、義務は、教えるが、権利については、あまり教えてくれない。

税制なんて、税務署に尋ねても、必要なことしか答えない。

だから、本当に、知らない、ってことは、権利を履行していないから、これは、非常に、損をしている、と感じることが、この頃、多くなった。

逮捕された人が、DNA鑑定と供述で、有罪とされたこともあった。しかし、この頃の、精密なDNA鑑定で、これは、犯人ではないと、確定した事例もある。

やはり、この憲法32条は、別名「黙秘権」とされるが、もっと、一般国民は、行使するべきだと、感じる。

随分前に、国会議員が、賄賂について、国会尋問があったけれども、「記憶にございません。」と繰り返すばかりで、何もそれ以上、問題に問われなかった。国民の中で、「記憶にございません。」という、言葉が、流行したほどで、それは、とても、有名な言葉になりました。

だから、国会議員に色んな疑惑があっても、これは、通用しないから、ゴシップ記事程度にしかならない。そんな感じで、この権利を知らないと、多くのことが、損をするので、もっと、国民の権利を知ることが、非常に大切だと、感じます。

国民の権利。これをもっと、勉強しよう。選挙出口調査の結果で、選挙結果が決まる、その瞬間をいつも見るたびに、私は、がっかりしています。今回は、国民の権利、「黙秘権」について、書いてみました。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
Translate »