学問のすすめ「国は国民の教育で決まる」Recommendation of learning “National power is determined by the education of the people” 4

国とは、人の集まりである。日本国は、日本人集まりであり、イギリスはイギリス人の集まったものです。日本人もイギリス人も同じで、世界の中にいる人であれば、お互いに権利と義務を妨害する理由は無い。

1人が、1人を危害を加える理由が無ければ、2人が2人に向かって危害を加える理由も無い。だから、1,000,000人も10,000,000人も同様に扱われる。物事の道徳、道理は、人数の多い少ないの理由によっては、変わらない。

今、世界中を見渡すと、文明が発達して、文学も軍備も盛んにして豊かで、強い国があります。その逆もあります。

けれども、この貧富の差、強い、弱いの差は、国の現在の状態であって、初めから、そのような状態になったのでは、無い。これは、力だけでは、変わらない。そのようなことは、権利と義務で、行うことはできない。

日本国(1800年代後半から1900年前半)の状態は、西洋の国々の豊かで、強い事には、敵わない。けれど、一つの国として、権利と義務は、どのような国々であっても、同じです。

この貧富の差、力の強弱の差の状況は、これは、天からの定めでは無い。これは、人が、勉強するか、勉強をしないか、の理由によるもので、これは、移り変わるものです。

だから、今日は勉強ができない者でも、明日は知恵のある者になるように、勉強することが貧しさと弱さから抜け出す道です。昔も今もその例は、少なくない。

日本国人も、学問に志し、気力を持ってまず、自分自身の独立をする。それに伴って、一つの国として豊かになり、強くなることです。道徳、道理のあるものとは、交流する。道徳、道理の無いものは、交流しない。

国民が1人、1人、独立して、その国が、独立するには、このことが、重要です。

この節は、「国は同等である事」。この節は、とても良い言葉があります。人々は、平等で、その国の国民によって、国は、形成されているのです。だから、その国民が、勉強する事によって、その国は、豊かになります。決して、国の運命は、力ずくで、決められるものでは、ありません。

人々や国々は、皆、平等で、その国民、1人、1人によって、国の運命は、変わります。物事には、絶対は、ありません。努力によって、その国は変わるのです。だから、人々は、勉強をすることは、最も重要なことで、その事によって、人生や、自分の国の運命も変わります。

だから、勉強は、知識だけではなく、物事の道徳を勉強する場です。そうすれば、道徳のある人々と交流を持つことができます。これは、国としての道徳にも現れて、それは、信頼になり、良い国々と交流を持つことができます。

正しい判断ができるようになるので、道徳の無い国々とは、交流しない決断もできます。

このように、国は、国民1人、1人の教養が、その国の基礎になり、良い国家になることができます。これは、どんな国であっても、それは、チャンスがあります。

ですが、そこには、国民1人、1人の教養が必要で、このことは、最も重要なことです。このように勉強は、貧しさや国の運命までも変える力があります。今、貧しい国も、勉強すれば、豊かになれます。これは、努力が、必要です。

決して、カンニングとか、不正をしてはいけません。これは、道徳が有れば、そのようなことは、してはいけないことが、分かります。勉強は、子供の時だけではありません。常に謙虚に、勉強することは、最も大切です。

知能だけでは、いけません。そこに、しっかりとした道徳を学ぶ必要があります。これは、信頼関係を保つ為に最も、重要なことで、これを疎かにすれば、勉強をしても、その勉強は、無駄になります。

何故なら、道徳のない人々や国々には、道徳の無い人々や国々が集まるからです。そこには、不幸しかありません。

良い国々と交流するには、道徳と勉強は、なくてはならないものです。今回は、「学問のすすめ」から、教育の在り方と国の在り方を書いてみました。

A country is a group of people. Japan is a gathering of Japanese people, and Britain is a gathering of British people. The same is true for Japanese and British, and if you are in the world, there is no reason to interfere with each other’s rights and obligations.

If one person has no reason to harm one person, there is no reason for two people to harm two people. So 1,000,000 and 10,000,000 are treated the same. The morals and rationale of things do not change, depending on the reason for the large number of people.

Looking around the world now, there is a country with a well-developed civilization, rich literature and armaments, and a strong country. 

However, this difference between rich and poor, strong and weak, is the current state of the country, not from the beginning. This does not change with power alone. Such things are rights and obligations and cannot be done.

The state of Japan (late 1800s to early 1900s) is no match for the rich and strong things of Western countries. But as a country, the rights and obligations are the same in every country.

The situation of this difference between rich and poor and the difference in strength of power is not a rule from heaven. This is because people study or don’t study, and this is a transition.

So, even if you can’t study today, studying is the way out of poverty and weakness so that you will be wise tomorrow. There are many examples of this in the past and now.

Japanese people also aspire to study and have the energy to become independent. Along with that, it is to become richer and stronger as a country. Interact with moral and rational things. Those who are moral or unreasonable do not interact.

This is important for the independence of one person, one person, and the country.

This section says, “Countries are equal.” This section has very good words. People are equal and the country is formed by the people of that country. Therefore, the country will be enriched by the people studying. By no means, the fate of a country is brute force and undecided.

People and nations are all equal, and the fate of a nation changes depending on its people, one person, one person. There is absolutely no thing in things. Efforts will change the country. So, for people, studying is the most important thing, and it changes their lives and the fate of their country.

So studying is a place to study not only knowledge but also the morals of things. That way, you can interact with moral people. This also manifests itself in national morality, which allows us to be credible and interact with good nations.

You will be able to make the right decisions, so you can decide not to interact with morally immoral countries.

In this way, a country can become a good nation, with the culture of each and every nation becoming the basis of the country. It has a chance, no matter what country it is.

However, it requires the education of one person and one person, which is the most important thing. In this way, studying has the power to change poverty and even the fate of the country. Now, poor countries can be enriched by studying. This requires effort.

Never cheat or cheat. This turns out that if you have morality, you shouldn’t do that. Studying isn’t just about childhood. Studying always humbly is of utmost importance.

Intelligence alone is not enough. There you need to learn a solid morality. This is the most important thing to maintain a relationship of trust, and if you neglect it, even if you study, that study will be wasted.

Because immoral people and nations come together with immoral people and nations. There is only misery there.

Morality and study are essential to interacting with good countries. This time, I wrote about the ideal way of education and the ideal state of the country from “Recommendations for learning”.

二宮金次郎が教える「勉強」の素晴らしさ。The splendor of “study” taught by Kinjiro Ninomiya.

ほとんどの日本の小学校にある、「二ノ宮金次郎」の像をご存知でしょうか。

この頃は、改築の時に撤去されることも多いようです。

残念なことです。

多分、日本人なら、知っていると思います。

外国の方は、知らない人も多いと思います。

この像は、1787年に生まれた、実在の人物です。

薪を背に背負って本を開いて勉強する姿、です。

とても貧しいので、夜、勉強するのに、明かりさえ与えられず、明るい時間は、働きながら、本を手にしてひたすら、自分で勉強しました。

その幼少期の時の姿です。このように、決して恵まれない環境でさえ、「勉強」することの大切さを、心に刻む像が日本にはあります。

この人物は、身分制度の厳しい時代に、農民でお金も無い家に生まれました。

そして勉強して、知恵を絞って、自分だけでなく、多くの人を救い、出世しました。

今の時代でも「尊敬」されています。「教育」を受ける時間がなくても、工夫すれば、「勉強」できます。

「勉強」は、「人生」を変えると、以前書きました。

(クロームブックの作り方。教育の平等化。How to make chrome book. Equality of education.)

「勉強」とは、自分の人生の選択肢を多くする為に、基礎をしっかりと学ぶことが、重要です。基礎をしっかりと学ぶと、「道徳心」も生まれます。

それは、どんな境遇の人でも、「本」があれば、できます。

ノートは、枯木をペンにして、砂に「字」を書いても、勉強できます。

大人は、子供に「勉強」の大切さ、を教えれば、子供は、自分で勉強するようになります。

本当に勉強が、出来る、ということは、自分で勉強する事、です。

人から教えられた「勉強」は、「暗記」であって、身につきません。

回り道をして、自分で調べ、学び、学んだことは、身についた「勉強」で、「暗記」ではなく、それは、実際の自分の「人生」を変えます。

ですから、本当の勉強は、個人差がありますが、「時間」をかけて、「自分で学ぶ」ことが大切です。

「勉強」に近道は、ありません。この「二ノ宮金次郎」の像は、「常に勤勉(キンベン)であることは、すばらしい」ことを教えています。

「勤勉、キンベン」とは、「まじめに」「勉強」することです。

これは、基礎の「勉強」だけでは、なく、日本では、「勤勉(キンベン)に働く」とよく言います。

つまり、大人になって、社会人になっても、「仕事」は、「まじめに勉強すること」です。

ですから、常に、「仕事」は、「改善、カイゼン」です。

この言葉は、トヨタ自動車、で、世界的に有名な言葉、です。

単純な仕事は、ありません。

小さな事でも、良いのです。

仕事から、得られることを、勉強して、答えを出します。

そこには、「改善、カイゼン」があります。

小さなことです。これを、ひとつ、ひとつ、重ねていくと、大きな「差」が、つきます。

これは、「洗濯の仕方」

(セルフクリーニングでもっと清潔に!Cleaner with self-cleaning!) にも、書きました。

まじめに、物事をする事は、大切です。

小さなことを、軽く考えては、いけません。

それを、まじめに、取り組み、ひとつ、ひとつ、積み重ねる、ことは、恥ずかしいことではありません。

近道は、決してありません。

真の「勉強」は、境遇ではなく、「心構え」です。

これは、「サムライ」 (まじめに生きる。Live seriously.

で書きました。

本当の「勉強」は、教えられなくとも、「道徳心」が、身に付きます。

親は、決して、子供を自分のものとは、思ってはいけません。

「社会」に「還元」するのです。

ですから、日本では、「教育の機会」が平等にあります。

これは、社会の助け合いに、通じる、ものです。

ですから、国際的に「攻撃された国」にも、困っていれば、日本は、その国を助けたりします。

これは、よく、「人道的支援」とか、言われるものです。

このように、「勉強」すれば、「道徳」もできます。

まずは、「勉強」の「素晴らしさ」を知って欲しい、と思い、日本の「二ノ宮金次郎」の像を題材に書いてみました。

撮影に協力してくださった学校関係者に深くお礼申し上げます。

Do you know the statue of “Kinjiro Ninomiya” in most Japanese elementary schools?

At this time, it seems that it is often removed during renovation.

It is unfortunate.

Maybe if you’re Japanese, you know.

I think that many foreigners do not know.

This statue is a real person, born in 1787. It is a figure of studying by opening a book with a back of firewood.

I was so poor that I couldn’t even get the light to study at night, and during the bright hours, I worked hard while studying with my books.

It is the figure when I was a child.

In this way, there is an image in Japan that reminds us of the importance of “studying” even in an unfortunate environment.

This person was born into a farmer’s house without money during times when the status system was severe.

After studying, I narrowed down my wisdom, saved not only myself but many people, and succeeded.

Even today, it is “respected”.

Even if you do not have time to receive “education”, you can “study” if you devise it.

I wrote before that “study” changes “life”. (クロームブックの作り方。教育の平等化。How to make chrome book. Equality of education.)

“Study” is important to learn the basics in order to make many choices in your life.

If you study the basics well, you will also have “morality”.

It can be done by people of all circumstances with a “book”.

You can study notebooks by writing a letter on the sand with a dead tree as a pen.

If an adult teaches a child the importance of “study”, the child will study by himself.

To really study is to study by yourself. The “study” taught by a person is “memorization” and is not learned.

By detouring, investigating, learning and learning by yourself is what you have learned, not “memorization”, which actually changes your “life.”

Therefore, there are individual differences in true study, but it is important to take “time” and “learn by yourself”.

There is no shortcut to “study”.

The image of “Kinjiro Ninomiya” teaches that “always being a diligent person is wonderful.”

“Hard work, Kimben” means “serious” and “studying”.

This is often called “working hard” in Japan, not just the basic “study”.

In other words, even if you grow up and become a member of society, your “work” is to “learn seriously”.

Therefore, “work” is always “improvement, Kaizen”.

This word is Toyota Motor Corporation, and is a world-famous word.

There is no simple job.

Even small things are good. Learn what you can get from work and give answers.

There is “improvement, Kaizen” there. It’s a small thing.

If you stack this one by one, you will get a big difference.

This is “how to wash”

(セルフクリーニングでもっと清潔に!Cleaner with self-cleaning!)

I also wrote It is important to do things seriously.

Don’t think lightly about small things.

It is not embarrassing to take it seriously, work on it one by one, and stack it up.

There are never shortcuts.

True “study” is not “circumstance” but “attitude”.

This is “Samurai”

まじめに生きる。Live seriously.

I wrote in. Even if you can’t teach true “study”, you can acquire “morality”.

Parents should never think of their children as their own.

“Return” to “society”.

So, in Japan, there are equal opportunities for education.

This is something that helps people in society.

Therefore, if you are in trouble with the “attacked country” internationally, Japan will help that country.

This is often referred to as “humanitarian assistance.”

In this way, if you “study”, you can also become “moral”.

First of all, I wanted you to know the “wonderfulness” of “study”, so I wrote about the image of “Kinjiro Ninomiya” in Japan.

We would like to express our deep gratitude to the people involved in the school for their cooperation in shooting.

学問のすすめ「人が平等であるために必要なのは勉強」3Recommendation of learning “Study is necessary for people to be equal” 3

「学問のすすめ」には、日本人なら、誰でも知っている言葉があります。「天は、人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」この本は、この言葉から始まる。その中に「人は同等なる事」という章があります。

そこには、こう書かれています。今、人と人との比較をすれば、それは同じとは言えない。豊かな人、貧しい人、色んな地位の人がいる。そのことを言っているのではない。と始まる。

その平等とは、「権理通義(ケンリツウギ)」を指しています。これは、人々の命を大事にする。その身分や財産を守ること。その世間に対する名誉を守ること。これは、どんな小さなことでも、軽く扱うことは許されない。

天から命を授かった心と身体は、大切にしなければならない。

どんな大金持ちのお金でも、小さなお菓子しか買えない、わずかなお金でも、同等に、大切に扱うことは、大切です。

世の中の悪いことわざに「泣く子供と権力にはかなわない。」「親と主人は無理を言う」など、ある。そういった間違いを論ずる者もいる。けれども、身分は違うけれども、人として痛いものは、誰でも痛い。だから、どんな身分であっても、それは、軽く見てはいけない

「貧富強弱(ヒンプキョウジャク)」つまり、貧しい者、豊かな者、強い者、弱い者。これは、人々の状態である。暴力の力、政治と人民の力。色んな力があるけれど、同等に扱うことが、大切です。

政府は、法で人民を守ることは、政府の当然の役目です。税金を払うことのできる金額によって差別することはできない。どんな身分であっても、常に同位同等。つまり、皆同じ価値があることを忘れては、いけない。

政府は、人民のために法を制定し、それに従うのが人民です。

法は、人民1人に不便利があっても、それは、改革までは、法を動かしてはならない。

これを守ることは、人民の役目です。そうすることが、大切なのに、勉強せずに文字が読めない。道徳の道理も知らない。身についている習慣は、飲食と寝ることと起きること。無学のくせに欲は深く、目の前で人を騙して、巧みに政府の法を逃れる。国の法律がどう言うものか分からない。自分の職務上の役目を分からない。子供をたくさん産んでも、その子供に教育する方法も分からない。

要するに、世の中で名誉を失っても恥ずかしくない、法律も知らない、そういう馬鹿者が、子供をたくさん産めば、国の利益にはならない。国を悪くする者です。

こういった馬鹿者を取り扱うのは、道徳は、通じない。

これは、望むことではないが、力を持って脅し、ほんのわずかな期間、大きな損失が出ても、そのようにするしかない。つまり、世の中に暴力のある政府がある理由です。独裁政府もある。

国の暴力政府は、必ずしも、政府の暴力ではない。その事実は、人民の無学、つまり知恵がない。そうして、政府は、不幸になる。

他人に操られて暗殺の計画をする者、新しい法律を誤解してデモをする者、言い訳を作って訴訟を起こし、金持ちのお金を盗む者もいる。その様子は、人間のするようなものではない。どんな君子であれども、良い提案はない。とにかくここは、非常に厳しい政治を行う必要がある。

よって、このように言う。人民が、暴力政府を避けたいと思うならば、一刻も早く、学問に向かう心を持ち、自分から、才能、知能、道徳を高くすることです。そうすれば、政府と、同位同等の地位になる。これが、私(福沢諭吉)のすすめる学問の目的とする考えです。

このように、政府、つまり国が、よくなるには、人民の学問が平等に行き渡れば、国は安定し、発展することを述べています。これは、国のあり方として、非常に重要です。良い人民がいれば、良い政府になり、国は、発展し、安定し、これは、暴力は、必要ではないことを述べています。非常に重要で、とても、好きな章なので、長文ですが、読んで下さった方は、ありがとうございます。

There is a word that every Japanese person knows in “Recommendation of learning”. “Heaven does not make a man above a man, nor a man under a man.” This book begins with this word. There is a chapter in it, “People are equal.”

It says: Now, if you compare people to people, it’s not the same. There are rich people, poor people, and people in various positions. I’m not saying that. It starts with.

That equality refers to “Kenritsuugi”. This cherishes people’s lives. Protect your status and property. To protect the honor of the world. It is not allowed to treat any small thing lightly.

The mind and body that have been given life from heaven must be cherished.

It is important to treat any rich money, even a small amount of money that can only buy small sweets, with equal care.

There are bad sayings in the world, such as “I can’t beat a crying child and power.” “Parents and masters say no.” Some argue for such mistakes. However, although the status is different, anyone who hurts as a person hurts. So, no matter what your status, don’t take it lightly.

“Himpkyojak”, that is, the poor, the rich, the strong, the weak. This is the state of the people. The power of violence, the power of politics and the people. There are various powers, but it is important to treat them equally.

It is the government’s natural duty to protect the people by law. You cannot discriminate on the amount you can afford to pay taxes. No matter what your status, they are always equal. So don’t forget that they are all of the same value.

It is the people who enact and obey the law for the people.

Even if the law is inconvenient for one person, it must not move the law until reform.

It is the people’s job to protect this. It’s important to do so, but I can’t read without studying. I don’t even know the moral reason. The habits I have are eating, drinking, sleeping and getting up. Even though he is illiterate, he is greedy and tricks people in front of him to skillfully escape government law. I don’t know what the national law says. I don’t know what my job role is. Even if I give birth to many children, I don’t know how to educate them.

In short, if such an idiot who is not ashamed to lose his honor in the world and does not know the law has many children, it will not be in the national interest. The one who makes the country worse.

It is not moral to deal with these idiots.

This isn’t what you want, but you have to do it with force, even if you lose a lot for a short period of time. That is why there is a violent government in the world. There is also a dictatorship.

National violence Government is not necessarily government violence. The fact is that the people are illiterate, that is, they have no wisdom. Then the government becomes unhappy.

Some are manipulated by others to plan assassinations, others misunderstand new laws and demonstrate, others make excuses to file proceedings and steal rich money. The situation is not what humans do. No prince has a good suggestion. Anyway, it is necessary to carry out very strict politics here.

Therefore, say this. If the people want to avoid a violent government, they should be willing to study and develop their talents, intelligence and morals as soon as possible. Then, it will be in the same position as the government. This is the idea that I (Yukichi Fukuzawa) recommends as the purpose of the study.

In this way, the government, that is, the country, states that in order for the country to improve, if the people’s scholarship spreads equally, the country will stabilize and develop. This is very important as a country. With good people, it becomes a good government, the country develops and stabilizes, which states that violence is not necessary. It’s a very important and very favorite chapter, so it’s a long sentence, but thank you for reading it.

「学問のすすめ」勉強(教育)は豊かな生活になる2″Recommendation of learning” Study (education) will be a rich life 2

この本の全編を今回は書くことはしない。私は、気になるところをつまみながら、この「学問のすすめ」を取り上げていきたい。ここには、こうある。西洋からの教えで、良い国民によってなる政府は、良い政府になる。

それに続くのに、こうある。「無学文盲」を殊更に愚かなことだと述べている点です。要するに、勉強は、人々を賢くし、その国家は繁栄する。福沢諭吉は、人々は、平等だとし、勉学の大切さを教えた。日本には、文字を読めない人は、いない。そう、憲法で、基本的人権に確立されている。

日本は、勉学について、その不平等は無い。だから、どんなに貧しくても、それは、勉強の機会があり、身分によって、その、豊かさによっても、それは、平等に、立身出世する機会がある。と書かれています。

多分、世界は、その方向には、行っていない。今や、富が偏っており、その富は、又、富を生む。けれども、その対局にいる人もいる。むしろ、そういう人々の方が多いと感じる。

日本は、ここが、資本主義国でありながら、違う。そう、日本国民は、あまり寄付はしない。けれども、多額の税金を払う。これは、国民の義務である。それゆえに、恵まれない人々に社会的に奉仕し、これが、色んな形で還元される。

その根幹が、教育だと感じる。何故なら、前述にも、書いた。そう、良い国民になるには、勉強が必須であり、それは、良い国家になる。勉強とは、物事の道理を学ぶ場です。

だから、それは、単に、勉強だけでは無く、それは、物事の規範を学ぶのです。つまり、道徳心が付きます。物事の道理が分かる。つまり、社会が安定する。これは、一部の人々では、いけない。全ての人々が、勉強する機会が無ければ、達成しない。

私は、以前、勝つ為の書物を読んだ。けれども、読み込むほど、それは異物感を感じた。何故なら、道徳が無いからです。道徳心が有れば、それは、争いにはならない。世界には、道徳の無い国々が多い。色んな利害によって、戦争は起こる。

けれども、それは、不幸です。何故なら、それは、勉強する機会が失われるからです。なおさら、ここで強調したいのは、世界中にこの勉強の機会が平等に有れば、それは、「良い国家」と「良い国民」が存在し、これは世界平和になる、と感じるからです。

経済に於いて、それは、競争は有る。けれども、教育無くして、その企業は、存在せず、又、安定しない、そう感じる。だから、今こそ、全世界の人々が勉学する機会が与えられる。そんな社会を願うのです。

今回は、国家は、人々によってなり、それは、人々が勉学によって、良い社会を作ることができることを書いてみました。全世界が、平和になるよう、より勉強する機会が平等に与えられますように。今回はここまでです。

I will not write the entire book this time. I would like to take up this “recommendation of learning” while pinching the points of concern. Here is this. According to the teachings of the West, a government made up of good people becomes a good government.

Following that, there is this. The point is that “uneducated ignorance” is said to be particularly stupid. In short, studying makes people smarter and the nation prospers. Yukichi Fukuzawa taught that people are equal and that studying is important. There is no one in Japan who cannot read letters. Yes, it is established in the Constitution as a basic human right.

Japan has no inequality in studying. So, no matter how poor it may be, it has the opportunity to study, and by status, by its affluence, it has the opportunity to rise to life on an equal footing. Is written.

Maybe the world isn’t going in that direction. Wealth is now biased, and that wealth also produces wealth. However, some people are in the game. Rather, I feel that there are more such people.

Japan is different, even though it is a capitalist country. Yes, Japanese people don’t donate much. However, he pays a lot of taxes. This is the duty of the people. Therefore, it serves the underprivileged people socially, and this is returned in various ways.

I feel that the basis of this is education. Because I wrote it above. Yes, studying is essential to becoming a good nation, and it becomes a good nation. Studying is a place to learn the reasoning of things.

So it’s not just studying, it’s learning the norms of things. In other words, it is moral. I understand the reason for things. In other words, society is stable. This should not be the case for some people. Not all people will achieve it without the opportunity to study.

I read a book to win before. However, the more I read it, the more it felt foreign body sensation. Because there is no morality. With morality, it is not a dispute. There are many morally immoral countries in the world. War is caused by various interests.

But that’s unfortunate. Because you lose the opportunity to study. What I would like to emphasize here is that if we have equal opportunities to study all over the world, we feel that there are “good nations” and “good people”, which will lead to world peace.

In the economy, it is competitive. But without education, the company feels like it doesn’t exist and isn’t stable. So now is the time for people all over the world to study. I wish for such a society.

This time, I wrote that the nation is made up of people, and that people can create a good society by studying. May the whole world be given equal opportunity to study for peace. That’s all for this time.

FXと株式投資。資産運用とトレードFX and stock investment. Asset management and trading

FXは、為替、つまり、国の相対評価。株式投資は、会社の評価。

FXは、為替だから、どんどん動きます。

それに、国同士の評価だから、時差もあるし、政策や財政など、色んなことが、絡みます。

だから、24時間、365日、ずーっと見張っておかないと、いけない。

投資は、余ったお金でするもので、借金で、するのは、基本的におすすめしません。

気持ちに余裕も無くなるし、ちょっとした利益で、売却するから、いつも時間に追われてしまう。

余裕資金なら、気持ちが違います。

ですから、住宅ローンのある人は、しない、に限る。

ローンの償却表を、じっと見てみると良いです。

元金と利息が、記載されていて、返済額があります。

それだけの利息を毎月、利益を出すことは、無理だと思う、からです。

ですから、お若い時に少しずつ経験して、自分に向いていると思うなら、住宅ローンが終われば、又、始めれば、良いし、向いていなければ、やらない方が良いです。

「休むのも相場」と言うことわざがあります。私も住宅ローンのある時は、投資はお休みしていました。

その時に、証券会社の取り計らいもあり、年に一回だけど、アンケートを答えて、商品券が貰える、ことがありました。

ですから、大手の証券会社は、親切だし、インターネット専門の証券会社は、手数料がお安いので、色んな証券会社を自分で選ぶのは、良いと思います。

話は、戻りますが、基本的に、FXというのは、パイの取り合い、というイメージが私には、あります。

ですから、FXは、ずっと見張るのも面倒で、パイの取り合い、のようなのは、私の場合、向きませんでした。

ですから、FXをちょっと、してみましたが、辞めてしまいました。

ですが、小額投資には、向いています。

株式投資は、会社を分析して将来性を買う行為ですので、この方が、私には、向いていました。

金額は、大きくなりますが、基本的に投資は、ギャンブルでは、ありません。

ですから、追証に追われるような、お取引は、しません。

これが、投資を長くする秘訣だと思います。

私は、海外株式投資は、余り考えていません。

海外の通貨ベースで、利益が出ても、為替で、帳消しになることも、多い、からです。

ですから、海外投資は、かなり難しく、これをできる人は、とても、素晴らしい、才能だと思います。

何事も、経験ですから、投資を通して、色んな社会を勉強して欲しいと思います。

そうすれば、政治、経済が、自分の身近な存在になり、学校とは、違う、社会勉強ができます。

物事を、深く考え、それは、自己研鑽になります。

年齢に関係なく、いつまでも、社会を通して、勉強していたいですね。

FX is a currency exchange, that is, a relative evaluation of the country. Equity investment is a company valuation.

Because FX is a currency exchange, it moves more and more.

Also, because of the evaluation between countries, there are time differences, and various things such as policies and finances are involved.

Therefore, you have to keep an eye on you 24 hours a day, 365 days a year.

Investing is done with surplus money, and it is basically not recommended to do with debt. I’m running out of time, and because I sell it with a little profit, I’m always in a hurry.

If you can afford it, you will feel different.

So, if you have a mortgage, you should not.

Take a closer look at the loan amortization table.

The principal and interest are listed and there is a repayment amount.

I think it’s impossible to make a profit that much every month.

Therefore, if you experience it little by little when you are young and think that it is suitable for you, it is better if the mortgage is over, if it starts again, if not, it is better not to do it.

There is a saying that “it is also a market price to rest”.

When I had a mortgage, I didn’t take any investment.

At that time, there was a case where I got a gift certificate by answering the questionnaire once a year, partly because of the arrangement of the securities company.

Therefore, major securities companies are kind, and securities companies that specialize in the Internet have low fees, so I think it is good to choose various securities companies by yourself.

The story returns, but basically, I have the image that FX is a pie fight.

Therefore, FX is a hassle to keep an eye on for a long time, and it was not suitable for me to fight with pies.

So I tried FX a bit, but I quit. However, it is suitable for small investment.

Stock investment is the act of analyzing a company and looking for future prospects, so this was more suitable for me.

The amount is large, but basically the investment is not in gambling. Therefore, we will not make any transactions that require additional proof.

I think this is the secret to lengthening investment.

I don’t really think about foreign equity investment.

Even if a profit is made on an overseas currency basis, it is often canceled by the foreign exchange.

So overseas investment is quite difficult and I think the people who can do this are very, very talented.

Everything is an experience, so I would like you to study various societies through investment.

By doing so, politics and economy will become familiar to you, and you will be able to study social studies differently from school.

Think deeply about things, it will be self-improvement.

I want to study forever through society, regardless of age.

「本当の勉強」の素晴らしさ。The splendor of “real study”.

ほとんどの日本の小学校にある、「二ノ宮金次郎」の像をご存知でしょうか。

この頃は、改築の時に撤去されることも多いようです。

残念なことです。

多分、日本人なら、知っていると思います。

外国の方は、知らない人も多いと思います。

この像は、1787年に生まれた、実在の人物です。

薪を背に背負って本を開いて勉強する姿、です。

とても貧しいので、夜、勉強するのに、明かりさえ与えられず、明るい時間は、働きながら、本を手にしてひたすら、自分で勉強しました。

その幼少期の時の姿です。このように、決して恵まれない環境でさえ、「勉強」することの大切さを、心に刻む像が日本にはあります。

この人物は、身分制度の厳しい時代に、農民でお金も無い家に生まれました。

そして勉強して、知恵を絞って、自分だけでなく、多くの人を救い、出世しました。

今の時代でも「尊敬」されています。「教育」を受ける時間がなくても、工夫すれば、「勉強」できます。

「勉強」は、「人生」を変えると、以前書きました。

(クロームブックの作り方。教育の平等化。How to make chrome book. Equality of education.)

Do you know the statue of “Kinjiro Ninomiya” in most Japanese elementary schools?

At this time, it seems that it is often removed during renovation.

It is unfortunate.

Maybe if you’re Japanese, you know.

I think that many foreigners do not know.

This statue is a real person, born in 1787. It is a figure of studying by opening a book with a back of firewood.

I was so poor that I couldn’t even get the light to study at night, and during the bright hours, I worked hard while studying with my books.

It is the figure when I was a child.

In this way, there is an image in Japan that reminds us of the importance of “studying” even in an unfortunate environment.

This person was born into a farmer’s house without money during times when the status system was severe.

After studying, I narrowed down my wisdom, saved not only myself but many people, and succeeded.

Even today, it is “respected”.

Even if you do not have time to receive “education”, you can “study” if you devise it.

I wrote before that “study” changes “life”.

「勉強」とは、自分の人生の選択肢を多くする為に、基礎をしっかりと学ぶことが、重要です。基礎をしっかりと学ぶと、「道徳心」も生まれます。

それは、どんな境遇の人でも、「本」があれば、できます。

ノートは、枯木をペンにして、砂に「字」を書いても、勉強できます。

大人は、子供に「勉強」の大切さ、を教えれば、子供は、自分で勉強するようになります。

本当に勉強が、出来る、ということは、自分で勉強する事、です。

人から教えられた「勉強」は、「暗記」であって、身につきません。

回り道をして、自分で調べ、学び、学んだことは、身についた「勉強」で、「暗記」ではなく、それは、実際の自分の「人生」を変えます。

ですから、本当の勉強は、個人差がありますが、「時間」をかけて、「自分で学ぶ」ことが大切です。

「勉強」に近道は、ありません。この「二ノ宮金次郎」の像は、「常に勤勉(キンベン)であることは、すばらしい」ことを教えています。

「勤勉、キンベン」とは、「まじめに」「勉強」することです。

これは、基礎の「勉強」だけでは、なく、日本では、「勤勉(キンベン)に働く」とよく言います。

つまり、大人になって、社会人になっても、「仕事」は、「まじめに勉強すること」です。

ですから、常に、「仕事」は、「改善、カイゼン」です。

この言葉は、トヨタ自動車、で、世界的に有名な言葉、です。

単純な仕事は、ありません。

小さな事でも、良いのです。

仕事から、得られることを、勉強して、答えを出します。

そこには、「改善、カイゼン」があります。

小さなことです。これを、ひとつ、ひとつ、重ねていくと、大きな「差」が、つきます。

これは、「洗濯の仕方」

(セルフクリーニングでもっと清潔に!Cleaner with self-cleaning!)

“Study” is important to learn the basics in order to make many choices in your life.

If you study the basics well, you will also have “morality”.

It can be done by people of all circumstances with a “book”.

You can study notebooks by writing a letter on the sand with a dead tree as a pen.

If an adult teaches a child the importance of “study”, the child will study by himself.

To really study is to study by yourself. The “study” taught by a person is “memorization” and is not learned.

By detouring, investigating, learning and learning by yourself is what you have learned, not “memorization”, which actually changes your “life.”

Therefore, there are individual differences in true study, but it is important to take “time” and “learn by yourself”.

There is no shortcut to “study”.

The image of “Kinjiro Ninomiya” teaches that “always being a diligent person is wonderful.”

“Hard work, Kimben” means “serious” and “studying”.

This is often called “working hard” in Japan, not just the basic “study”.

In other words, even if you grow up and become a member of society, your “work” is to “learn seriously”.

Therefore, “work” is always “improvement, Kaizen”.

This word is Toyota Motor Corporation, and is a world-famous word.

There is no simple job.

Even small things are good. Learn what you can get from work and give answers.

There is “improvement, Kaizen” there. It’s a small thing.

If you stack this one by one, you will get a big difference.

This is “how to wash”

にも、書きました。

まじめに、物事をする事は、大切です。

小さなことを、軽く考えては、いけません。

それを、まじめに、取り組み、ひとつ、ひとつ、積み重ねる、ことは、恥ずかしいことではありません。

近道は、決してありません。

真の「勉強」は、境遇ではなく、「心構え」です。

これは、「サムライ」

I also wrote It is important to do things seriously.

Don’t think lightly about small things.

It is not embarrassing to take it seriously, work on it one by one, and stack it up.

There are never shortcuts.

True “study” is not “circumstance” but “attitude”.

This is “Samurai”

まじめに生きる。Live seriously.

で書きました。

本当の「勉強」は、教えられなくとも、「道徳心」が、身に付きます。

親は、決して、子供を自分のものとは、思ってはいけません。

「社会」に「還元」するのです。

ですから、日本では、「教育の機会」が平等にあります。

これは、社会の助け合いに、通じる、ものです。

ですから、国際的に「攻撃された国」にも、困っていれば、日本は、その国を助けたりします。

これは、よく、「人道的支援」とか、言われるものです。

このように、「勉強」すれば、「道徳」もできます。

まずは、「勉強」の「素晴らしさ」を知って欲しい、と思い、日本の「二ノ宮金次郎」の像を題材に書いてみました。

I wrote in. Even if you can’t teach true “study”, you can acquire “morality”.

Parents should never think of their children as their own.

“Return” to “society”.

So, in Japan, there are equal opportunities for education.

This is something that helps people in society.

Therefore, if you are in trouble with the “attacked country” internationally, Japan will help that country.

This is often referred to as “humanitarian assistance.”

In this way, if you “study”, you can also become “moral”.

First of all, I wanted you to know the “wonderfulness” of “study”, so I wrote about the image of “Kinjiro Ninomiya” in Japan.

撮影に協力してくださった学校関係者に深くお礼申し上げます。

We would like to express our deep gratitude to the people involved in the school for their cooperation in shooting.

二宮金次郎が教える「勉強」の素晴らしさ。The splendor of “study” taught by Kinjiro Ninomiya.

ほとんどの日本の小学校にある、「二ノ宮金次郎」の像をご存知でしょうか。

この頃は、改築の時に撤去されることも多いようです。

残念なことです。

多分、日本人なら、知っていると思います。

外国の方は、知らない人も多いと思います。

この像は、1787年に生まれた、実在の人物です。

薪を背に背負って本を開いて勉強する姿、です。

とても貧しいので、夜、勉強するのに、明かりさえ与えられず、明るい時間は、働きながら、本を手にしてひたすら、自分で勉強しました。

その幼少期の時の姿です。このように、決して恵まれない環境でさえ、「勉強」することの大切さを、心に刻む像が日本にはあります。

この人物は、身分制度の厳しい時代に、農民でお金も無い家に生まれました。

そして勉強して、知恵を絞って、自分だけでなく、多くの人を救い、出世しました。

今の時代でも「尊敬」されています。「教育」を受ける時間がなくても、工夫すれば、「勉強」できます。

「勉強」は、「人生」を変えると、以前書きました。

(クロームブックの作り方。教育の平等化。How to make chrome book. Equality of education.)

「勉強」とは、自分の人生の選択肢を多くする為に、基礎をしっかりと学ぶことが、重要です。基礎をしっかりと学ぶと、「道徳心」も生まれます。

それは、どんな境遇の人でも、「本」があれば、できます。

ノートは、枯木をペンにして、砂に「字」を書いても、勉強できます。

大人は、子供に「勉強」の大切さ、を教えれば、子供は、自分で勉強するようになります。

本当に勉強が、出来る、ということは、自分で勉強する事、です。

人から教えられた「勉強」は、「暗記」であって、身につきません。

回り道をして、自分で調べ、学び、学んだことは、身についた「勉強」で、「暗記」ではなく、それは、実際の自分の「人生」を変えます。

ですから、本当の勉強は、個人差がありますが、「時間」をかけて、「自分で学ぶ」ことが大切です。

「勉強」に近道は、ありません。この「二ノ宮金次郎」の像は、「常に勤勉(キンベン)であることは、すばらしい」ことを教えています。

「勤勉、キンベン」とは、「まじめに」「勉強」することです。

これは、基礎の「勉強」だけでは、なく、日本では、「勤勉(キンベン)に働く」とよく言います。

つまり、大人になって、社会人になっても、「仕事」は、「まじめに勉強すること」です。

ですから、常に、「仕事」は、「改善、カイゼン」です。

この言葉は、トヨタ自動車、で、世界的に有名な言葉、です。

単純な仕事は、ありません。

小さな事でも、良いのです。

仕事から、得られることを、勉強して、答えを出します。

そこには、「改善、カイゼン」があります。

小さなことです。これを、ひとつ、ひとつ、重ねていくと、大きな「差」が、つきます。

これは、「洗濯の仕方」

(セルフクリーニングでもっと清潔に!Cleaner with self-cleaning!)

にも、書きました。

まじめに、物事をする事は、大切です。

小さなことを、軽く考えては、いけません。

それを、まじめに、取り組み、ひとつ、ひとつ、積み重ねる、ことは、恥ずかしいことではありません。

近道は、決してありません。

真の「勉強」は、境遇ではなく、「心構え」です。

これは、「サムライ」

まじめに生きる。Live seriously.

で書きました。

本当の「勉強」は、教えられなくとも、「道徳心」が、身に付きます。

親は、決して、子供を自分のものとは、思ってはいけません。

「社会」に「還元」するのです。

ですから、日本では、「教育の機会」が平等にあります。

これは、社会の助け合いに、通じる、ものです。

ですから、国際的に「攻撃された国」にも、困っていれば、日本は、その国を助けたりします。

これは、よく、「人道的支援」とか、言われるものです。

このように、「勉強」すれば、「道徳」もできます。

まずは、「勉強」の「素晴らしさ」を知って欲しい、と思い、日本の「二ノ宮金次郎」の像を題材に書いてみました。

撮影に協力してくださった学校関係者に深くお礼申し上げます。

Do you know the statue of “Kinjiro Ninomiya” in most Japanese elementary schools?

At this time, it seems that it is often removed during renovation.

It is unfortunate.

Maybe if you’re Japanese, you know.

I think that many foreigners do not know.

This statue is a real person, born in 1787. It is a figure of studying by opening a book with a back of firewood.

I was so poor that I couldn’t even get the light to study at night, and during the bright hours, I worked hard while studying with my books.

It is the figure when I was a child.

In this way, there is an image in Japan that reminds us of the importance of “studying” even in an unfortunate environment.

This person was born into a farmer’s house without money during times when the status system was severe.

After studying, I narrowed down my wisdom, saved not only myself but many people, and succeeded.

Even today, it is “respected”.

Even if you do not have time to receive “education”, you can “study” if you devise it.

I wrote before that “study” changes “life”.

(クロームブックの作り方。教育の平等化。How to make chrome book. Equality of education.)

“Study” is important to learn the basics in order to make many choices in your life.

If you study the basics well, you will also have “morality”.

It can be done by people of all circumstances with a “book”.

You can study notebooks by writing a letter on the sand with a dead tree as a pen.

If an adult teaches a child the importance of “study”, the child will study by himself.

To really study is to study by yourself. The “study” taught by a person is “memorization” and is not learned.

By detouring, investigating, learning and learning by yourself is what you have learned, not “memorization”, which actually changes your “life.”

Therefore, there are individual differences in true study, but it is important to take “time” and “learn by yourself”.

There is no shortcut to “study”.

The image of “Kinjiro Ninomiya” teaches that “always being a diligent person is wonderful.”

“Hard work, Kimben” means “serious” and “studying”.

This is often called “working hard” in Japan, not just the basic “study”.

In other words, even if you grow up and become a member of society, your “work” is to “learn seriously”.

Therefore, “work” is always “improvement, Kaizen”.

This word is Toyota Motor Corporation, and is a world-famous word.

There is no simple job.

Even small things are good. Learn what you can get from work and give answers.

There is “improvement, Kaizen” there. It’s a small thing.

If you stack this one by one, you will get a big difference.

This is “how to wash”

(セルフクリーニングでもっと清潔に!Cleaner with self-cleaning!)

I also wrote It is important to do things seriously.

Don’t think lightly about small things.

It is not embarrassing to take it seriously, work on it one by one, and stack it up.

There are never shortcuts.

True “study” is not “circumstance” but “attitude”.

This is “Samurai”

まじめに生きる。Live seriously.

I wrote in. Even if you can’t teach true “study”, you can acquire “morality”.

Parents should never think of their children as their own.

“Return” to “society”.

So, in Japan, there are equal opportunities for education.

This is something that helps people in society.

Therefore, if you are in trouble with the “attacked country” internationally, Japan will help that country.

This is often referred to as “humanitarian assistance.”

In this way, if you “study”, you can also become “moral”.

First of all, I wanted you to know the “wonderfulness” of “study”, so I wrote about the image of “Kinjiro Ninomiya” in Japan.

 

We would like to express our deep gratitude to the people involved in the school for their cooperation in shooting.

勉強と趣味を忘れずに生活する。Don’t forget to study and hobbies.

この「供給」と「需要」の関係が、「価格」を決めるのが、「資本主義」の「原理」です。

「資本論」の経済学者の、カール.マルクス氏のお墓は、ロンドンにあります。

この、お墓、が、度々、いたずら、されます。

このことからも、厳しい「資本主義」に対して、とても辛い、人が、いるのが、わかります。

本当に、必要なもの、「だけ」を選ぶ「選択する能力」を身に付ける、トレーニング、ができます。

ですから、そのひとつ、ひとつのステップを踏めば、工夫して、暮らす、ようになります。

ですから、貯蓄と時間を自分で、工夫して、お金を掛けずに、趣味を作る、と良い、です。

身近な、料理、でも良いです。そうすれば、「外食」するより、「家で食べたく」なります。

それで、節約、できます。

私は、夕方に、デパートの「お弁当」を、時々、買いに行きます。

そこには、とても、お高くて、行けない「料亭」の「お弁当」があります。

それを買って、料理の「勉強」をします。

ついでに、サラダのお店を「見学」します。

そこには、「旬の野菜」で、料理された、色んな「サラダ」があります。

これを、参考にして、色んな「サラダ」を料理します。

ですから、デパートは、勉強、に行きます。

そんなに、お金、はありませんので、外出した帰りに、デパート、に行くと、夜遅く、なら、お安く、なっています。

そんな、「お弁当」もよく、買っています。

ですから、これは、「料理」の「勉強」にもなるし、「お弁当」を食べるのも、楽しい、です。

こうやっていると、「お家」で、いることが、楽しく、なります。

洋服も、少しづつ、で良いので、リフォームができるようになれば、なお、良いです。

男性も、良いと思います。

そうすれば、たくさん洋服を「買う」のでは、無く、本当に「良い」ものを「少し」「買う」だけ、で、よくなります。

そうすれば、「もの」は、良いものに、囲まれています。

自然と、「お金」が、たまり、そして、多くの「貯蓄」で、「マイホーム」や「投資」ができる、ようになります。

こうやって、ただ、「多く」消費するのでは無く、本当に、良いもの、を「手にする」ことができます。

このように、自分の生活スタイル、を変える、チャンス、です。

体型が変わって、着れない「洋服」もリメイクで、変身します。

そんな、アイデア、を考えながら、トライしてみてください。

「時間」は、戻ってきません。

だから、こそ、今しかできない、新しい、ことに、チャレンジしてみてください。

お互いに、頑張りましょう!

日本 英語で作る和食ー寿司、天ぷら、豆腐料理 本 Japanese Japanese food made in English-sushi, tempura, tofu dish book

https://amzn.to/2XUjOdV

It is the “principle” of “capitalism” that determines the “price” by this relationship between “supply” and “demand”.

The grave of “Capital” economist Karl Marx is in London.

This grave is often mischievous.

From this, it can be seen that there are people who are very painful to the severe “capitalism”.

You can really acquire and train what you need, the ability to choose “only”.

Therefore, if you take one of these steps, you will be able to devise and live.

Therefore, it is good to make your own hobby without spending money by devising your own savings and time.

A familiar dish, but it’s fine.

That way, you’ll want to eat at home rather than eating out.

That saves you money.

I go to the department store “bento” from time to time in the evening.

There is a “bento” at a “ryotei” that is very expensive and cannot be reached.

Buy it and “learn” about cooking.

In addition, we will “visit” the salad shop.

There are various “salads” cooked with “seasonal vegetables”.

With this as a reference, we will cook various “salads”.

So, the department store goes to study.

I don’t have much money, so when I go out and go to a department store, late at night, it’s cheaper.

I often buy such “lunch”.

Therefore, this can be a “study” of “cooking”, and eating a “lunch” is also fun.

By doing this, it will be fun to be at home.

Clothes are also good little by little, so it would be even better if I could remodel.

I think men are also good.

That way, instead of “buying” a lot of clothes, you only need to “buy” a few “good” ones to get better.

That way, “things” are surrounded by good things.

Naturally, “money” can be accumulated, and many “savings” can be used for “home” and “investment”.

This way, you can really “get” something good, rather than just spending “more”.

This is your chance to change your lifestyle.

“Clothes” that cannot be worn due to a change in body shape will be transformed by remake.

Please try while thinking about such an idea.

“Time” does not come back.

Therefore, why not try new things that you can only do now.

Let’s keep up good work!

 

 

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: