スタグフレーションに突入する日本|価値観が変わる時代に自己防衛を提案します

この頃思うことは、日本っていう国は、世界の最先端を行ってる、って感じることが多くなった。

高齢化社会なんて、世界中の先進国に波及しているけれども、その中で日本は抜きん出て、超高齢化社会が訪れています。

高齢者の年金制度も、なんか怪しい。

加入していた方が良いのは、当然だけど、この頃、年金支給額が、何回かに分かれて、減額された。

それは、今、支給されている年金高齢者だけではなく、今後、年金を支給される予定者のねんきん定期便に記載されている金額も同時に減額された。

その上、高齢者の健康保険料の負担割合も所得によって、負担割合が増額される。

そうして、介護保険料は、40歳から払わなければならない義務が生じるけれどもこの介護保険の利用料金が大幅に上がる。

そんな感じで、色んな個人的所得が減る要素が多くなった。

その上に、インボイス制度っていう、売上の10,000,000円以下の事業者は10%の消費税が免除されていましたが、これが無くなる。って事で、所得が伸び悩む中で、色んな制度で、国民に対してたくさんのお金が吸い上げられる。

言っておくけど、何故、年金額が減ったかというとそれは現役の若者の所得が減ったからです。

大体、この年金制度の制定方法が、まず良くない制度でした。何故なら、この年金制度は、若者つまり現役世代が高齢者を養う制度になっている。

そこが間違っているのです。

つまり、年金制度が始まった当時の高齢者は、年金制度が始まると、すぐに年金を貰えた。

つまり、年金の積み立てをせず、つまり何も払う事なく、年金を貰えた。

つまり、0円で、加入年齢、高齢者なら、高額の年金を貰えた。

医療費は、当時は無料で高齢者は、無料で病院に行けるのだから、みんな病院に群がって、病院がサロンのようになり、高齢者の溜まり場になった。

病院も、儲かるし、何も言わない。

そうやって、高齢者は、時間を潰し、何時間も病院の待合室で群がっていました。

そんな高齢者は、湿布とかちょっした風邪でも、病院に行っていました。

彼らは、年金基金に何も積み立てていない。

そうして、優遇された。

確かに、戦争で苦労しているし、その時代を生き抜くことはかなり大変だった。

しかし、政府は、この矛盾を人口増化で、誤魔化せると、考えていた。

確かに、80−90年代の頃は、人口増化でかなり日本は潤った。

この時、政府は、公共事業を盛んに政府予算を上乗せして、景気を向上することに、血眼になった。

だから、人口の少ない地方の土地に大きな道路や橋が架けられた。

これは、選挙の一票の格差でこのような事態になった。

大都市が、人口が多くて公共事業を必要としても、議員の力量は、選挙の結果が反映される。この選挙の票の重みが、住んでいるところによって、違う。

裁判が盛んに行われて、票の格差がどれぐらいなら、合憲とか、違法とか、盛んに行われた時期もあった。

しかし、一票を全部平等にすると、議員の排出できない都道府県もできるので、これは非常にデリケートな問題で、この頃はあまり話題にはならないけれども、地方の政権に近い都道府県には、やはり手厚い補助がある。

まあ、完全に、平等なんて理想で、これは、目指すことは、非常に大切、だけれども、理想は理想で、実現なんて、これは不可能である。

これは、政治の世界だけではなく、ひとりの人間が生まれてくる環境を選べないことに似ている。

まあ、改善はされるだろうけど、それはかなりの困難なことで、今の時点では、実現しそうにない。

話は戻るけど、年金制度の矛盾は、スタート地点で始まっているから、これは、ずっと続く矛盾なので、これを解消するには、かなりの大きな改革が必要となる。

日本の元気な80−90年代に、国民生活を充実する、福祉政策をしていれば、婚姻率の下落や出生率の低下を防げたはずなのに、政治がそういう発想はなかったので、経済だけを優先した政策は、良くない。

今更、色んなことをしても、国民あっての経済だから、若者をいくら優遇しても良くならない。

その中間にいる私のような世代は何も、優遇されることもなく、冷遇される世代です。

確かに、若者の世代の収入は減っている、けれども、手厚い福祉や支援があるので、実質的には、そう収入は減っていない。

額面上の収入減額が高齢者の年金額を低下させている。

今は、世界的にインフレーション、つまり物価上昇している。

これは、日本も同じです。

違うのは、過去の政策が今の日本経済の伸びしろを無くしており、つまり生産人口が減っていることに問題がある。

だから、容易に生産額が上がるはずもなく、このインフレーションについて行けない状態で、これが給料の上がらない、原因になっている。

つまり、インフレーションの最中の収入減が問題で、これは、不況プラスインフレーションが、始まる。

つまりスタグフレーションが始まろうとしている。

私は、学校でインフレーション、デフレーション、、ってパターンを習ったけれども、デフレーションさえ、これは経済学の用語で、実際に起こるなんて、想像もつかなかったし、スタグフレーションって言葉は、学校の先生でさえ、これは、インフレーションとデフレーションの混ざり合ったものです。

こんな簡単な説明しか、教えてくれなかった。

先生は、理解さえできて、いなかったに違いない。

私は、経済学を専攻していた訳ではないし、これは、中学校時代や高校時代に授業で学習しただけなので、先生も経済学者でもない、ただの教員であったから、それ以上、説明はできないか、あるいは、必要なかったに、違いない。

日本は、先進国の中でも、経済現象については最先端だから、米国の経済学者が、日本のバブル時代を研究して、経済の苦境を対処したこともあるようです。

日本で起こったことは、徐々に先進国に起こることで、ただ時間軸が少し、違うだけなのです。

日本は、もう駄目だとか色んなことを言う人が多いけれども、先端を行くってことは、暗闇の中を模索して姿でもあり、これからどうなるかは誰も正確に遠い未来を予測できる人は、いない。

予想して、当たる、人はいるかもしれない。

経済というのは、生き物であり、常に変わり続けるものであり、少し条件を変えただけで、未来の経済活動は、変わりゆくものである。

だから、経済の将来を予測した本は、古本になれば、買い手はつかないことが多い。

それだけ、経済の未来予測は、難しいものなのです。

まあ、色んな諸条件を合わせてみると、スタグフレーション、になりそうですし、これは、時間差で、色んな国に波及しそうだから、この経済学の用語しか知らない、私たちはどんな社会が形成されるのかは、予測できない。

ただ言えるのは、ミニマリストとは、これからの社会では、貧乏人の象徴になるのではないか、と考える。

つまり、これからは全く価値観が変わる未来がすぐそこまでやってきている、と感じられる。

そんな不透明な時代に、生き抜くのは、たやすいことではない。

だから、老後も働き続ける高齢者が日本では続出している。

身体が資本でこれがなくなれば、生活が困窮する。

日本の昔、高齢者を養うことが経済的にできないので、「うばすて山」があった。

そう、双方理解した上で、山奥に高齢者を捨てに行ったのです。

これから、日本の高齢者は、似たような状況に落ちることも多くなる。

犯罪を起こして、刑務所に入って、癌を治療した人の話を聞いたことがある。

そう、犯罪者の方が、待遇が良いし、所得のない人は、医療費も住宅にも困らない。

福祉があるからです。

ごく、普通に真面目に生きている国民が損をする時代がやってきたのです。

日本は、世界的にも安全で、国民性も真面目だけれども、これからは、不真面目な方が生きやすい時代が到来している。

だから、人生行き詰まって、自殺なんか、考えてはいけない。

不真面目に生きてみよう、これが私の提案です。

長文になりましたが、最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

物価高騰と日本の政治。Soaring prices and Japanese politics.

利益が大幅に、増やしている企業は多い。けれども、米国発の株価不振は、日本の企業の株価にも連動している。
そんな中、物価が高騰しています。
そう、私は、不動産関連の知り合いがいる。もう、不動産が値上がりして大変だそうです。だから、昔から、財産三分法と言って、現金、不動産、株などの証券類。これを分けて運用するのが、財産三分法なのです。
不動産ならず、家電製品も値上がりしています。私は、冷蔵庫が壊れた。18年愛用したものでした。その冷蔵庫を買いに行くと丁度、メーカーの製品入れ替えの時期でした。2月下旬には、新製品が出るのです。
私は、冷蔵庫を見に行くといっぱいセールしてあった。その中の一つを選んだ。金属も値上がりが激しい。前の冷蔵庫は、ステンレス製だったので、よかった。良くメーカーは、考えている。少し、グレー色のミラーが、冷蔵庫の表面を覆っています。とてもおしゃれです。
勿論、内容は充実している。冷蔵庫は、2つチルドルームだけ。冷凍庫は、2つ。製氷室。野菜室もかなりフレッシュに保てるらしい。まだ試していないけれど、スマホで、冷蔵庫カメラで、在庫が見れる模様。すごく進化している。気になるのが、価格です。
私は、新製品の価格のポスターを見てびっくりした。2月下旬に出る冷蔵庫は、なんと450,000円。搬入費とか処分費用を合わすと500,000円になる。お高いと感じた冷蔵庫はその半額だから、良かった。
もう、1ヶ月遅いとかなり値段が跳ね上がる。これから、日本も物価が上がる。感染症の生産供給不足が、物価上昇に拍車をかける。
お給料は、上がりそうにないので、質素に暮らすしかなさそうです。
しかし、安倍政権は、年金の物価スライド制をやめたのです。ただでさえ、少ない年金が、実質目減りする。これは、高齢者いじめのような気がしてならない。
なぜなら、政府は、若い世代には、体外受精まで、健康保険適応にする。
老人は、働くだけ働き、その後は、不憫です。なぜなら、老人は、高額な介護保険制度に加入しなければいけない義務がある。それだけで、かなりの年金が失われる。
税金は、課税が重いのに、老後は、不幸な国なのです。だから、日本の国民、特に、若い人々は、「不労所得」とか「稼ぐ」とか言う。これは、仕方がない。
日本の政策は、いつも建設に力を入れる。バブル時代に人口増加対策をせずに、今更、である。
オリンピックとか。何考えているのか?もう要らない。
老人に福祉をむけ、もっと国民を大切にしないと、人口が減る。何故なら、自分のことを守ることで、精一杯で、子育てにまで、手が回らない。国民が安心できる福祉にすれば、自然に人口は増える。
なのに、体外受精にお金をかけるなんて、おかしい。時間のない人は、その治療も受けられず、働くしかないのです。
これは、政策として、不合理です。
安心して人生を終われるような社会にして欲しい。
何故なら、日本の国民は、非常に高い税金を払っている。だから、国のサポートを受ける権利を持っているからです。

 

 

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

経済と投資は、時間を選ぶ。資産形成、資産運用に必要なこと。Economy and investment choose time.What is necessary for asset formation and asset management.

この世の中、コロナショックで、動きが止まっています。その中でも、刻々といつものように、刻んでいる経済。

数字は、時間と共に、刻々と刻んでいます。

株式の暴落、は凄いもので、あの「リーマンショック」を上回る。その「ショック」は、「ボディーブロー」のように、効いている。

その中でも、個人投資家の新規参入、がかなりあるらしい。

事実、私の友人も、ここぞ、とばかり、底値(?)、で購入した。

又、証券会社の新規口座開設は、忙しい、らしく、なかなか、口座を開けない、との話も聞きます。

政府の老後、2,000万円の蓄えは、自己責任にて用意していないと、年金だけでは、暮らせ無いとの、報道は、日本の国民の「お金に対する」姿勢、を変えた、ようです。

その、年金運用も、この暴落で、心もとない。だから、「お金に対する」ことに、なおさら、心配になり、投資、にはしる。

これは、「貯蓄」の国民性からの「変貌」だと思う。

「アベノミクス」の「貯蓄」から「投資」ヘ、のスローガンは、かなり、浸透している、感じがします。

なぜなら、今、「投資」を始める人は、そんなに余裕がある人では、ありません。

連日、株式で「儲けた」人の話を聞いていたけど、大きな「資金」が無くて、「買えなかった」人だから。

日本人の意識は、本当に変わった、と感じます。

日本人は、投資が、あまり上手くありません。

損をして、引退する人が多い、です。

今の金利では、「貯蓄」は、魅力は無いし、「配当金」の方が、よっぽど、良い。換金性も良い。「投資」は、「ギャンブル」では無い。

時々、色んなことを聞いてきた人がいました。

私は、アドバイス、をしましたが、それとは、全く逆のことをした人がいました。

その人は、もうアドバイスは、聞けないようで、時々、私の近況を聞いてくる。

でも、そんなこと、軽く一蹴する。

それぞれ、「スタイル」があるし、「自分」で「判断力」をつけないと、「結果」は、ついてこない。「投資」は、本当に「厳しい」世界、だと思う。

このリアルの「物語」は、「体験」できる。

それぞれ、色んな、モチベーションがある、と思う。

「マイホーム」を買うことも、「不動産投資」です。

色んな「形」で、すでに、私達は、「投資」をしています。

だから、そんな、特別な世界、では無い。

毎日、哀しいニュースばかりです。

刻々、と時間は、刻んでいます。

「お金」は、人を幸せ、にします。

「お金」があれば、医療も、受けられます。

日本では、当たり前、かも、しれないけども、これは、真実、です。

将来の医療費の上昇も、あるかもしれない。

こんな時だから、敢えて、お金のお話、をしてみました。

In this world, the movement has stopped due to the corona shock.

Among them, the economy that is carving as usual.

The numbers are ticking over time.

The stock crash was terrible, surpassing that Lehman shock.

The “shock” works like a “body blow”.

Among them, there seems to be considerable entry of individual investors.

In fact, my friend also bought here, just at the bottom (?).

I also hear that opening a new account with a securities firm seems to be busy, seemingly difficult, and has difficulty opening an account.

After the government’s retirement, reports that the pension alone could not live without the 20 million yen reserve at its own risk seemed to have changed the attitude of Japanese people to “money”.

The pension management is not in the heart of this crash.

That’s why I’m even more worried about investing in money.

I think this is a “transformation” of the national character of “savings.” The slogan of “Abenomics” from “savings” to “investment” feels quite pervasive.

Because, now, people who start investing are not people who can afford it.

I listened to people who “gained” in stock every day, but they didn’t have much “fund” and couldn’t buy.

I feel that Japanese consciousness has really changed.

Japanese are not very well invested.

Many people lose and retire.

At current rates, “savings” is not attractive, and “dividends” are much better.

Good cash value. “Investment” is not “gambling”.

From time to time, there were people who had heard various things.

I did some advice, but there was someone who did the exact opposite.

He doesn’t seem to be able to ask for advice anymore, and occasionally hears about my current situation.

But I’m going to do that lightly.

Each has a “style”, and if you do not give yourself “judgment”, you cannot get a “result”.

I think investment is really a tough world.

This real “story” can be “experienced”.

I think that each has various motivations.

Buying “My Home” is also a “Real Estate Investment”. We are already “investing” in various “shapes”.

So it is not such a special world.

Every day is sad news.

Every moment, time is ticking.

“Money” makes people happy.

If you have “money”, you can also get medical care.

In Japan, it may be natural, but this is the truth.

There may be rising medical costs in the future.

At such a time, I dared to talk about money.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

お金を使い込む、シンゾウが、支持されるワケ。The reason why Shinzou who spends money is supported.

安倍晋三は、2019年11月20日に通算在職日数が歴代最長、を更新しています。

つまり、今までの総理大臣で一番長くいる人です。

日本は、贅沢をせずに、少しずつでも「お金を貯金すること」が、素晴らしい、ことで、収入が多いことだけでは、社会的に認められない、という、ことを

カルロス・ゴーンと「サムライ」日本の精神。Carlos Ghosn and the “Samurai” Japanese sprit.で、書いています。

今はないシステムですが、農業は、尊敬される職業でしたので、そこに所属していた「農業信用金庫、ノウギョウシンヨウキンコ」という、農業関係の銀行は、国によって支えられていました。

小学生(6〜12歳)の子どもの通う学校には、毎月学校から、もらってくる封筒がありました。そこには、ダイアリーが書いてありました。

その下に「1円で笑う者は、1円で泣く、イチエンデワラウモノハ、イチエンデナク」とありました。

日本で、最小単位のお金は、「1円」です。その「1円」を大事にしない人は、たったの「1円」で困る、という意味です。

例えば、電車に乗るのに「200円」の運賃だとします。

その時、「199円」しか持っていなければ、電車に乗れない、という意味です。

ですから、「お金を大切にする」ことは、日本人は、小さな時から教えられています。

その封筒は、毎月渡されて、そこに、家にあって、使えない「小銭、コゼニ」コインを入れて、学校に持っていきます。

そして、そこには、「農業信用金庫、ノウギョウシンヨウキンコ」(銀行)からきた人が、封筒を開けて、いつも受け取っていました。

それは、毎月、6年間、続きます。お金のない人は、「1円」でも、良いのです。

それを、続けていくと、「(塵、チリ)も積もれば、山となる、チリモツモレバ、ヤマトナル」つまり、お金を、大切にすると、「卒業」する時には、びっくりするぐらいの金額になっています。

このように、日本人は、「貯金」して、お金を大切にします。

ですが、この安倍晋三(この後は、シンゾウ、と書きます)は、2012年12月16日に内閣ができて、「アベノミクス」をしました。

このひとつに日本人の積み上げた「年金」で、「株などの投資をする」。と決めたのです。

これは、日本人にとっては、日本銀行の黒田総裁のことばで、まさに、「異次元」の金融政策です。

これを日本の国民が、何も言わないのには、理由があります。シンゾウは、特に優秀な学校の出身でもありません。

シンゾウの妻の昭恵夫人は、夜の仕事で、お酒関係の仕事をしています。

ですから、有名人と夜に道路で抱きついている写真が、公開されたりしました。

たぶん、よろめいて、抱き抱えられたり、理由はあると思います。

それに、「ワイロ」をもらったというスキャンダルもあります。

ですから、昭恵夫人は、はっきり言って「許せない」存在です。

ですが、なぜ、こんなにシンゾウが、支持されるのか、理由があります。

シンゾウは、2007年9月に「潰瘍性大腸炎、カイヨウセイダイチョウエン」これは、1973年に難病と指定された、ストレス性の病気になり、総理大臣という立場を離れています。

その時は、体調悪化で、スピーチで、原稿を3行、読み飛ばしたりしました。

その他に、ストレスで、何かにすがるように、宗教をしたり。

いろんなマスコミが、シンゾウのメンタルを心配していました。

そして、その後、療養生活になり、すぐに、辞任しました。その弱い、姿を国民全員が、テレビで見ていました。

だから、再チャレンジして、ふたたび、総理大臣になったシンゾウは、国民から、「誠実な心」を感じ、いろんなことがあっても、支持され、「信頼」されます。

「令和、レイワ」の即位の儀には、国民代表の新天皇に立派に「バンザイ」と言いました。

とても、素晴らしい、シーンでした。

Shinzo Abe has updated his longest working day on November 20, 2019.

In other words, he is the longest person ever to be a prime minister.

In Japan, Carlos Ghosn and Samurai said that “saving money,” without being luxurious, would be justified by the fact that it was wonderful to simply save money.

“Japanese spirit.

Written by Carlos Ghosn and the “Samurai” Japanese sprit.

Although there is no system now, agriculture was a respected occupation, so the agricultural bank, “Agricultural Shinkin Bank, Nogyou Shinshin Kinko,” that belonged to it, was supported by the country.

At schools where elementary school children (aged 6-12) go, there was an envelope from the school every month.

There, a diary was written.

Underneath, he said, “A person who laughs for one yen will cry for one yen, Ichiendewarau Monoha, Ichiendenak.

” In Japan, the minimum unit of money is “1 yen”.

If you don’t care about the “1 yen”, it means that only “1 yen” is troubled.

For example, let’s say that the fare for a train is “200 yen”.

At that time, if you only have “199 yen”, it means that you can not get on the train.

That’s why Japanese people have been taught to “value money” since they were small.

The envelope is handed out every month, where you can put unusable “Coins, Kozen” coins at home and take them to school.

And there, a person from “Agricultural Shinkin Bank, Nokyoshinkinko” (bank) opened the envelope and always received it.

It lasts six months each month.

If you have no money, “1 yen” is fine. If you continue to do that, “ If you accumulate (dust, dust), it will be a mountain, Chiri Motsumoreba, Yamatonaru ” In other words, if you value money, it will be a surprising amount when you graduate .

In this way, Japanese people save money and value money.

However, Shinzo Abe (hereinafter referred to as Shinzo) had a cabinet on December 16, 2012, and did “Abenomics”.

One of these is “investing in stocks” with the “pensions” accumulated by the Japanese. I decided.

For Japanese, this is the words of the Bank of Japan, Governor Kuroda, and it is truly a “different dimension” monetary policy.

There is a reason Japanese people do not say anything about this. Shinzo is not from a particularly good school.

Shinzo’s wife, Mrs. Akie, is a liquor-related job at night.

So, photos of celebrities hugging on the road at night were released.

Maybe I’m staggering, hugged, and there’s a reason. In addition, there is a scandal that I got “Wairo”.

So, Mrs. Akie is, to be clear, an “inexcusable” entity. But there is a reason why Shinzo is so supported.

Shinzo said in September 2007, “ulcerative colitis, oilseed radish”, which became a stressful disease, designated as an incurable disease in 1973, and has left the position of prime minister.

At that time, I was sick and skipped three lines of the manuscript.

In addition, we do religion as if we are going to do something under stress.

Various media were worried about the mentality of Shinzo. And then, he was in recuperation and immediately resigned.

Everyone was watching that weak, figure on television. Therefore, Shinzou who re-challenges and becomes Prime Minister again feels “honesty heart” from the people and is supported and trusted even if there are various things.

For the throne of Reiwa, Reiwa, he said “Banzai” splendidly to the new emperor, the national representative. It was a very nice scene.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
Translate »