節約生活は投資と資産を増やす。Savings increase investment and wealth.

私の投資スタイルを前回書いた。そう、時期を待つ。そうして、投資する。でも、トレンドがある。株式は、相場がある。その予想は、つかない。だから、怖い。家族は、株式投資をしている私を冷ややかに見ている。けれども、やはり、興味があるようで、少し株式投資をしているようです。

株式投資は、資本が無いとなかなか難しい。何故なら、同じ2倍になったとして、1,000,000円と、10,000,000円の2倍ならその金額はかなり違う。だから、株式投資は、資金が、必要になる。だから、貸株とか、しないとなかなか、増えない。これは、博打のように、なって情緒不安定になる。

だから、資本を貯める為に、節約する。目標が有れば、そんな苦痛では無いと思う。だから、資本主義は、本当には持たない者は、苦しい。だから、ひたすら、初めは、節約生活しかない。

けれども、子供の教育費は、削ることは、できない。だから、色んな工夫をする。前にも、話したけれども、私は、携帯電話を持たなかった。それから、携帯電話と、格安スマホの2台持ちになり、今は、スマホ2台持ちだ。

驚かれるかも、しれない。でも、スマホは、スマホデビュー割で、スマホ本体もプレゼント、1GBだった契約も3GBに自動的に上がった。格安スマホと合わせて6GBで、2,980円/月なのである。遅く持った方が、お安く通信費はなる。

だから、お金がない人こそ、通信費を見直しべきなのです。ガラケーだった頃にもうサービスが終わるからと連絡が来るまで待っていたら、このようになった。このプランは、限定者のみだった。それに、2台持っていると、障害があっても、大丈夫だし、これは安心です。

だから、何でも、辛抱すれば、意外に良いことが多い。車も今はかなり、古い。この車は、初めて新車で購入した。それまでは、型落ちの展示車を買っていた。とても、お得に買っていた。そんな感じで、もう予算を削って、何でも、節約生活でした。

恥ずかしいお話だけど、トイレの水も、お風呂の残り水をバケツに入れ、それを終わるたびに流した。けれども、それは、家族はしなかった。自分が、全て、節約した。今は、お風呂には、水は、入れない。もっぱらシャワーだけ。シャワーカーテンを付けて、冬は暖房してシャワーだけ。その方が、衛生的で、費用対効果があるから。

投資は、華やかだけれど、それをするためには、地味な生活がある。そうしなければ、資本は、貯まらない。だから、節約生活って大事。それは、プライドなんて、捨てなくては、やっていけない。地味にコツコツ、お金を貯めることが大切なんだ。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

資産運用に株式投資。Stock investment in asset management.

最近は、インターネットでの、株主総会が、たくさん始まった。以前は、参加を諦めていた株主総会です。その中での株主からの発言に「この会社は、テンバガーだったのですね。」と言う発言が印象的でした。そう、10年以上持っておけば、そうだったのです。

投資としての株式は、個人差がある。けれども、この発言が示しているように、長期で、良い銘柄を持てば、そう何もしなくても、増える。私は、最近取得した銘柄です。だから、まだまだ、そんな大きくは資産は膨らんでいない。けれども、この銘柄は、お気に入りで、そんな動かすつもりは、無い。

テンバガーが、私の持った時点から、又、時間をかけて、テンバガーになる確率は、分からない。けれども、今のところ、動かすつもりは、無い。自信がないのもある。ドンドン動かして、資産を増やして、億単位の資産を築いている人も居る。けれども、私は、それには、向かないようです。

何かで、知ったけれども、株式投資をした人は、死んだ時に遺族がその株式投資の利益を見てびっくりするそうです。長期に持った人は、成功者が多い。多分、多くの損失をすれば、途中で挫折する。

私は、バブルの時に、ある株式を放置した。なんと、15年後は、10分の1だった。他の株式は、変わらなかった。その損失した株式は、売り払い、他の銘柄と一緒に運用して、プラスマイナスゼロにした。

その時にとても欲しい株式が有った。けれども、家族から反対された。買えなかったのです。ところがその株式は、瞬く間に4倍になった。それを知っている家族は、今回の銘柄を買うのに反対は、無かった。

投資は、難しいこともあるかもしれませんが、良くシュミレータして、投資を味わえる。実際に投資をしても、後悔はある。経済は、生き物だから、チャンスは、一度では無い。

だから証券会社に口座だけは、開いておこう。私は、10年チャンスを待った。シュミレータして、自分で、練習するのも良いと思う。そうやって、準備を整えて、良い銘柄が有れば、買ってみるのも良いと思う。私は、これでチャンスを掴んだ。

けれども、長期放置は、良くない。産業に栄枯衰退があるからです。だから、そんなに将来的に良い業種で無ければ、それは、いつの時点で、売った方が良い。これは、私が、株式を放置した時の教訓です。

一般的に投資対象としての株式は、リスキーとされる。けれども、準備をしていれば、リスクは減るものです。慌てて、口座を開設するのではなく、口座を開いて、チャンスを待とう。と言うお話でした。

Recently, many general meetings of shareholders on the Internet have started. Previously, it was a general meeting of shareholders who had given up attending. I was impressed by the statement from the shareholders, “This company was a ten bagger, wasn’t it?” Yes, if I had it for more than 10 years, it would have been.

Stocks as an investment vary from person to person. But, as this statement shows, long-term, good stocks will increase without doing anything. I am a recently acquired brand. Therefore, the assets have not yet expanded so much. However, this brand is my favorite and I have no intention of moving it.

I don’t know the probability that a ten bagger will become a ten bagger from the time I have it, and over time. But for now, I have no intention of moving it. Sometimes I’m not confident. Some people are moving around, increasing their wealth, and building billions of assets. But I don’t seem to like it.

For some reason, I know that people who invest in stocks are surprised when their bereaved family sees the profits of the stock investment when they die. Many people who have had it for a long time are successful. Maybe if you make a lot of losses, you will be frustrated on the way.

I left a stock during the bubble. After 15 years, it was one tenth. Other stocks remained unchanged. The lost stock was sold off and managed together with other stocks to make it plus or minus zero.

At that time, I had a stock I really wanted. However, he was opposed by his family. I couldn’t buy it. However, the stock quadrupled in a blink of an eye. The family who knew it had no objection to buying this brand.

Investing can be difficult, but you can simulate it well and enjoy it. Even if you actually make an investment, you will regret it. Since the economy is a living thing, chances are not once.

So let’s open an account with a securities company. I waited for a chance for 10 years. I think it’s good to simulate and practice by yourself. That way, if you’re ready and have a good brand, I think it’s a good idea to buy one. I seized the opportunity with this.

However, leaving it for a long time is not good. This is because the industry has its ups and downs. So, if it’s not such a good industry in the future, it’s better to sell it at some point. This is a lesson when I left the stock.

Generally, stocks as investment targets are risky. But if you’re prepared, the risk is reduced. Instead of opening an account in a hurry, open an account and wait for a chance. It was a story to say.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

オーナーチェンジ物件がボロ物件だった件。I bought a real estate property and an owner change.

オーナーチェンジの物件を購入した話を書こうと思う。

オーナーチェンジは、中に賃借人が入っているから、中が見れない。

不動産投資を始めた方なら分かると思うけど、物件がやたら欲しい気持ちになる事がある。

そんな時、オーナーチェンジの物件を紹介された。

結論から言うとそれは、ボロ物件だった。

そのボロ物件には、入居者に入ってもらう為に2台のエアコンとウォッシュレットが付いていた。

だけど、入居者は、オーナーが変わったので、退去した時に、それを全部持って行った。

リフォームするから、良いけれど、ボロ物件には、それなりの入居者しか入らない。

世の中、上手い話なんて、無い。

だから、オーナーチェンジで、良い物件は、たちまち、業者や大きく事業展開しているオーナーに話が行く。

だから、普通の人は、良い話は来ないことを知っておいた方が良い。

綺麗に私は、その物件をリフォームしました。

そのリフォームが、上手くできない人は多いから、不動産投資は難しい。

そのリフォームした物件は、このコロナ禍で、今は、空家です。

その物件を売りに出してみた。

そうすると、不動産業者は、あれこれ、言って、お安く買い叩こうと、色んな言葉を掛けて来る。

これより、良い綺麗な物件がお安く出た、とか。

でも、その物件は、話とは違って、ボロ物件でした。

言葉に騙されて、弱気になれば、直ぐに、買い叩きに合う。

だから、業者の言うのは、馬耳東風(バジトウフウ)。

つまり、聞き流して、気にしてはいけない。

これは、不動産業界だけでは、ない。

お金に関しては、自己をきちんと持たないと騙されて、持っていかれる。

この物件は、繁忙期になれば、賃貸に出すつもりです。

コロナ禍では、不動産売却も、なかなか難しいです。

良い賃借人に恵まれますように。

このように、不動産賃貸業もなかなか大変です。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

任天堂のキャラクター人気の秘密Nintendo character, popular secret.

任天堂は、日本の代表的な企業です。この企業の原点は、「花札」にある。

「花札」とは、日本のカードゲームで、季節の花などの書かれたカードで、遊びます。この花札は、過去は、博打に使われました。カードに不正はあっては、いけないから、ゲームごとに、花札のセットは、交換されました。

これが、もう、世界的なゲーム会社になったのだから、凄いことです。

この会社は、創業年1889年です。この記事を書いているのは、2022年だから、133年間です。

凄い企業です。この会社は、人気のキャラクターが、たくさんあります。

このキャラクターの作り方が、先ず、上手い。どう「上手い」かと言うと、それは、人間の原点を知って作られています。

人間には、言葉があります。これは、高度なコミュニケーションです。自分の意思を伝えるためには、必要です。しかし、これは、時として、誤解を招いたり、好き嫌い、を分けていまう原因になります。だから、人間関係は、非常に難しいものです。

しかしながら、この難しい人間関係の疲れを癒してくれるのが、ペットです。ペットは、言葉は、言いません。鳴きますが、これは、簡単なコミュニケーションであり、非常に原始的、そして、心温まる関係です。

そんな動物との、基本的な「ふれあい」を基にして作られたのが、任天堂のキャラクターです。キャラクターは、鳴いても、決して、言葉は、言いませんから、後腐れのない、程よい距離感があり、心安らぎます。

このようなキャラクター作りは、子どもたちにとって、ペットの世話をせず、そうして、心安らげるキャラクターになります。

だから、任天堂のキャラクター作りは、非常に上手い、と唸ります。

このような体験をすれば、子どもは、繰り返しが、大好きだから、何度も、ゲームをして、楽しむでしょう。企業努力は、大切です。

だからこそ、大きく変わりゆく時代においても、大きく成長していく企業です。隠れたところまで、企業が、いかに努力しているか、わかる、一つの企業例を今回は、書いてみました。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

不動産。道路付けのない土地の資産価値。Real estate. Asset value of land without roads.

今回は、土地の履歴をの事を書いてみよう、と思います。

その土地の所轄の法務局に行くと、「登記事項要約書」を申請して、所定の手続きの料金を印紙で支払って、手に入れることができます。

今回は、上記のような、形状の物件があり、とても興味深い、ので、解説していこうと思います。

今回売りに出ていたのは、CとDの物件です。

その地目(土地の種類)は、「雑種地、ザッシュチ」という、今ではあまり、聞かない種類のものでした。

昔から、そのままにしてあった土地ということが、判ります。

古家がそれぞれ、建っていましたが、いずれも持ち主は、同じ人でした。ですから、これを取得すれば、「文筆、ブンヒツ」と言って、それぞれ、土地家屋調査士が、測量して、2つに分ける必要のある土地で費用も軽く1,000,000円は、掛かるそうです。

この2つの物件は、「格安」でした。Bは、道路では、ありません。

これは、相続を繰り返して、最終的に、国に相続人が「物納」した「土地」でした。

ですから、今は、国が持っている「土地」です。

このように、日本は「相続税」が、高いので、土地を切り分けて、国に「お金」ではなく、「土地」を相続税を払う事ができます。

話は戻りますが、CとDの土地は、道路に出るのに、Aの土地を通らないと、道路に出る事が、できない「土地」でした。

不動産会社の説明では、Aの土地の持ち主は、高齢者だと、話していました。しかし、登記簿を読んだら、その土地は、生前贈与されて、相続人の2人の共有名義になっていました。

よって、当面は、相続税に、土地の一部を「物納」されることは、無いことが、判ります。

では、CとDの土地は、どうすれば、良いかというと、A,B,C,Dのいずれの土地も元は、広いひとつの土地、であったと思われます。

私の閲覧したものは、1958年(昭和33年)までの登記簿でしたので、それをもっと昔の登記簿で、元の形の「土地」の登記簿を取り寄せます。その上で、民法210条にこういう道路付けの無い土地に「通行権」があることを、記載があります。

民法210〜213条を良く読めば、「通行権」に料金を払うこと、通行権を拒絶することはできない事。

さらに、通行権を持つ人は、Aの土地に道路を作ることができます。

ですが、土地は、地上権、と言って、土地の上だけですので、地下に水道管などを通すことまでは、定められて、いません。

ガス、水道は、公道は、その事業者がしてくれますが、私道や他人の土地に設置するのは、とても難しい、です。

他人の土地に「通行権」については、もちろん、車も通る、ことができます。この「通行権」は、土地宅地建物取引業者に頼めば、話し合いで、設定できます。

このように、日本の相続税は、非常に高いです。

ですから、「お安い土地」は、登記簿で、しっかりと調べて、後から、後悔しないようにしましょう。

今回は、土地の登記簿の読み方と、道路付けの無い土地の「通行権」について、お話してみました。

Reported byくぅ

This time, I’ll write about the history of the land.

If you go to the legal bureau that has jurisdiction over the land, you can apply for the “entry summary”, pay the fee for the prescribed procedure with a stamp, and get it.

This time, there is a property with the above shape, which is very interesting, so I’ll explain it.

The properties for sale this time are C and D.

The ground (type of land) was a kind of hybrid land, Zashchi, which I don’t hear much about now.

You can see that the land has been left as it is for a long time. Each old house was built, but the owners were the same.

Therefore, if you get this, it is said that the land and house surveyor will need to measure and say, “Bunhitsu, Bunhitsu”, and it will cost 1,000,000 yen lightly on the land that needs to be divided into two.

These two properties were “cheap”.

B is not on the road.

This was the “land” that the heirs “delivered” to the country through repeated inheritance.

Therefore, it is now the “land” of the country.

In this way, Japan has a high “inheritance tax”, so you can divide the land and pay the inheritance tax on the “land” instead of the “money” to the country.

Returning to the story, the land of C and D is the “land” that can go out on the road unless it goes through the land of A even though it goes out to the road.

A real estate agent explained that the owner of A’s land was an elderly person.

However, when I read the register, the land was gifted alive and became the shared name of the two heirs.

Therefore, for the time being, it can be seen that there is no “payment” of part of the land under the inheritance tax.

Then, what is good about the land of C and D?

It seems that the land of A, B, C, D was originally a wide land.

What I browsed was a register up to 1958 (Showa 33), so I will request a register of the original form of “land” in the register that was older. In addition, there is a statement in Civil Code Article 210 that there is a “right of passage” in such land without road attachment.

If you read Articles 210 to 213 of the Civil Code carefully, you cannot pay a fee for “passage rights” or refuse a passage right.

In addition, a person with a right of passage can build a road on the land of A. However, the land is called the “ground right”, and it is only on the land, so it is not stipulated to pass underground water pipes.

Gas and water are provided by the business operators on public roads, but it is very difficult to install them on private roads or on the land of others.

Regarding “rights” to other people’s land, of course, you can also drive.

This “right of passage” can be set through discussions by asking the land, real estate and land building business operator.

In this way, Japan’s inheritance tax is very high.

Therefore, be sure to check the “cheap land” in the register carefully and do not regret it later.

This time, I talked about how to read the land registry and “passage rights” for land without roads.

 

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

株式投資トレーダーに必要なのは、根性。Stock investment traders need guts.

日本は、「鯛」は、メデタイ。

つまり、縁起が良い、良い!

いかかがお過ごしでしょうか?

いろいろあったと思います。

Japanease food Taiyaki in anko

トレーダーの方も、数字にお悩みの方、喜んでる方、それぞれだと思います。

今日は、株式投資、についてお話ししたいと思います。

株価は、「上がる」「下がる」で、勝率50%…思いたいところですが、そうは、なりません。

ほとんどの方は、95%が、5年で引退する厳しい世界です。

この中で、生き残るのは、非常に「勉強」しなければいけません。

その「勉強」とは、本やセミナーは当然、ですが、実際に「取引」してみることです。

優秀なトレーダーでさえ、70%もの選択を間違えて、「損」をします。

ですから、最も必要なことは、「損切り」をする事です。

利益を出す」ために「損」をするなんて、トレードをしたことの無い人は、びっくり、するでしょう。

しかしながら、これは、非常に大切です。

それほど、トレードは、厳しい世界です。

どこで、「損」を確定するかは、経験を積まないと、わからないです。

これが、「勉強」です。

みんな、「利益」を出すために、トレードしているので、この「勉強」に耐えられず、脱落します。

金額を大きく増やしたい人は、大きくトレードしますから、大きく「損」をします。

小さくトレードすれば、「利益」が出た時に、後悔します。

ですから、どうするかは、その人、次第です。

「損切り」ができる人は、トレードの上手な人です。

ですから、余裕資金でする事が、最も大切です。

余裕がなければ、すぐにあきらめたり、上がるとすぐに「利益」確定します。

機関投資家は、かなりシビアです。

巨大な資金で、株価を操作します。

プロに勝つ、のはかなりの「根性」が必要です。

野村證券会社では、伝説のようなお話しがあります。

和式トイレ(ジャパニーズトイレ)があるそうです。

そこで、「フンバル」とのことです。

今は、どうなっているかはわかりませんが。

トレーダーの方、トレーダーを目指している方。

「フンバル」「Do your best」!

In Japan, “Red snapper” is medetai.

In other words, good luck, good!

How are you spending time?

I think there were many things.

I think that traders are both troubled by numbers and happy.

Today I would like to talk about stock investment.

The stock price is “up” and “down” and the winning rate is 50%.

Most people are in a tough world where 95% retire in five years.

In order to survive, you must be very “study”.

The “study” is, of course, books and seminars, but actually “trading”.

Even a good trader will make a loss by making 70% mistakes.

Therefore, the most necessary thing is to make a “loss cut”.

Anyone who has never traded to lose money to make a profit will be surprised.

However, this is very important.

So, trading is a tough world.

Unless you have some experience, you will not know where to determine the “loss”.

This is “study”.

Everyone trades to make “profits”, so they can’t stand this “study” and drop out.

If you want to increase the amount of money, you trade a lot, so you lose a lot.

If you trade small, you will regret when you make a profit.

So what you do depends on that person.

A person who can make a “loss cut” is a good trader.

Therefore, it is most important to use extra funds.

If you can’t afford it, you will give up immediately, or as soon as you go up, the “profit” will be confirmed.

Institutional investors are quite severe.

Manipulate the stock price with huge funds.

To win a pro, you need a lot of “gutiness”.

Nomura Securities company has a legendary story.

There seems to be a Japanese-style toilet (Japanese toilet).

Therefore, it is “Humbal”. I don’t know what it is now.

If you are a trader or aiming to be a trader.

“Humbal” =”Do your best”!

Let’s keep up good work!

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

資産投資は、株式投資方法を知る。For asset investment, know how to invest in stocks.

株式投資を始める時に、現金、信用売買、の2種類があります。

信用売買は、とてもリスクが有り、一般の方が、始めるのには「現金」をお勧めします。

一般的に95%の人が、5年後にはリタイアしている世界であるからです。「現金」の場合、2種類の売買方法があります。

「相場の値段で買う」方法と「ドルコスト法」です。

この「ドルコスト法」は、毎月同じ金額を買う方法です。

永いスパンで見れば、金本位制が廃止された市場は、「インフレ」なので、永く時間が経つと、リスクを下げ、投資ができる手法です。

それぞれに合ったスタイルで投資をする事をお勧めします。

When starting a stock investment, there are two types: cash and credit trading.

Credit trading is very risky and the general public recommends “cash” to get started.

This is because 95% of people are generally retired in five years.

In the case of “cash”, there are two ways to buy and sell. “Buy at the market price” method and “Dollar cost method”.

This “dollar cost method” is a method of buying the same amount every month.

If you look at the long span, the market where the gold standard was abolished is “inflation”, so over time, it is a technique that can reduce risk and invest.

We recommend that you invest in a style that suits you.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
Translate »