京都、高台寺と圓徳院のライトアップにお出かけGo out to light up Kudaiji Temple and Entoku-in Temple in Kyoto.

今回は、京都市東山区にある高台寺と圓徳院のライトアップです。

豊臣秀吉と北政所を祀る御霊屋は、撮影禁止です。ですから、ぜひ、ここに来て見て下さいね。

今回は、ライトアップの時に行ったものです。京都の夜は、雨の日もまた美しさが、格別です。心模様を映し出すように、その風景は、歴史を感じ、自然を堪能して工夫されています。

時に、人は、完全を欲しがりますが、不完全な美も非常に美しいものです。それは、万人が、同じ感性を持っているのではないからです。だから、色んな「美」があります。

天気によって、季節によって色んな美しさがあります。それは、壮大な時間を超えて、今、再現されています。

今を生きる私たちにとって、古来の人は自然と共存し、そこに小さな喜びを見い出していました。これは、交通手段もない昔の人は、そうすることで、毎日を過ごしていました。

ですから、非常に考えられた、美しさがあります。四季を愛し、風景を愛し、そこには、庭に、美しさを凝縮しています。では、見ていきましょう。

This time, we will light up Kodaiji Temple and Entoku-in Temple in Higashiyama Ward, Kyoto City.

Shooting is prohibited at the Mausoleum, which enshrines Toyotomi Hideyoshi and Kodai-in. So please come here and take a look.

This time, it was done at the time of lighting up. The beauty of Kyoto nights is exceptional even on rainy days.

The landscape is devised to reflect the pattern of the heart, feeling the history and enjoying nature. Sometimes one wants perfection, but imperfect beauty is also very beautiful.

That’s because not everyone has the same sensibilities. Therefore, there are various “beauty”. There are various beauty depending on the weather and the season.

It’s been recreated now, beyond spectacular time. For us living in the present, ancient people coexisted with nature and found a little joy there.

This is because old people, who had no means of transportation, spent their days doing so. So there is a very thoughtful and beautiful beauty.

I love the four seasons, I love the scenery, and the beauty is condensed in the garden. Let’s take a look.

ここが正面からの景色です。ここから夢舞台は、始まっています。「夢」あなたは、何を想像しますか?趣のある言葉です。格子越しにしか、見えない「夢」の字は、手の届かない「夢」を想像します。そんな「夢」を見れるあなたは、幸せなのかもしれません。

This is the view from the front. The dream stage begins here. “Dream” What do you imagine? It’s a quaint word.
The character “dream” that can only be seen through the grid imagines a “dream” that cannot be reached. You may be happy to have such a “dream”.

「夢(ゆめ)」と書かれています。It says “dream”.

高台にあるので、横からこのように降りる階段があります。ライトアップして、とても美しい風景が、広がっています。「夢」をかけ上がる階段にも見えます。足元が照らし出され、いかにも「夢舞台」に駆け上がるそんな階段に見えます。

Since it is on a hill, there are stairs that go down like this from the side. It is lit up and a very beautiful landscape is spreading. It looks like a staircase that raises a “dream”. It looks like a staircase that illuminates your feet and runs up to the “dream stage”.

 

高台にあるので、常に足元は、急です。これが風流で、色んな茶屋からさまざまな景色が、楽しめます。だかこそ、季節の移ろいを楽しむのには、とても贅沢なものです。ぜひ、明るい景色を見たくなる、そんな感情が湧いてきました。

Being on a hill, your feet are always steep. This is the style, and you can enjoy various views from various teahouses. It’s a luxury to enjoy the changing seasons. By all means, I feel like I want to see the bright scenery.

 

移動しやすいように、渡り廊下も数多くあります。非常に、手間暇をかけて作られたこの建物は、非常に貴重です。だからこそ、今も大切に現存しています。時に渡り廊下は、池をまたぎ、石を眺め、とても贅沢な庭の趣を味わうことができるのです。

There are also many passageways to make it easier to move around. This very time-consuming building is invaluable. That is why it still exists with great care. Occasionally, the corridor straddles the pond, looks out over the stones, and gives you a taste of a very luxurious garden.

 

鏡うつしの池です。とても澄んだ池で、透明度があります。この池のほとりで、昔の人は、何を思い考えたでしょう。澄んだ水は、心の清らかさを示すようです。心は、常にこうありたいですね。

It is a mirror pond. It is a very clear pond and is transparent. What did the old people think of by the pond? Clear water seems to indicate the purity of the mind. I always want my heart to be like this.

灯籠も風流です。この灯籠に灯りを灯し、昔の人は池を眺めていたのでしょう。The lanterns are also a breeze. People in the old days would have been looking at the pond by lighting this lantern.

坂の登り詰めたところに御霊屋が、あります。

There is a mausoleum at the top of the hill.

ここに豊臣秀吉と北政所(ねね)が祀られています。Hideyoshi Toyotomi and Kitanomandokoro(Nene) are enshrined here.

これが、瓦(かわら)です。「紋」が入っています。これ以上は、ここは、撮影できません。

This is a roof tile. Contains a “crest”. No more shooting can be done here.

長い渡り廊下がありました。ここは、立ち入り禁止です。こんな急な渡り廊下を作るのは、非常に困難だったでしょう。けれども、そこには、風景を楽しむ、「贅沢」があります。

There was a long corridor. This is off limits. It would have been very difficult to make such a steep corridor. However, there is “luxury” to enjoy the scenery.

 

途中、竹林もありました。多くのことを凝縮した庭には、このようなところもあります。毎年、タケノコが芽を出します。けれども、これは、綺麗にとります。非常に手入れの必要な竹林です。何故なら、成長が、早いからです。コンパクトにまとめられた竹林は、非常に手入れをされていることが窺えます。

There was also a bamboo grove on the way. There is also such a place in the garden where many things are condensed. Bamboo shoots sprout every year. However, this is taken neatly. It is a bamboo grove that requires great care. Because it grows fast. It can be seen that the compact bamboo grove is very well maintained.

茶室がありました。下の方ですので、景色は、楽しむ茶室ではありません。色んなところに茶室がありますので、用途に合わせて使い分けていたことが窺い知ることができます。

There was a tea room. Since it is at the bottom, the view is not a tea room to enjoy. There are tea rooms in various places, so you can see that they were used properly according to the purpose.

ライトアップは、美しいですね。贅沢を尽くした上のライトアップは、非常に贅沢を重ねあわせ、時に人は、その贅沢さに、魅力を感じ、立ちとまります。

The light up is beautiful. The luxurious light-up is a superposition of extravagance, and sometimes people are attracted to the extravagance and stand still.

お庭をスクリーンにして、色んなパフォーマンスがされています。

Various performances are performed with the garden as the screen.

とても手入れされているので、通路さえ、綺麗です。整然とされた美しさは、心打たれるものがあります。心は、常にこうありたいです。けれども、煩悩というものが、心を惑わせます。整然であることの「美」は、心惹かれるものがあるでしょう。

It’s so well maintained that even the aisles are clean. The orderly beauty is impressive. My heart always wants to be like this. However, the worldly desires are confusing. The “beauty” of being orderly will be fascinating.

白壁を龍が、浮かび上がっています。龍のように舞い上がりたい、そんな気持ちになります。ですが、心は、あの池のように清らかでなければ、この境地には、辿り着けないでしょう。だからこそ「夢」なのかもしれません。「夢」から覚めると、そこには、鐘楼を見つけました。

A dragon is emerging on the white wall. I feel like I want to soar like a dragon. But if your heart isn’t as pure as that pond, you won’t be able to reach this point. That may be why it is a “dream”. When I woke up from my “dream”, I found a bell tower there.

次に高台寺の西にある圓徳院(えんとくいん)に行きました。

階段を降りていきます。ひっそりと、佇んでいます。夢舞台から、現実に戻ったような感じです。そうやって門構えを見ると立派な門構えです。

Next, I went to Entoku-in, which is west of Kodaiji Temple.

I will go down the stairs. It stands quietly. It’s like returning to reality from the dream stage. Looking at the gate stance like that, it is a magnificent gate stance.

 

よく見ると、豊臣の名前を名乗る前の「羽柴」の名前が提灯に書かれています。

If you look closely, the name of “Hashiba” before giving the name of Toyotomi is written on the lantern.

中は、色んなものが展示されています。

Various things are exhibited inside.

庭がライトアップされています。幻想的です。もっと、後ろから見たいのですが、前の通路でしか、庭は、見れません。だから、「部分的」に庭を写真で撮影させていただきました。この庭は、とてもコンパクトですが、「美」が堪能できます。是非、お立ち寄りください。

The garden is lit up. It’s fantastic. I would like to see more from behind, but I can only see the garden in the front passage. That’s why I took a “partial” photo of the garden. This garden is very compact, but you can enjoy the beauty. Please drop in.

2階からの景色です。The view from the 2nd floor.

高台寺と圓徳院のライトアップを楽しんでいただけたでしょうか?凝縮された「美」がそこにはあります。木を小さく、枝振りよく、育てるのは、非常に困難で、そこには、多くの歳月と、多くの手間が、必要です。成熟した「美」を楽しんでください。この「美」を堪能することは、非常に贅沢です。そんな贅沢をほんの一瞬ですが、楽しんでみませんか?

Did you enjoy the illumination of Kodaiji Temple and Entoku-in Temple? There is a condensed “beauty” there. It is very difficult to grow a tree small, well-branched, and it takes a lot of time and effort. Enjoy the mature “beauty”. Enjoying this “beauty” is a great luxury. Why don’t you enjoy such luxury for a moment?

 

 

 

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

京都清水寺観光旅行とお茶Kyoto Kiyomizu-dera sightseeing trip and tea.

京都東山区の「清水寺」があります。北法相宗の大本山。ここに行くまでに、急な坂道があります。そこには、「清水寺」に関係する建物(表紙の写真は、そのひとつです。)や、多くのお店が、たくさんあります。

There is “Kiyomizu Temple” in Higashiyama Ward, Kyoto. The head temple of the Northern Hosso sect. There is a steep slope to get here. There are many buildings related to “Kiyomizu-dera” (the photo on the cover is one of them) and many shops.

たくさんの人が、そこでお土産を買ったりします。「清水寺」は、色んな願い事のかなうところ。特に「縁結び」と言って、男女の仲をかなえてくれる、ことが有名。だから、私の行った時も、キモノ姿のカップルが多かった。結婚できると良いなー。なんて、思っていたら、1組のカップルが、記念写真を撮って欲しいとスマホで、撮影した。なんとも、柔らかい雰囲気のいっぱいの「清水寺」です。他にも、色んな願い事がかないます。「出世」とか。とにかく、華やかな雰囲気の「清水寺」は、カップルなら、キモノで行くのが、おすすめです。坂を登ると「清水寺」の門が見えてきます。

Many people buy souvenirs there. “Kiyomizu-dera” is a place where various wishes come true. In particular, it is famous for being able to get along with men and women by saying “matchmaking”. Therefore, when I went there, there were many couples wearing kimono. I hope I can get married. When I was thinking, a couple took a commemorative photo with their smartphone. It is “Kiyomizu-dera” with a soft atmosphere. Besides, various wishes will come true. “Promotion”. Anyway, if you are a couple, it is recommended that you go to Kiyomizu-dera, which has a gorgeous atmosphere, with a kimono. When you climb the slope, you will see the gate of “Kiyomizu-dera”.

この階段を登っていくと As you climb this stairs

三重塔があります。There is a triple tower.

こんな高いところに建築物があるのには、驚きます。

I’m surprised that there is a building in such a high place.

廊下の正面は、「出世」のお願いするところがあります。

In front of the corridor, there is a place to ask for “promotion”.

ここは、「縁結び」カップルが、結婚できるようにお祈りします。

Here, we pray for “marriage” couples to get married.

これは、清水の舞台からの景色です。そして、左に、見えるのは、「奥の千手堂」という、奥の院です。

This is the view from the stage of Kiyomizu. And on the left, you can see the Okunoin called “Okunosentedou”.

そして、本堂の「清水の舞台」

And the “Stage of Kiyomizu no butai” in the main hall

世界文化遺産に登録されています。西国33所観音霊場第16番札所。一度、火災にあって、この本堂、「清水の舞台」は、1633年建設された。舞台は、日本の最高木材、ヒノキの板を張っています。柱は、ケヤキで、高さは、13メートルあります。清水寺の舞台は、「清水の舞台から飛び降りる」ということわざがあります。これは、「死ぬことを怖がらずに、大きな出来事をすることを決断する」という意味です。

It is registered as a World Cultural Heritage Site. Saigoku 33 Kannon Sacred Ground 16th Fudasho. Once in a fire, this main hall, The Stage of Kiyomizu, was built in 1633. The stage is made of Japanese cypress, the best wood in Japan. The pillars are zelkova and are 13 meters high. The stage of Kiyomizu-dera has the saying, “Jump off the stage of Kiyomizu.” This means, “Don’t be afraid to die and decide to do something big.”

坂を降りて行きます。ここは、秋は、紅葉できれいでしょう。

I will go down the hill. Autumn leaves will be beautiful here.

「音羽の滝(おとわのたき)」3つの願い事がかなう、滝です。欲張って、2つとか、3つとか、したら、願い事はかないません。1つにして、願い事をお祈りします。

“Otowa Waterfall” A waterfall that fulfills three wishes. If you greedily do two or three, your wish will not come true. I pray for your wishes as one.

「清水の舞台」は、下から見るとこんな感じです。急斜面に建設された、木造の建物です。

The “Stage of Kiyomizu” looks like this when viewed from below. It is a wooden building built on a steep slope.

途中、お茶屋があります。境内は、広いので、休んでも良いですね。

There is a teahouse on the way. The precincts are large, so you can take a rest.

池もありました。There was also a pond.

そうして、清水坂で、楽しみます。私は、お土産におはしを購入。これは、名前を入れてもらいました。食洗機を使う人でしたので、あまりお値段は、高くありませんでした。高級のおはしは、塗りがあり、手洗いで、すぐに乾かす必要があります。私も、名前を刻んだおはしを持っています。おはしには、色んなものがあります。器用な人は、六角形のおはしは、良いです。ですが、名前は、刻めません。

Then, enjoy yourself at Kiyomizuzaka. I bought a souvenir. This was given a name. I was a dishwasher user, so the price wasn’t too high. Fine chopsticks are painted, hand-washed and need to be dried immediately. I also have chopsticks with my name engraved on them. There are various types of chopsticks. Hexagonal chopsticks are good for dexterous people. However, the name is not engraved.

その間、お店の外に出ると、誰もいない、一つのお店を発見!

In the meantime, when I went out of the shop, I found one shop with nobody!

ここは、宇治茶の産地直売店です。抹茶アイスクリームで、お味を拝見。とてもおいしかったです。

ここは、山城宇治茶田原茶産地直売店「ふじや茶舗」京都市東山区清水2丁目。電話075-541-8710。

私は、いつも、宇治茶の茶鑑定士7段の方のお茶を購入していました。最高位は、10段。茶鑑定士は、日本全国に39名しかいません。

話は、元に戻りますが、ここは、産地直売店ですので、とても良心的なお値段でした。茶道具も販売していました。急須も、本格的なもので、多分、デパートで買えば、数倍はするものが、お安く販売されていました。他にも、茶道具が、ありました。ここは、おすすめのお店です。

ここで、私は、普段使いのお茶を買い求めました。色んなニーズがありますので、超高級なお茶もありました。お店の方の了承を得て、撮影しました。

This is a shop that sells Uji tea directly from the production area. See the taste with green tea ice cream. It was very delicious.

This is Yamashiro Uji-Cha Tahara Tea Producing Area Direct Sales Store “Fujiya Chaho” 2-chome, Kiyomizu, Higashiyama-ku, Kyoto. Phone 075-541-8710.

I always bought the tea of Uji tea appraiser 7th dan. The highest rank is 10 steps. There are only 39 tea appraisers nationwide.

Returning to the story, this is a direct sales shop in the production area, so it was a very reasonable price. We also sold tea utensils. Kyusu was also a full-fledged one, and if you bought it at a department store, it would be several times more expensive, but it was sold at a low price. There were other tea utensils. This is a recommended shop.

Here, I bought tea for everyday use. There are various needs, so there was also super-luxury tea. I took the picture with the consent of the shop staff.

煎茶100g,27,000円。煎茶ですから、100℃のお湯です。

Sencha 100g, 27,000 yen. Since it is sencha, it is hot water at 100 ° C.

玉露100g,27,000円。これは、玉露は、高級なものは、お湯の温度が下がります。40℃-60℃の間です。高級であるほど、温度は、下がります。そうして、じっくりとお茶を抽出します。まだ、まだ、高級なものがありました。

Gyokuro 100g, 27,000 yen. This is because the temperature of hot water drops for gyokuro, which is high-class. It is between 40 ℃ and -60 ℃. The higher the quality, the lower the temperature. Then, slowly extract the tea. There were still some high-class ones.

これは、玉露100g,32,400円。これで、驚いてはいけません。

This is gyokuro 100g, 32,400 yen. Don’t be surprised by this.

玉露100g,54,000円。

Gyokuro 100g, 54,000 yen.

産地直売店ですから、良心的なお値段です。お茶の世界は、果てしなく深いです。高価なお茶は、時々売れるそうです。海外からの方に人気だそうです。

It is a reasonable price because it is a direct sales shop in the production area. The world of tea is endlessly deep. Expensive tea seems to sell from time to time. It seems to be popular with people from overseas.

ほんとは、教えたくなかったけど、私の購入したお茶をご紹介します。玉露で、粉茶です。玉露のお茶を作るときに出る、粉のお茶を粉茶と言います。これは、粉状なので、すぐに、お茶が出ます。

だから、少量を茶漉しに入れて、すぐにお茶が出ます。しかし、頻繁に代えます。だから、普段使いです。

多分、料亭とか、そんなところは、こんなお茶を出すかもしれない。と思っています。(想像)

高級茶が、こんな形で、販売されているのは、初めて見ました。そうして、両親にプレゼントしました。とても、喜んで、こんな高級茶をありがとう。と言われました。お茶の淹れ方も付けてくださいました。

このお茶は、なんと、200g,1,300円でした。鮮度が、大切ですので、開封後は、お早めに、お召し上がりください。ああ、売り切れたら、どうしよう…どーんと、情報を満載した、お茶のお話でした。

お茶の淹れ方のプリントも、くださいました。ありがとうございます。

今回は、京都観光旅行、清水寺の案内とお茶のお話でした。

I didn’t really want to tell you, but I would like to introduce the tea I bought. Gyokuro, powdered tea. The powdered tea that comes out when making gyokuro tea is called powdered tea. This is powdery, so tea will be served immediately.

So, put a small amount in a tea strainer and the tea will come out immediately. But change frequently. That’s why I usually use it.

Perhaps a restaurant or something like that might serve this kind of tea. I think. (Imagination)

This is the first time I’ve seen high-quality tea sold in this way. Then I gave it to my parents. Very happy and thank you for such a fine tea. They said. He also added how to make tea.

This is the first time I’ve seen high-quality tea sold in this way. Then I gave it to my parents. Very happy and thank you for such a fine tea. They said. He also added how to make tea.

This tea was a whopping200g, 1,300 yen. Freshness is important, so please consume as soon as possible after opening. Oh, what should I do if it’s sold out … Well, it was a tea story full of information.

He also gave me a print of how to make tea. Thank you very much.

This time, we talked about a sightseeing trip to Kyoto, information about Kiyomizu-dera Temple, and tea.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

北海道、札幌市と小樽のグルメと観光を楽しむEnjoy gourmet food and sightseeing in Hokkaido, Sapporo and Otaru.

日本の北海道は、本州とは陸続きではありません。

だから、運搬費がかかるので、物価が高いです。

海に囲まれているので、海産物は、たくさん良い物資が獲れます。

JR小樽駅前に三角市場という、庶民的な小さな市場があります。

小樽市は、札幌市から車で、2時間程で、行けます。

だから、わざわざ、小樽市まで、行かなくても、札幌市で、多くの美味しいものが、いただけます。

けれども、やっぱりその三角市場で、話題の海鮮丼を食べに行きました。

今回の表紙は、小樽市の海です。

朝8時の開店と同時にお客がやってきます。

だから、早いもの勝ち。

特に名物のボタンエビは、鮮度が落ちると、色が落ちる。

私は、いくら、マグロ、ボタンエビ、ウニを選んで、海鮮丼をオーダーしました。

一緒に出てきたのは、カニでダシを取ったお味噌汁でした。

朝早くに行ったけれど、行列に並んで、食べました。

その三角市場は、色んな海産物が、売られていますので、お買い物も楽しめます。

駐車場は、三角市場とJR小樽駅の間に市営駐車場があります。

補助券もいただけるお店もあります。

そこで、私は、松前漬けを購入しました。

数の子が、たくさん入っていて、良い昆布が入っていて、美味しかったです。

その松前漬のお土産が、プレゼントした中で、一番評判が良かったです。

その先に余市という町があります。

そこには、ニッカウイスキーの蒸留所があります。

ですが、このコロナウイルス対策で、見学制限があり、入場どころか、門番がおり、門の近くにも行けませんでした。

「菌」を守るために、大変なようでした。

ですから、写真撮影さえできませんでした。

ホームページにて、雰囲気を味わってみてください。

札幌市では、カニのお味噌汁。

又、みそラーメンも食べました。

ラーメン屋は、少し温度を下げて食べやすくして、お客の回転率を上げる所が多いです。

私の行ったところは、熱々で、とても良心的なお店でした。

札幌市には、大通り公園に、テレビ塔があります。

夜間は、ライトアップされます。

噴水などもあり、綺麗に整備されています。

そして、札幌市には、時計台があります。

2階の時計台ホールは、札幌農学校、現在の北海道大学の授業や行事、に使われていました。

クラーク博士の提案により建てられました。その年、1878年です。

日本で、一番古い時計台です。

赤い星のマークは、開拓使に影響を受けた建物の印。

クラーク博士が、北海道に影響を及ぼしたとされている建物です。

https://www.nikka.com/distilleries/yoichi/

 

Therefore, transportation costs are high, and prices are high.

Surrounded by the sea, you can get a lot of good seafood.

In front of JR Otaru Station, there is a small, popular market called the Sankaku Market.

Otaru City can be reached in about 2 hours by car from Sapporo City.

Therefore, you can enjoy many delicious foods in Sapporo without having to go to Otaru.

However, after all, I went to eat the hot seafood bowl at the Sankaku Market.

The cover of this time is the sea of Otaru city.

Customers will come at the same time as the store opens at 8 o’clock morning.

Therefore, the first one wins.

In particular, the famous Botan shrimp loses its color when it loses its freshness.

I chose tuna, botan shrimp, and sea urchin and ordered a seafood bowl.

What came out with me was miso soup made from crab soup stock.

I went early in the morning, but I lined up in a line and ate.

Various marine products are sold at the Sankaku Market, so you can enjoy shopping.

There is a municipal parking lot between the Sankaku Market and JR Otaru Station.

There are also shops where you can get a subsidy ticket.

So I bought Matsumaezuke.

It had a lot of kazunoko, good kelp, and it was delicious.

The Matsumaezuke souvenir was the most popular gift I gave.

Beyond that is a town called Yoichi.

There is a Nikka Whiskey Distillery there.

However, due to this coronavirus countermeasure, there were restrictions on tours, and instead of entering, there was a gatekeeper, and I could not go near the gate.

It seemed to be difficult to protect the “fungus”.

So I couldn’t even take a picture.

Please enjoy the atmosphere on our website.

In Sapporo, crab miso soup.

I also ate miso ramen.

Many ramen shops lower the temperature a little to make it easier to eat and increase the turnover rate of customers.

The place I went to was a hot and very conscientious shop.

In Sapporo City, there is a TV tower in Odori Park.

It is lit up at night.

There is also a fountain and it is in good condition.

And there is a clock tower in Sapporo.

The clock tower hall on the 2nd floor was used for classes and events at Sapporo Agricultural College and the current Hokkaido University.

Built at the suggestion of Dr. Clark. That year, 1878.

It is the oldest clock tower in Japan.

The red star mark is a sign of a building influenced by the pioneer.

It is a building where Dr. Clark is said to have influenced Hokkaido.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

北海道旅行、秋に富良野観光しました I traveled to Hokkaido and went sightseeing in Furano in the fall.

ここファーム富田は、もともとは、ラベンダーの栽培の農場でした。

ですが、天然の香料は、合成香料に変わりました。

そんな経営が、難しくなった時に、旧国鉄のカレンダーにラベンダー畑が採用されました。

それから、観光農園として経営に力を注いでいます。

その手入れされた景色は、素晴らしいです。

私の訪れた秋は、ラベンダーの季節ではありませんが、ラベンダーの代わりにサルビアが植えられ、とても綺麗でした。

又、十勝岳連峰が、見渡せ、それは、壮大な大地が、堪能できます。

白樺の紅葉も、ロマンチックです。

お食事は、女性向け。

だから、男性が行くとボリュームがないので、ちょっと小腹を満たす程度。

名物のラベンダーのアイスクリームは、皆さま、注文されていました。

私は、ジャガイモのグラタンとポテトコロッケ。

もちろん、ラベンダーのアイスクリームもいただきました。

とても、メルヘンチックな所です。

お写真で、このロマンチックな雰囲気を今回は、お楽しみください。