不幸と幸せは、混じって存在する。Unhappiness and happiness are mixed.

人々に「悩み事」はある。多分、悩み事のない人はいない。その中で、一番、悩ましいのは、対人関係です。そんな時、皆さまは、どうやって心を整理するだろう。

多分、多くは、不満と共に、つい口に出して、グチを言うこともある。そんな苦しい時にどうしたら、良いか?というのが、今回のテーマ。

そう、そんなあなたは、「幸せ」なのです。心配する相手がいることは、「幸せ」である。何故なら、その存在が、いなくなれば、心が、空虚になるから。

私は、歳上の人が大好きで良くお話する。色んな人生のことを語ってくださる。人は、やはり、人と繋がってこそ、人生に彩りがつく。その先輩方は、アドバイスをくださる。

「後から、後悔するから、いっぱい「幸せ」を噛みしめなさい。」と言われた。車椅子の母と、悪性の癌の父がいる。「心配する相手のいる幸せ」を噛みしめて、毎日送っている。そんな「幸せ」もある。

後から、きっと、今の自分は、「幸せ」で、そんな両親でも、命のあることを「幸せ」に思っている。

良く私は、人に言われる言葉がある。「あなたって、曲がって考えないのね。」そう言って、騙されたこともある。けれども、私は、不器用だけど、それで、「幸せ」だと感じている。

何故なら、過去に、私に悪いことをした人々は、私を遠くから見て近くに来れない。やはり、誰にでも、「罪悪感」は、ある。私は、その罪悪感を感じたことはない。

何故なら、人を騙したり、イジメ返ししたり、しない。それは、鈍感な私は、分からないのもある。けれども、それで良いと思う。

人には、色んな苦労とかある。大きいほど、それは、口に出さない。だから、自分らしく、生きれば良い。

心配事や悩み事は、「悩める幸せ」なのです。これは、今は分からない。けれども、将来、振り返って今の自分を見た時に、「幸せ」をそこに、「発見」できる。

今ある「幸せ」は、見つけられる人は、少ない。

人は、時に贅沢になる。他人が、「幸せ」に見えるからです。

けれども、それは、違う。他人は、良く見える。

だから、自分を良く見つめてみると、そこには、「隠れた幸せ」があることを発見できる。そんな「幸せ」を探すことは、人生を「幸せ」に生きるヒントだと感じる。

不幸の中に「幸せ」は、混じって存在している。そんな「幸せ」を探すことが、「幸せ」になることを皆さまに知って欲しいと思い、今回は、人生を「幸せ」になる心について書いてみました。

People have “worries”. Perhaps no one is trouble free. The most troublesome of these is interpersonal relationships. In such a case, how do you organize your mind?

Perhaps many, with dissatisfaction, just swear and croak. What should I do in such a difficult time? That is the theme of this time.

Yes, you are “happy”. Having someone to worry about is “happiness.” Because if its existence disappears, the mind will be empty.

I love older people and talk a lot. He talks about various life. After all, people can add color to their lives only by connecting with them. The seniors give me some advice.

“I will regret it later, so please chew a lot of” happiness “. Was said. She has a mother in a wheelchair and a father with malignant cancer. She chews on “the happiness of someone who is worried” and sends it every day. There is also such “happiness”.

Later, I’m sure that I am “happy” now, and even such parents think that they have a life.

Often I have words that people say. “You don’t think it’s bent.” I was fooled by saying that. But I’m clumsy, but I feel “happy”.

Because people who have done bad things to me in the past can’t come close to me when they see me from a distance. After all, everyone has a “guilt feeling”. I have never felt that guilty.

Because it doesn’t deceive or bully people. It’s insensitive, I don’t know. But I think that’s fine.

People have various hardships. The bigger it is, the less it is said. Therefore, you should live as you are.

Anxiety and worries are “happiness to worry”. I don’t know this now. However, in the future, when I look back and look at myself now, I can “discover” “happiness” there.

Few people can find the existing “happiness”.

People sometimes become extravagant. Because others look “happy”.

But that’s not the case. Others look good.

So, if you look closely at yourself, you can discover that there is “hidden happiness” there. I feel that searching for such “happiness” is a hint to live life in “happiness”.

“Happiness” exists in a mixture of misfortunes. I want everyone to know that searching for such “happiness” will make you “happy”, so this time I wrote about the heart that makes life “happy”.

「孫子の兵法」を読んでみよう。Let’s read “Sun Tzu’s Military Law”.

中国、呉の国の「孫子の兵法」に触れたい、と思う。

その孫子は、戦争の困難さを知っていた、とされる、だからこそ「戦争の神様」だったとされる。

孫子は、このように語っています。

準備編。

戦争は、国家のとても重い事柄である。

それは、国家にとって、国の存亡にかかるものだからです。これら5つの項目をよくよく考えて、実践しないと、いけない。

①道。これは、リーダーと心が通じることです。

②天。色んな気象条件、時間、タイミング。

③地。これは、地形や距離等のこと。

④将。これは、リーダーのこと。知恵、信義、シンギ、まごころをもって約束を守り、人の義務を忠実に果たすこと。忠愛、チュウアイ、まごころを尽くして愛すこと、勇気、厳正、ゲンセイ、厳格で公正なこと、である。

⑤法。これは、組織、規律、装備である。

この5項目は、リーダーは、よく考え抜かないといけない、とされる。

これを実践している者は勝ち、これを実践していない者は、注意しなけば、ならない。

このように戦争を始める前の「心構え」がある。

これは、国家だけではなく、それは、企業、事業などを起こす時にも、又、人生やそれに伴う出来事に対しても、これは、当てはまる。

中国は、大きな大陸で、幾度も戦乱があり、それでも、尚、大きな大陸を有する。

この大きな歴史は、長く、これは、やはり、勉強になる。

民族的に、日本は、このようになれないところもある。

しかし、「歴史」から学ぶことは、時に、自分に役立つ、ことも有ると、感じる。

こと、組織を持つ者は、この事柄に関心を寄せても良いと感じる。

要するに、自分の立場をよく知り、相手の立場をよく知ることが、重要である、というのである。

物事は、単純ではなく、そこに色んなことが、絡んでくる。

だから、自分と相手をよく知ることは、非常に重要で、これを無くして、戦い、はできない、というのである。

これは、戦争を推奨しているのではなく、物事は常に、そういう事柄である、ということです。

若い人なら、就職についても、応用できるし、色んな場面で、このように応用できる。

人生において、「情」は、大切ですが、そのことだけでは、決して、生きることはできません。

人生や、物事に対処する時には、このように、準備をすることは、大事である。

その為に、自分を鍛錬して、魅力ある人間、になるよう、自分を知る、つまり分析することは、非常に大切である、と歴史は語っています。

「戦争」といえば、ちょっと、戸惑ってしまうかも知れない。

けれども、資本主義では、常にこれは、競争であります。

自分を知る。まずは、第一歩である。

I would like to touch on the “Sun Tzu’s military method” in China and Wu.

It is said that Sun Tzu knew the difficulty of war, and that is why he was the “god of war.”

Sun Tzu says: Preparation. War is a very heavy matter for the nation.

For the nation, it depends on the survival of the nation.

You have to think carefully about these five items and understand them.

① Road. This is to communicate with the leader.

② Time in heaven. Various weather conditions, time and timing.

③ The advantage of the land.

This is the terrain, distance, etc.

④ General. This is a leader.

Keeping promises with wisdom, faith, shingi, and sincerity, and faithfully fulfilling human obligations.

Loyalty, Chuai, loving with all one’s heart, courage, strictness, gensei, strict and fair.

⑤ Law. This is organization, discipline, equipment.

It is said that the leader must think carefully about these five items.

Those who know this will win, and those who do not know this must be careful.

In this way, there is a “preparation” before the start of the war.

This applies not only to the nation, but also when it starts a company, a business, etc., and also for life and the events that accompany it.

China is a large continent, with many wars, and yet it has a large continent.

This great history is long, and it is still a learning experience.

Ethnically, there are some places in Japan that cannot be like this.

However, I feel that learning from “history” can sometimes be useful to me.

That is, those who have an organization feel that they may be interested in this matter.

In short, it is important to know your position and the position of the other person.

Things aren’t simple, and there are many things involved.

Therefore, it is very important to know yourself and your opponent well, and you cannot fight without it.

This does not mean that we are recommending war, but that things are always such things.

If you are a young person, you can apply it to employment, and you can apply it in this way in various situations.

“Emotion” is important in life, but you can never live by it alone.

It’s important to be prepared in this way when dealing with life and things.

For that reason, history says that it is very important to know, or analyze, to train yourself and become an attractive person.

Speaking of “war,” you may be a little confused.

But in capitalism, this is always competition.

Know yourself The first step is.