通信の秘密|個人の尊厳を大切にする社会にしよう

皆さまは、普段、家族の郵便物やメールをどう扱っているだろう。メールについては、多分、ダイレクトに送られるものであり、個人的に受信できるようになっていると思います。

しかしながら、普段の生活において、郵便物なんて、同じ家庭内なら、開封してしまうことが、多いと思います。たとえ家族宛の郵便物であっても、私の家庭では、決して開封はしません。

これは、法律で定められており、信書の秘匿権があるからです。

クレジットカードの利用明細とかもそれに当たります。本人が開封して、許可して、他の人が見るのは、許されますが、開封はできません。

普段の何気ない行動は、日本国憲法によって、それは、できませんので、改めて、家庭内で、ルールを見直してほしい、と私は、感じています。

すぐに、家族宛のダイレクト郵便物など、開封する、風潮がここ日本では多いです。でも、家族であっても、これは、違反になります。

憲法21条集会、結社、表現の自由、通信の秘密が定められています。普段の家庭内では、この通信の自由が、これに当たります。

憲法21条集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由をこれを保証する。②検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。このように、通信の秘密の検閲をしては、いけないことになっています。

また、付随ですが、いろんな表現、意見、本を出したり、集会も認められています。このように、自由を認めてはいますが、通信の秘密は、大切です。自由であるということは、責任を持って行動することが、非常に大切です。

いくら同じ、家庭内であっても、社会的ルールは、守って生活してみましょう。私は、決して、家族の郵便物は、開封しません。これは、両親から、教えられました。

個人的尊厳は、いつも守られるべき、事項であります。

ぜひ、この機会に、自分の行動について、見直して、お互い、個人の尊厳が、尊ばれる、そんな家庭になって下さい。

これは、家庭は、社会の最小の集団であり、ここが乱れると、社会全体が、乱れるからです。

良い社会になるように、家庭から、お互いの尊厳を認め合えると良いですね。今回は、信書の秘密から、個人的尊厳について書いてみました。より良い社会になりますように。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

電気でつなぐカーボンニュートラルの自動車社会。A carbon-neutral automobile society connected by electricity.

「CASE」という言葉があります。「connected,autonomous,shared &services,electric」です。これは、電動で、全てをつなぎ、効率よく全てのサービスを共有する。という意味です。これから、カーボンニュートラル、つまり、CO2を削減する為に、最も、必要とされる理念です。

先日、いすゞ、日野、トヨタの協業が発表されました。これは、自動車メーカーという、大きな枠組みを超えて、社会を変革する、第一歩として、発表されました。今回の事業は、壮大で、トヨタ自動車株式会社といすゞ自動車株式会社は、株式の持ち合いの基本提携合意書を締結しました。それ程、大きな協業であり、その思い描く未来は、壮大です。

東日本大震災があった3月に毎年、訪れたトヨタ自動車の豊田章男氏は、この10年(2021年3月)という節目の年に大きな決意を3社協業という形で、未来社会を、語りました。場所、福島県浪江町で、グリーン水素を作る製造拠点「FH2R」。これを活用して、乗用車のみならず、商用車を運用(connected)して、社会を作り上げる、というものです。

EC等、インターネットによる物流の増加により、トラック等の商用車の運用は、課題が多く、運送業界を、改革無くして、明るい未来、カーボンニュートラルは、達成できないとし、決意、協業に至りました。

トヨタ自動車の豊田章男氏、「社会をもっと良くしたい。日本をもっと良くしたい。」日野自動車の下義生氏「欲しい時に荷物が届き、人々の生活が笑顔で包まれるよう。」いすゞ自動車の片山正則氏「会社とは、社会の為にイノベーションを起こすちから。その姿勢。」と、それぞれ、決意を述べました。

商用車のEC,FCV化を推し進め、そして、その社会が、「CASE」によって形成され、最も効率よく、人々が、幸せになれる社会を目指す。これが、社会に求められている、使命を果たす為の協業の理念です。この会見では、このような言葉が、ちから強くメッセージとして、添えられていました。「我々の他にこの協業に志を同じくする、方(企業)が居れば、常にopen な姿勢で、参ります。」地球は、ひとつ。国境を超え、皆さまにこの気持ちが、届きますように。

敬称省略しております。この記事は、いすゞ、日野、トヨタ共同記者会見プレゼンテーション、YouTubeを参考に作成されました。

There is the word “CASE”. It is “connected, automatic, shared & services, electric”. It is electric, connects everything, and efficiently shares all services. is what it means. From now on, it is carbon neutral, that is, the most needed philosophy to reduce CO2.

The other day, the collaboration between Isuzu, Hino and Toyota was announced. This was announced as the first step in transforming society beyond the big framework of an automobile manufacturer. This business is magnificent, and Toyota Motor Corporation and Isuzu Motors Ltd. have signed a basic cross-shareholding agreement. It’s such a big collaboration, and the future we envision is magnificent.

Mr. Akio Toyoda of Toyota Motor Corporation, who visited every year in March when the Great East Japan Earthquake struck, talked about the future society in the form of collaboration between three companies with a big determination in the milestone year of the last 10 years (March 2021). I did. The place, “FH2R”, a manufacturing base for producing green hydrogen in Namie Town, Fukushima Prefecture. Utilizing this, not only passenger cars but also commercial vehicles are operated (connected) to create a society.

Due to the increase in logistics via the Internet such as EC, there are many issues in the operation of commercial vehicles such as trucks, and we decided to collaborate, saying that we could not achieve a bright future, carbon neutral, without reforming the transportation industry.

Akio Toyoda of Toyota Motors, “I want to make society better. I want to make Japan better.” Yoshio Shimo of Hino Motors “Luggage arrives when you want, and people’s lives are wrapped in a smile.” Katayama of Isuzu Motors Mr. Masanori stated his determination, “A company is a company that innovates for the sake of society. That attitude.”

We will promote the conversion of commercial vehicles to EC and FCV, and aim for a society in which the society is formed by “CASE” and that people can be happy most efficiently. This is the philosophy of collaboration to fulfill the mission required by society. At this press conference, such words were strongly added as a message. “If there are other people (companies) who share the same aspirations for this collaboration, we will always be open-minded.” The earth is one. May this feeling reach you across national borders.

The title is omitted. This article was created with reference to Isuzu, Hino, Toyota joint press conference presentation, and YouTube.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

ソーシャルディスタンスが生み出す社会的格差。The social disparity created by social distance.

このコロナウイルスの渦中、ソーシャルディスタンス、ということばが、良く出てくる。

これは、社会的距離を取ろうという意味です。

これは、相手を大切に思うからこそ、ソーシャルディスタンス、なのです。

ところが、経済活動は、人々が暮らすためには、必要で、そのソーシャルディスタンスが、今や、集団的英知、つまり、みんなで考え、実行すること、集団的能力から、個人的英知、つまり、個人的能力ヘシフトされてきている。

人々は、距離を取らないと、病気が蔓延するのだから、仕方がない。

だから、個人的能力が、必要になる。

ここには、集団で、埋もれていた人材が、発掘できる。

日本的経営で、あっても、このコロナウイルスによって、このことは、急速に加速している。

だから、個人主義に移りつつある。

そんな現実がある。

だから、色んな誌上では、「将来稼げる人と稼げない人」とか、そんな字が、踊っている。

資本主義とは、確かに厳しいもので、強者と弱者がいる。

そして、それに呑み込まれ、更に強いものは、更に大きくなる。

そんな社会である。

競争があるから、そこには、公平な、評価がある。

だから、人々は、一生懸命全力で、力を出す。

そこには、日々の努力と進歩があります。

それだけでも、大変なのに、チームが作れない。

そこにITという、テレビ会議が行われます。

そこには、隠すことのできない、個人的能力が、映し出されます。

だから、上司が、部下の意見を奪ったとか、無い。

ある意味で、公平になったのだと、思う。

だから、能力ある者は、認められ、更に大きく成長する。

そして、そこに便乗していた者は、ニセモノだと、分かる。

このソーシャルディスタンスは、個人的能力を映し出す、鏡だった、のです。

「組織」から、「能力ある集団」になる。

これは、企業にとっても、経営を考えると、この方が、効率が良い。

社会的経営をしていた日本の企業にとっても、これは、ひとつの転機になる。

これからは、そんな熾烈な競争がある。

だから、それに打ち勝つには、ナンバーワンになることが必要になる。

でも、ナンバーワンは、「1」だから、その他、大勢が「たくさん」居る。

その「たくさん」の人は、他には無い「オンリーワン」を目指す。

これも「1」だ。

とても、ことばでは、言えない程、厳しい社会が、待っていることは、間違いない。

だから、今、できることは、ソーシャルディスタンスで、みんな自宅を中心に楽しんでいます。

こんなささやかな「生活」をずっと続けると、そんなに、「浪費」をしなくなる。

「消費」は、楽しいけれど、その資本が無ければ、お金は、使えない。

その「節約」生活を忘れずに、次なる「スタートライン」に備えることが、私達にとって、大きな「生活防衛」になります。

お金は、ウソをつきません。

だから、大切にしましょう。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

スマートシティ、GAFA、情報社会、ビックデータについて。About smart cities, GAFA, information society, big data.

今、スマートシティ構想が、日本でも、検討されています。

この情報社会について、色んな観点から分析したいと思います。

このスマートシティは、米国や中国において、インターネットが発達し、ビックデータの存在があります。

このことを、非常に危機感を感じ、国家としてスマートシティを開発したい、との思惑が感じられます。

ですから、ヨーロッパなども、GAFAと言われる企業を受け入れられず、代わりに、中国など、提携する国もあります。

力が、集約するのは、非常に危険を伴いますし、事実、独占禁止法など、あります。

中国に関しては、お国柄が、違う、つまり、民主主義ではないので、これは、容易に実施できますし、事実、独占禁止など、ないので、これは、参考には、ならないと思います。

技術ではなく、運用する、という観点からです。

ですが、中国内では、技術によって統制された空間では、本物の、道徳を学ぶ、機会は、確実に失われて、人道的なことを考える民度は、低くなると、思います。

監視されることによって、社会が、形成するなら、監視されないところで、吐口を見つけることになり、これは、根本的に、道徳教育は、欠落してしまいます。

では、米国のGAFAと呼ばれる企業が、世界を覇権するのは、とても不快に思う人が、大多数だろうし、許せない人も多い、と思います。

これは、当然です。では、これを、グローバル視点より、ミクロの視点に変えてみましょう。

あなたが、このGAFAと呼ばれる、企業に入って、個人情報を握る部門に配属されたとします。

そこで、起こることは、お互いの個人情報まで、共有して、見張りあいをする職場です。

そこに、身をおいて、自分が、不正なことができますか?とても、できない、と思います。

そして、とても、不便な生活になると思います。

ですから、国家権力で、運用されている社会とは、少し、違う、情報社会です。

巨大なお金が、絡みますから、これは、国際的に運用されると、私は思いますし、あまり、企業として、大きくなると、非常に不便です。

事実、Amazonのジェフ.ベソス氏は、離婚しています。

ですから、米国の企業として見るのでは無く、国際機関として、運用することが、今後、起こって行くことが、良いと思いますし、これは、色んな意味でwin winの関係だと思います。

ですから、この過程は、心配する必要は、無いと思います。スマートシティ構想は、私は、反対です。

医療情報の共有も余り好ましいものでは、ないと思います。

お互い、見張り合い、レッテルの張り合い、になるからです。

防犯カメラは、街中にありますから、もう、検挙されない事件なんて、少ないですし、これ以上、不便になることは、私は望ましいとは、思わないです。

合理的なことは、不便になるという、ことです。

ですから、スマートシティなど、考えるのでは、無く、道徳心、人として、素晴らしい、尊敬されるような、人間になるように、教育に、そのチカラを注いで、欲しいと思います。

そうすれば、良い社会になり、物事を判断できる、良識ある、人として、尊敬されるような人柄、になると、思います。

インターネットと社会の在り方について、今回は、お話させていただきました。

The smart city concept is now being considered in Japan.

I would like to analyze this information society from various perspectives.

In this smart city, the internet has developed and big data exists in the United States and China.

I feel a sense of crisis about this, and I feel that I want to develop a smart city as a nation.

Therefore, Europe and other countries cannot accept companies called GAFA, and instead, there are countries such as China that are affiliated with them.

It is very dangerous to consolidate power, and in fact, there are antitrust laws.

As for China, this is not a reference, because it’s not so democratic because it’s a different country, and in fact there is no antitrust.

This is from the perspective of operating, not technology.

However, in China, in a space controlled by technology, the chances of learning real, morality are definitely lost, and I think that the people’s willingness to think of humanity will be low.

If supervised, the society, if formed, will find a spout in an unsupervised place, which is fundamentally a lack of moral education.

Then, it seems that the majority of people in the United States, called GAFA, are very uncomfortable with the hegemony of the world, and there are many people who cannot forgive it.

This is natural. Now let’s change this from a global perspective to a micro perspective.

Suppose you join a company called GAFA and are assigned to a department that holds personal information.

So what happens is a workplace where we share each other’s personal information and watch each other.

Can you put yourself in there and do something wrong?

I don’t think I can.

And I think it will be a very inconvenient life.

Therefore, it is an information society that is a little different from the society in which it is operated by national power.

It’s a huge amount of money involved, so I think it’s operated internationally, and it’s very inconvenient for a company to grow.

In fact, Amazon’s Jeff Besos is divorced. Therefore, I think it’s good not to see it as a US company, but to operate it as an international institution, and in the future, it will be a win-win relationship in many ways.

So I don’t think you need to worry about this process.

I am against the smart city concept.

I don’t think sharing medical information is very desirable either.

This is because they will be watching each other and fighting each other.

Security cameras are all over the city, so there are few cases where they are not cleared yet, and I don’t think it would be desirable to be more inconvenient.

The rational thing is that it is inconvenient. Therefore, rather than thinking about smart cities, I would like to devote all of my power to education so that I become a human being who is wonderful and respected as a moral person, as a person.

By doing so, I think that it will lead to a good society, a person with good judgment who can judge things, and a person who will be respected as a person.

This time, I would like to talk about how the Internet and society should be.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

2億円の薬「ゾルゲンスマ」米国よりも日本が恩恵を受ける。200 million yen drug “Zorgensma” Japan benefits from the United States.

世界で最も、現在お高い、お薬が、販売される事になりました。骨髄性筋萎縮症SMAに投与されるお薬です。

これは、よくニュースになっています。2億円です。

2歳未満の患者に1回点滴投与するだけで、遺伝子治療によって、良くなるお薬です。製薬大手のノバルティスファーマが発売します。

開発製造は、米国です。米国で治療するとなると、個人の保険で、分割払いで、何とか治療することの出来る、高額な医療です。

だから、誰でも治療は、受けれない。

米国は、このコロナウイルスでも、たくさんの死者が出ています。ですから、これは、社会的欠陥としか、言うしか無い。

だから、これを米国の方が、読んでいただけると、とても嬉しい。

そう思ってこの記事を書いています。

日本では、色んな社会保障制度が有ります。ですから、どんな障害を持っていても、社会が、生活とか、色んなサポートが有ります。

ですから、この「ゾルゲンスマ」の価格を見て、日本政府は、高額だとして、驚きました。

ですが、このSMAを発症した赤ちゃんを一生サポートする費用と、治療費を計算すると、これは、国民保険に適応した方が、社会的費用効果が高いと判断されました。

ですから、日本では、公的保険で1億6,700万円とされました。自己負担は、収入によって違うけれど、相当お安くなります。日本のお薬事情。Japanese drug situation.

けれども、それでも、元々が、お高いので、そんなの、難しいという印象があると思います。

ですが、ちゃんと、そこには、みんなの保険だから、高額医療制度が、導入されるそうです。

ですから、気軽に国民が、受けれます。

開発した米国よりも、日本が、救われる。

そんな、時代になっています。

だから、世界の人に知って欲しいのです。こんな高額な医療を、自己負担で受けれる人なんて、米国の中でも一握り、だと思う。

だから、これから色んな薬が出てくる。

そのステップで、振り落としが、行われる。

そんなお国で、住んでいて幸せ、なのか?考えて欲しい。

ちなみに、日本の今までに公的保険で、最高額だったお薬は、「キムリア」と呼ばれるお薬で、3,349万円です。

人生で、一番大切なのは、「命」です。その「命」に関わる「健康」を維持するのに「治療」が受けれないなんておかしな話です。

良くある「便秘」だって、「大腸癌」ってこともある。事実、私は、早期発見で、治療した人を知っているし、女性にありがちな「貧血」だって、「癌」の可能性がある。

そうすると、MRI,PET,なんていう、機械をいっぱい使って、あちこち調べ、経過観察もする。

だから、日本は、早期発見で、色んな持病を持っているので、ますます、医療費が、かかる。

でも、これは、とても、幸せだと思う。受けれない治療なんて、ないから。

病院も、「プレゼントお断り」と、張り紙が、ある。

だから、プレゼントなんて、渡さないでも、良い。

時々、ポケットにお札を入れる人もいる。

でも、私の知った人は、そんなことせずに、ちゃんと癌が、完治しました。

お金のない人も、ちゃんと医療が受けれます。

日本のドクターは、とても優秀な人が、多い。

そして、そんな、高級なお給料ではありません。

その上、夜勤とか、高齢者が多いので、とても疲れています。

ですが、とても親切です。

公的な病院は、公務員として扱われます。

だから、破格のお給料ではありません。

だから、となりの国の人たちが、医療ツアーに日本に来て、病気が見つかったら、ビザを取って、日本の国民保険でお安く治療します。

これは、とても問題になっていますので、こんなことは、できなくなると思います。

今回のコロナウイルスでも、武漢から日本への最終便の飛行機に乗って多くの人が、押し寄せました。

彼らは、ホテルに閉じこもり、ずっといて、熱が出たら、日本の医療を受けていました。

このように、とても、人道的な日本の医療は、他の国には、マネをすることは、できません。

ですから、これを、世界に知っていただき、日本のような、医療が、世界に広まれば、良いな、と思っています。

自分のお国で、治療を受けるのが、最良です。

ですから、この制度をマネしてください。

幸せな世界になりますように。

The world’s most expensive medicine is now on sale.

This drug is used for myeloid muscular atrophy SMA.

This is often news. It is 200 million yen.

It is a drug that can be improved by gene therapy by injecting a single infusion to patients under 2 years old.

It will be launched by Novartis Pharma, a major pharmaceutical company.

Developed and manufactured in the United States.

When it comes to treatment in the United States, it is an expensive medical treatment that can be managed with individual insurance and installments.

Therefore, no one can receive medical treatment.

In the United States, there are many deaths from this coronavirus.

Therefore, this is nothing but a social flaw.

Therefore, I would be very happy if people in the US could read this.

I write this article thinking that way.

In Japan, there are various social security systems.

Therefore, no matter what kind of disability, society has various kinds of support such as life.

So, when I saw the price of this “Zorgensuma”, I was surprised that the Japanese government was expensive.

However, when we calculated the cost of supporting the baby who developed this SMA for the rest of her life and the cost of treatment, it was judged that this is more socially cost-effective when applying national insurance.

Therefore, in Japan, the amount of public insurance was 167 million yen. 日本のお薬事情。Japanese drug situation.

However, since it is expensive at the beginning, I think it’s difficult.

However, it seems that a high-priced medical system will be introduced because it is everyone’s insurance.

Therefore, the people can easily receive it.

But it doesn’t separate so much.

Japan is saved more than the developed United States.

Such is the time. That’s why I want people all over the world to know about it.

I think there are only a handful of people in the United States who can receive such expensive medical care at their own expense.

Therefore, various drugs will come out.

At that step, the shake-off is performed.

Are you happy to live in such a country?

I want you to think about it.

By the way, the highest amount of medicine that has ever been covered by public insurance in Japan is the medicine called “Kimria”, which costs 33.49 million yen.

“Life” is the most important thing in life.

It is strange that you cannot receive “treatment” to maintain “health” related to “life”.

The common “constipation” is sometimes called “colorectal cancer”.

In fact, I know the person who was treated with early detection, and the “anemic” that women tend to have can be “cancer.”

Then, using a lot of machines such as MRI and PET, I will search around and observe.

Therefore, Japan has various medical conditions due to its early detection, and thus medical costs will increase.

But I think this is very happy.

There is no treatment that I cannot receive.

At the hospital, there is a poster saying, “No gifts given.”

So don’t give me a gift, it’s good.

Sometimes people put bills in their pockets.

However, the person I knew did not have to do that and the cancer was completely cured.

People who do not have money can receive medical care properly.

Many Japanese doctors are very good.

And it’s not such a premium salary. Besides, I am very tired because there are many night shifts and elderly people.

But he is very kind. Public hospitals are treated as civil servants.

So it’s not an exceptional salary.

Therefore, people from the neighboring countries come to Japan for a medical tour, and if they find an illness, they will get a visa and be treated cheaply with Japanese national insurance.

This is so problematic that I think you won’t be able to do anything like this.

Even with this time’s corona virus, many people rushed on the last flight from Wuhan to Japan.

They stayed in the hotel for a long time, and if they had a fever, they were receiving Japanese medical care.

In this way, the very humane medical care of Japan cannot be duplicated in other countries.

Therefore, I would like the world to know about this and hope that medical care, like Japan, will spread to the world. It is best to receive treatment in your own country.

So please manage this system.

I wish you a happy world.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

大失業時代を生きる職業を探す。Find a profession to live in the era of unemployment

アメリカ合衆国にテスラ(Tesla,Inc)というシリコンバレーを拠点にする会社をご存知でしょうか?

この会社は、電気自動車のメーカーで、それに関する電気関連部品を開発、販売しています。

本社は、カルフォルニア州にあります。

創業者は、電気技師、物理学者のニコラ・テスラです。

この会社を取り上げたのには、大きな理由があります。

営業する人を採用しない、としたからです。

インターネットで、購入者に、自分でカスタマイズしてもらう、ことにしたのです。

将来、AIによって、たくさんの「職業」が無くなる、と言われています。

自動車のような高額商品でさえ、営業する必要もなくなる事になってきています。

これは、他の国の事と思っては、いけません。

近いうちに日本でも、起こることが予想されます。

不動産という営業さえ、将来は、なくなると予想されています。

その中で、自分がなにができるのか、自分の長所をのばして、「勉強」して、欲しいと思います。

例を上げます。

日本では、「医療機関」が、良いのではないかと、医療の資格を取る人もいますが、すでに「薬剤師」は、多すぎて、給料が少なくなっています。

逆に「看護師」は、少ないので、「薬剤師」より給料が、多いです。

このように、職業の「偏差値」ではなく、「需要」と「供給」によって、経済は、成り立っています。

カウントダウンは始まっています。

資本主義は、自由がありますが、実にきびしい社会です。

大きな産業革命をどう生き抜くか、大切です。

リアルの社会で、実力をつけていきましょう。

Did you know about Tesla, Inc., a Silicon Valley-based company in the United States?

The company is a manufacturer of electric vehicles and develops and sells electrical related components.

Headquartered in California.

The founder is Nikola Tesla, an electrician and physicist.

I’ve taken this company for a great reason.

Because they decided not to hire a business person.

On the Internet, we decided to let buyers customize themselves.

It is said that AI will eliminate many “occupations” in the future.

Even expensive items like cars are no longer required to operate.

This should not be considered another country.

It is expected to happen in Japan within a few years.

Even the real estate business is expected to disappear in the future.

In that, I want to extend my strengths and “study” what I can do.

Here is an example.

In Japan, some people get medical qualifications as to whether “medical institutions” are good, but “pharmacists” are already too many and their salaries are low.

Conversely, there are fewer “nurses”, so they are more paid than “pharmacists”.

In this way, the economy is made up of “demand” and “supply”, not “deviation” of the occupation.

The countdown has begun.

Capitalism is a liberating, but really tough society.

It is important how to survive the big industrial revolution.

Let’s improve our ability in a real society.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
Translate »