ルーベンスとバロック時代と絵画。Rubens and Baroque era and painting.

ピーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)は、バロック画家と言われています。

バロックと言えば、私は、バロック音楽を思い出す。あの、重厚な音色を出す、パイプオルガンは、とても精巧で、今も、その音色は、心に響くものがある。

バロック音楽は、1600-1750年までの150年間を言う。又、バロック建築物として、ベルサイユ宮殿があります。

この建築物もとても重厚な、歴史的建築物です。そんな時代を駆け抜けていったのが、ルーベンスだった。

1600年にイタリアで、マントヴァ公ビィンチェンツオ1世・コンサーガの宮殿に仕えた。ルーベンスは、この時に絵画に影響を受けた。1606年にサンタ・マリア・イン・ヴァリチェッラ聖堂の祭壇画制作の依頼を受けています。

その時に、デッサンを残しています。それは、今も現存しています。教会という、大きなところの祭壇画は、とても、見られやすくしなければ、ならない。

描いた完成作品は、教会に一度は、載せられました。ですが、教会という空間で、反射した光でその祭壇画は、鮮明に見えなかったので、描き直したものが、今は、現存しています。

祭壇画は、時に、全ての人々に見せるために、あえて、鮮明に描かれています。色彩のついたデッサン画の「ヴァリチェッラの聖母」(1608)は、とても、優雅で、そして、天使達も、まろやかな雰囲気です。

デッサン画でありながら、1枚の絵画として、十分に堪能できるのは、ルーベンスの多彩な才能を持っていたことを証明するものです。そのデッサン画は素晴らしいです。

時に、宗教画は、戒めもあるので、残酷なシーンも多い。

「聖母被昇天」(1625-1626)に描かれた天国に登っていくマリアさまも、油絵で描かれたものと祭壇画では、色使いが違います。

祭壇画は、色のコントラストをはっきりとさせ、全ての人々に見えるようにされ、油絵は、繊細に描かれています。このように才能あふれるルーベンスでした。

名作「フランダースの犬」の主人公が見たかったのが、ルーベンスの絵画でした。今回は、ルーベンスの祭壇画について書いてみました。

表紙画は「ヴァリチェッラの聖母」(1606-1608)の祭壇画。

Google Art & Culture,Wikipedia より引用

“Assumption of the Virgin” altarpiece「聖母被昇天」祭壇画
“Assumption of the Virgin” oil painting「聖母被昇天」油絵

Peter Paul Rubens (1577-1640) is said to be a Baroque painter.

Speaking of baroque, I remember baroque music. That pipe organ that produces a profound tone is very elaborate, and even now, that tone still touches my heart.

Baroque music refers to the 150 years from 1600-1750. Also, as a Baroque building, there is the Palace of Versailles.

This building is also a very heavy and historic building. It was Rubens who ran through such an era.

In 1600, he served in the palace of Vincenzo I, Consaga, Duke of Mantua, in Italy. Rubens was influenced by painting at this time. He was commissioned to create an altarpiece for the Basilica of Santa Maria in Valicella in 1606.

At that time, I left the drawing. It still exists today. The altarpiece in the big place, the church, must be very easy to see.

The finished work I drew was once posted in the church. However, in the space of the church, the altarpiece could not be seen clearly due to the reflected light, so the repainted one is still in existence.

Altarpieces are sometimes dared to be vividly drawn to show to all. The colorful drawing “The Virgin of Valicella” (1608)is very elegant and the angels have a mellow atmosphere.

Even though it is a drawing, being able to fully enjoy it as a single painting proves that Rubens had a variety of talents. The drawing is wonderful.

Sometimes religious paintings have commandments, so there are many cruel scenes.

Maria, who climbs to heaven depicted in “Assumption of the Virgin” (1625-1626), also uses different colors in the oil painting and the altarpiece.

The altarpieces have a clear color contrast and are visible to all, and the oil paintings are delicately drawn. It was Rubens full of talent like this.

The main character of the masterpiece “Dog of Flanders” wanted to see Rubens’ painting. This time, I wrote about Rubens’ altarpiece.

The cover picture is the altarpiece of “The Virgin of Valicella”.(1606-1608)

Quoted from Google Art & Culture, Wikipedia

趣味を作る。子育て、時間を共有する。Make a hobby. Parenting and sharing time.

私は、絵を描くのが好き、です。

鉛筆画は、自分の画法があり、ペンタッチが強いです。

手のひら2つ程のスケッチブックを持っている。

あまりに、合理的すぎる母は、こう言うのです。

「絵」は、残るから、趣味としては、不合理だ、と。

確かにそうだと思う。

作品は、描けば、増えていって、置き場所に困る。

だけど、幼少期に、絵画教室に通わせてくれたのも、母でした。

だから、「絵」は、大好きです。

手のひら2つ程のスケッチブックに、私は、10〜15分で、描きます。

そんな作品を、チラッと友人に見せると、驚かれます。

美術の先生に私の絵を見てもらいました。

そうすると、「絵は、学ぶものじゃない」と、だから、もう、私は、自分の好きなように描けば良いと思い、改めて、習うことは、しないことにしました。

勉強だけで無く、子供に「絵」を学ぶ機会があれば、私は、教室に通うのが、楽しかったので、そんな機会を作って欲しいと思います。

それが、できないなら、お家で、そんな時間を作って、絵を子供と描いてみましょう。

とても、たのしい時間になると思います。

だから、幼少期に色んな経験を積ませて欲しい、と思います。

私は、ピアノも習いましたが、指に力が無く、ピアノの鍵盤を上手に叩けなかった。

オルガンなら、楽しかったけれど。

だから、ピアノは、弾けないです。

でも、音楽を聴くのは、大好き、です。クラシック音楽をお安い、会員になって、毎月聴いてみた。

そうすると、耳が、養われる。

何年かすると、色んなオーケストラを聴き比べする。

要するに、耳が贅沢になります。

そんな事していると、もう、これで、一応、耳が、養われた、と思い、一休みする。

だから、多趣味になる。

花も、好きです。

フラワーアレンジメントも、出来るし、庭も作れる。

田舎におうちを買った時、そこには、痩せこけた土地だけだった。

だから、ホームセンターに行って、芝を敷いた。

そして、レンガで、第一花壇、第二花壇を作り、春、秋、共に楽しめるようにデザインしました。

植物は、育てるのは、凄く難しい。喋らない。

だから、鉢に植えられたものは、土にそっと、指を押し当てます。

そしたら、「ああ、水が、欲しい」とか、「今は、水は、要らない」とか、分かります。

そこには、マニュアルなんてのは、無い。

心で、感じること、だけ。

だから、植物を上手に育てられる人は、子育て、も上手に出来る人だと感じています。

DIYも大好きです。だから、リフォームをしたくて、今、不動産賃貸、やっています。

自分で、ペイントしたり、色んな事しています。

趣味が、延長で、仕事になっています。

子供は、好奇心いっぱいだから、色んな事、体験させて、欲しい、と思います。

継続は力なり。だから、身に着くまでは、続けましょう。

まだまだ、趣味は、あるけれど、ここには、そこまでのスペースは無い。

だから、ここまで。

個性的になりましょう。

I like drawing. Pencil drawing has my own drawing method, and the pen touch is strong.

I have two sketchbooks in my palm.

The mother, who is too rational, says: As “pictures” remain, it is unreasonable as a hobby.

I think so.

The more I draw, the more works I have, and I’m having trouble finding a place to put them. However, it was my mother who sent me to a painting class in my childhood.

That’s why I love “pictures”. I draw in about two palms in 10-15 minutes.

I am surprised when I show such works to my friends for a moment.

I had my art teacher look at my painting.

Then, since “pictures are not something to learn”, I thought I should draw them as I like, so I decided not to learn again.

If I have a chance to learn “pictures” not only for studying but for my child, I enjoyed going to the classroom, so I would like to create such an opportunity.

If you can’t do that, spend some time at home and draw with your kids. I think it will be a very fun time.

Therefore, I want you to gain various experiences in your childhood.

I also learned the piano, but my fingers were weak and I couldn’t hit the piano keyboard well.

It would have been fun with an organ.

So I can’t play the piano.

But I love listening to music.

I became a member of cheap classical music and listened to it every month.

Then, the ears will be nourished.

In a few years, I will compare and listen to various orchestras.

In short, your ears will be extravagant.

When I was doing that, I thought that my ears were nourished, so I took a rest.

So it’s a hobby.

I also like flowers.

You can make flower arrangements and make a garden.

When I bought a house in the countryside, there was only thin land.

So I went to a home improvement center and laid grass.

Then, we made the first flower bed and the second flower bed from bricks, and designed them so that you can enjoy both spring and autumn.

Plants are extremely difficult to grow.

Speak not.

So, what is planted in the pot, gently press the finger against the soil.

Then, you can see, “Oh, I want water,” or “I don’t need water now.”

There is no manual there. Feeling, only with heart. Therefore, I feel that people who can grow plants well can raise their children well.

I also love DIY.

That’s why I’m leasing real estate right now because I want to remodel.

I paint and do a lot of things myself.

My hobbies are extension and work.

Children are full of curiosity, so I want them to experience and experience various things.

Continuity is power.

So let’s continue until you get to it.

I still have my hobbies, but there is no space to reach it.

So far here.

Be unique.

 

人生を豊かにする、心。The heart that enriches life.

今回は、日本を離れて、ドイツのクラッシック音楽の事を書いてみたいと思います。

ドイツ音楽は、非常に重厚です。

代表作曲家は、J.S.バッハ、(Bach),ベートーヴェン(Beethoven),ヨハネス.ブラームス(Brahms)は、とても有名なドイツ音楽です。

このブラームスは、とても曲調が、重いです。

私の好きな日本人の指揮者で、佐渡裕さんがいますが、彼はとても軽快にクラッシック音楽を「演出」してくれます。

ブラームスの天才的な音楽は、非常に重く、哀しみの強い曲が、多いので、いつもどうタクトを振るのか、楽しみでした。

…ブラームスは、どうしてこんなに曲調が、「哀しい」のか、知った時は、衝撃でした。

クララ.シューマンという、ピアニストと不倫関係を知ったのです。

ウワサですが、彼女は、8人の子供を産んでいますが、8人目の子供が、ブラームスの子供だと世間は、騒いでいました。

このウワサは、19世紀のことです。

私は、特に「音楽」を専攻していません。

このことを知ったのは、1枚の「絵画」でした。

とても、クララ.シューマンは、美人だったそうで、色んな業界の人との交流が、あった、そうです。

その中のひとりが、彼女を題材にして、描いた「絵画」があります。

その「絵画」には、美しいクララの姿と共に、「お腹の赤ちゃん」が、描かれていました。

その赤ちゃんは、「不倫」で、できた子供だと、嫉妬で、満ちあふれた、「絵画」でした。

学芸員から、のお話で、とても興味深いものでした。

それが、クララとブラームスだと知ったのは、数年後になるのです。

このように、色んな形で、その人の「人生」は語ります。

ブラームスは、「実らぬ愛」を「音楽」という形で残しています。

耳の聞こえなくなった、ベートーヴェン、の話は、有名です。

「運命」は、人生の波、風、時には安らぎを奏でています。

誰でも、100%満たされる、ことは、ありません。

だからこそ、自分のできるところから、始めてみましょう。

「経験」は、「努力」によって、「宝」にできます。

色んな境遇の人が、「苦境を乗り越えて、良い人生」になりますように。

This time, I want to leave Japan and write about German classical music.

German music is very solid.

The representative composers are J.S.Bach, (Bach), Beethoven, and Johannes Brahms are very famous German music.

This Brahms is very tuned and heavy.

One of my favorite Japanese conductors is Yutaka Sado, who “directs” classical music very lightly.

Brahms’s genius music has a lot of very heavy and sorrowful songs, so I was always looking forward to how to play the tact.

… It was a shock when Brahms knew why the tune was so sad.

I knew Clara Schumann, an affair with a pianist.

Rumors, she has eight children, but the public was upset that the eighth child was a child of Brahms.

This rumor is from the 19th century.

I am not particularly majoring in music.

It was one “painting” that knew this. Very, Clara Schumann was a beautiful woman, and there was interaction with people from various industries.

One of them is a “painting” drawn with her as the subject.

In the “painting”, “the baby on the stomach” was drawn with a beautiful figure of Clara.

The baby was an “affair”, a jealous, full, “painting” if it was a grown child.

It was very interesting from the curator.

Only a few years later I knew it was Clara and Brahms.

Thus, in various ways, the “life” of the person speaks.

Brahms leaves “ineffective love” in the form of “music”.

The story of Beethoven, who is deaf, is famous.

“Destiny” plays the waves, the wind, and sometimes the peace of life.

Nobody is 100% satisfied.

That’s why you can start where you can.

“Experience” can be made “treasure” by “effort”.

May people of various circumstances become “overcoming the hardships and have a good life”.