通信の秘密|個人の尊厳を大切にする社会にしよう

皆さまは、普段、家族の郵便物やメールをどう扱っているだろう。メールについては、多分、ダイレクトに送られるものであり、個人的に受信できるようになっていると思います。

しかしながら、普段の生活において、郵便物なんて、同じ家庭内なら、開封してしまうことが、多いと思います。たとえ家族宛の郵便物であっても、私の家庭では、決して開封はしません。

これは、法律で定められており、信書の秘匿権があるからです。

クレジットカードの利用明細とかもそれに当たります。本人が開封して、許可して、他の人が見るのは、許されますが、開封はできません。

普段の何気ない行動は、日本国憲法によって、それは、できませんので、改めて、家庭内で、ルールを見直してほしい、と私は、感じています。

すぐに、家族宛のダイレクト郵便物など、開封する、風潮がここ日本では多いです。でも、家族であっても、これは、違反になります。

憲法21条集会、結社、表現の自由、通信の秘密が定められています。普段の家庭内では、この通信の自由が、これに当たります。

憲法21条集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由をこれを保証する。②検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。このように、通信の秘密の検閲をしては、いけないことになっています。

また、付随ですが、いろんな表現、意見、本を出したり、集会も認められています。このように、自由を認めてはいますが、通信の秘密は、大切です。自由であるということは、責任を持って行動することが、非常に大切です。

いくら同じ、家庭内であっても、社会的ルールは、守って生活してみましょう。私は、決して、家族の郵便物は、開封しません。これは、両親から、教えられました。

個人的尊厳は、いつも守られるべき、事項であります。

ぜひ、この機会に、自分の行動について、見直して、お互い、個人の尊厳が、尊ばれる、そんな家庭になって下さい。

これは、家庭は、社会の最小の集団であり、ここが乱れると、社会全体が、乱れるからです。

良い社会になるように、家庭から、お互いの尊厳を認め合えると良いですね。今回は、信書の秘密から、個人的尊厳について書いてみました。より良い社会になりますように。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

今のウェブ、SNSに必要なこと。What you need for today’s web and SNS.

日本には、日本版SNSがあります。

この現状を書いてみたい、と思います。

今のツイッター社やフェイスブック社の将来を見分ける上で、重要になる、と思いますので、今後の展望を書いてみたい、と思います。

何も、対策をしないのなら、この場は、将来的に、誹謗、中傷の場、そして、裏情報のやり取りの場になるでしょう。

これは、日本での、「2ch」(2ちゃんねる)と呼ばれるサイトを参考にしています。

このサイトは、インターネットの黎明期において、とても、インターネットやパソコンのスキルの高い人が、色んな情報を交換していたサイト、でした。

ですから、匿名では、ありましたが、とても有益な情報が、得られる場所でした。

みんな、とても、親切で、とても、良いサイトでした。

ところが、今は、荒廃して、人の悪口や、変なうわさ話をしたりする、サイトになってしまいました。

サイトは、情報交換もしている所もありますが、それも、嫌がらせで、話をそらして、そのサイトを潰そうとする者が、現れるので、やはり、良い情報は、得られるサイトでは、ありません。

幾つもの、スレッドがありますが、これは、もう、発言の「自由」は、ありますが、そこには「責任」がありません。

そのサイトは、汚いことばで、埋め尽くされています。

時々、そこに、真実が、混ざっていることもあります。

それを見つけるために情報を探す人もいますが、「真実」か、どうかは、自分で判断しなければ、なりません。

このように、広く一般的になる、という事は、「自由」という特権を、デジタルの場所で、身勝手な発言することになります。

これは、自分を優位にしたい、欲求から、です。

リアルの世界で、不満を募らせ(つのらせ)、そして、はけ口にします。

ですから、悲しい現実ですが、インターネットが、普及する事は、何かしらのルールが、必要になります。

SNSは、とても、このサイトのようになる可能性を持っています。

事実、日本では、SNSで、誹謗、中傷で、心が傷ついて、自殺した方がいます。

これは、社会的に問題になっています。

このような事は、色んな国で、起こっている事でしょう。

ですから、ウェブやSNSは、何らかの規制が、必要になりますし、実際、このような事になっています。

今後、どのように運営するのかは、非常に大切ですし、人間は、「自由」である事は、「自己主張」だとして、「無責任」に「発言」します。

ウェブのリテラシーやルールを学校教育で、又、色んな場で、学ぶ、機会を作る、必要があります。

これは、道徳心が有れば、自然に、身に着きます。

ですが、これは、理想で、現実的では、ありません。

ウェブの環境にルール、これは、法律のようなものです。

これを、作って、しっかりと運用していく必要があります。

そして、そこで、ルールを守って、しっかり、健全なウェブ、に育つことを、私は、提言します。

In Japan, there is a Japanese version of SNS.

I would like to write about this current situation.

I think that it will be important in distinguishing the future of Twitter and Facebook, so I would like to write a future outlook.

If nothing is done, this place will be a place of slander, slander, and exchange of secret information in the future.

This is based on a site called “2ch” (2 channel) in Japan.

This site was a site where people with very good Internet and PC skills exchanged various information in the early days of the Internet.

So, anonymously, it was a place to get some very useful information.

Everyone was very kind and very good site.

However, now it has become a site that has been ruined and people have talked about bad things and weird rumors.

Some sites also exchange information, but it is also harassment, some people try to distract the site and try to crush the site, so again, good information is not available on the site .. There are a number of threads, and this has some “freedom” to speak, but no “responsibility” there.

The site is full of dirty words.

Sometimes the truth is mixed in there.

Some people look for information to find it, but you have to decide for yourself whether it is “truth.”

In this way, becoming broad and general means making the privilege of “freedom” a selfish statement in a digital place.

This is because of the desire to give yourself an edge.

In the real world, make people frustrated (grow) and make an outlet.

So, it’s a sad reality, but the spread of the Internet requires some rules.

SNS has the potential to look very much like this site.

In fact, there are people in Japan who have committed suicide on social media through slander, slander, and heart damage.

This is a social problem.

Things like this are probably happening in various countries.

Therefore, the web and SNS require some kind of regulation, and in fact, this is the case.

In the future, how to operate will be very important, and human beings “freely” will “speak” irresponsibly, as “self-assertion”.

There is a need to learn and create opportunities for school literacy and rules in school education and in various places.

If you have a sense of morality, you will naturally wear it.

But this is not ideal, not realistic.

Rules to the web environment, this is like law.

It is necessary to make this and operate it firmly.

And there, I recommend that you follow the rules and grow into a solid, healthy web.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
Translate »