鹿児島観光スポット、東郷平八郎の像で国土を守る大切さを知る。Learn the importance of protecting the land from the statue of Heihachiro Togo, a sightseeing spot in Kagoshima.

多賀山は、山上から鹿児島市のほぼ全域が望めるとても景色の良いところです。ですが、地元の人以外は、知らないところで、ここを訪れる人は、少ないところです。

石橋記念公園に隣接する多賀山に東郷平八郎の墓所があります。この場所に選ばれたのは、鹿児島湾に入る艦船から中央に見える場所で、東郷平八郎を海軍に進んだ薩英戦争の遺跡、大砲台跡が真下に見える場所だからだそうです。

「国が栄えるのも、敗れるのもこの一つの戦いにある、各員一層努力せよ」1905年艦隊の司令官、司令官長の乗っている三笠にZ旗(国際信号旗)をつけて、日本海海戦が始まりました。

東郷平八郎は、連合艦隊司令官長としてこの海戦を指揮しました。丁字戦法によってとても強いロシアバルティク艦隊を全滅させました。

1847年鍛冶屋町に生まれ15歳で薩英戦争に参加しました。強い海軍を人生の目標とした少年は、イギリス留学した後、海軍の増強に心を注ぎ、「世界の名将」と言われるようになりました。

年老いて、東宮学問所総裁を務めた東郷元帥は、1934年、88歳で亡くなりました。

国葬によって多摩墓地(東京)に埋葬されました。多賀山には、元帥の遺した髪の毛が、葬られました。そうして、銅像が建てられました。

ここには、このような言葉が刻まれています。

東郷元帥の碑

東郷元帥に聖将の名を贈れば固く辞退するでしょう。謙譲であることは、徳であり、これは、大切な性格の一つだからです。しかし、国の名将と呼ぶなら元帥は断ることは、できない。

なぜなら、海上決戦においてこの日本を救った2大監督は、日本の東郷平八郎とイギリスのネルソンであると、世界が公認しているからです。

1905年5月27日、連合艦隊の司令官長の東郷平八郎は、戦艦、三笠の壇上で「皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮励努力(気力を奮い起こして頑張ること)せよ。」の信号を出して目標を高く持ち、敵の艦隊を対馬水道で待ち受け、各員は東郷元帥に統一され、見事に敵は撃滅し、大勝して、「皇国興隆(国が栄えること)」の基本をこの戦いに規定しました。

まだ有名でもないただの一般人として、1847年2月22日、鹿児島県鍛冶屋町に、東郷吉左衛門の4男として生まれた仲五郎が、日清戦争中、軍艦、浪速の艦長として活躍。

イギリス高速艇の撃沈事件に東郷元帥の英断と国際法的教養を持つことによって、「皇国の興廃この一戦にあり、客員一層奮励努力せよ。」と歴史に残る言葉を発した。

そうして、日露戦争で歴史的に表彰される事柄を成し遂げました。その後、東宮学問所の総裁を務め、日本の成長に貢献する大人物の生涯になるとは、非常に驚きです。

青少年の時、西郷隆盛より教育を受けた。17歳の時、薩英戦争で国を守ることを認識しました。明治維新には、函館の海の戦いをして、24歳に帝国海軍見習い士官になり、25-32歳の8年間をイギリスに留学して、兵理学法実際を修学して、日本に帰り、艦長、司令官、を歴任しました。

そうして、監督になる気質を磨きました。

その間に、病気に何回もなり、苦しんだけれども、これは、病気に負けない闘志と、人間としての道徳を得るきっかけとなりました。そうして大きく成長しました。

東郷元帥は、一人の将軍であったが、成功してこのようになり栄えた人生でした。これは、簡単に達成できる、ものではない。

ネルソンの像がイギリスの首都、ロンドンの繁華街にあるのも一つの方法である。

東郷元帥の像が、故郷に建ち、眺める様は美しい。1957年5月27日。

人、一人しか通れない階段を登ればそこに東郷平八郎の像があります。

しっかりと鹿児島湾を見渡して建っています。日本の最南端だった鹿児島県。(今は、沖縄)ここには、国防して、国境を守るという、強い日本の意志を感じることができます。

時に、理不尽なことが国境では起こります。これは、非常に憂慮すべきことです。

だから、自分の国は、自分で守る。そんな強い決断と思いを感じる場所です。平和は、国民と国土があってこそ、感じることができる、必要にして、最低限の条件だからです。

日章旗を嫌う、人もいます。ですが、国土がなければ、国民は幸せを感じることはできません。国を守る。大切なことだと感じます。

戦争は、人々を不幸にします。だから、幾度の苦難があっても、心を曲げることなく、しっかりとした「道徳」があれば、戦うことなく、互いに、理解できると思うのです。理想論だとは、思うのですが、現実は、悲しいことの連続です。

戦艦「三笠」が、神奈川県横須賀市に保存されています。見学もできるようです。興味ある方はどうぞ。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

鹿児島観光スポット、石橋記念館と西郷隆盛を訪ねる。Visit Kagoshima sightseeing spots, Ishibashi Memorial Park and Saigo Takamori.

鹿児島市の中心を流れる甲突川には、上流から、「玉江橋」「新上橋」「西田橋」「高麗橋」「武之橋」のアーチ橋が、5つあり、「甲突川の五石橋」と呼ばれていました。

これらの橋は、1860年ごろ薩摩藩の城下町として整備されたものです。薩摩藩の財政は、豊かでした。その建造にあたったのが、岩永三五郎が、熊本県から招かれました。

主に、中国から伝わった架け橋技術。それと、城の土台になる石垣技術。この二つの技術が交わり、独自に発展をした日本を代表する5つの石橋で、150年間、実際に使われていました。

1993年8月6日の集中豪雨により、2つの橋は流され、残り3つの橋が無事に残りました。その3つの橋も、破損が激しかったのです。

甲突川を改修工事するときに、非常に多額のお金をかけて、3つの橋が、復元、移築されました。2つは、祗園之洲公園に移設、写真の橋は、石橋記念公園の中にあります。そこには、石橋記念館があります。

復元されたものですので、一つひとつ、丁寧に組み上げられました。轍(わだち)や、石の継ぎ合わせられたところもあり、非常に丁寧に復元されています。

このように、一つひとつ補修されて組み上げられています。

当時の技術で、石をこのように丸い筒状にするには、非常に高い技術が必要でした。

これは、「西田橋御門」です。隣接している祇園之洲公園には、西南戦争の戦没者慰霊碑や砲台の跡があります。

Ishibashi Memorial Park

近くには、フランシスコザビエルの記念碑があります。1549年日本に初めてキリスト教を伝えたスペイン出身のキリスト教宣教師。

ザビエルが、鹿児島に来て初めて渡ったとされる橋が、この公園の近くにあるそうです。

来日したザビエルは、日本語を鹿児島で習得しましたが、地方訛り(方言)のある日本語を習ったために、キリスト教を伝えるために、日本国内で活動するのに、苦労したそうです。

そんな話が、この鹿児島では、語り継がれています。近隣には、韓国兵の慰霊碑もあります。近隣諸国との関係は、非常に難しいものを感じます。

西南戦争とは、1877年2月15日から9月24日まで続いた日本国内の最後の内戦。「明治維新」を推進した西郷隆盛が、起こした戦争。これにより、武士という制度が無くなった。

西郷隆盛の像。鹿児島市内にある。

山手の方にある「西郷隆盛洞窟」西郷隆盛が、政府軍に追い詰められてこの洞窟に身を隠したとされる。

内部の洞窟の様子です。

ひっそりとして、訪れることも少ない西郷隆盛の終焉の地。「晋(しん)どん、もうここでよか」

2弾の銃弾が、西郷隆盛の腰と大腿部に撃ち剥きました。城山洞窟を出てわずか300m,650歩で動けなくなりました。

「晋どん、もうここでよか。」東を向き、皇居に平伏し、拝む西郷隆盛に別府晋介(切腹する人に付き添って首を切り落とす役人)によって、首を振り落とされました。

1877年9月24日。

西郷隆盛を敬愛し、私学生徒を中心とした反政府勢力となった薩軍は、2月15日に熊本に50年ぶりの大雪に軍を進めました。それは、70日に及びました。熊本城の攻防、田原坂の戦に敗れ、人吉、宮崎、延岡、に追われ、軍は解散した。軍の幹部は、故郷の鹿児島を死に場所に選び、山脈を伝うような非常に苦難をして、鹿児島に戻った。

岩崎谷の銃声がなくなり、西郷隆盛の死体が発見された時、政府軍の総司令官、山県有朋(やまがたありとも)中尉は、「翁は(相手を敬う言葉)、まことの豪傑だった。残念なのは、翁をここまで追い込んだ時の流れだ。」と言葉を残しました。そうして、長い時間黙祷したそうです。

西郷隆盛洞窟から山手に登ると、城山がある。ここからの眺めは、非常に良い。錦江湾と桜島が眺められる。一度は、行って見たいところです。ここで、西南戦争の最後の戦いが行われました。

巨万の富を持った、薩摩藩。最後はこのようにして政府に吸収されました。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

鹿児島県武家屋敷庭園を観光。Sightseeing in Kagoshima Prefecture Samurai Residence Garden.

鹿児島の知覧には、武家屋敷通りがあります。

この通りに面して、屋敷がありますが、実際に住んでいる屋敷もあります。人が住んでいる屋敷は、公開してしている屋敷と非公開の屋敷があります。屋敷は、個人的に所有しているところもあります。

そのようなところは、個人的に手入れされています。実際、その所有者のお話も聞けました。

多くの人は、積み重ねられた整然とした石の美しさだけに、とらわれがちですが、実際のところ、整然とした美さに添えられる植物は、非常に手入れをしなければならないそうで、生きた植物の「整然とした美さ」を保つことは、非常にお手入れが、大変だということです。

岩のたたずみをより一層引き立てる植物が、美しく整えられたお庭をよく味わっていただきたいと感じます。

そこには、美しく整えられた、「静寂」の美さが、皆さまの心をとらえるでしょう。本来、植物は、「動」的なもので、常に生きています。

それを「静」にすることは、非常に、大変な作業になります。では、そんなことを思いながら、知覧武家屋敷庭園群をご覧ください。

西郷恵一郎庭園

武家屋敷庭園は、とても自然美を生かした庭園です。ですから、一番後ろの生垣が、真っ直ぐではないことが、多いです。これは、山並みを表現しています。狭い庭が、大きな大自然を表現しています。

右の小さな入り口が、女性用。左の広い立派な入り口が男性用。昔は、ここまで、男性と女性の区別がありました。

質素な中にも品格がありますね。少し、壁が赤いですが、これは、沖縄地方に近いので、文化的な影響があるのでしょう。

ロケ地になった民家の昔の暮らしを再現しているところもあります。

小さく集められた武家屋敷は、とても効率よく観光できます。

白砂の庭は、写真以上に美しいです。何故なら、そこには足跡も残せないほどの美しさがあり、観光する人々は、礼節をわきまえて、決して、美しさを損なうようなことをしないからです。

このように、武家屋敷を管理する人々、観光する人々、それぞれが、その「美しさ」を守り、受け継がれています。

ぜひ、観光するときは、マナーをわきまえて、楽しんでください。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

京都、高台寺と圓徳院のライトアップにお出かけGo out to light up Kudaiji Temple and Entoku-in Temple in Kyoto.

今回は、京都市東山区にある高台寺と圓徳院のライトアップです。

豊臣秀吉と北政所を祀る御霊屋は、撮影禁止です。ですから、ぜひ、ここに来て見て下さいね。

今回は、ライトアップの時に行ったものです。京都の夜は、雨の日もまた美しさが、格別です。心模様を映し出すように、その風景は、歴史を感じ、自然を堪能して工夫されています。

時に、人は、完全を欲しがりますが、不完全な美も非常に美しいものです。それは、万人が、同じ感性を持っているのではないからです。だから、色んな「美」があります。

天気によって、季節によって色んな美しさがあります。それは、壮大な時間を超えて、今、再現されています。

今を生きる私たちにとって、古来の人は自然と共存し、そこに小さな喜びを見い出していました。これは、交通手段もない昔の人は、そうすることで、毎日を過ごしていました。

ですから、非常に考えられた、美しさがあります。四季を愛し、風景を愛し、そこには、庭に、美しさを凝縮しています。では、見ていきましょう。

This time, we will light up Kodaiji Temple and Entoku-in Temple in Higashiyama Ward, Kyoto City.

Shooting is prohibited at the Mausoleum, which enshrines Toyotomi Hideyoshi and Kodai-in. So please come here and take a look.

This time, it was done at the time of lighting up. The beauty of Kyoto nights is exceptional even on rainy days.

The landscape is devised to reflect the pattern of the heart, feeling the history and enjoying nature. Sometimes one wants perfection, but imperfect beauty is also very beautiful.

That’s because not everyone has the same sensibilities. Therefore, there are various “beauty”. There are various beauty depending on the weather and the season.

It’s been recreated now, beyond spectacular time. For us living in the present, ancient people coexisted with nature and found a little joy there.

This is because old people, who had no means of transportation, spent their days doing so. So there is a very thoughtful and beautiful beauty.

I love the four seasons, I love the scenery, and the beauty is condensed in the garden. Let’s take a look.

ここが正面からの景色です。ここから夢舞台は、始まっています。「夢」あなたは、何を想像しますか?趣のある言葉です。格子越しにしか、見えない「夢」の字は、手の届かない「夢」を想像します。そんな「夢」を見れるあなたは、幸せなのかもしれません。

This is the view from the front. The dream stage begins here. “Dream” What do you imagine? It’s a quaint word.
The character “dream” that can only be seen through the grid imagines a “dream” that cannot be reached. You may be happy to have such a “dream”.

「夢(ゆめ)」と書かれています。It says “dream”.

高台にあるので、横からこのように降りる階段があります。ライトアップして、とても美しい風景が、広がっています。「夢」をかけ上がる階段にも見えます。足元が照らし出され、いかにも「夢舞台」に駆け上がるそんな階段に見えます。

Since it is on a hill, there are stairs that go down like this from the side. It is lit up and a very beautiful landscape is spreading. It looks like a staircase that raises a “dream”. It looks like a staircase that illuminates your feet and runs up to the “dream stage”.

 

高台にあるので、常に足元は、急です。これが風流で、色んな茶屋からさまざまな景色が、楽しめます。だかこそ、季節の移ろいを楽しむのには、とても贅沢なものです。ぜひ、明るい景色を見たくなる、そんな感情が湧いてきました。

Being on a hill, your feet are always steep. This is the style, and you can enjoy various views from various teahouses. It’s a luxury to enjoy the changing seasons. By all means, I feel like I want to see the bright scenery.

 

移動しやすいように、渡り廊下も数多くあります。非常に、手間暇をかけて作られたこの建物は、非常に貴重です。だからこそ、今も大切に現存しています。時に渡り廊下は、池をまたぎ、石を眺め、とても贅沢な庭の趣を味わうことができるのです。

There are also many passageways to make it easier to move around. This very time-consuming building is invaluable. That is why it still exists with great care. Occasionally, the corridor straddles the pond, looks out over the stones, and gives you a taste of a very luxurious garden.

 

鏡うつしの池です。とても澄んだ池で、透明度があります。この池のほとりで、昔の人は、何を思い考えたでしょう。澄んだ水は、心の清らかさを示すようです。心は、常にこうありたいですね。

It is a mirror pond. It is a very clear pond and is transparent. What did the old people think of by the pond? Clear water seems to indicate the purity of the mind. I always want my heart to be like this.

灯籠も風流です。この灯籠に灯りを灯し、昔の人は池を眺めていたのでしょう。The lanterns are also a breeze. People in the old days would have been looking at the pond by lighting this lantern.

坂の登り詰めたところに御霊屋が、あります。

There is a mausoleum at the top of the hill.

ここに豊臣秀吉と北政所(ねね)が祀られています。Hideyoshi Toyotomi and Kitanomandokoro(Nene) are enshrined here.

これが、瓦(かわら)です。「紋」が入っています。これ以上は、ここは、撮影できません。

This is a roof tile. Contains a “crest”. No more shooting can be done here.

長い渡り廊下がありました。ここは、立ち入り禁止です。こんな急な渡り廊下を作るのは、非常に困難だったでしょう。けれども、そこには、風景を楽しむ、「贅沢」があります。

There was a long corridor. This is off limits. It would have been very difficult to make such a steep corridor. However, there is “luxury” to enjoy the scenery.

 

途中、竹林もありました。多くのことを凝縮した庭には、このようなところもあります。毎年、タケノコが芽を出します。けれども、これは、綺麗にとります。非常に手入れの必要な竹林です。何故なら、成長が、早いからです。コンパクトにまとめられた竹林は、非常に手入れをされていることが窺えます。

There was also a bamboo grove on the way. There is also such a place in the garden where many things are condensed. Bamboo shoots sprout every year. However, this is taken neatly. It is a bamboo grove that requires great care. Because it grows fast. It can be seen that the compact bamboo grove is very well maintained.

茶室がありました。下の方ですので、景色は、楽しむ茶室ではありません。色んなところに茶室がありますので、用途に合わせて使い分けていたことが窺い知ることができます。

There was a tea room. Since it is at the bottom, the view is not a tea room to enjoy. There are tea rooms in various places, so you can see that they were used properly according to the purpose.

ライトアップは、美しいですね。贅沢を尽くした上のライトアップは、非常に贅沢を重ねあわせ、時に人は、その贅沢さに、魅力を感じ、立ちとまります。

The light up is beautiful. The luxurious light-up is a superposition of extravagance, and sometimes people are attracted to the extravagance and stand still.

お庭をスクリーンにして、色んなパフォーマンスがされています。

Various performances are performed with the garden as the screen.

とても手入れされているので、通路さえ、綺麗です。整然とされた美しさは、心打たれるものがあります。心は、常にこうありたいです。けれども、煩悩というものが、心を惑わせます。整然であることの「美」は、心惹かれるものがあるでしょう。

It’s so well maintained that even the aisles are clean. The orderly beauty is impressive. My heart always wants to be like this. However, the worldly desires are confusing. The “beauty” of being orderly will be fascinating.

白壁を龍が、浮かび上がっています。龍のように舞い上がりたい、そんな気持ちになります。ですが、心は、あの池のように清らかでなければ、この境地には、辿り着けないでしょう。だからこそ「夢」なのかもしれません。「夢」から覚めると、そこには、鐘楼を見つけました。

A dragon is emerging on the white wall. I feel like I want to soar like a dragon. But if your heart isn’t as pure as that pond, you won’t be able to reach this point. That may be why it is a “dream”. When I woke up from my “dream”, I found a bell tower there.

次に高台寺の西にある圓徳院(えんとくいん)に行きました。

階段を降りていきます。ひっそりと、佇んでいます。夢舞台から、現実に戻ったような感じです。そうやって門構えを見ると立派な門構えです。

Next, I went to Entoku-in, which is west of Kodaiji Temple.

I will go down the stairs. It stands quietly. It’s like returning to reality from the dream stage. Looking at the gate stance like that, it is a magnificent gate stance.

 

よく見ると、豊臣の名前を名乗る前の「羽柴」の名前が提灯に書かれています。

If you look closely, the name of “Hashiba” before giving the name of Toyotomi is written on the lantern.

中は、色んなものが展示されています。

Various things are exhibited inside.

庭がライトアップされています。幻想的です。もっと、後ろから見たいのですが、前の通路でしか、庭は、見れません。だから、「部分的」に庭を写真で撮影させていただきました。この庭は、とてもコンパクトですが、「美」が堪能できます。是非、お立ち寄りください。

The garden is lit up. It’s fantastic. I would like to see more from behind, but I can only see the garden in the front passage. That’s why I took a “partial” photo of the garden. This garden is very compact, but you can enjoy the beauty. Please drop in.

2階からの景色です。The view from the 2nd floor.

高台寺と圓徳院のライトアップを楽しんでいただけたでしょうか?凝縮された「美」がそこにはあります。木を小さく、枝振りよく、育てるのは、非常に困難で、そこには、多くの歳月と、多くの手間が、必要です。成熟した「美」を楽しんでください。この「美」を堪能することは、非常に贅沢です。そんな贅沢をほんの一瞬ですが、楽しんでみませんか?

Did you enjoy the illumination of Kodaiji Temple and Entoku-in Temple? There is a condensed “beauty” there. It is very difficult to grow a tree small, well-branched, and it takes a lot of time and effort. Enjoy the mature “beauty”. Enjoying this “beauty” is a great luxury. Why don’t you enjoy such luxury for a moment?

 

 

 

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

京都清水寺観光旅行とお茶Kyoto Kiyomizu-dera sightseeing trip and tea.

京都東山区の「清水寺」があります。北法相宗の大本山。ここに行くまでに、急な坂道があります。そこには、「清水寺」に関係する建物(表紙の写真は、そのひとつです。)や、多くのお店が、たくさんあります。

There is “Kiyomizu Temple” in Higashiyama Ward, Kyoto. The head temple of the Northern Hosso sect. There is a steep slope to get here. There are many buildings related to “Kiyomizu-dera” (the photo on the cover is one of them) and many shops.

たくさんの人が、そこでお土産を買ったりします。「清水寺」は、色んな願い事のかなうところ。特に「縁結び」と言って、男女の仲をかなえてくれる、ことが有名。だから、私の行った時も、キモノ姿のカップルが多かった。結婚できると良いなー。なんて、思っていたら、1組のカップルが、記念写真を撮って欲しいとスマホで、撮影した。なんとも、柔らかい雰囲気のいっぱいの「清水寺」です。他にも、色んな願い事がかないます。「出世」とか。とにかく、華やかな雰囲気の「清水寺」は、カップルなら、キモノで行くのが、おすすめです。坂を登ると「清水寺」の門が見えてきます。

Many people buy souvenirs there. “Kiyomizu-dera” is a place where various wishes come true. In particular, it is famous for being able to get along with men and women by saying “matchmaking”. Therefore, when I went there, there were many couples wearing kimono. I hope I can get married. When I was thinking, a couple took a commemorative photo with their smartphone. It is “Kiyomizu-dera” with a soft atmosphere. Besides, various wishes will come true. “Promotion”. Anyway, if you are a couple, it is recommended that you go to Kiyomizu-dera, which has a gorgeous atmosphere, with a kimono. When you climb the slope, you will see the gate of “Kiyomizu-dera”.

この階段を登っていくと As you climb this stairs

三重塔があります。There is a triple tower.

こんな高いところに建築物があるのには、驚きます。

I’m surprised that there is a building in such a high place.

廊下の正面は、「出世」のお願いするところがあります。

In front of the corridor, there is a place to ask for “promotion”.

ここは、「縁結び」カップルが、結婚できるようにお祈りします。

Here, we pray for “marriage” couples to get married.

これは、清水の舞台からの景色です。そして、左に、見えるのは、「奥の千手堂」という、奥の院です。

This is the view from the stage of Kiyomizu. And on the left, you can see the Okunoin called “Okunosentedou”.

そして、本堂の「清水の舞台」

And the “Stage of Kiyomizu no butai” in the main hall