選挙の出口調査が違法だと思うこれだけの理由|憲法違反

日本国憲法第15条の条文です。公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

つまり、自分たちが選挙で議員を選んだり、その議員を辞めさせることをできる権利を私たち、日本国民は、持っているのです。だから、その議員が良くないと思うならば、これは、辞めさせることも、全体の総意としてなら、認められる。これは、非常に大切な権利なのです。だから、その議員が気に入らないというなら、国民が総意を持って、議員を辞めさせられるのだから、我慢する、必要はないのです。もちろん、公務員全て、にこれは、適用されます。

また、全ての公務員は、みんなの奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。とも、定められています。つまり、公務というものは、全ての国民のためにあるもので、一部の人を優遇する、ことは、禁じられています。

つまり、賄賂なんかで、特別な人を優遇することは、認められません。

公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。等しく、規定された年齢層の方は、誰でも、選挙を受ける権利があります。

すべての選挙における投票の秘密は、これを侵してははならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問われない。これは、「秘密選挙」とも言われる。それに、誰に投票しても良い、その自由が認められています。

私は、だから、選挙の出口調査なんて、これは、違法なのではないかと、考えています。この「秘密選挙」と「黙秘権」のいずれにも、当てはまり、これは、違法な、調査だと言わずにはいられない。黙秘権|自分の権利を知って生活しよう

しかし、これは、公然として行われ、これは、選挙開票より、早く、確実に、選挙結果がわかる。そんなことが、日本国憲法を知らない国民に対して行われていることは、非常に、日本のあり方を危惧する。

色んな権利が、この日本国憲法に書かれています。しかし、それは、学校の授業にさえ、出てこない。あえていうなら、憲法9条は、「平和憲法」とも言われ、時々、社会の授業で、出てくるが、それも、深く理解できるような授業を受けた人のみである。憲法の外郭の三権分立ぐらいは出てくるけれども、それ以上のことは、出てこない。国民は、日本国民である限りは、その権利を理解して、これを行使すべきなのに、これを学ぶ時がない。

知っているものは、ごく僅かであり、今回は、公務員の選挙について、書いてみたけれども、憲法を理解すれば、選挙の出口調査なんて、「黙秘権」「秘密選挙」という、憲法に、二重に違反された行為である。なのに、日本は、国民が、権利を理解していないために、出口調査は、行われる。これは、日本の国民が、自分の権利を知らないから、起こることで、今の、教育制度は、いかに、おかしいか、知ってほしいと思うのです。

権利を知らないものが、損をする。そんな社会が、広がっています。そんな私も、憲法を習っていないから、よく知らない。けれども、微かな、感覚でさえ、これだけ、国民は、損をしていると感じることが、多いです。

社会が、良くなるように、私たちは、自衛するしかない。私は、六法全書を持っています。これは、両親から、欲しいと私から、言って譲ってもらった。しかし、コンパクトで、とても良いけれども、時に、難解な漢字が出てくる。これは、漢字が、旧字体なので、私は、新字体しか習っていないので、読めない。古い方が、私には、使いやすいけれども、もう1冊、六法全書を持っています。これは、漢字が読めないときに、補助で使っています。この新しい方の、六法全書は、古本屋で、新品同様に、綺麗で、激安だった。こんな大切なものが、叩き売られている、この世の中に、疑問を感じる。

もっと、権利を知って、世の中の、当たり前と、思っていることが、違法に行われていることを、知ってほしい、感じます。国民の権利を知ることが、私たちには、もっと必要です。今回は、ここまでです。ぜひ、1冊は、六法全書がある、家庭が、増えることを願っています。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

黙秘権|自分の権利を知って生活しよう

選挙の出口調査は一つの指針です。統計学で、あらかじめ、調査をすれば、どの候補が分かる、ような仕組みで、これは、びっくりするけれども、開票と同時に、分かるケースも、多くある。

私は、よく引越しをしたから、投票場も違うことが、多くあります。それでも、不思議なことに、2回も、出口調査をしている担当の人に声をかけられたことが、あります。どうやって、このように選ばれるのか、分からないけれども、不思議な感触に襲われます。

そんな、私は、いつも言う言葉は、「言えません」です。

これは、家族にも、話しては、いけない事項だと私は、両親から、教わったので、決して、口外しない。

日本国憲法にも、第32条にも、何人も、自己に不利益な供述を強要されない。とある。強制、拷問や脅迫によってもこれは、無効なのです。これは、供述の不強要、自白の証拠能力の事項です。

しかし、このように、選挙で、出口調査で、統計が取れるほど、人々は、投票した人の名前を調査員と言えども、気軽に、言うなんて、私には、考えられられない。

もっと、自分の権利と義務を知ることが、非常に大切です。いつも、選挙の投票結果をテレビで、レポートをする場面に遭遇すると、私は、もっと、国民は、その権利を知る、ことが、大切だと、感じることが多い。

日本の教育は、義務は、教えるが、権利については、あまり教えてくれない。

税制なんて、税務署に尋ねても、必要なことしか答えない。

だから、本当に、知らない、ってことは、権利を履行していないから、これは、非常に、損をしている、と感じることが、この頃、多くなった。

逮捕された人が、DNA鑑定と供述で、有罪とされたこともあった。しかし、この頃の、精密なDNA鑑定で、これは、犯人ではないと、確定した事例もある。

やはり、この憲法32条は、別名「黙秘権」とされるが、もっと、一般国民は、行使するべきだと、感じる。

随分前に、国会議員が、賄賂について、国会尋問があったけれども、「記憶にございません。」と繰り返すばかりで、何もそれ以上、問題に問われなかった。国民の中で、「記憶にございません。」という、言葉が、流行したほどで、それは、とても、有名な言葉になりました。

だから、国会議員に色んな疑惑があっても、これは、通用しないから、ゴシップ記事程度にしかならない。そんな感じで、この権利を知らないと、多くのことが、損をするので、もっと、国民の権利を知ることが、非常に大切だと、感じます。

国民の権利。これをもっと、勉強しよう。選挙出口調査の結果で、選挙結果が決まる、その瞬間をいつも見るたびに、私は、がっかりしています。今回は、国民の権利、「黙秘権」について、書いてみました。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

自由民主党、岸田文雄が選挙に勝てた理由The reason why Fumio Kishida, the Liberal Democratic Party, won the election.

2021/10/30。日本は、衆議院選挙が行われました。そうして、第101代内閣総理大臣/第27代自由民主党総裁に任命されたのは、岸田文雄氏でした。まず、経歴から、1957年7月29日生まれ。衆議院議員、自由民主党、広島選挙区(広島市中・東・南区)当選9回(初当選以来選挙区連続当選)である。

今回、衆議院選挙は、465席を争っている。

岸田文雄は、経歴の通り、革新派ではない。このコロナ情勢で、非常に前政権が追われるように、短期間で終わり、国民の審判を受けることになった。非常に、自由民主党にとっては、不利のように見える。

しかし、前政権の菅儀偉は、前総理の安倍晋三の補佐役ではあったが、党内で後ろ盾はなかった。だから、総理大臣になっても、具体的に補佐するような人物は存在しなかったのである。

だから、一連のコロナで、オリンピックを強行しなければならない中で、何方かと言えば、事務方の菅儀偉を指名することは、非常に政権維持に都合が良い人選だった。

ここからシナリオは、書かれていたのです。だから、自由民主党としての政権というより、菅儀偉の個人としての手腕を問う人選でした。

けれども、これは、非常にリスキーでありながら、これを上手くやり遂げれば、菅儀偉は、政権を握れる人物として国民から認められる人選でした。決して、自由民主党としての代表では無かったのです。

そうして、今回、国民の真意を問う選挙になったのです。自由民主党として、革新派ではなく、この保守的な人選は、旧来の安倍晋三の実質的な政策を続けることを問う選挙にしたのです。

自由民主党のシナリオの書き方は、最高でした。

野党第一党の立憲民主党の枝野幸男は、共産党と組みました。大体、「立憲民主党」という名前がよくないのです。なぜなら、日本は非常に憲法改正案で、揺れています。

ですが、改憲することなく、旧体制を続けています。だから、この憲法に、色んな議論の交わされるこの日本では、「立憲」など、非常に国民感情に、異物を感じるのです。

共産党は、労働者階級の支持を保っており、野党であるけれども、非常に安定し、その運営は、強固です。共産党は、議席を2席減らしたが、立憲民主党から、支持者を奪うのには、非常に都合が良かった。

そうして、今回、第3党になった、日本維新の会は、ただ、野党第一党が弱すぎたのです。日本維新の会は、大阪は制覇したが、他の選挙区は、取れなかったのです。

日本維新の会は、「私学の学費を公立並みにする政策」でした。このシナリオは、よくありませんでした。大阪は、昔から「商人」の街で、金銭感覚の強い人が多く、又、反骨精神の多い街でもあります。

首都圏とは、一種異なる思想を持つ人が多いです。だから、大阪では勝てたのです。

そして、日本維新の会の掲げる政策は、勝者にとっては、都合が良いけれども、このコロナ不況の中で、自殺者も多くなる日本では、もっと、生活を安定させる、国民の基本的な生活保障を求めていたのです。

だから、国民の要求とは、齟齬があり、この政策は、国民には、支持されなかった。

結局、野党総崩れで、次々、代表が変えることが、今、野党で検討されています。

国民は、現在の野党、鳩山由紀夫が、政権を握った時に、非常に劣悪な政権運営をしたことを非常に悪い感情として、鮮烈に覚えている。

これは、政権を一度は、取られたが、もう、しっかりとした国民の信頼を受けているのです。だから、自由民主党は、旧派閥の岸田文雄を立てて正解でした。

これが、革新派なら、苦戦したと感じる。

261議席という、安定過半数を取れたのは、このような背景がありました。

広島出身ですから、これから、核問題などにも、色んな形でアプローチが、国際的にあるでしょう。もう、岸田文雄は、「世界でただ一つの被曝国」として発言しています。このように、自由民主党のマニフェストは、非常に良かった。これは、安定政権として、長く続くことを示しています。

「勝つために負ける」このような言葉が、よく似合うマニフェストです。

2021/10/30. In Japan, the House of Representatives election was held. It was Fumio Kishida who was appointed as the 100th Prime Minister / 27th President of the Liberal Democratic Party. First of all, from his career, he was born on July 29, 1957. He has been elected to the House of Representatives, the Liberal Democratic Party, and the Hiroshima constituency (Naka, East, and Minami Wards of Hiroshima City) nine times (since his first election, he has been elected in consecutive constituencies).

This time, the House of Representatives election is competing for 465 seats.

Fumio Kishida, as he has done, is not an innovator. In this corona situation, it ended in a short period of time so that the previous administration would be chased very much, and it was decided to be judged by the people. Very, it looks like a disadvantage to the Liberal Democratic Party.

However, although Yoshihide Suga of the former administration was an assistant to former Prime Minister Shinzo Abe, there was no backing within the party. Therefore, even when he became prime minister, there was no one who could specifically assist him.

So, while I had to force the Olympics in a series of coronas, nominating Yoshihide Suga, the office worker, was a very convenient selection for maintaining the administration.

From here the scenario was written. Therefore, rather than the administration as the Liberal Democratic Party, it was a selection of people who questioned Yoshihide Suga’s personal skills.

However, although this is very risky, if done well, Yoshihide Suga was selected by the public as a person who could take power. By no means, he was not the representative of the Liberal Democratic Party.

Then, this time, it was an election that questioned the true intentions of the people. As the Liberal Democratic Party, this conservative election, rather than an innovator, made it an election to ask Shinzo Abe to continue his substantive policies.

The way the Liberal Democratic Party scenario was written was awesome.

Yukio Edano, the Constitutional Democratic Party, the first opposition party, has teamed up with the Communist Party. Generally, the name “Constitutional Democratic Party” is not good. Because Japan is a very constitutional amendment and is shaking.

However, we are continuing the old system without changing the constitution. Therefore, in Japan, where various discussions are held in this constitution, I feel a foreign body in the national sentiment such as “constitution”.

The Communist Party maintains the support of the working class and is an opposition party, but it is very stable and its operation is strong. The Communist Party reduced its seats by two, but it was very convenient to rob the Constitutional Democratic Party of its supporters.

Then, the Japan Ishin no Kai, which became the third party this time, was just too weak for the first opposition party. The Nippon Ishin no Kai conquered Osaka, but could not win other constituencies.

The Nippon Ishin no Kai was a “policy to keep private school tuition fees at the same level as public schools.” This scenario was not good. Osaka has long been a city of “merchant”, with many people having a strong sense of money and a city with a lot of rebellious spirit.

Many people have a different idea from the metropolitan area. That’s why I won in Osaka.

And although the policy of the Nippon Ishin no Kai is convenient for the winner, in Japan, where the number of suicides increases in this corona recession, the basic livelihood security of the people that stabilizes their lives will be more stable. I was looking for it.

Therefore, there was a discrepancy with the demands of the people, and this policy was not supported by the people.

After all, it is now being considered by the opposition that the representatives will change one after another due to the total collapse of the opposition.

The public vividly remembers that the current opposition, Yukio Hatoyama, had a very poor administration when he came to power, as a very bad feeling.

It has been taken over once, but has already earned the trust of the people. Therefore, the Liberal Democratic Party set up Fumio Kishida, an old faction, and was the correct answer.

If this is an innovation group, I feel that I had a hard time.

It was against this background that we were able to take a stable majority of 261 seats.

Since I am from Hiroshima, I think there will be various international approaches to nuclear issues. Fumio Kishida has already stated that he is “the only exposed country in the world.” Thus, the Liberal Democratic Party manifesto was very good. This shows that as a stable government, it will last for a long time.

A manifesto that looks good on words like “lose to win”.

 

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する

独裁者に支配された国、ロシア。Russia, a country ruled by a dictator.

日本は、敗戦国です。ですから、「北方領土」は、まだ、帰ってきません。

そして、日本のある政治家が、「北方領土」に、色んな施設を、日本の国のお金で、設けました。

ですから、インフラが、整っていて、とても住みやすいです。

こんな事が、判明して、その政治家は、失脚しました。

そして、ロシアは、このような事を提案してきました。「カニかまぼこ」の作り方を教えてくれないか?北方領土には、日本人は、今は、いませんが、強制労働で、多くの日本人が死亡しました。

ですが、いくらお金を払っても、「ニセモノ」の遺骨です。DNA鑑定をすれば、判明します。

そんな中、「スケソウダラ」という、魚があります。

そのままでは、美味しくない魚です。

それを、使って日本は、「カニかまぼこ」を作っていました。

だから、その技術が、欲しいようでした。

日本は、断ると、「北方領土」が、帰って来なくなる事を心配して、その技術を教えました。

今、「北方領土」には、「カニかまぼこ」の工場があります。

「北方領土」は、4つの島ですが、2つだけなら返せそうな時もありました。

今の政権は、独裁者にロシアは、支配されています。

日本もそうですが、ロシアの人々も疲れているようです。

先日、ロシアで、選挙がありました。

ジャーナリストのパベル.ロブコフ氏が、その選挙が、とても不透明、だとしてレポートしていました。

デジタル投票と、実際の投票の二重投票ができる、として、ビデオに収録しました。

投票率が、下がらないようにしているようです。

投票率が下がると、その選挙は、無効になるから、です。

政策と独裁者がリンクされていますので、福祉を選ぶなら、その独裁者を選ぶしかないのです。

その上に、投票すれば、くじで6,000円当たる、とか。

とても、民主的では、無い、選挙である事をレポートしていました。

ロシアのテレビでも、その独裁者が、2036年まで、政権が続くとして、皮肉混じりのニュースが、ありました。

そんな事を日本の放送に、もう一度言いますが、ジャーナリストのパベル.ロブコフ氏は、懸命にレポートしています。

日本も不幸ですが、ロシアの国民もとても不幸、です。

この事を世界の皆さまに知っていただきたく、私は、今回の記事を書きました。

こんな、不幸が、今も、続いています。

Japan is a defeated country. Therefore, the “Northern Territories” have not returned yet.

Then, a Japanese politician established various facilities on the “Northern Territories” with the money of the Japanese country.

Therefore, the infrastructure is well established and it is very easy to live in.

When this turned out, the politician was defeated. And Russia has proposed such a thing.

Can you tell me how to make “crab kamaboko”? There are no Japanese now in the Northern Territories, but forced labor has killed many Japanese.

However, no matter how much you pay for it, it is the remains of “fake things”.

You can find out by DNA analysis.

Meanwhile, there is a fish called “Alaska pollack”.

As it is, it is not delicious.

Japan was making “crab kamaboko” using it.

That’s why I wanted that technology.

Japan taught the technology, fearing that the “Northern Territories” would never come back if refused.

Now, there is a crab kamaboko factory in the Northern Territories.

The “Northern Territories” are four islands, but there were times when it was possible to return only two.

In the current government, Russia is dominated by the dictator.

Like Japan, Russian people are tired.

The other day there was an election in Russia.

Journalist Pavel Robkov reported that the election was very uncertain.

I recorded it in the video as being able to do digital voting and double voting of actual voting.

It seems that the voting rate is trying not to fall.

If the voting rate goes down, the election becomes invalid.

Policy and dictator are linked, so the only choice for welfare is the dictator.

On top of that, if you vote, you will win 6,000 yen for the lottery.

It was very democratic, non-electional.

There was also ironic news on Russian television that the dictator said the government would continue until 2036.

I would like to say that again to Japanese broadcasting, but journalist Pavel Robkov is reporting hard.

Japan is unhappy, but the Russian people are also very unhappy.

I wrote this article to make everyone in the world know about this.

This kind of misfortune still continues.

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00
$5.00
$15.00
$100.00

またはカスタム金額を入力

$

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
Translate »