ピエト・モンドリアン「赤、青、黄のあるコンポジション」Piet Mondrian “Composition with Red, Blue and Yellow”

この絵画は、「赤、青、黄のあるコンポジション」1930年作です。画家は、ピエト・モンドリアン(1872-1944)。アムステルダム国立アカデミーで学んだ。

初めは、オランダの画法によって、風景、樹木等を描いていたが、一度、フランスのパリで、出会った数々の画家に影響された。パリからオランダに戻った。

その後、急速に抽象化していく。パリから戻った14年後にこの作品は、完成した。

私が、この絵画に興味を持ったのは、ピエト・モンドリアンが、神秘的なものに惹かれ、神智学協会に在籍していることに、注目する。

西洋絵画は、初めは、宗教画が、出発点です。その原点に戻り、この絵画が描かれていることに気付く人は少ないと感じる。

天は、上を見れば、光が差し込む。その光を手や額に浴びて、天から人より優れたものを授かるシーンの多い宗教絵画は多い。

ピエト・モンドリアンは、その天からの授かり物「光」をこのように描いている。

水平な大地や樹木を黒い線にして、その「光」をたくさん浴びたものに抽象化し、その「光」は、「三原色」に分解され、それらは、大きく「光、三原色」とその「光」のそのもの「白」。つまり、透明感に包まれている様に私は、見えました。

あまりに、分解された抽象画は、なかなか、人々に理解されない。けれども、これが、現存していることに、感激するのです。

この作品は、観ていると飽きない。現代アートとしても、通じるし、これは、古来の宗教画にも値する。こんな抽象画の描けるピエト・モンドリアンは、素晴らしい画家です。

一般的には、曲線美が、絵画として価値を感じるのに、必要な要素だけれど、これは、一切の曲線美を取り払い、描いた傑作だと感じた。

この絵画は、理解できる人には、理解できる。けれども、それが、理解できなければ、モダンな絵画として、理解できない人も多いと感じる。

今回は、ピエト・モンドリアンの傑作、「赤、青、黄のあるコンポジション」について、書いてみました。

Google Arts & Culture より引用

This painting is “Composition with Red, Blue and Yellow” made in 1930. The painter is Piet Mondrian (1872-1944). He studied at the Amsterdam National Academy.

At first, he used Dutch painting to paint landscapes, trees, etc., but once he was influenced by a number of painters he met in Paris, France. He returned from Paris to Holland.

After that, it rapidly abstracts. This work was completed 14 years after returning from Paris.

I was interested in this painting, noting that Piet Mondrian was attracted to the mysterious and enrolled in the Theosophical Society.

The starting point for Western painting is religious painting. I feel that few people go back to that origin and notice that this painting is being drawn.

If you look up at the heavens, the light comes in. There are many religious paintings in which the light is bathed in the hands and forehead and the heavens give something superior to humans.

Piet Mondrian portrays the gift “light” from heaven in this way.

The horizontal earth and trees are made into black lines and abstracted into those exposed to a lot of “light”, and the “light” is decomposed into “three primary colors”, which are largely “light, three primary colors” and their “light”. “Light” itself “white”. In other words, I seemed to be surrounded by transparency.

Too much disassembled abstract paintings are hard for people to understand. However, I am impressed that this still exists.

I never get tired of watching this work. It can be used as contemporary art, and it deserves ancient religious paintings. Piet Mondrian, who can draw such abstract paintings, is a wonderful painter.

In general, curvaceousness is a necessary element to feel the value as a painting, but I felt that this was a masterpiece that removed all curvaceousness and drew it.

This painting can be understood by those who can understand it. However, if I don’t understand it, I feel that many people can’t understand it as a modern painting.

This time, I wrote about Piet Mondrian’s masterpiece, “Composition with Red, Blue and Yellow”.

Quoted from Google Arts & Culture