東京オリンピック、パラリンピックは、多くのものを失った。The Tokyo Olympics and Paralympics have lost a lot.

今、東京パラリンピック2020、2021年8月24日-2021年9月5日が、開催されている。色んな競技がある。その選手のインタビューは、色んな人生の挫折を感じることが多い。

そうして、それを支えてくださった人への感謝の気持ちを込めてある。色んな障害があるけれども、それを乗り越えて、競技する選手の姿は、実に心打たれる。

人生色んなことが、あるけれども、パラリンピックは、その人生の織りなす、ひとつのイベントです。その姿を見て、心の支えになる人は、多いと思う。

だだ、口に出さない。人は、感動すると、口に出さない。無言になる。それを言葉に出せば、軽くなるからです。

そんなパラリンピックが、開催されている。このパラリンピック、オリンピックは、開催地、日本に新型コロナによる犠牲者が、出ている。

多く犠牲者を出して、開催された。だから、今の日本の首相は、出身地の選挙区で、大敗しました。国民は、政治に「No」を突きつけた。

とても、難しい判断だった。世界と日本のちから関係は、断然、世界が強い。けれども、選挙は、日本で行われるのだから、これは、日本の意向になる。首相も、新型コロナの犠牲者でもある。

首相は、総裁選には出ない。つまり、もう、首相を辞める。これも、決断です。

私はほとんど外出していない。みんなの命を守るために、こうしている。新型コロナは、多くの犠牲者の命と多くの人々に時間を奪われた。

日本は、尖閣諸島を中国に奪われつつある。日本には、防衛しか、認められない。だから、何もできない。こうやって、ひとつずつ、失っていく「今の日本」は、国際的には認知されていない。

しかし、中国は、さらに国土を広めようとしています。もう、大きな国土がある。なのに、さらに広めようとする。オリンピックでの、ホンコン国民の国旗掲揚は、中国の国歌だった。選手は、心で、多分泣いている。

色んなことが、起こりながらの東京オリンピック、パラリンピックです。これを忘れずに、いて欲しい。

日本は、多くの犠牲を払って、開催した行事だから。人々の心に残れば、それは、日本にとって、少しは、なぐさめになる。

新型コロナで、今、日本は、医療崩壊しています。入院できる人は、しあわせです。そんな日本からのメッセージが、皆さまに届きますように。

「東京オリンピック、パラリンピックを忘れずにいてください。」

 

Now, the Tokyo Paralympics 2020, August 24, 2021-September 5, 2021 is being held. There are various competitions. Interviews with the player often feel the setbacks of life.

And I am grateful to the people who supported it. Although there are various obstacles, the appearance of the athletes who overcome them and compete is truly impressive.

There are many things in life, but the Paralympics are an event that weaves in that life. I think there are many people who can support their hearts by seeing them.

But don’t say it. When people are impressed, they don’t say anything. Be silent. If you put it into words, it will be lighter.

Such a Paralympic Games are being held. The Paralympic Games and the Olympic Games have been victimized by the new Corona in Japan.

It was held with many casualties. So the current Japanese Prime Minister was defeated in the constituency of his hometown. The people pointed “No” to politics.

It was a very difficult decision. The relationship between the world and Japan is by far the strongest in the world. However, this is Japan’s intention because the elections are held in Japan. The prime minister is also a victim of the new Corona.

The prime minister will not be elected president. In other words, I’m quitting the prime minister. This is also a decision.

I rarely go out. I am doing this to protect everyone’s lives. The new Corona has lost the lives of many victims and many people.

Japan is losing the Senkaku Islands to China. Only defense is allowed in Japan. So I can’t do anything. The “current Japan” that is lost one by one in this way is not recognized internationally.

However, China is trying to expand its territory further. There is already a large land area. However, I try to spread it further. The raising of the national flag of the Hong Kong people at the Olympic Games was the national anthem of China. The player is crying in his heart.

Various things are happening at the Tokyo Olympics and Paralympics. Don’t forget this.

Because Japan is an event held at a lot of sacrifices. If it remains in people’s minds, it will be a little slack for Japan.

With the new corona, Japan is now undergoing medical collapse. Those who can be hospitalized are happy. I hope that such a message from Japan will reach you.

“Don’t forget the Tokyo Olympics and Paralympics.”

孫子の兵法を読む⑤Read Sun Tzu’s military art ⑤

1.戦争というのもは、戦わないので、勝つのが最高です。つまり、敵兵を丸ごといただくのが、最も良い。その次に、良いのは、戦って勝つことです。力によって勝つことを意味する。

2.「100戦100勝」するのは、決して良いことではない。「戦わないで、相手を力が尽きて、相手を言いなりにするのが、最高です。」

3.最高の戦争は、「敵の計画を見破り、その計画で勝つ」ことです。その次に有効な手段は、「敵の交流を壊して、孤立させること」です。「敵の本拠地を攻める」のは、最も良くない。つまり、敵の本拠地を攻めるのに、色んな準備に3ヶ月かかり、その時間は、士気をコントロールするのが、難しくなり、そのために、兵を30%、失ってしまうからです。それでも、勝てないことが、あるからです。

4.戦争の上手いというのは、敵を力尽きて服従させるのに、戦争は、しない。敵を攻めることをしない。戦争を長引かせない。すべて完全の作戦で国を取る。つまり、兵は守られたまま、完全に利益を得る。これが、戦争の基本です。

5.戦い方はさまざまです。こちらに敵より、10倍の兵力があれば、包囲する。相手より、5倍の兵力があれば、攻める。相手より、2倍の兵力であれば、2つに分け、普通の戦いと、良く考えて戦略を練る戦いに分ける。敵と同じ兵力ならば、力を尽くして、戦う。こちらが、少なければ、逃げる。勝つ見込みが無いならば、戦わない。何故なら、兵力が、少ないことは、相手の餌食にされるからです。

6.軍を指揮する者は、国の補佐役である。だから、その補佐によって、国は良くも悪くもなる。

7.国の統治者が、心配することが、3つあります。

①軍が、進むのが、難しい時に、それを知らずに、進め、と言う。軍が、引き下がることをしてはならない時に、知らずに、引き下がる、と言う。これを軍は、動かなくなる。

②軍のことをよく知らないで、軍に介入すれば、兵は、戸惑う。

③軍の内政を知らずに、干渉すれば、兵は、疑うようになる。この3つが、揃うこと、つまり、戸惑いや疑い、が起こると、その隙を狙って攻め込まれるそれを軍を乱して、相手に勝ちを与えるようなものです。

8.勝つには5つの要素がある。

①戦う時と戦わない時を判断できる。

②戦力をどのように使うのか判断できる。

③上下に勝つ意思が共通していること。

④良く作戦を組み、それに十分に対応できない敵には、勝つ。

⑤軍の指揮者が有能で、国の統治者が干渉しないのは、勝つ。これが、「勝つ方法」です。

「敵の力を良く理解して、自分の力を良く理解する者は、勝つ。これは、100勝する。敵の力を理解せずに、自分の力だけを理解する者は、1回勝って、1回負ける。敵の力を理解できず、又、自分の力も理解できない者は、いつも危険です。

1.In war, it is best to win because you do not fight. In other words, it is best to have the entire enemy soldier. The next best thing is to fight and win. It means winning by power.

2.”100 races and 100 wins” is not a good thing. “It’s best not to fight, to run out of power and to be compliant.”

3.The best war is to “see through the enemy’s plan and win with that plan”. The next most effective method is to “break the enemy’s interaction and isolate it.” “Attacking the enemy’s home base” is the worst. This means that it takes three months to prepare to attack the enemy’s home base, which makes it difficult to control morale and thus loses 30% of your troops. Still, there are times when you can’t win.

⒋The good thing about war is that you exhaust your enemies and submit them, but you don’t do war. Do not attack the enemy. Do not prolong the war. Take the country with all perfect operations. In other words, the soldiers are fully profitable while being protected. This is the basis of war.

5.There are various ways to fight. If you have 10 times more troops than your enemies, siege them. If you have 5 times more troops than your opponent, attack. If you have twice as much force as your opponent, divide it into two, a normal battle and a battle to think carefully and formulate a strategy. If you have the same strength as the enemy, do your best to fight. If this is small, run away. If you don’t have a chance to win, don’t fight. The reason is that the lack of troops is preyed on by the opponent.

6.The person who commands the army is an assistant to the country. So that assistant makes the country better or worse.

7.There are three things that national rulers are worried about.

①When the army is difficult to proceed, it says to proceed without knowing it. When the army should not withdraw, it says it will withdraw unknowingly. The army does not move this.

② If you do not know the army well and intervene in the army, the soldiers will be confused.

③ If you interfere without knowing the internal affairs of the army, the soldiers will be suspicious. When all three are aligned, that is, when confusion or suspicion occurs, they are attacked aiming at the gap, disturbing the army and giving the opponent a victory.

8.There are five factors to win.

① You can judge when to fight and when not to fight.

② You can judge how to use your strength.

③ The intention to win up and down is common.

④ Make a good strategy and win against enemies who cannot respond sufficiently.

⑤ It is a win if the commander of the army is competent and the ruler of the country does not interfere. This is the “how to win”.

“A person who understands the power of the enemy well and understands his own power wins. This wins 100. A person who understands only his own power without understanding the power of the enemy wins once. Win and lose once. Anyone who can’t understand the power of the enemy and also his own power is always dangerous.

陶器収集の趣味は、儲かるのか?Is the hobby of collecting pottery profitable?

今回は、陶器のお話です。

時々、陶器の収集を趣味にしている方が、いらっしゃるので、本当にその趣味は、続ける方が、良いのか、このお話を聞いて欲しいと思って、お話を進めていきます。

ご興味のある方は、どうぞ、お読みになってください。

日本の陶器は、中国から渡ってきました。

とても、絵柄が、華やかなものも多いです。

古い陶器は、釉薬(ユウヤク)の色が、赤を基調にされていました。

これは、とても、手に入れやすい色だったからです。

そのうち、ようやく、紀元前14世紀頃になって、青い釉薬(ユウヤク)が、できました。

ですが、これは、とても貴重で、高貴な人しか、手に入れることが、できませんでした。

ですから、この青い釉薬(ユウヤク)で、できた「青磁」は、今も、現存するものは、とても貴重です。

それから、青い絵付けの陶器も出てきたのですが、これも大変に貴重なものです。

現代は、色んな陶器があります。

普段使いの厚手の陶器や、薄い繊細な陶器。

そんなコレクターも居ると思います。

陶器には、窯元(カマモト)と言って、その陶器を作っている所があります。

陶器は、その窯元(カマモト)で、一度にたくさんの陶器が、焼かれて、作られます。

ですから、一度に、大量の「同じ」陶器が、焼かれ、生産されます。

だから、同じ陶器が、たくさん生産されますので、「資産」としての、陶器の収集は、「価値」がありません。

「価値のある陶器」は、その陶器が、「歴史的人物」によって使われることによって、「価値」が出ます。

ですから、一般に売られている陶器を買っても、「資産」には、なりません。

このことを、知って、陶器とお付き合いしましょう。

時々、陶器のことを自慢する人が、います。

ですが、それは、長く持っていても、そんな大きな「資産」には、なりません。

こんなことを、その自慢している人には、言えないことが、良くあります。

だからこそ、この場で、知って欲しいと思い、書きました。

やはり、良い陶器で、食事をするのは、気持ちが、良いです。

私もそういう意味では、陶器は、好きです。

ですが、一般に出回っている陶器を収集することは、「資産」には、ならない事を、知っておきましょう。

今回は、陶器収集の資産性について、書いてみました。

参考になりましたら、嬉しいです。

This time, we will talk about pottery.

From time to time, there are people who have a hobby of collecting pottery, so I’d like to hear this story as to whether it’s really better to continue that hobby.

If you are interested, please read it.

Japanese pottery came from China.

Many of them have very gorgeous patterns.

In old pottery, the color of glaze (Yuyaku) was based on red.

This is because it was a very easy-to-find color.

Finally, around the 14th century BC, the blue glaze (Yuyaku) was made. However, this was very valuable and could only be obtained by noble people.

Therefore, the “Celadon” made from this blue glaze (Yuyaku) is still very valuable.

Then, porcelain with blue painting came out, which is also very valuable.

In modern times, there are various kinds of pottery.

Thick pottery for everyday use and thin delicate pottery.

I think there are such collectors.

There is a place called Kamamoto that makes the pottery.

Pottery is made by baking many pottery at once in the pottery (Kamamoto).

So, at one time, a large number of “same” pottery is baked and produced.

Therefore, the same pottery is produced in large numbers, so collecting pottery as an “asset” has no “value”.

“Valuable pottery” is “valued” when it is used by “historical figures”.

Therefore, even if you buy pottery that is sold to the general public, it does not become an “asset”.

Let’s know this and associate with pottery.

Sometimes there are people who brag about pottery.

However, even if it lasts for a long time, it does not become such a big “asset”.

Often I can’t say this to those who are proud of it.

That’s why I wrote it because I wanted you to know it here.

After all, it feels good to eat with good pottery.

In that sense, I also like pottery.

But be aware that collecting pottery on the market is not an “asset”.

This time, I wrote about the property of pottery collection.

I would be happy if it was helpful.

「孫子の兵法」を読む④Read “Sun Tzu’s Military Law” ④

1.その戦いの装備は、とても大規模です。だから、その戦う兵の食料や、その費用、丁寧に扱うべき賓客、又、装備の費用、など、かなりの金額が必要になる。

そうして、ようやく、充分な装備をして、戦いが、できるようになる。

2.戦いに時間がかかれば、兵の鋭い勢いも無くなり、敵を取り囲んでも、力を疲弊してしまう。

だから、長く、戦いをすることは、国の勢いがなくなる。

3.このような状況、(つまり、鋭い勢いを無くし、力が衰え、財力が無くなる)になれば、色んな弊害、つまり色んな悪影響を生じることになる。

それが、素晴らしい知恵のあるリーダーであってもそれを良い方向にすることは、できない。

4.不利な戦いを早く終わらせることはあっても、戦いを長くして、不利な戦いを終わらせることは、聞いたことが無い。

5.戦いを長くするリーダーは、その戦いをする能力が無い。

6.上手く運用するリーダーは、その仕事を何度もさせない。

食料は、敵地から得る。

だから、食料に困る事は、無い。

7.国の財政が、圧迫するのは、自国から食料を輸送するからです。

敵地から食料を得ると、良い。

そうすると、物資が、高騰することも、無い。

8.その国に近い者は、物資を高く売ろうとする。そうすれば、財政が悪くなる。

そして、急激に国力が落ちる。

9.国力が、落ち、財政も悪くなると、民衆は、その財政負担によって、家計が、非常に悪くなる。

その上に、戦力に必要な財政も無くなってしまう。

10.賢いリーダーは、敵地にて、食料を得る。

その敵地での、食料は、かなりの軍力を補強する大切な物質です。

11.戦いにおいて、敵意を持つことは、重要です。

敵の財政を奪うのは、都合の良いことです。

戦いにおいて、功績を挙げた者は、ほめる。

そして、その捕まえた敵軍を自分の軍に従順するようにする。

そうして、自分の軍備を強くしていく。

そうすれば、敵に勝つ度に、ますます強くなる。

12.そうすれば、兵は、勝つことを強く望むようになり、負けることを嫌うようになる。

だから、兵を知るリーダーは、みんなの命、国家の運命を握っています。

今回は、戦い方でした。

リーダーは、戦いに「勝つ」ことによって、より強くなり、みんなの心情や財政までも握っています。

だからこそ、「勝つ」ことの「喜び」の体験を多く得ることが、より「勝つ」為に「重要」であることを示しています。

そうすれば、人望が生まれ、それは、揺るぎ無い、「強さ」になっていきます。

これは、皆さまの人生にも、応用できます。

人生において、リーダーは、「自分」が、リーダーです。

The equipment of the battle is very large.

Therefore, a considerable amount of money is required, such as the food of the fighting soldiers, the cost, the guests to be treated carefully, and the cost of equipment.

Then, finally, with sufficient equipment, you will be able to fight.

2. If the battle takes time, the sharp momentum of the soldiers will be lost, and even if they surround the enemy, their power will be exhausted.

Therefore, fighting for a long time loses the momentum of the country.

3. In such a situation (that is, the sharp momentum is lost, the power is weakened, and the financial power is lost), various harmful effects, that is, various adverse effects will occur.

Even a great wise leader cannot make it a good thing.

4. I have never heard of prolonging the unfavorable battle and ending the unfavorable battle, even though it may end the unfavorable battle early.

Prolonging the battle Leaders are not capable of fighting.

6. A well-operated leader will not let the job do it over and over again.

Food comes from enemy territory.

Therefore, there is no problem with food.

7. The country’s finances are under pressure because it transports food from its own country.

It is good to get food from enemy territory.

Then, the supplies will not soar.

8. Those who are close to the country try to sell supplies at a high price.

That would make your finances worse.

And the national power drops sharply.

9. When the national power declines and the finances deteriorate, the people’s financial burden makes their households very poor.

On top of that, the finances needed for the force will be lost.

10. A wise leader gets food in enemy territory.

Food in that enemy territory is an important substance that reinforces a considerable amount of military power.

In battle, hostility is important.

It is convenient to rob the enemy of finances.

Those who have made achievements in the battle will be praised.

Then, make the captured enemy army obedient to your own army.

Then, strengthen your armament.

That way, every time you beat an enemy, you get stronger and stronger.

12. Then the soldiers will have a strong desire to win and will hate losing.

Therefore, the leader who knows the soldiers holds the fate of everyone and the fate of the nation.

This time it was how to fight.

By “winning” the battle, leaders become stronger and even have the feelings and finances of everyone.

That is why it is important to get more experiences of “joy” of “winning” in order to “win”.

Then, humanity will be born, and it will become unwavering “strength”.

This can also be applied to your life.

In life, the leader is the leader.

「孫子の兵法」を読む③Read “Sun Tzu’s Military Law” ③

兵は、詭道(キドウ)なり。

戦いは、人を欺(アザム)く。これは、だます、まどわす、こと。そのようなやり方。正しくない手段。

①できる能力があるのに、できないような態度をして、そして敵をだます。

②近くに居るのに、わざと遠くに、居るように振る舞い、近くに居る、そして敵をだます。

③敵に有利に見せて、騙して、その敵を取る。

④敵が、準備が、できていれば、戦いの準備をして、自らが、戦いの準備ができるまで、戦いを避ける。

⑤敵を怒らせて、混乱させる。そして、わざと、敵より下に出て、敵に自信を付けさせて、油断させる。

⑥敵に秩序、整然として、乱れ無い時は、敵を振り回して、疲れさせる。敵が、他の国と親しくしている時は、その仲を悪くさせて、離れさせる。

⑦敵の防備をしていない時は、その時を狙って戦う。敵の油断している時は、自ら出て戦う。

⑧、①〜⑦の戦術は、簡単に使っては、いけない。

⑨戦う準備において、今までのことをシュミレーションして、勝つか、負けるか良くシュミレーションすることが、大切です。

負ける者は、シュミレーションが少ない。

シュミレーションするのが、多い程、勝つ。

つまり、戦う準備において、重要なのは、シュミレーションである。

そのシュミレーションを見れば、勝つか負けるか、歴然としている。

このように、シュミレーションすることが、最も重要なことであり、これをせずに、勝てない。

だから、このシュミレーションが、最も大事で、勝たない戦争は、しない、方が良い。とされる。

正しく無い手段は、良く考た上で、しないといけない。

だから、これは、秘策として、おいておくものである。

やはり、リーダーなる者は、心を通じることが、大切なので、このような事柄は、簡単に使ってはいけない、とされる。

ですが、これは、時に、勝つ、為には、必要だと、「戦争の神様」は、伝えています。

大陸で、勝つ為には、非常に、残酷な事も、多くあります。

歴史は、それを物語っています。

The soldiers are Kido. The battle deceives people (Azam). This is deceiving, deceiving. That way. Incorrect means.

① Even though you have the ability to do it, behave like you can’t and deceive the enemy.

② Even though you are near, you intentionally act as if you are far away, you are near, and you deceive your enemies.

③ Show the enemy in your favor, deceive and take the enemy.

④ If the enemy is ready, prepare for the battle and avoid the battle until he / she is ready for the battle.

⑤ Make the enemy angry and confuse. Then, on purpose, go below the enemy to give the enemy confidence and be alert.

⑥ When the enemy is orderly and orderly and not disturbed, swing the enemy around and make them tired.

When the enemy is close to another country, he makes them sick and separates them.

⑦ When the enemy is not defending, fight for that time. When the enemy is alert, go out and fight.

⑧, ① to ⑦ tactics should not be used easily.

⑨ When preparing to fight, it is important to simulate what you have done so far and simulate whether you will win or lose.

Those who lose have few simulations.

The more you simulate, the more you win. In other words, what is important in preparing to fight is simulation.

Looking at the simulation, it is clear whether you will win or lose.

Thus, simulating is the most important thing, and you can’t win without it. Therefore, this simulation is the most important, and it is better not to do a war that does not win. Is said to be.

Incorrect means must be carefully considered.

So this is a secret plan to keep.

After all, it is important for leaders to communicate with their hearts, so it is said that such things should not be used easily.

However, the “God of War” reports that this is sometimes necessary to win.

There are many very, cruel things to win on the continent.

History speaks for itself.

「孫子の兵法」を読む②Read “Sun Tzu’s Military Law” ②

今回も「勝つ」為の準備のお話の続き、です。

前回を踏まえて、敵、味方、の情報分析です。

お互いに比較して、

①リーダーが正しい哲学を持っている。

②その組織をまとめる力が、優秀であること。

③タイミング。そのアクセスポイントは、整っていること。

④組織、その率いるルール、その戦う力は、充分であること。

⑤個人の力。

⑥その組織は、実戦に強いこと。

⑦「信賞必罰、シンショウヒツバツ」必ず、功績をあげた者は、必ずそれを誉める。

罪をした者は、必ず、罰する。

これを厳格に行うこと。

前回の5項目と、これらの7項目を基準によって、「分析」することから、「必ず」、「勝つ」ことを準備するのです。

その組織を保つために、必要なのは、「厳しさ」を持つこととされています。

けれども、決してその「厳しさ」だけではなく、その中に、時に、「思いやり」を忘れては、いけない、これは、「仁、ジン」とも言われる。

これは、松下幸之助氏の組織の運営にも残されています。

「どうしても、その人を、切らないといけない時がある。

その時は、思いやりをもって、切る。」そんな言葉を残しています。

リーダーの資質は、時に、身を潜んで、時期を待ち、そして、周りを整えて、その時に備える、そんな「孫子」の心構えがあります。

あえて、松下幸之助氏を取り上げましたが、これは、国家、企業、事業、人生、において、非常に有用なことです。

戦いをする為には、準備が、重要で、「勝つ」ことが、最重要である、とされる。

つまり、孫子は、「必ず勝つ」ことを重要で、負ける「戦い」は、しない、のです。

だから、準備、つまり、「分析」して、そのマイナスを補正して、繰り返す。

常に情勢は、刻々と変化する。

だから、来たる日に備えて、準備万端、ジュンビバンタン、あらゆる事柄をするのに必要な情勢を前もって、整えること。が、非常に大事である。

人生においては、「勉強」がある。

それは、「机上の空論、キジョウノクウロン」、つまり、ただ、机の上で、プランされた、実際とかけ離れた、ものでは、いけない。ということです。

自分の人生に設計図を描き、それを実現するために、「勉強」つまり、準備する、ことは、非常に有用である。

とても、難しいように思いますが、「勝つ」為に、その準備は、非常に「最重要」だということです。

日本は、「漢字」の文化を残しながら、独自に文化を作っていきました。

ですから、この「漢文、カンブン」の、直線的文化、を学ことは、グローバル化に大切です。

そして、それに伴う「かな、カナ」文化がある。

これらは、独自の「文化」は、外来語は、「カタカナ」を使い、外来語に備えた。

だから、英語に侵食されずに、独自の文化を発展させている。

だからこそ、原点の、「勝つ」文化を分析して、知恵を英知として、再び、学習することは、異文化から、自国に変化させて、発展することは、非常に大切だと、感じます。

続く。

This time is a continuation of the story of preparations for “winning”.

Based on the last time, it is an information analysis of enemies and allies.

Compared to each other,

① the leader has the correct philosophy.

②The ability to organize the organization is excellent.

③ Timing. The access point must be in place.

④ The organization, the rules it leads, and its fighting power are sufficient.

⑤ Individual power.

⑥ The organization must be strong in actual battles.

⑦ “Shinshohitsubatsu, a punishment for credit” Be sure to praise those who have made achievements.

Anyone who sins will be punished.

Do this strictly.

By “analyzing” the previous 5 items and these 7 items based on the criteria, we prepare to “must” and “win”.

In order to maintain that organization, it is necessary to have “strictness”.

However, never forget not only its “severity” but also “compassion” in it, which is also called “jin, jin”.

This is also left in the management of Mr. Konosuke Matsushita’s organization.

“There are times when I have to cut that person by all means.

At that time, I cut it with compassion.”

The qualities of a leader are, at times, the attitude of a “Sun Tzu” who hides himself, waits for the time, prepares his surroundings, and prepares for that time.

I dared to take up Konosuke Matsushita, which is very useful in the nation, companies, business, and life.

It is said that preparation is important and “winning” is the most important for fighting.

In other words, it is important for Sun Tzu to “always win” and not to lose “fight”.

So prepare, that is, “analyze”, correct the minuses, and repeat.

The situation is constantly changing.

So be prepared, Jun Bibantan, and get the situation you need to do everything in advance for the coming day.

However, it is very important.

In life, there is “study.”

It shouldn’t be “desk theory, Kijo no Kouron”, that is, just on the desk, planned, far from reality. about it.

It is very useful to “study” or prepare to draw a blueprint in your life and realize it.

It sounds very difficult, but in order to “win”, the preparation is very “most important”.

Japan has created its own culture while preserving the culture of “Kanji”.

Therefore, it is important for globalization to learn the linear culture of this “Kanbun, Kanbun”.

And there is a “kana, kana” culture that accompanies it.

They prepared for foreign words by using their own “culture” and foreign words “katakana”.

Therefore, it develops its own culture without being eroded by English.

I feel that it is very important to analyze the origin of the “winning” culture, use wisdom as wisdom, and learn again, to change from a different culture to your own country, and to develop.

.. Continue.

「孫子の兵法」を読んでみよう。Let’s read “Sun Tzu’s Military Law”.

中国、呉の国の「孫子の兵法」に触れたい、と思う。

その孫子は、戦争の困難さを知っていた、とされる、だからこそ「戦争の神様」だったとされる。

孫子は、このように語っています。

準備編。

戦争は、国家のとても重い事柄である。

それは、国家にとって、国の存亡にかかるものだからです。これら5つの項目をよくよく考えて、実践しないと、いけない。

①道。これは、リーダーと心が通じることです。

②天。色んな気象条件、時間、タイミング。

③地。これは、地形や距離等のこと。

④将。これは、リーダーのこと。知恵、信義、シンギ、まごころをもって約束を守り、人の義務を忠実に果たすこと。忠愛、チュウアイ、まごころを尽くして愛すこと、勇気、厳正、ゲンセイ、厳格で公正なこと、である。

⑤法。これは、組織、規律、装備である。

この5項目は、リーダーは、よく考え抜かないといけない、とされる。

これを実践している者は勝ち、これを実践していない者は、注意しなけば、ならない。

このように戦争を始める前の「心構え」がある。

これは、国家だけではなく、それは、企業、事業などを起こす時にも、又、人生やそれに伴う出来事に対しても、これは、当てはまる。

中国は、大きな大陸で、幾度も戦乱があり、それでも、尚、大きな大陸を有する。

この大きな歴史は、長く、これは、やはり、勉強になる。

民族的に、日本は、このようになれないところもある。

しかし、「歴史」から学ぶことは、時に、自分に役立つ、ことも有ると、感じる。

こと、組織を持つ者は、この事柄に関心を寄せても良いと感じる。

要するに、自分の立場をよく知り、相手の立場をよく知ることが、重要である、というのである。

物事は、単純ではなく、そこに色んなことが、絡んでくる。

だから、自分と相手をよく知ることは、非常に重要で、これを無くして、戦い、はできない、というのである。

これは、戦争を推奨しているのではなく、物事は常に、そういう事柄である、ということです。

若い人なら、就職についても、応用できるし、色んな場面で、このように応用できる。

人生において、「情」は、大切ですが、そのことだけでは、決して、生きることはできません。

人生や、物事に対処する時には、このように、準備をすることは、大事である。

その為に、自分を鍛錬して、魅力ある人間、になるよう、自分を知る、つまり分析することは、非常に大切である、と歴史は語っています。

「戦争」といえば、ちょっと、戸惑ってしまうかも知れない。

けれども、資本主義では、常にこれは、競争であります。

自分を知る。まずは、第一歩である。

I would like to touch on the “Sun Tzu’s military method” in China and Wu.

It is said that Sun Tzu knew the difficulty of war, and that is why he was the “god of war.”

Sun Tzu says: Preparation. War is a very heavy matter for the nation.

For the nation, it depends on the survival of the nation.

You have to think carefully about these five items and understand them.

① Road. This is to communicate with the leader.

② Time in heaven. Various weather conditions, time and timing.

③ The advantage of the land.

This is the terrain, distance, etc.

④ General. This is a leader.

Keeping promises with wisdom, faith, shingi, and sincerity, and faithfully fulfilling human obligations.

Loyalty, Chuai, loving with all one’s heart, courage, strictness, gensei, strict and fair.

⑤ Law. This is organization, discipline, equipment.

It is said that the leader must think carefully about these five items.

Those who know this will win, and those who do not know this must be careful.

In this way, there is a “preparation” before the start of the war.

This applies not only to the nation, but also when it starts a company, a business, etc., and also for life and the events that accompany it.

China is a large continent, with many wars, and yet it has a large continent.

This great history is long, and it is still a learning experience.

Ethnically, there are some places in Japan that cannot be like this.

However, I feel that learning from “history” can sometimes be useful to me.

That is, those who have an organization feel that they may be interested in this matter.

In short, it is important to know your position and the position of the other person.

Things aren’t simple, and there are many things involved.

Therefore, it is very important to know yourself and your opponent well, and you cannot fight without it.

This does not mean that we are recommending war, but that things are always such things.

If you are a young person, you can apply it to employment, and you can apply it in this way in various situations.

“Emotion” is important in life, but you can never live by it alone.

It’s important to be prepared in this way when dealing with life and things.

For that reason, history says that it is very important to know, or analyze, to train yourself and become an attractive person.

Speaking of “war,” you may be a little confused.

But in capitalism, this is always competition.

Know yourself The first step is.

「国破れて山河あり、クニヤブレテサンガアリ」無常観は心に響く。”The country is broken and there are mountains and rivers, Kuniyaburete Sangaari” The feeling of impermanence touches my heart.

「国破山河在、城春草木深」

国破れて、山河あり。城春にして、草木深し。

クニヤブレテサンガアリ。シロハルニシテソウモクフカシ。

戦乱の為に国の都長安は、破壊されたが、山や河は、あり、その春は、草木も深く茂り、自然は、昔のまま、悠然と存在しているありさま。

この詩は、杜甫、トホ、盛唐の詩人です。

盛唐、セイトウとは、中国の西暦でいえば、713年〜765年。

祖父は、宮廷の詩人だったとされる。

一時、宮廷に仕えたが、後の人生の半分を放浪して過ごす。

この、無常観が、日本にも共感するものがある。

無常、ムジョウ、とは、常にそうでは無いこと。

常にもの事は、同じではない事で、これは、仏教にも通じるものがある。

これは、松尾芭蕉、マツオバショウの「奥の細道」にも引用されています。

この特に第一文の、「国破山河在、クニヤブレテサンガアリ」は、とても、無常観がある。

だから、この一文は、日本人なら、心に響く一文です。

常にこの世の中は、動いている、人間の諍い、イサカイ、言い争いや口論、果ては、喧嘩、戦乱だって、ある。

しかし、自然は、雄大で、それを呑み込んでしまう程である。

そんな、中国の詩がある。

人間は、ほんの小さなものでしか無い。

自然に逆らうことなんて、できないのです。

悟り、サトリ。これが、大切で、人間には、できないことが、たくさんあります。

サトリとは、迷いが解けて、真理を得ること。真理、シンリとは、心の動き、です。

多くの煩悩、ボンノウ、心身を迷わせる、ことがらを捨て去り、自然と共存することが、最も大切なことです。

「国」、だけではなく、全ての者、ことがら、生き物にも「栄枯盛衰、エイコセイスイ」がある。

これは、人間の人生や世の中は、栄える、つまり、勢いのある時もあり、また、衰える(オトロエル)つまり、弱る時もあります。

だから、「無常」。

常にそのようで、いることは、無い、のです。

それは、希望でもあり、絶望でもあります。

だから、人間は、謙虚に生きていくことが、最もふさわしい存在で、自然には、勝てない、事実があります。

私達、人間は、自然から多くのめぐみをいただき、そして、暮らしています。

めぐみ、メグミとは、あわれ、アワレ(同情すること)に思って、恩恵をもらっていることです。

自然に感謝しましょう。

“Hills and Rivers Remains, Castle Spring Grass and Trees Deep”

In the castle spring, deepen the vegetation.

Kunia Brete Sanga Ali. Shiroharunishitesou Mokufukashi.

Chang’an, the capital of the country, was destroyed by the war, but there are mountains and rivers, and in the spring, vegetation grows deep, and nature still exists as it used to be.

This poem is a poet of Du Fu, Toho, and Sheng Tang.

Sheng Tang and Seito are from 713 to 765 in the Chinese Christian era. My grandfather is said to have been a court poet.

He served the court for a while, but spent half of his life wandering.

This sense of impermanence also sympathizes with Japan.

Impermanence, Mujo, is not always the case.

Things are not always the same, which is also true of Buddhism.

This is also quoted in “Oku no Hosomichi” by Basho Matsuo and Matsuobasho.

In particular, the first sentence, “Kuniyaburete Sangaari, in the Kokubetsuyama River,” has a very sense of impermanence.

Therefore, this sentence is a sentence that touches the hearts of Japanese people.

There are always moving human conflicts, Isakai, quarrels and quarrels, and even fights and wars in the world.

However, nature is magnificent and swallows it.

There is such a Chinese poem.

Humans are only small.

You can’t go against nature.

Enlightenment, Satori. This is important and there are many things that humans cannot do.

Satori is to get rid of the hesitation and get the truth.

Truth, Shinri is the movement of the mind.

The most important thing is to get rid of many worldly desires, bonnows, confusing things, and coexist with nature.

Not only the “country”, but all people, things, and creatures also have “rise and fall, Eikoseisui”.

This is because human life and the world can prosper, that is, have momentum, and can also decline (Otroel), that is, weaken.

Therefore, “impermanence”.

It’s always the case, it’s never there.

It is both hope and despair.

Therefore, there is a fact that human beings are most suitable to live humbly and cannot win naturally.

We, human beings, receive a lot of Megumi from nature and live.

Megumi and Megumi are mercy, sympathy, and benefit.

Thank nature.