モデルナワクチン3回目接種、体験談。The third inoculation of the modelna vaccine, the story of the experience.

感染症対策のワクチン接種体験談です。今回は、3回目。私は、2022/03/10木曜日に接種しました。経過報告とその副反応に苦しんだ経験談です。 1回目は、ファイザー製ワクチンでした。接種6時間ぐらいから、気分が悪くなり、ベットに横にもなれなかった。そうして、接種した12時間後には、食べたものを全部吐いてしまいました。発熱はありませんでした。でも、気分が悪くて、一晩、ベットに横にもなれずに過ごしました。 2回目もファイザー製ワクチンでした。前回のことを話すと、医師は、ゼリーとか飲み物だけを食べなさい、と言われました。だから、ワクチンを打ったその日は、食事らしいものは、食べませんでした。けれども、会場で、経過観察の10分間の時に、ワクチンを打った腕がしびれて、腫れてきました。そうして、腕が、動かなくなりました。その場で、医師の判断で、腕を冷やして、くださいました。30分ほどでした。とても、怖かった思いでした。 今回は、3回目のワクチン接種でした。今回は、モデルナ製でした。ファイザー製は、高齢者に主に接種割り当てされて、週4日の中、ファイザー製ワクチンは、1日だけで、後の3日は、モデルナ製だった。あまり、積極的にワクチンを打つ人は、少ないようで、初日の夜でも、インターネット予約は、空いていました。 弱毒していますが、外出も怖いので、苦しいけれども、3回目のモデルナ製ワクチンを打つことにしました。 会場には、1時間前に到着しました。私は、一番早く着きました。そこで待っていると、係の人が来て、ここで待っていると、看護師、医師、色んな関係者が通るので、違うところに、待つための椅子が置いてあるので、そこに移動してくださいと言われました。そうして、受付が、始まると誘導してくださいました。 受付をしましたが、私は、要観察、として、30分経過観察、という、特別枠でした。普通は、10分間です。その間に、接種部分が痛くなり、腕がしびれてきました。医師に腕を診てもらいましたが、特段、変わった様子もないようでした。今も、少し赤いです(接種後3日目)。これが、表紙の写真です。 医師は、「ファイザー製よりモデルナ製が副反応が多いから」と言われました。私は、特別の部屋移って、様子を見ていただきました。帰宅しましたが、ちょうど12時間過ぎた頃から、熱(37.1℃)の発熱と全身の関節が痛くなり、ワクチンを打った腕と筋肉が痛いです。それは、3日間続きました。3日間熱は続きました。3日経った今は、頭痛と腕の筋肉痛があります。 私の知り合いに感染症になった人がいます。ワクチンは、その人は、打っていませんでした。もう、完全に回復しているのに、喘息のような激しい咳が残っています。同時に感染症になった人がいましたが、その人たちは後遺症は残りませんでした。 後遺症の残った人は、若い人でした。一方、後遺症の残らなかった人は、全員が、ワクチンを打っていて比較的高齢の人でした。苦しいけれども、ワクチンを打って感染症対策をしてほしいととても感じます。 今回は、3回目ワクチン接種の体験談とワクチンを受けなかった人が感染症になったお話でした。

鹿児島「砂むし温泉」体験記。Kagoshima “Sandmushi Onsen” experience report.

今回は、鹿児島の旅にご案内します。鹿児島は、日本は沖縄が返還される前は日本領土の最南端です。ですから、色んな歴史が刻まれています。楽しい思い出と共に、日本の抱える難しい問題が散見できるところです。さあ、鹿児島の旅を一緒に楽しんでください。 ここは、鹿児島の中でも最南端の地域で指宿です。前にも何度か鹿児島に行きましたが、ブログに記録したいのとまた行きたくなりました。温暖でのどかな国民性で、自動車の運転もゆっくりです。平均50-60km/h。北海道は、皆さま100Km/hは平気で出すので、少し怖い思いでしたが、鹿児島は、のんびりして自動車運転ができます。以前は、ひっそりとしていた町営の指宿温泉です。山川砂むし温泉、さゆりです。景色は海岸沿いで、とても自然を堪能できます。 ここが、入口と景色です。 ここの温泉は、地熱を利用しています。こんな感じで、温泉に入ります。 おお!温泉です!これは、砂遊びではありません。 どんどん、砂を盛られます。重い!心配して、ここから、自分で起き上がれますか?と他の人が、質問したほどです。重い!どんどん砂を盛られます。出ているのは、顔だけです。重い! このまま、放置されます。時計が設置されていて、「20分間」を自分でカウントします。途中で、熱くなった人は、モゾモゾと足指を砂から出したりします。ここで、重要なのは、同じ温泉でも、熱い所と普通のところがあります。だから、熱いところの人は、20分間耐えれない人が、出ます。これは、運試しです。どうなるかは、わかりません。私は、腰が、痛くなって、砂から這い上がれませんでした。普段、腰を捻ってお布団で寝る癖が、あるからです。普段は、何ともない腰ですが、温泉の効果があったのでしょう。それから、私は、寝る姿勢を変えることにしました。 外に出れば、無人の販売所があり、温泉で蒸した、卵や野菜が販売されています。ここで、秋のさつまいもを食べました。私が行った時は、50円でした。とても素朴な感じで、美味しかったです。 とても細い道で、カーナビだけでは、なかなか行けないので、途中の看板を見つけながら、自動車で行ってみてください。急な坂道を下ると温泉があります。 砂むし温泉だけでは、物足りない人は、お湯の温泉とセットになった温泉券が販売されています。ここでは、シャンプーやボディソープはありません。ただ、温泉のお湯で砂を流す、お湯の温泉です。ですから、シャンプーなど、したい人は、共通券を購入することをおすすめします。 鹿児島に行ったら、この温泉は、ぜひ経験してください。思わず、笑いながら、入る温泉は、楽しいです。

ウェブ、SNS、インターネット、ブログを経験した感想。Impressions of experiencing the web, SNS, the internet, and blogs.

日本のインターネットWebニュースサイトの第一人者が、インターネットをする人は、「ヒマな人」「賢くない人」の者がするのが、Webだと書いていた。 その人は、インターネットの黎明期にタイミング良く入り、そして、これ以上の「賢くない記事を書く才能が、尽きた」と言って、早々に退場しました。 私は、この頃のWebを経験したくて、Twitter を手始めに、してみました。 そこには、何とも言えない、雰囲気があります。 これは、話が長くなるので、又、別の機会に書いてみようと思います。 Webが、庶民に受け入れられることによって、レベルが、落ちた。 これは、pc、パソコンが、500,000円した時代からすると、格段に落ちた。 端末が、数万円で、買える時代とは、全く、Webを使う人の、「人」が変わる事です。 ですから、私は、この「ブログ」も始めてみました。 感想は、まあ、割に合わない、というところです。 この「ブログ」を維持するのも、維持費が掛かるし、内容を充実するには、とても色んな情報を散りばめる。 普通、このような「情報」は、得る為に「インタビュー」すれば、対価として、金銭を貰うのが、社会通念であるはずです。 これを、うまく、抜け道を使って閲覧する人が居るし、Webには、「心ない人」が、たくさん居るから、もう、こりごり、だと言うのが、正直な感想、です。 ですから、多分、私は、数年後には、Webを「閲覧」するだけの人になっている可能性が、高い、と思います。 うまく、要領良く、その時だけの「受け」を狙って書かれたものが、蔓延る(はびこる)Webに「残念」で、その「賢くない人」を経験した、結果、このような「答え」に、なりました。 ですから、今、Webで、成功している人もこれは、長く続くことは、無い、と思う。 だから、一番、大切なことは、リアルの世界を大事にして、成功するのが、一番の王道、だと思います。 今のWebは、そういう世界で、ある事を知って欲しい、と思います。 これからの「多くの時間」をWebに注ぐ、必要は、無い。 Webは、寡占化されており、これからもっと、「不自由な世界」になっていくから、です。 今回は、「賢くない人」、「バカな人」を経験した、結果の感想です。 私は、密かにこの予想が、外れる、位の、Web業界の運営のあり方が、変わると良い、と思い、提言をしているのも、あります。 なぜなら、日本には、こんな、ことわざ、が、有ります。 「悪貨は、良貨を駆逐する、アッカハリョウカヲクチクスル」つまり、良いものは、悪いものに、よって、無くなる、という、意味です。 One of the leading Internet Web news sites in Japan wrote that the people who use the Internet are those who are “free people” and “unwise people”. The man entered… Continue reading ウェブ、SNS、インターネット、ブログを経験した感想。Impressions of experiencing the web, SNS, the internet, and blogs.

ウェブ、SNS、インターネット、ブログを経験した感想。Impressions of experiencing the web, SNS, the internet, and blogs.

日本のインターネットWebニュースサイトの第一人者が、インターネットをする人は、「ヒマな人」「賢くない人」の者がするのが、Webだと書いていた。 その人は、インターネットの黎明期にタイミング良く入り、そして、これ以上の「賢くない記事を書く才能が、尽きた」と言って、早々に退場しました。 私は、この頃のWebを経験したくて、Twitter を手始めに、してみました。 そこには、何とも言えない、雰囲気があります。 これは、話が長くなるので、又、別の機会に書いてみようと思います。 Webが、庶民に受け入れられることによって、レベルが、落ちた。 これは、pc、パソコンが、500,000円した時代からすると、格段に落ちた。 端末が、数万円で、買える時代とは、全く、Webを使う人の、「人」が変わる事です。 ですから、私は、この「ブログ」も始めてみました。 感想は、まあ、割に合わない、というところです。 この「ブログ」を維持するのも、維持費が掛かるし、内容を充実するには、とても色んな情報を散りばめる。 普通、このような「情報」は、得る為に「インタビュー」すれば、対価として、金銭を貰うのが、社会通念であるはずです。 これを、うまく、抜け道を使って閲覧する人が居るし、Webには、「心ない人」が、たくさん居るから、もう、こりごり、だと言うのが、正直な感想、です。 ですから、多分、私は、数年後には、Webを「閲覧」するだけの人になっている可能性が、高い、と思います。 うまく、要領良く、その時だけの「受け」を狙って書かれたものが、蔓延る(はびこる)Webに「残念」で、その「賢くない人」を経験した、結果、このような「答え」に、なりました。 ですから、今、Webで、成功している人もこれは、長く続くことは、無い、と思う。 だから、一番、大切なことは、リアルの世界を大事にして、成功するのが、一番の王道、だと思います。 今のWebは、そういう世界で、ある事を知って欲しい、と思います。 これからの「多くの時間」をWebに注ぐ、必要は、無い。 Webは、寡占化されており、これからもっと、「不自由な世界」になっていくから、です。 今回は、「賢くない人」、「バカな人」を経験した、結果の感想です。 私は、密かにこの予想が、外れる、位の、Web業界の運営のあり方が、変わると良い、と思い、提言をしているのも、あります。 なぜなら、日本には、こんな、ことわざ、が、有ります。 「悪貨は、良貨を駆逐する、アッカハリョウカヲクチクスル」つまり、良いものは、悪いものに、よって、無くなる、という、意味です。 One of the leading Internet Web news sites in Japan wrote that the people who use the Internet are those who are “free people” and “unwise people”. The man entered… Continue reading ウェブ、SNS、インターネット、ブログを経験した感想。Impressions of experiencing the web, SNS, the internet, and blogs.

FXと株式投資。資産運用とトレードFX and stock investment. Asset management and trading

FXは、為替、つまり、国の相対評価。株式投資は、会社の評価。 FXは、為替だから、どんどん動きます。 それに、国同士の評価だから、時差もあるし、政策や財政など、色んなことが、絡みます。 だから、24時間、365日、ずーっと見張っておかないと、いけない。 投資は、余ったお金でするもので、借金で、するのは、基本的におすすめしません。 気持ちに余裕も無くなるし、ちょっとした利益で、売却するから、いつも時間に追われてしまう。 余裕資金なら、気持ちが違います。 ですから、住宅ローンのある人は、しない、に限る。 ローンの償却表を、じっと見てみると良いです。 元金と利息が、記載されていて、返済額があります。 それだけの利息を毎月、利益を出すことは、無理だと思う、からです。 ですから、お若い時に少しずつ経験して、自分に向いていると思うなら、住宅ローンが終われば、又、始めれば、良いし、向いていなければ、やらない方が良いです。 「休むのも相場」と言うことわざがあります。私も住宅ローンのある時は、投資はお休みしていました。 その時に、証券会社の取り計らいもあり、年に一回だけど、アンケートを答えて、商品券が貰える、ことがありました。 ですから、大手の証券会社は、親切だし、インターネット専門の証券会社は、手数料がお安いので、色んな証券会社を自分で選ぶのは、良いと思います。 話は、戻りますが、基本的に、FXというのは、パイの取り合い、というイメージが私には、あります。 ですから、FXは、ずっと見張るのも面倒で、パイの取り合い、のようなのは、私の場合、向きませんでした。 ですから、FXをちょっと、してみましたが、辞めてしまいました。 ですが、小額投資には、向いています。 株式投資は、会社を分析して将来性を買う行為ですので、この方が、私には、向いていました。 金額は、大きくなりますが、基本的に投資は、ギャンブルでは、ありません。 ですから、追証に追われるような、お取引は、しません。 これが、投資を長くする秘訣だと思います。 私は、海外株式投資は、余り考えていません。 海外の通貨ベースで、利益が出ても、為替で、帳消しになることも、多い、からです。 ですから、海外投資は、かなり難しく、これをできる人は、とても、素晴らしい、才能だと思います。 何事も、経験ですから、投資を通して、色んな社会を勉強して欲しいと思います。 そうすれば、政治、経済が、自分の身近な存在になり、学校とは、違う、社会勉強ができます。 物事を、深く考え、それは、自己研鑽になります。 年齢に関係なく、いつまでも、社会を通して、勉強していたいですね。 FX is a currency exchange, that is, a relative evaluation of the country. Equity investment is a company valuation. Because FX is a currency exchange,… Continue reading FXと株式投資。資産運用とトレードFX and stock investment. Asset management and trading

Translate »
error: Content is protected !!