パウル・クレー「スーパーチェス」は歴史感のある近代美術。Paul Klee “Super Chess” is a modern art with a sense of history.

パウル・クレー(1879-1940)は、ドイツ人音楽教師の父とスイス人歌手でピアニストでもあった母のもと、スイスのベルンで幼少期を過ごした。又、自身もヴァイオリン奏者で、ピアニスト、リリーと結婚した。

このような環境であったけれども、クレーは、画家になりました。ドイツの政治に翻弄され、ドイツのデュッセルドルフでの教鞭を剥奪され、自身は、スイスのベルンに亡命しました。しかし、市民権は、取れなかった。

その中、クレーは、数々の建築物に興味を持ったのです。

近代美術は、一見、非常に無機質に感じます。

ですが、クレーは、古代の石切場を見学して、感銘を受けたのです。それは、南フランスのビベミュス、ベルリン郊外のオスタームンディゲン、シチリア島のシラクーザ、等。だから、非常に無機質な感じの絵画ですが、非常にそれは、歴史を感じる。このような背景が、クレーの作品においてはある。

パウル・クレーの作品で、私が、もっとも感銘を受けたのは、「スーパーチェス」(制作年1937年)です。周りを紫色に囲われて、そのチェス台の空間は、白、グレー、黒、青、赤、等で彩られている。

そこにチェスの駒が乗っています。その空間は、非常に勢いがあり、その筆使いは、チェス台という、無機質な空間を非常に緊張感あふれるものになっている。だから、その駒も非常に勢いよく感じるものです。

これを印刷物にしても、この素晴らしい、タッチは、伝わらない。

私は、この絵画の前で、数十分という時間を過ごし、さらに、興味を持つほど、非常に飽きない、勢いのある作品でした。やはり、本物は、違う。この「スーパーチェス」は、本物を観るべきで、印刷物では、これは全く違う。

この傾向は、近代の美術の全体に言えると感じる。

是非、機会があれば、この「スーパーチェス」に興味を持って、観ていただきたい。今回は、近代美術分野は、非常に重厚な歴史感を持って生まれている事と、その作品は、非常にデリケートであることを書いてみました。

引用 Google Arts & Culture

Paul Klee (1879-1940) spent his childhood in Bern, Switzerland, with his father, a German music teacher, and his mother, a Swiss singer and pianist. He also married the pianist Lily, who is also a violinist himself.

Despite this environment, Klee became a painter. He was at the mercy of German politics, stripped of his teachings in Düsseldorf, Germany, and went into exile in Bern, Switzerland. However, his citizenship could not be obtained.

Among them, Klee was interested in a number of buildings.

At first glance, modern art feels very inorganic.

However, Klee was impressed by the tour of the ancient quarry. They are Bibemus in southern France, Ostermundigen in the suburbs of Berlin, Syracuse in Sicily, etc. So it’s a very inorganic painting, but it feels very historical. This background is in Klee’s work.

One of Paul Klee’s works that impressed me most was “Super Chess” (produced in 1937). Surrounded by purple, the space of the chess table is colored with white, gray, black, blue, red, etc.

There is a chess piece on it. The space is very vigorous, and the brushstrokes make the chess table, an inorganic space, very tense. Therefore, the piece also feels very vigorous.

Even if this is printed, this wonderful touch is not transmitted.

I spent tens of minutes in front of this painting, and it was a very exciting work that I was interested in. After all, the real thing is different. This “super chess” should look real, and in print this is completely different.

I feel that this tendency can be said for all modern art.

If you have a chance, please take an interest in this “super chess” and watch it. This time, I wrote that the field of modern art was born with a very profound sense of history, and that the work is very delicate.

Quote Google Arts & Culture

引用 Google Arts & Culture

Paul Klee (1879-1940) spent his childhood in Bern, Switzerland, with his father, a German music teacher, and his mother, a Swiss singer and pianist. He also married the pianist Lily, who is also a violinist himself.

Despite this environment, Klee became a painter. He was at the mercy of German politics, stripped of his teachings in Düsseldorf, Germany, and went into exile in Bern, Switzerland. However, his citizenship could not be obtained.

Among them, Klee was interested in a number of buildings.

At first glance, modern art feels very inorganic.

However, Klee was impressed by the tour of the ancient quarry. They are Bibemus in southern France, Ostermundigen in the suburbs of Berlin, Syracuse in Sicily, etc. So it’s a very inorganic painting, but it feels very historical. This background is in Klee’s work.

One of Paul Klee’s works that impressed me most was “Super Chess” (produced in 1937). Surrounded by purple, the space of the chess table is colored with white, gray, black, blue, red, etc.

There is a chess piece on it. The space is very vigorous, and the brushstrokes make the chess table, an inorganic space, very tense. Therefore, the piece also feels very vigorous.

Even if this is printed, this wonderful touch is not transmitted.

I spent tens of minutes in front of this painting, and it was a very exciting work that I was interested in. After all, the real thing is different. This “super chess” should look real, and in print this is completely different.

I feel that this tendency can be said for all modern art.

If you have a chance, please take an interest in this “super chess” and watch it. This time, I wrote that the field of modern art was born with a very profound sense of history, and that the work is very delicate.

Quote Google Arts & Culture

人間は、本来「純粋」な心を持って生まれてくる。Human beings are originally born with a “pure” heart.

今、日本で、子供にアンケートを取るとなりたい職業で、急上昇している職業があります。

それは、「医者」です。

コロナウイルスで、世の中が、世界の動きが止まっています。

その中で、免疫のつくことの無い(2020/09現在)病気に、立ち向かっている。

コロナウイルスの専門病院になった職員、医者、は、とても「差別」に遭っているようで、バスの乗車さえ、拒否される、そうです。

だから、退職する人も多いそうです。

このコロナウイルスは、昔のキリシタン弾圧、つまり、踏み絵のようです。

日本も、その昔、キリスト教弾圧がありました。

キリスト教は、密教のような扱いで、「イエス.キリスト」や「聖母マリア」が彫られている板を、足で、踏ます事によって、キリスト教の信者を見つけ、処罰しました。

このことは、とても有名で、今、日本では、宗教によって「差別」されるのは、タブーです。

このように、不幸な歴史は、繰り返しては、いけません。

このようなことは、不幸です。

「差別」は、よく無い。

子供達は、純粋です。

だから、一生懸命に働いている、「医者」を見て、自分も、なりたいと思う、この純粋な気持ちは、本物の「志、ココロザシ」だと感じる。

困難に立ち向かうその姿は、物事を損するとか、得するとか、そんな気持ちで、見ていない。

人間は、本来、そのような性質を持って生まれてきます。

だから、その純粋な気持ちを、育てていくのが、その周りに居る人です。

色んなことが、人生においてあると思うけど、その純粋な、「社会に奉仕したい」という気持ちを忘れないで、欲しいと思う。

色んな困難が、ありますが、「初心を忘れず」に頑張って欲しい、と思います。

Now, in Japan, there are professions that want to take surveys for children, and there are soaring professions. It’s a “doctor”.

With the coronavirus, the world has stopped moving.

Among them, I am confronting diseases that are not immune (as of 2020/09).

The staff, doctors, and others who have become specialized hospitals for coronavirus seem to be very “discriminated” and even refused to board the bus.

Therefore, it seems that many people retire.

This coronavirus is like an old Christian oppression, a stepping stone.

In Japan, there was a crackdown on Christianity a long time ago.

Christianity treated it like esoteric Buddhism and found and punished Christian believers by stepping on a plate on which “Jesus Christ” and “Virgin Mary” were carved.

This is very famous, and in Japan, it is taboo to “discriminate” by religion.

Thus, unfortunate history must not be repeated.

Things like this are unfortunate.

“Discrimination” is not good.

Children are pure.

So, when I see a doctor who works hard, I want to become myself, and I feel that this pure feeling is a genuine “heart.

I haven’t seen the appearance of confronting difficulties, with the feeling that things will be lost or gained.

Human beings are naturally born with such characteristics.

Therefore, it is the people around us who develop that pure feeling.

I think there are many things in life, but don’t forget the pure feeling of wanting to serve society.

There are various difficulties, but I want you to do your best without forgetting your original intention.

戦争は、人間の残酷さを検証できる。War can verify human cruelty.

第二次世界大戦は、日本に多くの犠牲者を出しました。

日本は、世界で唯一の被曝国です。1945年の8月6日に広島に原爆が、投下され、その上に、長崎も同年、8月9日に原爆が投下されました。

灼熱の中、多くの犠牲者が出てから今年、2020年は、75年目になります。

毎年、黙とうが、捧げられ、ここ日本では、犠牲者を心から、悼み、世界平和を祈ります。

日本では、8月15日が、終戦記念日とされる。

これは、昭和天皇のお言葉により終戦を告げられました。

そのラジオ放送のあった日です。

しかし、世界は、国によって終戦日が、違います。

一番遅いのは、ロシアの9月3日です。

このタイムラグについて、書いていこうと思います。

私は、ひっそりとした映画館で、「樺太1945年夏 氷雪の門」を観ました。

ずいぶんと前のことです。この映画は、放送禁止になっています。

だから、多くの人は、知らない。

樺太とは、今のサハリン島のことで、8月15日、昭和天皇が、終戦を告げました。

ラジオ放送を聞いた樺太の住民が、武器も捨て、何も持たない住民が、次々とその当時のソ連軍(現ロシア)によって殺害されていくのです。

その日付8月20日。

それを電話交換手が、取り次いでいく。話です。

武力も、日本は、持たないから、そのまま、殺害される。

それは、残酷なもので、女性は、死ぬ前、死体であっても、残酷なことをされるのである。

だから、真岡町の上陸を開始したことを知った真岡郵便電信局の電話交換手の女性達は、青酸カリで、自ら死を選んだ、という話です。

だから、日本は、8月15日が終戦記念日だけど、その国によって違う。

つまり、武力を捨てた後も、攻撃され、多くの人命と領土を失った事実があります。

けれど、敗戦国は、それを語ることさえ、できない。

ソ連軍は、北海道さえ、狙っていた、と語る人がいる。

人間は、それが正当であると指導者が言えば、バイアスがかかると何でもする。

究極に残酷になれる。

だから、日本の国民は、このことを、もう一度、振り返って、考えることが、必要です。

日本では、決して教えられない、歴史こそ、真実があります。

いくら、世界平和を願っても、人間は、残酷な存在で、自己中心的です。

核廃絶だって、いくら願っても、それをやめる国は無く、逆に増えている。

戦後、75年経ってこのような有り様だから、これは、実現しない。

お互いに脅すことは、最も重要なことだと思う。

武力が無ければ、「樺太」のようになる。

人間は、いつか、自滅するか、自然界から、追い出される、ことになると思う。

地球温暖化によって、北極の氷山が、無くなれば、航路が増えたと喜ぶ程、自己中心的だから。

そうやって、人間は、繁栄してきた。

生物の食物連鎖の頂点を立つ、人間がこのような状態だから、下を支える生物は、次々と絶滅しています。

今、人間が、口にしているのは、「養殖されたもの」「栽培されたもの」で、自然界のものではない。

だから、人間は数が、多すぎる。

医療によって、寿命も伸びた。

このまま、平穏で、人間だけ生き残ることは、できない。

「始まりがあれば、終わりがある」これは、自然の摂理です。

あんなに栄えていた恐竜さえ、突然、居なくなった、地球史があります。

樺太1945年夏 氷雪の門の少女像は、北海道稚内市、稚内公園に9人の少女像があります。

そこには、彼女達の最後のことば、「みなさんこれが最後です。さようなら。さようなら。」と刻まれています。

この記事は、Wikipedia より引用されて、作られました。

稚内公園 Wakkanai Park

World War II caused many casualties in Japan.

Japan is the only exposed country in the world.

The atomic bomb was dropped on Hiroshima on August 6, 1945, and then Nagasaki was dropped on August 9, 1945.

This year, 2020, will be the 75th year since many people were killed in the heat.

Every year, silence is dedicated, and here in Japan, we pray for world peace and sincerely mourn the victims.

In Japan, August 15th is the anniversary of the end of the war.

This was announced in the words of Emperor Showa.

The day the radio was broadcast.

However, the world has different end-of-war days depending on the country.

The latest is September 3rd in Russia.

I will write about this time lag.

I watched “Kabata Summer 1945 Ice and Snow Gate” in a quiet movie theater.

That was a long time ago.

This movie is prohibited from broadcasting.

So many people don’t know.

Sakhalin is the current Sakhalin island, and on August 15, Emperor Showa announced the end of the war.

Residents of Karafuto who listened to the radio broadcast, thrown away their weapons, and have no possession, one after another is killed by the Soviet army (now Russia) at that time.

That date is August 20th.

The telephone operator will follow it.

It’s a story. Japan also has no armed force, so it is killed as it is.

It is cruel, and a woman, even a corpse, is cruel before she dies.

Therefore, the women of the telephone exchanges of the Moka Post and Telegraph Bureau who knew that they had landed in Moka-cho chose to die by potassium cyanide.

So in Japan, August 15th is the anniversary of the end of the war, but it depends on the country.

In other words, there is a fact that even after abandoning armed forces, they were attacked and lost many lives and territory.

But a defeated country cannot even tell it.

Some say that the Soviet army was aiming even in Hokkaido.

Humans do anything biased if their leaders say it is justified.

Ultimately you can be cruel.

Therefore, it is necessary for the Japanese people to look back and think about this again.

In Japan, history is the truth that can never be taught.

No matter how much we wish for world peace, human beings are cruel and self-centered.

No matter how much we wish for the abolition of nuclear weapons, there is no country that can stop it and the number is increasing.

75 years after the end of World War II, this is not possible because it looks like this.

I think threatening each other is the most important thing.

If you don’t have the force, it’s like “Karafuta.”

I think that someday humans will either self-destruct or be expelled from the natural world.

Because of the warming of the Arctic icebergs due to global warming, it is self-centered enough to rejoice that the number of routes has increased.

That’s how humans have prospered. Since human beings at the top of the food chain of living things are in such a state, the living things that support the bottom are extinct one after another.

Now, human beings are talking about “cultivated” and “cultivated”, not the natural ones.

Therefore, there are too many humans.

Life has been extended by medical treatment.

As it is, no one can survive in peace.

“If there is a beginning, then there is an end.”

This is nature’s providence.

Even the dinosaurs that thrived so much suddenly disappeared, there is a history of Earth.

Karafuta Summer 1945: There are nine girls in the Snow and Ice Gate in Wakkanai Park, Wakkanai City, Hokkaido.

The last words of them are inscribed on them, “Everyone, this is the last. Goodbye. Goodbye.”

This article was created by quoting it from Wikipedia.

 

道路付けのない土地。Land without roads.

今回は、土地の履歴をの事を書いてみよう、と思います。

その土地の所轄の法務局に行くと、「登記事項要約書」を申請して、所定の手続きの料金を印紙で支払って、手に入れることができます。

今回は、上記のような、形状の物件があり、とても興味深い、ので、解説していこうと思います。

今回売りに出ていたのは、CとDの物件です。

その地目(土地の種類)は、「雑種地、ザッシュチ」という、今ではあまり、聞かない種類のものでした。

昔から、そのままにしてあった土地ということが、判ります。

古家がそれぞれ、建っていましたが、いずれも持ち主は、同じ人でした。ですから、これを取得すれば、「文筆、ブンヒツ」と言って、それぞれ、土地家屋調査士が、測量して、2つに分ける必要のある土地で費用も軽く1,000,000円は、掛かるそうです。

この2つの物件は、「格安」でした。Bは、道路では、ありません。

これは、相続を繰り返して、最終的に、国に相続人が「物納」した「土地」でした。

ですから、今は、国が持っている「土地」です。

このように、日本は「相続税」が、高いので、土地を切り分けて、国に「お金」ではなく、「土地」を相続税を払う事ができます。

話は戻りますが、CとDの土地は、道路に出るのに、Aの土地を通らないと、道路に出る事が、できない「土地」でした。

不動産会社の説明では、Aの土地の持ち主は、高齢者だと、話していました。しかし、登記簿を読んだら、その土地は、生前贈与されて、相続人の2人の共有名義になっていました。

よって、当面は、相続税に、土地の一部を「物納」されることは、無いことが、判ります。

では、CとDの土地は、どうすれば、良いかというと、A,B,C,Dのいずれの土地も元は、広いひとつの土地、であったと思われます。

私の閲覧したものは、1958年(昭和33年)までの登記簿でしたので、それをもっと昔の登記簿で、元の形の「土地」の登記簿を取り寄せます。その上で、民法210条にこういう道路付けの無い土地に「通行権」があることを、記載があります。

民法210〜213条を良く読めば、「通行権」に料金を払うこと、通行権を拒絶することはできない事。

さらに、通行権を持つ人は、Aの土地に道路を作ることができます。

ですが、土地は、地上権、と言って、土地の上だけですので、地下に水道管などを通すことまでは、定められて、いません。

ガス、水道は、公道は、その事業者がしてくれますが、私道や他人の土地に設置するのは、とても難しい、です。

他人の土地に「通行権」については、もちろん、車も通る、ことができます。この「通行権」は、土地宅地建物取引業者に頼めば、話し合いで、設定できます。

このように、日本の相続税は、非常に高いです。

ですから、「お安い土地」は、登記簿で、しっかりと調べて、後から、後悔しないようにしましょう。

今回は、土地の登記簿の読み方と、道路付けの無い土地の「通行権」について、お話してみました。

Reported byくぅ

This time, I’ll write about the history of the land.

If you go to the legal bureau that has jurisdiction over the land, you can apply for the “entry summary”, pay the fee for the prescribed procedure with a stamp, and get it.

This time, there is a property with the above shape, which is very interesting, so I’ll explain it.

The properties for sale this time are C and D.

The ground (type of land) was a kind of hybrid land, Zashchi, which I don’t hear much about now.

You can see that the land has been left as it is for a long time. Each old house was built, but the owners were the same.

Therefore, if you get this, it is said that the land and house surveyor will need to measure and say, “Bunhitsu, Bunhitsu”, and it will cost 1,000,000 yen lightly on the land that needs to be divided into two.

These two properties were “cheap”.

B is not on the road.

This was the “land” that the heirs “delivered” to the country through repeated inheritance.

Therefore, it is now the “land” of the country.

In this way, Japan has a high “inheritance tax”, so you can divide the land and pay the inheritance tax on the “land” instead of the “money” to the country.

Returning to the story, the land of C and D is the “land” that can go out on the road unless it goes through the land of A even though it goes out to the road.

A real estate agent explained that the owner of A’s land was an elderly person.

However, when I read the register, the land was gifted alive and became the shared name of the two heirs.

Therefore, for the time being, it can be seen that there is no “payment” of part of the land under the inheritance tax.

Then, what is good about the land of C and D?

It seems that the land of A, B, C, D was originally a wide land.

What I browsed was a register up to 1958 (Showa 33), so I will request a register of the original form of “land” in the register that was older. In addition, there is a statement in Civil Code Article 210 that there is a “right of passage” in such land without road attachment.

If you read Articles 210 to 213 of the Civil Code carefully, you cannot pay a fee for “passage rights” or refuse a passage right.

In addition, a person with a right of passage can build a road on the land of A. However, the land is called the “ground right”, and it is only on the land, so it is not stipulated to pass underground water pipes.

Gas and water are provided by the business operators on public roads, but it is very difficult to install them on private roads or on the land of others.

Regarding “rights” to other people’s land, of course, you can also drive.

This “right of passage” can be set through discussions by asking the land, real estate and land building business operator.

In this way, Japan’s inheritance tax is very high.

Therefore, be sure to check the “cheap land” in the register carefully and do not regret it later.

This time, I talked about how to read the land registry and “passage rights” for land without roads.

 

男性、女性の差は、無くなって来ています。洋服から思う事。No gender. Things to think from clothes.

洋服は、性別の歴史を物語にして、作られています。

男性と女性のシャツの合わせが、違います。

それは、男性にとって、女性の洋服を脱がせやすくするため、です。

男性は、狩猟や漁をして、食料をとるために活発に動きやすい洋服を着ていました。

それに対して、女性は、子供を産むために生まれてきた機械、だと言う人もいました。

昔は、人間の寿命は短く、多く、子供を産まないと、病気で死んでしまうので、女性は、家事と育児に追われて、生涯を終えていました。

今は、医療の発達で人間の寿命も伸びて、文明の発達で、家事も機械がします。

女性は、多くの時間を手にしています。

そして、男性に選ばれる為に着飾る洋服も必要で無くなって来ています。

今、オシャレのしたい男性は、女性の洋服を購入しています。

事実、私の家族は、そうですし、私は、男性のスポーツウェアを着ます。

ジーンズは、その象徴でしょう。

これから、加速的にIT、AIによって、多くの時間を手に入ります。

性別、そして、時間のゆとり、が人間の知能の発達、をうながし、加速度的に、文明は発達すると思います。

だからこそ、自然とのバランスをとって、共生しなければ、人間は、自然の脅威に負けてしまいます。

人類に個性は、あっても、同じ人間です。お互いに協力して、地球を大事にしたいです。

Clothes are made based on the history of sex.

Matching shirts for men and women is different.

This is to make it easier for men to remove their clothes.

Men wore hunting, fishing and actively moving clothes to get food.

On the other hand, some people said that women were machines that were born to give birth to children.

In the old days, human life was short, many, and if you didn’t give birth to a child, you died of illness, so women were driven by housework and childcare and ended their lives.

Now, with the development of medical care, the lifespan of human beings has been extended.

Women have a lot of time in their hands. And clothes to be dressed to be chosen by men are no longer needed.

Now, with the development of medical care, the lifespan of human beings has been extended.

Women have a lot of time in their hands.

And clothes to be dressed to be chosen by men are no longer needed.

Jeans is the symbol.

From now on, you can get a lot of time through IT and AI at an accelerated pace.

I think that civilization develops at an accelerated pace, as gender and time allowances develop human intelligence.

That is why humans lose the threat of nature unless they balance with nature and live together.

Even if humanity has individuality, it is the same person.

I want to cooperate with each other and take care of the earth.