ピエール=オーギュスト・ルノワールの画家としての人生と作品。Pierre-Auguste Renoir’s life and work as a painter.

この作品は、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)の代表的作品の「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」(制作年1880年)です。ルノワールは、フランスのパリの有名な印象派の画家です。

ルノワールの作品は、当時の豊かな人々に大変好まれました。だから、作品は、豊かな人々を描いた作品が多いです。

社交界にも、よく出ており、ルノワールの息子も社交界で活躍していました。ですから、とても、華やかな世界を生きた画家です。

多くの画家は、生前は、社会から、評価されることが、少なく、没後にその作品が社会的に認知されることが多い。

画家としては、大変恵まれた環境にいたルノワールです。色使いも、非常に多彩で、油絵の筆跡は、時に厚く、その筆跡は、エレガントです。そこに、ぽつんと、華やかな色を差し込む、そんな、アクセントは、ルノワールの才能を感じる。

実際に見ても、とても美しい作品が多数ある。

そんな中、ひとつのルノワールの作品があった。その作品は、ルノワールのメイドを描いた作品でした。あまり有名ではないその作品は、従来のルノワールの作品とは、全く異なる。何故なら、その胸元は、乱れている。そんな色気のある作品です。そこに、華やかさは、ない。

ルノワールの女性関係は、華やかだった。だから、描いてもらうことは、非常に難しいものだった。そんな中の作品です。

ルノワールは、下積み時代はありましたが、「画家としての人生」は、しあわせだった。だから、よくある、画家として、暗い作品は、見当たらない。印象派として、ルノワールは、よく知られた人物です。

この作品は、「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」(制作年1876年)の作品で、印象派として、最も評価された作品のひとつです。当時、写真技術のない時代において、このような人々を情景として残すのは、難しいからです。この絵画は、ルノワールを印象派として認知するのに、充分な作品です。

彼の作品は、好んで観ることは、多い。とても、美しい作品が多いからです。今回は、「ルノワールの画家としての人生」とその作品に登場する人物像について書いてみました。

引用 大英図書館よりのパブリックドメイン、Google Arts&Culture

This work is a representative work of Pierre-Auguste Renoir (1841-1919), “Miss Irene Khan Danver” (produced in 1880). Renoir is a famous Impressionist painter in Paris, France.

Renoir’s work was very much liked by the rich people of the time. Therefore, many of his works depict rich people.

He often appears in social circles, and Renoir’s son was also active in social circles. Therefore, he is a painter who lived in a very gorgeous world.

Many painters are rarely evaluated by society during their lifetime, and their works are often socially recognized after their death.

As a painter, Renoir was in a very privileged environment. His colors are also very diverse, and his oil paintings are sometimes thick and elegant. The accent, which inserts a gorgeous color into it, feels Renoir’s talent.

Even if you actually look at it, there are many very beautiful works.

Meanwhile, there was one Renoir’s work. The work was a work depicting a Renoir maid. The lesser-known work is quite different from the traditional Renoir work. Because the chest is disturbed. It is such a sexy work. There is no glitz there.

Renoir’s relationship with women was gorgeous. Therefore, it was very difficult to get them drawn. It is a work in such a situation.

Renoir had an era of underlaying, but his “life as a painter” was happy. Therefore, as a common painter, I can’t find any dark works. As an Impressionist, Renoir is a well-known person.

This work is the work of “The Dance of Moulin de la Galette” (produced in 1876) and is one of the most acclaimed works of the Impressionists. At that time, it is difficult to leave such people as a scene in an era without photographic technology. This painting is enough to recognize Renoir as an Impressionist.

I often like to see his work. Because there are many very beautiful works. This time, I wrote about Renoir’s life and the figures that appear in his work.

Quote: Public domain from the British Library, Google Arts&Culture