自然から貰おう!心の余裕の作り方.Get it from nature! How to make a margin of mind.

今回は、心の余裕ある生活について書いてみようと思います。今回は、物語風に書いていきます。

私は、幼い頃学校で「朝顔」を育てました。この花は、夏に咲く花で朝だけに咲く。ツルが出るので、支柱が必要になります。これは、日本の学校で栽培学習がある。

その学習の終わった朝顔は、花が開くと今度は種ができます。その種を、家の一角に投げるように多分、母は、捨てた。

そうすると、とても性質の強い朝顔は、春先になるとぐんぐん芽を出したのです。そうして、支柱の代わりに古ぼけた自転車が置かれた。そうすると、朝顔は、年々大きくなり、とても立派な花を咲かせました。

幼い私は、この大きく咲き誇る花を眺め、とても感動していました。そんな時、学校で、作文コンクールがあった。この朝顔の情景を綴ったものでした。

体験した具体的な事柄を作文することは、簡単ですが、当時の私には、非常に難しい題材でした。だから、何も、評価がつかなかった。

けれども、とても、幼い心に心が打たれる程、非常に美しいものでした。花は、朝のみずみずしい空気を含み、その花は、夏の早朝の日光にあたり、群生になるととても迫力があった。毎朝、起きると、すぐに、朝顔を眺めに走ってそこに駆け寄ったものでした。

人は、何の為に働くのか、何の為に自然を堪能するのか、そんなことを考えていつも私は、お気に入りの風景をスケッチしたり、シャッターを切ります。

多分、人間は、植物には勝てないと思う。そんなことを思いながら、私は、多くの花の写真や風景に映り込む、木々を愛でる。

植物は、安らぎを与えてくれる。だから、とても、心が、リフレッシュする。一時期、オゾンとか、言われたけれども、これは、あまりに科学的すぎる。

ビルや街の風景を撮った写真もある。けれども、私は、自然のもたらす、優しい心地よさには、敵わない、と感じることがある。

なぜなら、そこには、1年を通じて、表情が、違うからです。そうして、その織りなす風景は、人工物である建物に添えられ、その建物の表情さえ変えるのです。そうやって、私たちは、心の余裕を自然からいただいているのです。

これは、紛れもない事実で、このことを通じて、私たちは、謙虚になり、もっと自然を愛することが、必要です。

時に、心の余裕のない時があります。その時、周りを見渡してください。大抵そこには、自然はありません。

それは、人工物が、いかに、人々の心の余裕を奪うものか、知ることになると思います。

心の余裕は、自然からの恵みだと、感じます。だから、自然に囲まれ生きている人は、幸せだと、感じることが、多いです。街はとても快適です。生活も不自由しません。けれども、現代の人々の心は、少し、疲れているように見えます。

心の余裕は、自然からのプレゼントです。

This time, I would like to write about a comfortable life. This time, I will write it in a story style.

I grew up “morning glory” at school when I was little. This flower blooms in summer and blooms only in the morning. Since the vines will come out, you will need a support. This is a cultivation study at a Japanese school.

After the learning, the morning glory will produce seeds when the flowers open. Perhaps my mother threw the seed into a corner of the house.

Then, the morning glory, which has a very strong nature, sprouted steadily in early spring. Then an old bicycle was placed in place of the stanchion. Then, the morning glory became bigger year by year and bloomed very splendid flowers.

When I was young, I was very impressed to see this big flower. At that time, there was a writing contest at school. It was a spelling of this morning glory scene.

Writing the specifics that I experienced was easy, but it was a very difficult subject for me at the time. So nothing was evaluated.

However, it was so beautiful that it touched my childhood. The flowers contained fresh air in the morning, and the flowers were exposed to the sunlight in the early summer morning and were very powerful when they became clusters. As soon as I woke up every morning, I ran to see the morning glory and rushed there.

Thinking about what people work for and what they enjoy nature for, I always sketch my favorite landscapes and release the shutter.

Maybe humans can’t beat plants. With that in mind, I admire the trees reflected in many flower photographs and landscapes.

Plants provide comfort. So, my heart is refreshed. For a while, it was called ozone, but this is too scientific.

There are also pictures of buildings and cityscapes. However, I sometimes feel that I cannot match the gentle comfort that nature brings.

Because there are different facial expressions throughout the year. Then, the weaving landscape is attached to the artificial building and even changes the expression of the building. That’s how we naturally get the leeway of our hearts.

This is an unmistakable fact, through which we need to be humble and love nature more.

Sometimes I can’t afford it. At that time, look around. Usually there is no nature there.

I think it will give you an idea of how man-made objects take away people’s minds.

I feel that the leeway of my heart is a blessing from nature. Therefore, people who live surrounded by nature often feel happy. The city is very comfortable. Life is not inconvenient. But the minds of modern people seem a little tired.

The leeway is a gift from nature.

 

結婚発表。プリンセス眞子「心の病」に優しい心遣いMarriage announcement. Princess Mako “Mental illness” -friendly consideration.

2021/10/26、プリンセス眞子(まこ)さまの結婚の記者会見が、日本時間の14:00から行われました。とても簡素なもので、約10分間のあらかじめ用意しておいた原稿を読み上げる形でした。

又、記者の質問には、二人にとって、非常に受け入れ難いものが寄せられていたので、回答文書を取材に来た記者の代表に渡す、という形でした。これは、結婚をされるのに、多大なマスコミの対応に苦慮した結果、このようなことになったのでしょう。

最も印象的だったのは、結婚の報告と共に、眞子さまの「心の病」を発表した事です。そこには、眞子さまの暖かい言葉が、添えられていました。

「心を守り生き続ける、社会になることを祈ります。」とても感激しました。この言葉は、皆さまと共有したい言葉です。眞子さまの人柄が感じ取れる言葉です。

眞子さまをサポートして、小室圭さんは、米国ニューヨーク州のワンルームで、お二人は、結婚生活を始める。3年間、二人は、一度も会う事なく過ごした。

多くのハンディがある。

皇籍離脱するのに、普通、準備金、1億円を軽く超えるお金が支払われる。これを辞退。結婚式も行われなかった。これは、歴代にもないことである。

自由は、平等にあるから、誰でも、身分を関係なく結婚できたことは、幸せ、です。これは、非常に大切なことで、みんな平等、なのです。これは、二人の人生において非常に大切な事柄です。

とても、現代的な二人です。

そうして、皇室は、大きな節目になる。令和の天皇は、女の子1人。天皇の弟の秋篠宮には、女の子2人、男子1人です。

男系の皇位継承を行なってきた日本の皇室は、男子が、「1人」。だから、女系を認めるよう盛んに、議論された。しかし、眞子さまは、皇籍を離れる。だから、例外を、認めることは皇籍の伝統にも関わる。

今の時代に「男系」とか「女系」とか、ナンセンスだと感じる人もいるだろう。女系を認める国は、多い。

これから、日本の皇室が、どうなるのか、静かに暖かく見守っていきたいと感じます。

時代が、大きく変わる中、皇室も大きな転換期にあるように感じます。

On October 26, 2021, a press conference for the marriage of Princess Mako was held from 14:00 Japan time. It was very simple, and it read aloud the manuscript prepared in advance for about 10 minutes.

In addition, the reporter’s question was very unacceptable to the two, so I handed it to the representative of the reporter who came to cover the answer document. This may have happened as a result of struggling with the mass media to get married.

The most impressive thing was that Mako announced her “mental illness” along with her marriage report. Mako’s warm words were attached to it.

“I pray for a society that protects my heart and continues to live.” I was very impressed. This word is a word I would like to share with you. It is a word that you can feel the personality of Mako.

In support of Mako, Kei Komuro is in a studio in New York, USA, and the two begin their marriage. For three years, the two spent without ever meeting.

There are many handicap.

A reserve, slightly over 100 million yen, is usually paid to leave the imperial family. She declined this. No wedding was held. This is unprecedented.

Freedom is equal, so it’s happy that anyone can get married regardless of their status. This is very important and everyone is equal. This is a very important thing in their lives.

They are very modern.

Then, the imperial family becomes a big milestone. The emperor of Reiwa is a girl. The emperor’s younger brother, Akishinomiya, has two girls and one boy.

The Japanese imperial family, which has inherited the male throne, has “one” male. Therefore, there was a lot of discussion about admitting females. However, Mako leaves the imperial register. So admitting exceptions is also relevant to the imperial tradition.

Some people may find it nonsense, such as “male” or “female” in this era. Many countries allow women.

From now on, I would like to watch the Japanese imperial family quietly and warmly.

As the times change drastically, I feel that the imperial family is at a major turning point.

 

一心不乱に生きる-お金で幸せは買えないLive with all one’s might-money can’t buy happiness.

「一心不乱(イッシンフラン)」。心が、乱れない様子をこの言葉は、表現しています。「一心」とは、一つの心と書きます。「不乱」は、乱れないことを指します。四字熟語は、古い言葉で、漢文のような読み方をします。

つまり、言葉の意味が、とても歴史があります。今なお、語られる言葉は、とても価値があると私は、感じています。いつも私は、心の中に、この言葉が、あります。

それは、いつの時にも、決して乱れないことは、とても難しいからです。このような心の境地になるのは、とても難しいです。

この「揺らぎのない心」を育て、物事を決して軽く扱う事なく、じっくりと物事に集中して対応する、「心」がそこには、存在します。

「心」のありさまは、現代に於いては、個人の自由が、尊重されて、色んな「心」の在り方があります。それは、個人の自由でもあり、この現代に於いて、それは、否定されるものでは、ありません。

けれども、人生の心構えは、大きな物事をやり遂げたり、社会的に認められるようになる為には、物事を軽く見て、ひとつの物事を簡単に対処したりすることは、良いことではありません。

良い人生の重ね方とは、どんなことであっても、「一心不乱」に物事に対処することが、大切だと思うからです。

つまり、どんな小さな物事であっても、ひたすら真摯に対応することです。良い小さな物事の積み重ねは、良い人生を築く基礎であり、それは、しっかりとした土台になります。

そのような時間を築き上げることは、後の人生に於いて、決して、「後悔」の無い人生になるでしょう。人生は、大きな決断をすることがあります。その決断が、正しいとは、限りません。

ですが、「一心不乱」に考え、出した決断は、「後悔」を生むことは、無く、そこには、自分で、決断した物事だから、「納得する」ことができます。

色んな人生がありますが、時間だけは、元には、戻りません。これは、現代に於いて、もっとも、平等な事柄です。

「後悔」ではなく、「納得」できる人生を送る為には、「一心不乱」に生きることは、重要な事柄だと感じています。色んな人がいます。けれども、真面目に生きることは、大切です。何故なら、そこには、信頼が、生まれ、良い人々に囲まれていると、思うからです。

そこには、お金では、買えない、素晴らしい環境が整っています。人は、いつも、孤独です。孤独に生まれてきて、孤独に死んでいきます。だから、人生は、自分そのものです。自分に責任を持つことは、自分の限界を知ることでもあります。

だからこそ、「一心不乱」。

現代に於いて、お金をたくさん持っていることが、その人物が、良い人生を送っているように、見えることがあります。しかし、それは、間違いであり、人生を快適に過ごすことはできますが、それは、「幸せ」を得るための条件ではありません。

お金で、解決できることは、たくさんあります。だから、人生は、快適です。けれども「人の心」は、お金では、買えないことを知っておきましょう。人生に於いて、ある程度のお金は、必要です。

ですが、ひとりの人間として生き、そして、ひとりの人間として、死んでいく人生には、過剰なお金は、必要ではありません。

そこには、別れを惜しんでくれる「人々の心」が、もっとも、必要な事柄です。

心の価値観は、人によっても大きく異なることがあります。ですから、色んな論議があり、これは、哲学にも通じます。ですから、この文章が絶対では、ありません。

違う価値観もあるからです。これを否定は、しません。

なぜなら、そこには、多様性があるからです。

だからこそ、人は、悩み、苦しみます。そうして、心の拠り所を探します。人生に答えは、ありません。自問自答しながら、歩むのが、人生そのものだと思うからです。

“Isshin Fran”. This word expresses how the mind is not disturbed. “One heart” is written as one heart. “Undisturbed” means not disturbed. Yojijukugo is an old word that is read like a Chinese sentence.

In other words, the meaning of words has a very long history. I still feel that the words spoken are very valuable. I always have this word in my heart.

That’s because it’s very difficult to never be disturbed at any time. It’s very difficult to be in such a state of mind.

There is a “heart” that nurtures this “unwavering heart” and never treats things lightly, but rather concentrates on things carefully.

In modern times, the “mind” is respected for individual freedom, and there are various ways of “mind”. It is also personal freedom, and in this modern era it cannot be denied.

However, the attitude of life is that it is not good to take a light look at things and deal with one thing easily in order to get things done or become socially recognized.

I think it’s important to deal with things in a “one-hearted manner” no matter what the good way of life is.

In other words, take all the small things seriously. The accumulation of good little things is the foundation for a good life, and it is a solid foundation.

Building up such time will never be a “regret” in later life. Life can make big decisions. That decision is not always correct.

However, the decision you make with “one-heartedness” does not cause “regret”, and you can “convince” it because it is a decision you made yourself.

There are many different lives, but only time is irreversible. This is the most equal thing in modern times.

I feel that it is important to live in a “one-hearted manner” in order to live a life that is “convincing” rather than “regret”. There are various people. However, it is important to live seriously. Because I think that trust is born and surrounded by good people.

There is a wonderful environment where you can’t buy with money. People are always lonely. Born lonely and dying lonely. So life is yourself. Taking responsibility for yourself also means knowing your limits.

That is why “one-hearted unrest”.

In modern times, having a lot of money can make the person seem to have a good life. But that’s a mistake, and while you can live your life comfortably, it’s not a condition for “happiness.”

There are many things that can be solved with money. So life is comfortable. But be aware that the “human heart” cannot be bought with money. You need some money in your life.

But living as a human being and dying as a human being does not require excess money.

The most necessary thing is the “hearts of the people” who are willing to say goodbye.

The values of the mind can vary greatly from person to person. So there is a lot of controversy, which also leads to philosophy. Therefore, this sentence is not absolute.

Because there are different values. I will not deny this.

Because there is diversity there.

That is why people suffer and suffer. Then, look for a place of heart. There is no answer in life. I think it is life itself to walk while asking yourself questions.

 

 

 

 

 

ピエール=オーギュスト・ルノワールの画家としての人生と作品。Pierre-Auguste Renoir’s life and work as a painter.

この作品は、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)の代表的作品の「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」(制作年1880年)です。ルノワールは、フランスのパリの有名な印象派の画家です。

ルノワールの作品は、当時の豊かな人々に大変好まれました。だから、作品は、豊かな人々を描いた作品が多いです。

社交界にも、よく出ており、ルノワールの息子も社交界で活躍していました。ですから、とても、華やかな世界を生きた画家です。

多くの画家は、生前は、社会から、評価されることが、少なく、没後にその作品が社会的に認知されることが多い。

画家としては、大変恵まれた環境にいたルノワールです。色使いも、非常に多彩で、油絵の筆跡は、時に厚く、その筆跡は、エレガントです。そこに、ぽつんと、華やかな色を差し込む、そんな、アクセントは、ルノワールの才能を感じる。

実際に見ても、とても美しい作品が多数ある。

そんな中、ひとつのルノワールの作品があった。その作品は、ルノワールのメイドを描いた作品でした。あまり有名ではないその作品は、従来のルノワールの作品とは、全く異なる。何故なら、その胸元は、乱れている。そんな色気のある作品です。そこに、華やかさは、ない。

ルノワールの女性関係は、華やかだった。だから、描いてもらうことは、非常に難しいものだった。そんな中の作品です。

ルノワールは、下積み時代はありましたが、「画家としての人生」は、しあわせだった。だから、よくある、画家として、暗い作品は、見当たらない。印象派として、ルノワールは、よく知られた人物です。

この作品は、「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」(制作年1876年)の作品で、印象派として、最も評価された作品のひとつです。当時、写真技術のない時代において、このような人々を情景として残すのは、難しいからです。この絵画は、ルノワールを印象派として認知するのに、充分な作品です。

彼の作品は、好んで観ることは、多い。とても、美しい作品が多いからです。今回は、「ルノワールの画家としての人生」とその作品に登場する人物像について書いてみました。

引用 大英図書館よりのパブリックドメイン、Google Arts&Culture

This work is a representative work of Pierre-Auguste Renoir (1841-1919), “Miss Irene Khan Danver” (produced in 1880). Renoir is a famous Impressionist painter in Paris, France.

Renoir’s work was very much liked by the rich people of the time. Therefore, many of his works depict rich people.

He often appears in social circles, and Renoir’s son was also active in social circles. Therefore, he is a painter who lived in a very gorgeous world.

Many painters are rarely evaluated by society during their lifetime, and their works are often socially recognized after their death.

As a painter, Renoir was in a very privileged environment. His colors are also very diverse, and his oil paintings are sometimes thick and elegant. The accent, which inserts a gorgeous color into it, feels Renoir’s talent.

Even if you actually look at it, there are many very beautiful works.

Meanwhile, there was one Renoir’s work. The work was a work depicting a Renoir maid. The lesser-known work is quite different from the traditional Renoir work. Because the chest is disturbed. It is such a sexy work. There is no glitz there.

Renoir’s relationship with women was gorgeous. Therefore, it was very difficult to get them drawn. It is a work in such a situation.

Renoir had an era of underlaying, but his “life as a painter” was happy. Therefore, as a common painter, I can’t find any dark works. As an Impressionist, Renoir is a well-known person.

This work is the work of “The Dance of Moulin de la Galette” (produced in 1876) and is one of the most acclaimed works of the Impressionists. At that time, it is difficult to leave such people as a scene in an era without photographic technology. This painting is enough to recognize Renoir as an Impressionist.

I often like to see his work. Because there are many very beautiful works. This time, I wrote about Renoir’s life and the figures that appear in his work.

Quote: Public domain from the British Library, Google Arts&Culture

「学問のすすめ」勉強(教育)は豊かな生活になる2″Recommendation of learning” Study (education) will be a rich life 2

この本の全編を今回は書くことはしない。私は、気になるところをつまみながら、この「学問のすすめ」を取り上げていきたい。ここには、こうある。西洋からの教えで、良い国民によってなる政府は、良い政府になる。

それに続くのに、こうある。「無学文盲」を殊更に愚かなことだと述べている点です。要するに、勉強は、人々を賢くし、その国家は繁栄する。福沢諭吉は、人々は、平等だとし、勉学の大切さを教えた。日本には、文字を読めない人は、いない。そう、憲法で、基本的人権に確立されている。

日本は、勉学について、その不平等は無い。だから、どんなに貧しくても、それは、勉強の機会があり、身分によって、その、豊かさによっても、それは、平等に、立身出世する機会がある。と書かれています。

多分、世界は、その方向には、行っていない。今や、富が偏っており、その富は、又、富を生む。けれども、その対局にいる人もいる。むしろ、そういう人々の方が多いと感じる。

日本は、ここが、資本主義国でありながら、違う。そう、日本国民は、あまり寄付はしない。けれども、多額の税金を払う。これは、国民の義務である。それゆえに、恵まれない人々に社会的に奉仕し、これが、色んな形で還元される。

その根幹が、教育だと感じる。何故なら、前述にも、書いた。そう、良い国民になるには、勉強が必須であり、それは、良い国家になる。勉強とは、物事の道理を学ぶ場です。

だから、それは、単に、勉強だけでは無く、それは、物事の規範を学ぶのです。つまり、道徳心が付きます。物事の道理が分かる。つまり、社会が安定する。これは、一部の人々では、いけない。全ての人々が、勉強する機会が無ければ、達成しない。

私は、以前、勝つ為の書物を読んだ。けれども、読み込むほど、それは異物感を感じた。何故なら、道徳が無いからです。道徳心が有れば、それは、争いにはならない。世界には、道徳の無い国々が多い。色んな利害によって、戦争は起こる。

けれども、それは、不幸です。何故なら、それは、勉強する機会が失われるからです。なおさら、ここで強調したいのは、世界中にこの勉強の機会が平等に有れば、それは、「良い国家」と「良い国民」が存在し、これは世界平和になる、と感じるからです。

経済に於いて、それは、競争は有る。けれども、教育無くして、その企業は、存在せず、又、安定しない、そう感じる。だから、今こそ、全世界の人々が勉学する機会が与えられる。そんな社会を願うのです。

今回は、国家は、人々によってなり、それは、人々が勉学によって、良い社会を作ることができることを書いてみました。全世界が、平和になるよう、より勉強する機会が平等に与えられますように。今回はここまでです。

I will not write the entire book this time. I would like to take up this “recommendation of learning” while pinching the points of concern. Here is this. According to the teachings of the West, a government made up of good people becomes a good government.

Following that, there is this. The point is that “uneducated ignorance” is said to be particularly stupid. In short, studying makes people smarter and the nation prospers. Yukichi Fukuzawa taught that people are equal and that studying is important. There is no one in Japan who cannot read letters. Yes, it is established in the Constitution as a basic human right.

Japan has no inequality in studying. So, no matter how poor it may be, it has the opportunity to study, and by status, by its affluence, it has the opportunity to rise to life on an equal footing. Is written.

Maybe the world isn’t going in that direction. Wealth is now biased, and that wealth also produces wealth. However, some people are in the game. Rather, I feel that there are more such people.

Japan is different, even though it is a capitalist country. Yes, Japanese people don’t donate much. However, he pays a lot of taxes. This is the duty of the people. Therefore, it serves the underprivileged people socially, and this is returned in various ways.

I feel that the basis of this is education. Because I wrote it above. Yes, studying is essential to becoming a good nation, and it becomes a good nation. Studying is a place to learn the reasoning of things.

So it’s not just studying, it’s learning the norms of things. In other words, it is moral. I understand the reason for things. In other words, society is stable. This should not be the case for some people. Not all people will achieve it without the opportunity to study.

I read a book to win before. However, the more I read it, the more it felt foreign body sensation. Because there is no morality. With morality, it is not a dispute. There are many morally immoral countries in the world. War is caused by various interests.

But that’s unfortunate. Because you lose the opportunity to study. What I would like to emphasize here is that if we have equal opportunities to study all over the world, we feel that there are “good nations” and “good people”, which will lead to world peace.

In the economy, it is competitive. But without education, the company feels like it doesn’t exist and isn’t stable. So now is the time for people all over the world to study. I wish for such a society.

This time, I wrote that the nation is made up of people, and that people can create a good society by studying. May the whole world be given equal opportunity to study for peace. That’s all for this time.

不倫と乳がんを持った女性。A woman with affair and breast cancer.

私は、良い意味でも、悪い意味でも、人から、あれこれ、感情をぶつけられことが、多い。だから、色んな人と、通りすがり、だけれど、色んなことに遭遇する。

だから、世の中、色んな人がいるんだなぁ、と思う。良い人ばかりでは、無い。色んなことを言って、来る人もいる。だから、話しかけやすい人だと思う。これって、とても、良い面もあるし、嫌な思いもする。

だけど、通りすがりの人の人生を沢山見てきました。だから、色んな人の人生を知っている。でも、名前も、住んでる場所も知らない、そんな人。そんな人生を無意識から、意識に変えると、何層にもなって、心に重く、連なる。

そんな人生を時々、書いてみるのも、良いものかもしれない。だって、人生って、ひとりに、ひとつ。もう、お話を聞いてずいぶん歳月は、経った。だから、そんな人生を綴るのも、許してくれるだろう。

色んな人生がたくさん私は、心に、降り積っている。そんな中から、ひとつ。ふと、つぶやく、その人の人生は、色んな物語があります。今回は、重い。

「私って、罰を受けたのかも、しれない」そう言って彼女は、話はじめました。彼女は、とある職場で、妻子ある男性と付き合っていました。彼女は、独身。世間で言えば、「不倫」。

そんなある日、彼女は、乳がんになり、片方の乳房を失った。その傷跡は、激しく、えぐれている。彼女は、独身のまま。

そんな彼女は、月に1回、必ず会う男性がいる。それは、「不倫」の男性です。それは、もう30年、続いている。そんなお話だった。私は、「悪いおじさんね。」って答えた。彼女は、無言だけど、ちょっと嬉しい、みたいでした。

もう、身体の関係は、無い。だけど、30年ずっと続いている。私には、理解を超えたそこには、愛情とか、そんなものではなく、人間としての繋がりを感じる。

そうして、私との別れ間際に彼女は、「さようなら。」と言った。その言葉は、今も、鮮明に覚えている。たくさんの悲しみと生きた彼女の人生は、きっと、失うことは、特に、特別な感情もない。淡々と生きる彼女は、多くのものを失いながら、生きる、人生を感じた。

生活が苦しくても家族は大切。Family is important even if life is difficult.

これは、私の体験したお話です。

誰にも、話したことは、無い。だけど、「命」を守って欲しいから、つらい過去を、思い出して、書こうと思います。

私の父は、会社を経営していました。その時は、周りから、お金持ちに見えるようで、いじめられていました。

そして、不況が来て、今度は、会社が、倒産しました。

それで、借金取りがくるので、夜逃げをしました。そうして、何も、無くなりました。

そうして、私は、また、元の学校に戻って、学校に通いました。

ですが、色んなことを、みんな知っているので、みんなは、私を遠くから見るだけで、あまり、声をかけてくれませんでした。そして、今度は、仲間はずれになって、ずっと過ごしました。

学校は、変わらず、ずっと住みました。

だから、みんな、お金に困った人、だと知っていました。

お金の無いことは、つらいけど、決して恥ずかしいことでは、ありません。

だから、困ったら、児童相談所や、市役所に相談に行ってください。

プライバシーは、守ってくれます。私は、そんな過去があります。

だから、お金の無い苦しみは、わかる。「命」は、一番大切です。

SNSで、死にたいと言って、そんな人を狙って、悪いことをする人がいます。近づいたら、危険です。

かっこよく生きなくて、良い。ただ、あなたが、いるだけで、救われる人がいます。

それは、家族だったり、あなたを知っている人。

ひとりぼっちの人だって、あなたを知っている人がいる。

それだけで、良い。

だから、毎日、生きているだけで、良い。

学費に困れば、休学すれば良い。そしたら、お金は、かからない。

そうして、夜学に行けばいい。

履歴書には、夜学なんて、書く必要もない。就職試験で、聞かれることも無い。

だから、働きながら、学校に通うことができる。

私は、地震で何もかも、無くなり、困った人と話したことがある。

その人は、死んだ人を洗う、仕事をしようかと、考えていました。それは、お給料が、良いからです。

仕事に、かっこ良いとか、悪いとか、無い。だから、何でもするつもりなら、なんでもあります。

まずは、プライバシーを守ってくれて、相談できる市役所に行ってみよう。電話でもいい。

それなら、電話代が、心配だから、電話番号を教えて、かけなおしてもらおう。

これを読んだ人は、生きてください。「命」は、一番大切。

ただ、それを伝えたい。生きること、だけを考えて欲しい。

私の伝えたいことは、「生きてください」。

心から、心配しています。

こんなことを書いている間にも、「命」を断つ人が、いる。

だから、みんなに、この話が、届きますように。

節約。金銭感覚を育てよう母の日のプレゼント。Savings. A gift for Mother’s Day to develop a sense of money.

日本では、5月の第2週目の日曜日は、母の日、と言って、お母さんにプレゼントを贈る、習慣があります。

その母の日にお決まりのパターンがあります。

それは、カーネーション(花)をプレゼントします。

私は、プレゼントやお祝い、を派手にしたり、しません。

そこには、母の強烈なほどの金銭感覚が、受け継がれています。

母は、商売人の家に生まれています。

私は、幼い時に、お小遣いを貯めて、カーネーションを、プレゼントしました。

初めてのことで、ドキドキ、していました。

そうすると、母は、「これ、私のお金で、買ったのね。」と、言い放ち、ありがとう、の一言もありません、でした。

確かに、お小遣いは、家庭から、もらったものでした。

それも、一年で、カーネーションが、一番、お高い、時期です。

ここまで、言われると、とても、毎年、お祝い、なんて、できない。

こんなことも、ありました。料理が、したいので、オーブンを買ってもらいました。

そうすると、母は、誕生日やクリスマスになると、ケーキを焼くように、いつも、私に言います。

そして、わずかな予算で、ケーキを作ることしか、できないほど、予算は、削ります。

ですから、クリスマスシーズンの、お高いイチゴなんて、とてもじゃないけど、買えません。

ですから、缶詰のフルーツを買って、チェリーや、パイナップル、ピーチなど、色とりどりにして、なんとか、作っていました。

そして、お正月(一年の始まりを日本は、オショウガツと言って、お祝い、します。)になると、又、指示が出ます。

鯛の姿焼き、を作るように、言います。

鯛を串に刺して、踊っているようにして、オーブンで、毎年焼いていました。

鯛の姿焼きは、お高い、です。ですから、自分で作って節約していました。

お誕生日お祝いなんて、小さい頃は、していたけれど、ケーキを焼くのも、もう、どうでもよくなりました。

イチゴのお高い時期に、手作りのケーキにイチゴをのせるのは、不経済、だと思います。

そんな、経済感覚が、身についています。

小さな節約は、後の、大きな成長になります。

工夫をして、いかに、楽しむのか、そこには、知恵が生まれる、原点、が、あります。

カーネーションは、とても育てやすい、お花です。

タネを買って、たくさん、咲かせるのも、ステキだと思います。

知恵を使って、より良い、暮らしにしたいですね。

In Japan, the second week of May, Sunday, is Mother’s Day, and there is a custom of giving presents to mothers.

There is a fixed pattern on Mother’s Day.

It presents carnations (flowers).

I don’t flashy gifts or celebrations.

There, the intense monetary sensation of my mother is passed down.

My mother was born in a merchant’s house.

When I was young, I saved my pocket money and presented a carnation.

It was my first time and I was excited.

Then, my mother said, “I bought this for my money.”

Certainly, my pocket money was received from my family.

It’s also the year when carnation is the most expensive.

So far, I can’t celebrate every year.

There was also such a thing.

I want to cook, so I got an oven.

Then my mother always tells me to bake a cake on birthdays and Christmas. And I cut the budget so that I can only make a cake with a small budget.

So I can’t buy expensive strawberries for the Christmas season, though it’s not very good.

So, I bought canned fruits and made them colorful with cherries, pineapples, peaches, etc.

Then, when New Year’s Day (the beginning of the year is called “Oshogatsu, Japan celebrates”), instructions will be given again.

Ask them to make a grilled sea bream.

I grilled sea bream every year in the oven, sticking on a skewer and dancing as if I were dancing.

The grilled sea bream is expensive.

So I made it myself to save money.

I used to celebrate birthdays when I was little, but I don’t mind baking cakes anymore.

I think it is uneconomical to put strawberries on a handmade cake during the high season of strawberries.

I have such an economic sense.

Small savings will be big growth later.

There is a starting point, where wisdom is born, how to devise and enjoy.

Carnations are flowers that are very easy to grow.

I think it’s great to buy seeds and make them bloom a lot.

I want to use my wisdom to make a better life.

環境に負けずに、大きく成長する。鳴門海峡に見る自然。Grow big without losing the environment.Nature seen in the Naruto Strait.

日本に明石海峡大橋と鳴門大橋があります。

この2つの橋は、島をひとつ渡って、本州と四国を繋いでいる高速道路の大橋です。

この橋は、渦潮という、大きな海のうねりがある、ところに建設されています。

下が、先ず、海ですから、河、の橋とは、格段に、技術が必要です。

何故なら、真水とは、違い、海水です。ですから、すぐに、痛み易いです。

素材も、とことん、こだわりが有ります。

メンテナンスが、容易に出来る様に、メンテナンスのする人の渡る部分も有りますし、それは、とても凄い技術です。

橋の吊るケーブルももちろんですが、その吊って居る支柱は、エレベーターで、上がります。

遠くから見れば、普通の橋の様ですが、支柱をエレベーターで上がる程、壮大な建築物です。

その下には、渦潮があり、そこには、又、素晴らしい、事が発覚できます。

その激流の海流の中で、育った海の生き物達は、素晴らしい程、美味しいのです。

その代表が、タコ、です。吸盤で張り付いて、流されないように、生息しています。

ですので、身が、引き締まって、とても美味しい、のです。

他にも、「ワカメ」などの海藻も、そのような環境で、育った海の生きものは、とても美味しいです。

とても、日本では、有名な食材です。

厳しい環境で、晒される事は、一見、不幸なことのように、思われる事が、多いです。

ですが、このような自然界が、教えてくれているようです。

どんな環境でも、堪えて、頑張れば、それは、とても素晴らしい結果になり、大きな実りをもたらす、ことを教えてくれています。

自分の置かれた環境に、不平を言わず、それをバネに、大きく成長して、ください。

There are Akashi Kaikyo Bridge and Naruto Bridge in Japan.

These two bridges are highway bridges that connect Honshu and Shikoku across one island.

This bridge is built in the place where there is a big ocean swell called whirlpool.

Below is the sea first, so the technology of river bridge is much needed.

Because fresh water is different from seawater.

So it’s easy to hurt right away.

As for the material, we are very particular about it.

There is a part that the person doing the maintenance crosses so that the maintenance can be done easily, and it is a great technique.

Of course, the cable that hangs the bridge is lifted by the elevator.

Seen from a distance, it looks like an ordinary bridge, but it’s a magnificent building, where you can go up the pillars by elevator.

Below that, there is a whirlpool, and there are also wonderful things to discover.

The marine creatures that grew up in the torrent of ocean are so delicious that they are wonderful.

The representative is octopus.

It sticks to the sucker and lives so as not to be washed away.

Therefore, the body is firm and delicious.

In addition, seaweeds such as “seaweed” are very delicious when they grow up in such an environment.

Very famous in Japan.

In a harsh environment, there are many things that seem to be exposed, seemingly unhappy.

However, it seems that such a natural world teaches us.

It tells us that in any environment, if you endure and work hard, it will give you great results and great results.

Do not complain about your environment and use it as a spring to grow up.

今のウェブ、SNSに必要なこと。What you need for today’s web and SNS.

日本には、日本版SNSがあります。

この現状を書いてみたい、と思います。

今のツイッター社やフェイスブック社の将来を見分ける上で、重要になる、と思いますので、今後の展望を書いてみたい、と思います。

何も、対策をしないのなら、この場は、将来的に、誹謗、中傷の場、そして、裏情報のやり取りの場になるでしょう。

これは、日本での、「2ch」(2ちゃんねる)と呼ばれるサイトを参考にしています。

このサイトは、インターネットの黎明期において、とても、インターネットやパソコンのスキルの高い人が、色んな情報を交換していたサイト、でした。

ですから、匿名では、ありましたが、とても有益な情報が、得られる場所でした。

みんな、とても、親切で、とても、良いサイトでした。

ところが、今は、荒廃して、人の悪口や、変なうわさ話をしたりする、サイトになってしまいました。

サイトは、情報交換もしている所もありますが、それも、嫌がらせで、話をそらして、そのサイトを潰そうとする者が、現れるので、やはり、良い情報は、得られるサイトでは、ありません。

幾つもの、スレッドがありますが、これは、もう、発言の「自由」は、ありますが、そこには「責任」がありません。

そのサイトは、汚いことばで、埋め尽くされています。

時々、そこに、真実が、混ざっていることもあります。

それを見つけるために情報を探す人もいますが、「真実」か、どうかは、自分で判断しなければ、なりません。

このように、広く一般的になる、という事は、「自由」という特権を、デジタルの場所で、身勝手な発言することになります。

これは、自分を優位にしたい、欲求から、です。

リアルの世界で、不満を募らせ(つのらせ)、そして、はけ口にします。

ですから、悲しい現実ですが、インターネットが、普及する事は、何かしらのルールが、必要になります。

SNSは、とても、このサイトのようになる可能性を持っています。

事実、日本では、SNSで、誹謗、中傷で、心が傷ついて、自殺した方がいます。

これは、社会的に問題になっています。

このような事は、色んな国で、起こっている事でしょう。

ですから、ウェブやSNSは、何らかの規制が、必要になりますし、実際、このような事になっています。

今後、どのように運営するのかは、非常に大切ですし、人間は、「自由」である事は、「自己主張」だとして、「無責任」に「発言」します。

ウェブのリテラシーやルールを学校教育で、又、色んな場で、学ぶ、機会を作る、必要があります。

これは、道徳心が有れば、自然に、身に着きます。

ですが、これは、理想で、現実的では、ありません。

ウェブの環境にルール、これは、法律のようなものです。

これを、作って、しっかりと運用していく必要があります。

そして、そこで、ルールを守って、しっかり、健全なウェブ、に育つことを、私は、提言します。

In Japan, there is a Japanese version of SNS.

I would like to write about this current situation.

I think that it will be important in distinguishing the future of Twitter and Facebook, so I would like to write a future outlook.

If nothing is done, this place will be a place of slander, slander, and exchange of secret information in the future.

This is based on a site called “2ch” (2 channel) in Japan.

This site was a site where people with very good Internet and PC skills exchanged various information in the early days of the Internet.

So, anonymously, it was a place to get some very useful information.

Everyone was very kind and very good site.

However, now it has become a site that has been ruined and people have talked about bad things and weird rumors.

Some sites also exchange information, but it is also harassment, some people try to distract the site and try to crush the site, so again, good information is not available on the site .. There are a number of threads, and this has some “freedom” to speak, but no “responsibility” there.

The site is full of dirty words.

Sometimes the truth is mixed in there.

Some people look for information to find it, but you have to decide for yourself whether it is “truth.”

In this way, becoming broad and general means making the privilege of “freedom” a selfish statement in a digital place.

This is because of the desire to give yourself an edge.

In the real world, make people frustrated (grow) and make an outlet.

So, it’s a sad reality, but the spread of the Internet requires some rules.

SNS has the potential to look very much like this site.

In fact, there are people in Japan who have committed suicide on social media through slander, slander, and heart damage.

This is a social problem.

Things like this are probably happening in various countries.

Therefore, the web and SNS require some kind of regulation, and in fact, this is the case.

In the future, how to operate will be very important, and human beings “freely” will “speak” irresponsibly, as “self-assertion”.

There is a need to learn and create opportunities for school literacy and rules in school education and in various places.

If you have a sense of morality, you will naturally wear it.

But this is not ideal, not realistic.

Rules to the web environment, this is like law.

It is necessary to make this and operate it firmly.

And there, I recommend that you follow the rules and grow into a solid, healthy web.

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: