ヨハネス・フェルメール「真珠の耳飾りの少女」は、誰か?Who is Johannes Vermeer’s “Girl with a Pearl Earring”?

今回は、ヨハネス・フェルメール(1632-1675)はオランダの画家です。ヨハネス・フェルメール作品の「真珠の耳飾りの少女」について書いてみようと思う。その当時、自画像を残すというのは、非常に贅沢なものでした。

だから、色んな画家であれ、自画像を描いてもらうのは、非常にコストの高いものでした。だから、豊かな人を描いた作品は、多い。

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」(1665年)は、フェルメールの代表作です。私も機会があれば、何回も観に行ったものです。

この妖艶な瞳とくちびるに釘付けされる人は、多いと思う。

富の象徴は、色で言うと、ゴールド。これは、貴金属の色で、富を象徴するのに、とても効果的な色です。それと、ブルー。これは、ロイヤルブルーという色で、その地位を保証するような色です。

その色を多用した、ヨハネス・フェルメールは、豪華な題材を取り扱う画家であることは、間違いない。

その上に真珠です。今でこそ、真珠は、綺麗な形が多いが、それは、技術の進歩によるもので、古来、綺麗な真珠というものは、自然の中で、育むものだから、かなり高価なものでした。

この「真珠の耳飾りの少女」が、架空の人物とか、フェルメールの娘とか。色んな説がある。私と会話した人は、メイドの娘と言った。私は、その言葉は、半分は、真実であると思う。

身分的には、恵まれないが、とても美しい少女は、ヨハネス・フェルメールの心をくすぐるのに、十分だったと思う。

けれども、これが、自分の側にいる、題材とすれば、とても不都合だ。何故なら、フェルメールは華やかな女性交流がある画家でもある。

だから、異国情緒に溢れたターバンを身にまとい、それは、髪も隠し、人物像を想像するトリックになっている。それは、高貴なゴールドとロイヤルブルーで。

トリックはそれだけではない。ヨハネス・フェルメールは、いつも繊細にものをぼかして描く。あらゆる絵画において。けれども、それは、何故だか、とても美しいのです。この余韻が素晴らしいのです。

それに、背景はそこには描かれていない。これもトリックです。

私は、フェルメールのロイヤルブルーが、いつも心にグッとくる。「真珠の耳飾りの少女」は、もちろん、その瞳もあどけない。見つめられると、心ときめく。妖艶なくちびるもひときわ目立つ。真珠は、美しい。

私は、このミステリアスな少女に、身分不相応の身分を感じると共に、その美しい姿も、身分不相応のほど、美しいものだったと感じる。

だからこそ、架空の人物である。これだけの描写を架空の人物とは、言えない。だからこそ、ミステリアスな美しさは、人々の心を惹くのだと感じる。

今回は、ヨハネス・フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の人物像を取り上げてみました。

Google Art & Culture より引用

This time, Johannes Vermeer (1632-1675) is a Dutch painter. I would like to write about “Girl with a Pearl Earring” by Johannes Vermeer. At that time, leaving his self-portrait was a great luxury.

Therefore, it was very expensive to have various painters draw self-portraits. Therefore, there are many works that depict rich people.

Vermeer’s “Girl with a Pearl Earring” (1665) is Vermeer’s masterpiece. I also went to see it many times if I had the opportunity.

I think many people are nailed to these bewitching eyes and lips.

The symbol of wealth is gold in color. This is the color of precious metals and is a very effective color to symbolize wealth. And blue. This is the color royal blue, which guarantees its status.

There is no doubt that Johannes Vermeer, who used many colors, is a painter who deals with gorgeous subjects.

On top of that is a pearl. Nowadays, pearls often have beautiful shapes, but this is due to technological advances. Since ancient times, beautiful pearls have been quite expensive because they grow in nature.

This “girl with a pearl earring” is a fictional character or Vermeer’s daughter. There are various theories. The person who talked to me said he was the daughter of a maid. I think the word is half true.

I think the underprivileged but very beautiful girl was enough to tickle Johannes Vermeer’s heart.

However, this is very inconvenient if it is the subject matter that is on my side. Because Vermeer is also a painter with a gorgeous female exchange.

So, wearing an exotic turban, it’s a trick to hide your hair and imagine a human figure. It’s in noble gold and royal blue.

That’s not the only trick. Johannes Vermeer always delicately blurs things. In every painting. But for some reason it’s so beautiful. This lingering sound is wonderful.

Besides, the background is not drawn there. This is also a trick.

Vermeer’s royal blue always comes to my mind. “Girl with a Pearl Earring” is, of course, innocent in her eyes. When I stare at it, my heart flutters. The bewitching chibi is also noticeable. Pearls are beautiful.

I feel that this mysterious girl has a disproportionate status, and that her beautiful appearance is so beautiful that she is disproportionate to her status.

That is why he is a fictional character. It cannot be said that such a depiction is a fictitious person. That is why I feel that mysterious beauty attracts people’s hearts.

This time, I took up the portrait of Johannes Vermeer’s “Girl with a Pearl Earring”.

Quoted from Google Art & Culture

ピエト・モンドリアン「赤、青、黄のあるコンポジション」Piet Mondrian “Composition with Red, Blue and Yellow”

この絵画は、「赤、青、黄のあるコンポジション」1930年作です。画家は、ピエト・モンドリアン(1872-1944)。アムステルダム国立アカデミーで学んだ。

初めは、オランダの画法によって、風景、樹木等を描いていたが、一度、フランスのパリで、出会った数々の画家に影響された。パリからオランダに戻った。

その後、急速に抽象化していく。パリから戻った14年後にこの作品は、完成した。

私が、この絵画に興味を持ったのは、ピエト・モンドリアンが、神秘的なものに惹かれ、神智学協会に在籍していることに、注目する。

西洋絵画は、初めは、宗教画が、出発点です。その原点に戻り、この絵画が描かれていることに気付く人は少ないと感じる。

天は、上を見れば、光が差し込む。その光を手や額に浴びて、天から人より優れたものを授かるシーンの多い宗教絵画は多い。

ピエト・モンドリアンは、その天からの授かり物「光」をこのように描いている。

水平な大地や樹木を黒い線にして、その「光」をたくさん浴びたものに抽象化し、その「光」は、「三原色」に分解され、それらは、大きく「光、三原色」とその「光」のそのもの「白」。つまり、透明感に包まれている様に私は、見えました。

あまりに、分解された抽象画は、なかなか、人々に理解されない。けれども、これが、現存していることに、感激するのです。

この作品は、観ていると飽きない。現代アートとしても、通じるし、これは、古来の宗教画にも値する。こんな抽象画の描けるピエト・モンドリアンは、素晴らしい画家です。

一般的には、曲線美が、絵画として価値を感じるのに、必要な要素だけれど、これは、一切の曲線美を取り払い、描いた傑作だと感じた。

この絵画は、理解できる人には、理解できる。けれども、それが、理解できなければ、モダンな絵画として、理解できない人も多いと感じる。

今回は、ピエト・モンドリアンの傑作、「赤、青、黄のあるコンポジション」について、書いてみました。

Google Arts & Culture より引用

This painting is “Composition with Red, Blue and Yellow” made in 1930. The painter is Piet Mondrian (1872-1944). He studied at the Amsterdam National Academy.

At first, he used Dutch painting to paint landscapes, trees, etc., but once he was influenced by a number of painters he met in Paris, France. He returned from Paris to Holland.

After that, it rapidly abstracts. This work was completed 14 years after returning from Paris.

I was interested in this painting, noting that Piet Mondrian was attracted to the mysterious and enrolled in the Theosophical Society.

The starting point for Western painting is religious painting. I feel that few people go back to that origin and notice that this painting is being drawn.

If you look up at the heavens, the light comes in. There are many religious paintings in which the light is bathed in the hands and forehead and the heavens give something superior to humans.

Piet Mondrian portrays the gift “light” from heaven in this way.

The horizontal earth and trees are made into black lines and abstracted into those exposed to a lot of “light”, and the “light” is decomposed into “three primary colors”, which are largely “light, three primary colors” and their “light”. “Light” itself “white”. In other words, I seemed to be surrounded by transparency.

Too much disassembled abstract paintings are hard for people to understand. However, I am impressed that this still exists.

I never get tired of watching this work. It can be used as contemporary art, and it deserves ancient religious paintings. Piet Mondrian, who can draw such abstract paintings, is a wonderful painter.

In general, curvaceousness is a necessary element to feel the value as a painting, but I felt that this was a masterpiece that removed all curvaceousness and drew it.

This painting can be understood by those who can understand it. However, if I don’t understand it, I feel that many people can’t understand it as a modern painting.

This time, I wrote about Piet Mondrian’s masterpiece, “Composition with Red, Blue and Yellow”.

Quoted from Google Arts & Culture