ピエト・モンドリアン「赤、青、黄のあるコンポジション」Piet Mondrian “Composition with Red, Blue and Yellow”

この絵画は、「赤、青、黄のあるコンポジション」1930年作です。画家は、ピエト・モンドリアン(1872-1944)。アムステルダム国立アカデミーで学んだ。

初めは、オランダの画法によって、風景、樹木等を描いていたが、一度、フランスのパリで、出会った数々の画家に影響された。パリからオランダに戻った。

その後、急速に抽象化していく。パリから戻った14年後にこの作品は、完成した。

私が、この絵画に興味を持ったのは、ピエト・モンドリアンが、神秘的なものに惹かれ、神智学協会に在籍していることに、注目する。

西洋絵画は、初めは、宗教画が、出発点です。その原点に戻り、この絵画が描かれていることに気付く人は少ないと感じる。

天は、上を見れば、光が差し込む。その光を手や額に浴びて、天から人より優れたものを授かるシーンの多い宗教絵画は多い。

ピエト・モンドリアンは、その天からの授かり物「光」をこのように描いている。

水平な大地や樹木を黒い線にして、その「光」をたくさん浴びたものに抽象化し、その「光」は、「三原色」に分解され、それらは、大きく「光、三原色」とその「光」のそのもの「白」。つまり、透明感に包まれている様に私は、見えました。

あまりに、分解された抽象画は、なかなか、人々に理解されない。けれども、これが、現存していることに、感激するのです。

この作品は、観ていると飽きない。現代アートとしても、通じるし、これは、古来の宗教画にも値する。こんな抽象画の描けるピエト・モンドリアンは、素晴らしい画家です。

一般的には、曲線美が、絵画として価値を感じるのに、必要な要素だけれど、これは、一切の曲線美を取り払い、描いた傑作だと感じた。

この絵画は、理解できる人には、理解できる。けれども、それが、理解できなければ、モダンな絵画として、理解できない人も多いと感じる。

今回は、ピエト・モンドリアンの傑作、「赤、青、黄のあるコンポジション」について、書いてみました。

Google Arts & Culture より引用

This painting is “Composition with Red, Blue and Yellow” made in 1930. The painter is Piet Mondrian (1872-1944). He studied at the Amsterdam National Academy.

At first, he used Dutch painting to paint landscapes, trees, etc., but once he was influenced by a number of painters he met in Paris, France. He returned from Paris to Holland.

After that, it rapidly abstracts. This work was completed 14 years after returning from Paris.

I was interested in this painting, noting that Piet Mondrian was attracted to the mysterious and enrolled in the Theosophical Society.

The starting point for Western painting is religious painting. I feel that few people go back to that origin and notice that this painting is being drawn.

If you look up at the heavens, the light comes in. There are many religious paintings in which the light is bathed in the hands and forehead and the heavens give something superior to humans.

Piet Mondrian portrays the gift “light” from heaven in this way.

The horizontal earth and trees are made into black lines and abstracted into those exposed to a lot of “light”, and the “light” is decomposed into “three primary colors”, which are largely “light, three primary colors” and their “light”. “Light” itself “white”. In other words, I seemed to be surrounded by transparency.

Too much disassembled abstract paintings are hard for people to understand. However, I am impressed that this still exists.

I never get tired of watching this work. It can be used as contemporary art, and it deserves ancient religious paintings. Piet Mondrian, who can draw such abstract paintings, is a wonderful painter.

In general, curvaceousness is a necessary element to feel the value as a painting, but I felt that this was a masterpiece that removed all curvaceousness and drew it.

This painting can be understood by those who can understand it. However, if I don’t understand it, I feel that many people can’t understand it as a modern painting.

This time, I wrote about Piet Mondrian’s masterpiece, “Composition with Red, Blue and Yellow”.

Quoted from Google Arts & Culture

ピエール=オーギュスト・ルノワールの画家としての人生と作品。Pierre-Auguste Renoir’s life and work as a painter.

この作品は、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)の代表的作品の「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」(制作年1880年)です。ルノワールは、フランスのパリの有名な印象派の画家です。

ルノワールの作品は、当時の豊かな人々に大変好まれました。だから、作品は、豊かな人々を描いた作品が多いです。

社交界にも、よく出ており、ルノワールの息子も社交界で活躍していました。ですから、とても、華やかな世界を生きた画家です。

多くの画家は、生前は、社会から、評価されることが、少なく、没後にその作品が社会的に認知されることが多い。

画家としては、大変恵まれた環境にいたルノワールです。色使いも、非常に多彩で、油絵の筆跡は、時に厚く、その筆跡は、エレガントです。そこに、ぽつんと、華やかな色を差し込む、そんな、アクセントは、ルノワールの才能を感じる。

実際に見ても、とても美しい作品が多数ある。

そんな中、ひとつのルノワールの作品があった。その作品は、ルノワールのメイドを描いた作品でした。あまり有名ではないその作品は、従来のルノワールの作品とは、全く異なる。何故なら、その胸元は、乱れている。そんな色気のある作品です。そこに、華やかさは、ない。

ルノワールの女性関係は、華やかだった。だから、描いてもらうことは、非常に難しいものだった。そんな中の作品です。

ルノワールは、下積み時代はありましたが、「画家としての人生」は、しあわせだった。だから、よくある、画家として、暗い作品は、見当たらない。印象派として、ルノワールは、よく知られた人物です。

この作品は、「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」(制作年1876年)の作品で、印象派として、最も評価された作品のひとつです。当時、写真技術のない時代において、このような人々を情景として残すのは、難しいからです。この絵画は、ルノワールを印象派として認知するのに、充分な作品です。

彼の作品は、好んで観ることは、多い。とても、美しい作品が多いからです。今回は、「ルノワールの画家としての人生」とその作品に登場する人物像について書いてみました。

引用 大英図書館よりのパブリックドメイン、Google Arts&Culture

This work is a representative work of Pierre-Auguste Renoir (1841-1919), “Miss Irene Khan Danver” (produced in 1880). Renoir is a famous Impressionist painter in Paris, France.

Renoir’s work was very much liked by the rich people of the time. Therefore, many of his works depict rich people.

He often appears in social circles, and Renoir’s son was also active in social circles. Therefore, he is a painter who lived in a very gorgeous world.

Many painters are rarely evaluated by society during their lifetime, and their works are often socially recognized after their death.

As a painter, Renoir was in a very privileged environment. His colors are also very diverse, and his oil paintings are sometimes thick and elegant. The accent, which inserts a gorgeous color into it, feels Renoir’s talent.

Even if you actually look at it, there are many very beautiful works.

Meanwhile, there was one Renoir’s work. The work was a work depicting a Renoir maid. The lesser-known work is quite different from the traditional Renoir work. Because the chest is disturbed. It is such a sexy work. There is no glitz there.

Renoir’s relationship with women was gorgeous. Therefore, it was very difficult to get them drawn. It is a work in such a situation.

Renoir had an era of underlaying, but his “life as a painter” was happy. Therefore, as a common painter, I can’t find any dark works. As an Impressionist, Renoir is a well-known person.

This work is the work of “The Dance of Moulin de la Galette” (produced in 1876) and is one of the most acclaimed works of the Impressionists. At that time, it is difficult to leave such people as a scene in an era without photographic technology. This painting is enough to recognize Renoir as an Impressionist.

I often like to see his work. Because there are many very beautiful works. This time, I wrote about Renoir’s life and the figures that appear in his work.

Quote: Public domain from the British Library, Google Arts&Culture