路線価は分断の時代テレワークを肯定した。The line price affirmed telework in the era of division.

広告

全国地価が、発表された。これは、路線価と言われ、主に、固定資産税評価額です。だから、実勢価格とは違う。けれども、地価の指標にはなる。路線価は、その地域の経済状況によってなっている。

だから、商業施設の増減などは、その地価の影響を最も受けると、役所から教えてもらいました。今年は、固定資産税が、下がっていました。だから、そんなに驚かなかった。

実勢価格の下落は、すざましいものがある。けれども、郊外は、別で、そんなに下がらなかった。テレワークは、確実に進んでいる。

人々は、便利さを最優先しなくても、良い業種ができた。だから、郊外で、十分なのです。そして、家に仕事部屋が必要になった。そんな過程がある。これからは、そんな職住近接の必要な業種とそうで無い、業種ができた。

だから、業種によってこれからは、住まいが違う選択になる。とはいえ、それらの中にも色んな業種が、これからも、リモートに移行していくと思われる。だから、厳しい時代に突入した。成績は、完全に上司にデータで残る。

リモートといっても、毎日会社に行く訳では無い。だから、身分は、一応、保証されていても、それは、結果を出さないと居れない。テレワークは、外から見るほど、優雅では無い。実績を毎月出さないと、いけないのです。

今、苦境の業種は、大変だけれども、これは、試練を乗り越えて、色んな形で、成長している。苦境は、それは、成長には欠かせない、タイミングです。色んなことがある。

人々は、不安でいっぱいだと思う。頑張って欲しいとつくづく思う。人々の苦しみは、世間の空気感で伝わるから、です。あんなに大声で楽しそうに話していた人々が息で吹き消すようにいなくなった。自動車で、移動するようになって、マスクをするようになって、なんだか、オシャレもできない。そんな、どんよりとした空気が漂っている。

地価下落は、一種のイベントで、多分、これから、儲ける人、損をする人、に別れるイベントのようだ。経済は、人々の生活に関わることです。そうやって、資本主義は、発展してきた。これからも続く。

しかし、社会主義的日本は、ある意味、人々の不公平感を吸い取る。何故なら、相続税があるし、色んな形で、税金が掛かる。そうして、福祉に還元される。だからこそ、外国のように、豊かな人もそうでない人も、そんなに分断せずに、平和でいれるのだと感じる。

能力ある人は、世界を目指し、それ以外の人は、日本を選ぶ。そんな時代の幕開けかもしれない。

National land prices have been announced. This is called the land price, and is mainly the property tax valuation amount. Therefore, it is different from the actual price. However, it is an indicator of land prices. The line price depends on the economic situation in the area.

Therefore, the government office told me that the increase and decrease of commercial facilities are most affected by the land price. This year, property taxes have fallen. So I wasn’t so surprised.

The decline in prevailing prices is remarkable. But apart from the suburbs, it didn’t go down that much. The telework is definitely going on.

People have created a good industry without having to prioritize convenience. That’s why it’s enough in the suburbs. And I needed a work room at home. There is such a process. From now on, there are industries that require such close proximity to work and residence, and those that do not.

Therefore, depending on the type of business, the choice of housing will be different from now on. Nonetheless, it is expected that various industries will continue to move to remote areas. Therefore, we have entered a difficult time. The grades are completely data to the boss.

Remote does not mean that I go to work every day. So, even if your identity is guaranteed, you can’t stay without results. The telework is not as elegant as it looks from the outside. You have to get results every month.

Now, the difficult industry is tough, but it has overcome the challenges and is growing in many ways. The predicament is the timing, which is essential for growth. There are many things.

I think people are full of anxiety. I want you to do your best. This is because people’s suffering is transmitted through the atmosphere of the world. People who were talking so loudly and happily disappeared to breathe out. By car, I started to move and wear masks, and I couldn’t even dress up. There is such a dull air.

The fall in land prices is a kind of event, and it seems that it will be divided into those who make money and those who lose. The economy is about people’s lives. That is how capitalism has evolved. It will continue in the future.

However, socialist Japan, in a sense, absorbs people’s sense of injustice. Because there is an inheritance tax, and there are various forms of tax. Then, it is returned to welfare. That is why I feel that people who are rich and those who are not, like foreign countries, can live in peace without being so divided.

Those who have the ability aim for the world, and those who do not choose Japan. It may be the beginning of such an era.

WordPress.comビジネスプランから高速サーバーに引越ししようとして、結局、そのままになったお話。The story of trying to move from a WordPress.com business plan to a high-speed server and eventually staying the same.

広告

WordPressは、皆さまご存知のように、色んなブログサービスと違う。

色んなプラグインを入れてカスタマイズできる。

WordPress.com のサーバーは、日本には無い。

だから、速度は、やはり、不利な条件です。

けれども、海外からのアクセスは、多いし、メリットとデメリットはある。

それで、私は、高速サーバーに乗り換えようと思った。

WordPress.comに連絡をしました。

サポートは、英語のチャットだけですが、とても的確です。そのアドバイスが、引越し先の高速サーバーの説明と違うので、とても戸惑いました。結局、その引越し先の高速サーバーの説明は、間違いでした。以下は、その経緯です。

私は、その高速サーバーに連絡をしました。

それは、先ず、ドメインを移管して、その後に直ぐに、SSL証明をとって、それから、内容をインポートしなさい、との指示だった。

だけども、結論から言うとそれは、スムーズに移管できない、方法でした。

色んなサービスが、展開されています。

その高速サーバーも、引越しサービスがある。

結局、それを使うように、誘導される。

それは、30,000円以上するものでした。

そんな風に、誘導するのです。

インターネットサービスは、お高い。

私は、というと、ドメインを元のWordPress.comに戻しました。

そうすると、今度は、それをPCが、覚えていて、Cache を消去しないといけない。

そんな、色んなことが、ドメインを移しただけで、発生する。

私は、直ぐにサポートを受けて、それも、訂正しました。

このように色んなことが起こる。

それを自分でできる、なら引越ししても良いと思う。

サポート料と思えば、ビジネスプランは、の料金は、こんなものだと、割り切って、しまう方が賢いと思う。

決して、安くは無いプランです。この私も、高いと思う。

けれども、私の知人が、会社のHPを外注すると、300,000円掛かった、との話でした。

だから、やはり、どこかで、お金は、掛かる。

WordPress.comのビジネスプランは、お値段が高い。

だから、引越ししたい、とか、ダウングレードして色んなプラグインを使わないようにするか、悩むことが多いし、それに関して、色んな感想が、色んなブログに書いてある。

私の引越ししようとした、高速サーバーは、世間では、お安くて、とても性能が良いプロバイダーだった。

けれども、電話しても、サービスは、良く無かった。

ブログで、せめて運営費だけでも、稼ぎたい、と思うことはある。

私は、年間30,000円以上掛かる。

世間の人は、広告を嫌がっているけれども、それだけ掛かる。

だから、少しでも、運営費は、欲しい。

それは、理解して欲しい。

だけど、ブログで、収益は、なかなか難しい。

良いブログにすると、儲けられるとか、思わない方が良い。

適当に「受けの良い」ものが、圧倒的に良い。

それは、PCに詳しい人が、コピーをして、ごっそり、持っていって、後から、自分のコピーしたものを閲覧するから、です。

だから、質と、収益は、正比例しない。

これは、知っておいた方が、良い。

ブログで、収益なんて、難しい。

事実、私は、ほとんど無い。

みんなコピーして、丸ごと持っていってしまうから。

だから、収益は、マイナスです。

WordPress.comは、ブログ村があるから、それだけでも、心で、繋がって、運営ができる。

私は、WordPress.com のサポートは、本当に親切だと思う。

PCに自信のある人は、引越しすれば、良いと思う。

私は、このまま、収益はマイナスだけど、続けることにしました。

後日談。高速サーバー会社から、引越し代金を無料にてサービスするとの、メール案内がありました。ですが、私は、WordPress.comの方のサポートを受けて、彼らがとても親切で、心のつながりができました。とても大好きなWordPress.comなので、このまま、続けるのが、私の結論です。いつも、サポートをありがとう。これからも、よろしくお願いします。そして、メール案内をくださった会社には、ありがとうと一言。

As you all know, WordPress is different from many blog services.

You can customize it by inserting various plugins.

There is no WordPress.com server in Japan.

So speed is still a disadvantage.

However, there are many accesses from overseas, and there are advantages and disadvantages.

So I decided to switch to a high speed server.

I contacted WordPress.com.

Support is very accurate, even though it’s an English chat. I was very confused because the advice was different from the explanation of the high-speed server I moved to. After all, the description of the high-speed server to move to was incorrect. The following is the background.

I contacted the fast server.

It was an instruction to first transfer the domain, then immediately get SSL certification and then import the content.

But in conclusion, it was a method that couldn’t be transferred smoothly.

Various services are being developed.

The high-speed server also has a moving service.

After all, you are guided to use it.

It cost more than 30,000 yen.

That’s how it guides you.

Internet service is expensive.

I mean, I moved the domain back to WordPress.com.

Then, this time, the PC must remember it and clear the cache.

Such various things occur just by moving the domain.

I got immediate support and corrected that too.

Many things happen like this.

If you can do it yourself, you can move.

If you think of it as a support fee, I think it would be wise to divide the fee for a business plan like this.

It’s not a cheap plan.

I think this is also expensive.

However, an acquaintance of mine told me that it cost 300,000 yen to outsource the company’s website.

So, after all, somewhere, it costs money.

WordPress.com business plans are expensive.

That’s why I often worry about moving, downgrading and not using various plugins, and various impressions are written on various blogs.

The high-speed server I tried to move to was a cheap and very performant provider in the world.

However, when I called, the service was not good.

On blogs, there are times when you want to earn at least operating expenses.

I spend more than 30,000 yen a year.

People hate advertising, but it costs a lot.

Therefore, I want even a little operating cost.

I want you to understand it.

However, it is quite difficult to make a profit on a blog.

If you make a good blog, you shouldn’t think that you can make a profit.

Those that are “good” are overwhelmingly good.

That’s because people who are familiar with PCs make copies, sneak in, take them with them, and later view their own copies.

So quality and profit are not in direct proportion.

This is better to know.

It’s difficult to make money on a blog.

In fact, I have few. Everyone will copy it and bring it with them.

So the profit is negative.

WordPress.com has a blog village, so you can connect and operate it with your heart.

I think WordPress.com support is really kind.

If you are confident in your PC, you should move.

I decided to continue, although the profits are still negative.

Later talk. I received an e-mail from a high-speed server company saying that the moving fee will be provided free of charge. However, with the support of WordPress.com, I was able to connect with them very kindly. I love WordPress.com so much, so my conclusion is to keep going. Thank you for your support. I look forward to working with you. And a word of thanks to the company that gave me the e-mail guidance.

消費行動も変えたインターネットの世界。The world of the Internet that has changed consumer behavior.

広告

今回は、これからの商品販売について、書きたいと思う。

インターネットでは、実物の商品が手にとって見れない。

だから、その商品について、誠実に対応しないと販売は、成立しない。

Amazonの販売方法は、サブリクションが上手に絡めてある。

一定の年額料金を納めると送料が、無料になる。

だから、これで、資本に「ゆとり」ができるのです。

巨大な倉庫に商品を揃え、これを、まとめて配送する。

通常、2,000円以下なら、送料は、掛かる。

けれども、このAmazonプライムに加入していれば、送料は要らない。

他のネット通販は、送料が掛かることが多い。

だから、Amazonの顧客は、「とりあえず」Amazonプライム会員に加入する。

これが、大きくなる。

このコロナウイルスで、友人もネット購入を始めた。

今後、まだ、大きくなる、余地は大いにある。

日本の企業は、このネット通販の波に乗れなかった、のです。

これは、ネットの顧客を「軽く」見ていたのです。

ネットで、買い物をする顧客は、「信用の無い人物」だと、レッテルを貼ったりした。

デパートが、今、窮地に立たされているが、これは、ネットの顧客を「嫌がって、信用しなかった」からです。

私は、まだ、そんなにAmazonに商品が、揃っていない頃、Amazonで、商品を購入した。

その商品は、日本の家電販売会社が、委託を受けて販売していました。

その商品は、私の間違いで、発注したものでした。

まだ、商品の開封もしていない。

ですが、ダンボールを開けて、商品を見たのでした。

そうして、商品を返品したいと、その委託販売していた家電販売会社に連絡しました。

そうすると、もう、ダンボールを開けたので、返品は、できない、と言われたのです。

商品は、開封もしていない。

それで、私は、Amazonに電話をしました。

すると、Amazonは、返品は、受付します。

できない場合、Amazonが、保証します、と言ったのです。

そうすると、相手の販売会社は、Amazonで、買った私だけ、特別にして、返品受付した、ようでした。

だから、Amazonを通じて買ったのは、非常に良い選択だった、と思った。

つまり、日本のインターネット販売は、顧客を大切にしなかった、のです。

デパートでは、インターネット会社のクレジットカードが、使えなかった。

今では、使えるけれども、銀行系列のクレジットカードはありませんか?、と言い、顧客を「選別」していました。

顧客を大切にしないで販売をする「お店」は、衰退するようになります。

要は、自ら顧客を「選別」したのだから、これは、販売の間口が、小さくなる。

「インターネット」という、空間を軽く見ていた、というしかない。

今、家電量販店に商品を探して、相談すると、従業員は、何をするかというと、Amazonのホームページを開いて、その商品の詳細を調べる、のです。

商品の情報をどんどん積み重ねて、これをデータにしています。

だから、一般のどの「お店」も、これに打ち勝つには、もう値段しか無い。

Amazonは、開封した商品も返品に応じる、のです。

これは、サブリクションという、会員の会費が集まるから、可能であるし、このビジネスモデルにもはや、勝てる会社は、なかなか、無いと思う。

インターネット販売で、私は、ちょっと気になる会社がある。

モノタロウ(3064)です。

このネット通販会社は、日本の兵庫県尼崎市に本社を持つ会社です。

この会社の取り扱う商品が、非常にクオリティが高い、のです。

さすが、企業向けを中心に扱っているので、プロ向けの商品が、多数ある。

だから、通常、手に入れにくい商品が購入できます。

これは、送料を払っても、購入する価値があると思う。

その上、FAXでも、注文できるので、インターネットが、できない人でも、カタログが送られて来たりするので、心強い。

私は、クリーナーを購入しましたが、品質が良く、通常手に入らない商品なので、気に入っています。

このように、商品を販売するのは、「サービス業」です。

如何に、顧客の「心」をつかむことが、できるのかにかかっています。

日本の多くの「お店」は、その「サービス」を提供できなかったり、顧客を「選別」したのだから、これは、顧客の「心」が離れてしまったのです。

「インターネット」の顧客を「軽く」見た、のです。

それに、今のデパートには、欲しいものが、無い。

私が、評価するなら、食品部門は、良いと思う。

けれども、それ以外は、商品に魅力が無い。

フリマアプリ「メルカリ 」では、洋服も販売されています。

こと、デパートで、販売されている、商品は、売れない。

だから、時代の潮流に乗っていない洋服が、それも、高額で売られている。

これは、色んな商品に言える。

だから、みんなデパートには、行かない。

人は、物の「本当の値段」と「商品の価値」をインターネットで、知ってしまった。

だから、「メルカリ」の画面を見て、そのデパートで売られている商品の価格を見て、買わない、のです。

だから、中古のもので、コストパフォーマンスが良ければ、買う。

これからは、ボーダレスで、価格の競争がもっと、起こる。

これを知らない、デパートの経営者は、時代錯誤なのです。

インターネットは、人々の消費行動も変える、そんな「世界」なのです。

This time, I would like to write about future product sales.

You can’t see real products on the Internet.

Therefore, if the product is not dealt with in good faith, the sale will not be established.

Amazon’s method of sale has a good relation with subtraction.

If you pay a fixed annual fee, the shipping fee will be free.

So, with this, you can make the capital “comfortable”.

We stock products in a huge warehouse and deliver them together.

Usually, if it is 2,000 yen or less, shipping fee will be charged.

However, if you subscribe to this Amazon Prime, you don’t have to pay for shipping.

Other online shopping often costs shipping.

That’s why Amazon customers subscribe to Amazon Prime members “for the time being.”

This gets bigger.

With this coronavirus, my friends started to buy online.

There is still plenty of room for growth in the future.

Japanese companies couldn’t catch the wave of online shopping.

This was a “light” look at customers on the net.

Customers who shop online often label themselves as “untrustworthy people.”

Department stores are now in a predicament because they “disliked and did not trust” their online customers.

When I didn’t have so many products on Amazon, I purchased products on Amazon.

The product was sold by a Japanese home appliance sales company under a consignment.

The item was ordered by my mistake.

I have not opened the product yet.

However, I opened the cardboard and looked at the product.

Then, I wanted to return the product, and I contacted the home appliance sales company, which was the consignment seller.

I was told that I couldn’t return the card because I opened the cardboard box.

The product is not opened.

So I called Amazon.

Then, Amazon will accept the returned goods.

If it can’t, Amazon said it will guarantee it.

Then, it seems that the other sales company accepted only Amazon, who bought it, for a special return.

So I thought buying through Amazon was a very good choice.

In other words, Japanese internet sales did not value the customer.

I couldn’t use an internet company credit card at a department store.

Do you have a bank-based credit card that you can use now? , And was “selecting” customers.

The “shop” that sells without valuing the customer will decline.

The point is that the sales frontage becomes smaller because the customers are “selected” by themselves.

There is no other choice but to look lightly at the space called “Internet”.

Now, when I look for a product at a consumer electronics mass retailer and consult with him, what he does is open the Amazon home page and look up the details of the product.

We are stacking up product information one after another and using this as data.

So, any ordinary “store” can only afford to beat this.

Amazon also accepts returns for opened items.

This is possible because the membership fee of membership, which is called sub-reduction, is possible, and I think there are few companies that can win this business model any longer.

There are some companies that are a little worrisome about Internet sales.

It is Monotaro (3064).

This online shopping company is headquartered in Amagasaki City, Hyogo Prefecture, Japan.

The products handled by this company are of extremely high quality.

As expected, there are many products for professionals, because we mainly deal with products for companies.

Therefore, you can usually purchase items that are difficult to obtain.

I think this is worth buying, even if you pay the shipping costs.

In addition, you can order by fax, so even people who can not use the Internet will receive catalogs, so it is encouraging.

I purchased a cleaner, but I like it because it is a good quality product that is usually not available.

In this way, it is the “service industry” that sells products.

It depends on how we can win the “heart” of our customers.

This is because the “heart” of the customers is separated because many “shops” in Japan cannot provide the “service” or “select” the customers.

They looked at the “Internet” customers “lightly”.

Besides, I don’t have what I want in the current department store.

If I evaluate, I think the food sector is good.

However, other than that, the product is not attractive.

Clothes are also sold at the flea market app “Melkari”.

That is, the products that are sold at department stores cannot be sold.

Therefore, clothes that are not in the tide of the times are also sold at high prices.

This can be said for various products.

Therefore, no one goes to the department store.

People have learned the “real price” and “value of goods” of goods on the Internet.

That’s why you don’t buy it by looking at the “Mercali” screen and seeing the prices of the products sold at that department store.

So, if it’s a used one and the cost performance is good, buy it.

From now on, there will be more price competition in borderless.

The owner of a department store who doesn’t know this is anachronistic.

The Internet is such a “world” that also changes people’s consumption behavior.

激安で、マイホームを買う方法③How to buy your own home at a discount ③

広告

前回の続きです。

激安で、古家付きの土地を買ったその方の、地方自治体から、建物の解体の補助金が、出ました。

ハウスメーカーの方は、そういう制度があることを知らなかったそうで、こちらからの提案で、その手続きをしてくださいました。

擁壁(ヨウヘキ)と言って、段差のある所の壁の補修費は、道路に面した所だけだったようで、それは適応になりませんでした。

特に、擁壁(ヨウヘキ)を補修する必要も無かったようでしたので、そのままにしておくことにしました。

ハウスメーカーの営業の方も、その補助金の申請を代行してくださいました。

そして、お礼を言われたそうです。「とても良い経験になりました。永く営業をしていますが、こんな経験は、初めてです。」お家を売る営業の方は、とても感謝したそうです。

これから、良い提案が、できるようになったのですから。

お互いwin winの関係です。

そして、その補助金の手続きをしたものですから、そのぶん、工期が、後ろにずれてしまいました。

そうすると、予定していたシリーズの建物が、廃番になってしまいました。

新しいシリーズの建物は、古いシリーズに比べて、ずいぶんとお高く、とても、予算内に収まることのできない、建物になってしまいました。

とても、困り、このお値段では、購入できない、ことを、素直に相談したそうです。

そうすると、お高いお値段の新しいシリーズの建物が、古いシリーズのお値段で、建築できるようになったそうです。

つまり、お値下げです。

その地域では、初めての施工の建物だそうです。

ですから、モデルルームに使いたい、との話が出ています。

実際に住んでいて、建築の希望の方がおられると、家を見せるそうです。

それで、モデルルーム代という、お小遣い、がいただけるそうです。

やはり、win win の関係は、心地よい、関係です。

このように、色んな事柄について、真剣に取り組むことは、良い関係、を築いていきます。

どんな小さなことでも、真剣に、調べて、勉強をすることは、大切です。

良い人間関係は、大切です。

今回は、ここまで、です。話は、続きます…

Continuing from the previous session.

A subsidy for the demolition of the building was issued by the local government, who bought the land with an old house at a bargain price.

The house maker didn’t know that there was such a system, so he suggested it and took the necessary steps.

It seems that the repair cost of the wall at the stepped part called the retaining wall (youheki) was only for the part facing the road, and it was not adapted.

In particular, it seemed that there was no need to repair the retaining wall, so I decided to leave it alone.

The house maker sales representative also applied for the subsidy.

And he said thank you. “It’s been a very good experience. I’ve been doing business for a long time, but this is the first time I’ve had it.”

The sales person who sells the house is very grateful.

From now on, we can make good suggestions.

It is a win-win relationship with each other.

And because it was the procedure for the subsidy, the construction period was moved backwards.

Then, the building of the planned series was abolished.

The new series of buildings is much more expensive than the old series, and it’s a building that can’t fit within our budget.

It seems that he was very troubled and he honestly consulted that he could not purchase at this price.

Then, the expensive new series building can be built at the old series price.

In other words, it is a price cut. It seems that this is the first construction building in the area.

Therefore, it is said that they want to use it in the model room.

He says he will show his house if he actually lives and wants to build.

That’s why I heard that the model room fee, or pocket money, can be paid.

After all, the win-win relationship is a pleasant relationship.

In this way, seriously tackling various matters will build a good relationship.

It is important to seriously investigate and study even the smallest things.

Good relationships are important.

That’s it for this time.

The story continues…

 

土地の維持費(税金)を知る。Know the land maintenance costs.(Tax)

広告

住宅の建っている土地の維持費は、市町村の出している路線価格から決まります。(土地の色んな価格を知る。Know the various prices of the land.)

前にも書いていますが、単位が平方メートルですので、それに土地の形の評価で、単価を出します。(土地の資産価値を知る。Know the asset value of the land.)

それに自分の持っている土地の平方メートルをかけ算(✖️)すれば、固定資産の評価額が分かります。

気をつけて欲しいことは、用途によって、固定資産額は、変わります。

ここでは、住宅地について主に取り上げます。

小規模住宅(200平方メートル以下)は、課税標準額の✖️1/6をかけ算したものになります。

課税標準額✖️1/6。これより大きな土地は、たとえば、220平方メートルの場合、200より大きな分、✖️1/3をかけ算します。

計算式は、課税標準額✖️200✖️1/3+課税標準額✖️20✖️1/3です。

又、住宅にかかる税金に都市計画税がありますが、これは、市町村によって異なります。

又、店舗等、商業施設は、別途市町村によって計算の仕方が違います。

固定資産税は、和暦(令和)の3の倍数の年に見直しをします。

(固定資産税は、3の倍数までの間に土地価格が、下落した時は、修正されます。修正は、下落のみです。)

土地の下落要素は、大きな商業施設が閉鎖等する等、によって計算されるようです。

住宅以外の用途は、税率が高くなります。私の住んでいる市町村は、課税標準額✖️0.7です。

更に空き地は高くなります。

とても、税金は、難しいですね。

今日は、土地の維持費、税金について書いてみました。市町村によって、違いますので、ご了承ください。

The maintenance cost of the land on which the house is built is determined by the line price provided by the municipality. (土地の色んな価格を知る。Know the various prices of the land.)

As I wrote before, since the unit is square meters, the unit price is given by evaluating the shape of the land. (土地の資産価値を知る。Know the asset value of the land.)

Multiplying it by the square meter of your land (✖️) will give you the value of your fixed assets.

Please note that the amount of fixed assets will change depending on the application.

Here, we mainly focus on residential areas.

Small houses (200 square meters or less) are multiplied by ✖️1/6 of the taxable standard amount.

Standard tax amount ✖️ 1/6. For land larger than this, for example, if it is 220 square meters, it is larger than 200 and is multiplied by ✖️1/3.

The calculation formula is the standard tax amount ✖️200✖️1/3 + standard tax amount ✖️20✖️1/3.

In addition, there is a city planning tax as a tax on housing, but this varies depending on the municipality.

In addition, the calculation method for commercial facilities such as shops differs depending on the municipality.

Property tax will be reviewed in multiples of 3 of the Japanese calendar (Reiwa).

(The property tax will be adjusted if the land price falls by a multiple of 3 or less. The correction is only the decline.)

The factor of land decline is due to the closure of large commercial facilities etc.

It seems to be calculated.

The tax rate is higher for non-residential purposes.

The city I live in has a standard tax amount of ✖️0.7.

Furthermore, the vacant lot becomes higher.

Taxes are very difficult.

Today, I wrote about land maintenance costs and taxes. Please note that it differs depending on the municipality.

土地の資産価値を知る。Know the asset value of the land.

広告

道路付け(ドウロヅケ) Road Stick

正面路線(ショウメンロセン) Front line

2方路線(ニホウロセン) 2-way Road

(by)…正面、側方路線(ショウメンソクホウロセン)Front, Side Road

(by)…正面、後ろ路線(ショウメンウシロロセン)Front,Back Road

3方路線(サンポウロセン) 3-way Road

(by)…正面、側方、後ろ路線(ショウメンソクホウウシロロセン)

Front, Side, Back Road

道路付け(ドウロツケ)とプラス(+) 用途(ヨウト)で決まります。

Determined Road Stick Plus(+)Application.

 

土地の査定法です。地積(チセキ)とは、土地の面積です。

最も評価の高いのは、①の整形地です。

その道路付けによって価格は違います。

左下にメモがして有ります。(道路付けとは、土地に面している道路のこと。)正面路線だけの土地、2方路線の土地(正面、側方)(正面、後方)、3方路線の土地。道路付けが、多い程、評価は上がります。

道路の横に植物等の植え込みが有ってもそれは、道路に接していると、判断します。

そして②を見てください。

これは、不整形地の例です。影地が有ります。 

正面の間口が狭くなっていますので、その分、土地の単価が%という単位で減額(価格が減ること)されます。

側方から見ても影地が有りますので奥行きを計算して、土地の単価が%という単位で減額されます。

不整形地は、整形地を算出(計算して答えを出すこと)してから、加算式で土地単価を出します。

(専門用語です)※金額としては、マイナスですが、数式(計算式のこと)が追加されるので、こう呼ばれています。

③を見てください。このように、細い路地の付いた土地は、最も評価が低くなります。これは例ですので、色んな道路付けがあると思います。

不整形地の最大減額は、40%です。④をご覧ください。

これは、整形地でありながら、不整形地に分筆(分けて登記すること)したものです。これは、マンション等の土地の所有方法です。

このようにして、マンションは、土地評価を低くして、共有しています。

そして、土地の用途により評価は、変わります。

土地の価値は、接している道路の幅が大きい程、価値上がります。

鉄道、高速道路、飛行機の低空飛行区域、等、騒音が出る所の近くだったり、(施設は除く)変電所、墓地、等、近くにあれば、評価が低くなります。

今日は、土地資産価値について、お話しをしました。

Land assessment method. The land area (Chiseki) is the area of land. The most highly evaluated is ① shaped land.

The price depends on the road attachment.

There is a memo in the lower left. (Roads are roads that face the land.) Land for front lines only, land for two-way lines (front, side) (front, rear), land for three-way lines.

The more roads are attached, the higher the evaluation.

Even if there is a plant on the side of the road, it is judged to be in contact with the road.

Then look at ②. This is an example of irregular land.

There is a shadow.

Since the frontage is narrower, the unit price of land will be reduced by that amount (the price will decrease).

There is a shadow even from the side, so the depth is calculated and the unit price of the land is reduced in units of %.

For irregular land, calculate the shaped land (calculate and give the answer) and then add the land unit price with the addition formula. (It is a technical term) * Although it is a negative amount of money, it is called because a mathematical formula (a calculation formula) is added.

Please look at ③.

Thus, land with narrow alleys has the lowest rating.

This is an example, so I think there are various road markings.

The maximum reduction on irregular land is 40%.

Please see ④.

This is a well-formed land, but it has been written on irregular ground (separately registered).

This is the method of owning land such as condominiums.

In this way, the condominium shares a low land rating.

And the evaluation changes depending on the land use.

The value of the land increases as the width of the road it touches increases.

If you are near a place where noise is generated, such as a railway, highway, low flight area of an airplane, or a substation (excluding facilities), a graveyard, etc., the rating will be low.

Today, we talked about the value of land assets.

中古物件(特にマンション)の注意点。Precautions for used properties (especially condominiums).

広告

中古物件は、新築より2〜3割は、安いと言われています。

一戸建ての場合、築20年経つと建物の資産価値は、ほとんど「0」と査定します。

立地の良い所は、既に建物がある事が多いので、立地が良い物件は、再開発等を除けば、出物は少ないので、とても魅力的な物件です。

しかし、日本は、地震が多く、建物の技術は、年々と上がっています。

中古マンションで、最も気をつけなければいけない事は、1981年6月1日に耐震基準が改正施行されています。

耐震基準が、大きく変わり建設費に多大な費用がかかるようになった大きな転換点です。

これは、良く知られている事実です。

では、この日以降に建設された建物が全て安全かと言いますと、そうではないから注意が必要です。

マンション建設には、大きな土地の買入れと建設プラン、建設期間、と長く完成までにかかります。

ですから、そのタイムラグを利用して、この日迄に、「建設する審査を受けた」旧耐震基準の建物(マンション)が1981年6月1日以降に建設された旧耐震基準の建物が存在します。

つまり、駆け込みの申請が、多く出された事実が有ります。

ですから、慎重に物件を選定する事が必要です。

この事は、耐震診断も受けないマンションや不適合なマンションがある、ということが、報道されている事実があります。

かなりの数のマンションが問題になっています。

この耐震基準適合する住宅としない住宅では、評価が大きく変わりますので、値段だけで決めるのは、やめましょう。

不動産に「セール品」は有りません。

中古物件の最も大切なことは、「耐震基準を満たしている物件」である事です。

建物、中古マンションや新築マンションについても、また書いていきたいと思います。

It is said that 20 to 30% of used properties are cheaper than new construction.

In the case of a single-family house, the property value of the building is assessed as almost “0” after 20 years.

Well-located places often have buildings, so well-located properties are very attractive because there are few deliveries except for redevelopment.

However, there are many earthquakes in Japan, and building technology is improving year by year.

The most important thing to be aware of in second-hand apartments is that the seismic standards were revised and enforced on June 1, 1981.

This is a major turning point where seismic standards have changed significantly and construction costs have become enormous.

This is a well-known fact. Then, if you say that all the buildings constructed after this day are safe, you need to be careful because they are not.

Condominium construction takes a large land purchase and construction plan, construction time, and long completion.

Therefore, by using the time lag, by this day, there were buildings that had been evaluated for construction and that had been built under the old seismic standards (condominiums) that were constructed after June 1, 1981.

In other words, there is a fact that many applications for rushing have been issued. Therefore, it is necessary to carefully select a property.

It has been reported that there are apartments that do not receive a seismic assessment or that are incompatible.

Quite a few apartments are in question.

In houses that do not meet this earthquake resistance standard and in houses that do not, evaluation will change greatly, so let’s stop deciding only on the price.

There are no “sale items” for real estate.

The most important thing about a used property is that it is a property that meets the earthquake resistance standards.

I want to write about buildings, second-hand apartments and new apartments again.

激安で、マイホームを買う方法②How to buy your own home at a cheap price ②

広告

前回のお話の続きです。

前回は、物件探しについてのお話でした。今回は、数ある購入希望者から、どうやって、自分を有利にして、物件を購入するか、のお話です。

物件探しは、もちろんですが、その購入物件を「真剣に」購入する意思、を具体的に、示す、必要があります。

物件購入するのに、必要な資金が準備できていることを、相手に伝える必要があります。

具体的にです。

住宅ローンを、どの銀行で、どんなローンを組むのか、自分が、ローンが通るのか、調べることです。

ですから、そのローンを組みたい銀行で、休日住宅ローン相談、などありますので、相談してみると良いです。

銀行のローンが通る人は、公的ローンも通るので、銀行ローンを使う予定の無い人も、ご自分の「与信、ヨシン」自分の銀行に対する信用度、を調べておくことです。

この時に今までの「銀行」とのお取引によって、ローンの通り方が、違ってくると思います。(ローンの通る方法。How the loan passes.)

家の新築をお考えなら、事前にその施工する業者を決めておくと、色んなアドバイスを土地購入に関していただける場合もありますので、あらかじめ、決めておくと、良いです。

建築業者は、その人に購入する「与信、ヨシン」があるか、調べますので、これは、とても大切です。

前回のお話の方も、すでに、建築業者を決めて、古家付きの物件を建築業者と一緒に見学に行きました。

このように、具体的にアプローチをして、物件を探すことは、とても、大切です。

良い物件は、逃げ足が、速いです。

私は、不動産投資で、物件を探していた時に、値下げをした物件を知り、直ぐにその不動産会社に行ったら、値下げしたその日に売れて、翌日の私は、買えませんでした。

インターネットには、載っていません。

ですから、良い物件を良い条件で、買うのは、とても難しい、です。

ですから、購入の意思を持っていることを不動産会社に具体的に、示すことは、非常に大切です。

マイホームは、人生の中で、大きな買い物ですので、事前に準備をしておきましょう。

高額なので、時間がかかることは、業者も知っていますので、慌てる必要は、ありません。

激安でマイホームを購入した人のマイホームの設計について、書いていきたい、と思います。

続く。

今回のお話で、何か、まだ知りたいことがありましたら、是非、気軽にご質問ください。

私の判る範囲ではありますが、誠実にお答えしたいと思います。

It is a continuation of the previous story.

Last time, I talked about finding properties. This time, I would like to talk about how to buy a property in order to gain an advantage from one of the many applicants.

Of course, it is necessary to specifically show the intention to buy the property “seriously”, as well as searching for the property.

You need to tell the other party that you have the necessary funds to buy the property.

Specifically.

To find out which mortgage, which bank you are in, what kind of loan you have, and whether you can get the loan.

Therefore, there is a holiday mortgage loan consultation at the bank that wants to get the loan, so it is a good idea to consult.

People who can get a bank loan can also get a public loan, so even if you don’t plan to use a bank loan, you should check your “credit, yoshin” credit level of your bank.

At this time, depending on the transactions you have made with “banks” up until now, the way in which the loans are drawn will differ. (ローンの通る方法。How the loan passes.)

If you are thinking of building a new house, if you decide in advance the contractor to construct it, you may receive various advice regarding land purchase, so it is good to decide in advance.

This is very important as the builder will check if the person has a “credit, yoshin” to buy.

In the previous talk, we already decided on a builder and went to see a property with an old house together with the builder.

In this way, it is very important to take a concrete approach and search for a property.

A good property has a fast escape.

When I was looking for a property through real estate investment, I learned about the property I had reduced the price of, and when I went to the real estate company immediately, it sold on the day I reduced the price and the next day I could not buy it.

Not listed on the internet.

Therefore, it is very difficult to buy a good property under good conditions.

Therefore, it is very important to specifically show the real estate agent that you are willing to purchase.

My home is a big purchase in my life, so let’s prepare in advance.

There is no need to panic because the vendors know that it is expensive and takes time.

I would like to write about the design of my home for the people who bought my home at a bargain price.

Continue.

If you have any questions about this story, please feel free to ask.

As far as I can tell, I would like to answer sincerely.

 

激安で、マイホームを買う方法。Cheap way to buy your own home.

広告

このコロナショックの中、不動産を購入した人をレポートしよう、と思います。

この人は、「投資」ではなく、「マイホーム」を探していました。

不動産は、中古がお安いけれど、なかなか、自分の思うような物件がないまま、このコロナショックが起こった。

ジリジリと、不動産価格がお高くなっているので、私は、しばらく様子見を勧めていました。

その真っ只中に、このコロナショックが、起こりました。

そうすると、物件を見て欲しいとの連絡が入ってきました。

同行すると、古家付きの物件で、そこに新築、したいとのことでした。

それもハウスメーカーで、とのことでした。

ハウスメーカーなら、古家付きを、コミコミのお値段で、一括にローンを組めるので、とてもこういう物件を買うには、便利です。

少しお高いけど、軽量鉄骨の、長期優良住宅を建てたい。

そんな条件で、物件を見に行きました。

私は、不動産関係をしているので、販売元の不動産会社にお声かけ、しました。

そこで、お値段は、おいくらになるのか?聞いたのです。

短刀直入(タントウチョクニュウ)に。

そうすると、なんと、販売価格の70%までなら、なんとか。と、良いお返事をいただきました。

相続物件でした。相続物件は、通常3か月以内に、物納または、売却、お金で、相続税を払う、事をしなくではならないので、破格のお値段で買えることが多い、です。

その上に、このコロナショックで、売却を急いでいるのでしょう。

そのお値段を、後から、本人に伝えると、とても前向き、になりました。

更に、調べると、以前、その住宅は、都道府県が計画して分譲した物件でしたので、色んな、政策の補助金を受け、建設出来る事が判ったのです。

空き家を取り壊す費用の補助金。

擁壁(ヨウヘキ)と言って、高台にある物件でした。

この擁壁を再建築する補助金も出る、そうです。

それを調べて、ハウスメーカーに話すと、その手続き、もやってくださる、とのこと。

気をつけないといけないことは、こういう情報は、自分で調べないと、ハウスメーカーは、何も知らずに施工してしまいます。

ですから、行政の方針は、調べることが、必要です。(参照)

そうすると、かなり良い条件です。

本人は、とても嬉しいそうで、話は、トントン、進みます。

そして、購入する運び、となりました。…続く。

 

I would like to report on the people who purchased real estate in this corona shock.

This person was looking for “my home” rather than “investment.” Used real estate is cheap, but it was hard to find a real estate for me, so this corona shock happened.

The price of the real estate was rising, so I recommended a wait-and-see for a while. In the midst of that, this corona shock happened.

Then, I received a contact requesting that I see the property.

When I went with him, he said that he would like to build a new house with an old house.

That was also a house maker.

If you are a house maker, you can get a loan with an old house at a reasonable price, so it is very convenient to buy such a property.

It’s a little expensive, but I want to build a long-term excellent house of lightweight steel.

I went to see the property under such conditions.

I have a real estate relationship, so I called out to the real estate company that sells it.

So how much will the price be?

I heard.

Directly into the short sword.

If you do so, you can manage up to 70% of the selling price.

I received a good reply.

It was an inherited property.

Inheritance properties usually have to be paid, sold, or paid the inheritance tax within 3 months, and you have to do things, so you can often buy at an unbelievable price.

On top of that, the Corona Shock is rushing to sell.

When I told him the price later, he was very positive.

Furthermore, when I examined it, I found that the house was a property that the prefecture planned and sold before, so it can be built with various policy subsidies.

Subsidy for the cost of demolishing an empty house.

It was a holding wall (Youheki), and it was a property on a hill.

It seems that there will be subsidies to rebuild this retaining wall.

He researched it and told the house builder that he would do the procedure.

The thing to be aware of is that if you don’t check this kind of information yourself, the house maker will construct it without knowing anything.

Therefore, it is necessary to examine the administrative policy. (See) That’s pretty good.

He seems very happy, and the story goes on.

And now it’s time to buy. …Continue.

 

Apple製品の故障サポートを気軽に受けてはいけないワケ。Why don’t you get casual support for Apple products?

広告

Appleのデバイスは、「壊れるまで」無理して、お使いした方が、良いサポート体制です。

このことをお伝えしたくて、この記事を書いています。

iPadが、調子が悪かった。工場出荷状態にしないと動かないくらいの悪い状態でした。

まだ、1年5ヶ月しか、経っていない。

前のiPadも2年程で、画面が真っ暗になり壊れてしまった。

でも、前の時は、偶然だろうと思っていた。

iPadのApple Care+は、10,000円以下です。

とてもお安く入れます。これに、入っておくことは、大事です。

私は、今、持っている製品には全部入っている。

でも、このiPadは、入っていなかった。

そこで、Appleに電話してみました。

まだ、壊れてはいないが、色んなことをしてみたけれど、工場出荷状態にしないと、正常に動かない、状況です。

あなたなら、どう判断しますか?

私は、これは、壊れる前兆だと判断しました。

とても、不愉快な思いでした。

この電話サポートは、「工場出荷状態にしてみたら?」という、アドバイスでした。

…このアドバイスは、受けておけば、良かったと後悔する状況に発展しました。

結局のところ、デバイスをAppleで交換すると戻ってこないことを知っておきましょう。

まだ、壊れていないiPadが、整備品のiPadが送られてきました。

初めての事で、びっくりました。

少し、気になることがありました。点検は、していただきました。

でも、元のデバイスには、できません。

結局、点検に出すことによって、整備品の外箱も、Apple社に取られて、戻って来なかった。

整備品は、シリアル番号が、「F…」から、始まる番号が、付いています。

新品でも、不具合の多い製品を、整備品が、それ以上のコストパフォーマンスを上回るとは、思わない。

上回るなら、新品よりも、プライスは、高くなる。

整備品は、1年保証しか付いていません。

私の渡された、製品はその保証も付いていない。

この事を、ちゃんと、初めから説明する、ことはアドバイザーには、欠けていた。

結局のところ、このデバイスは、自宅で、保管することにしました。

なぜなら、マイクロソフトのofficeが、入っている最後のモデルです。

マイクロソフトのofficeは、10インチ以下でないと、入らない。

最新モデルは、このofficeが、ないので、お安い。

私は、最新モデルのお安いiPadにAppleCare +を付けて購入しました。

…でも、こんなに壊れ易い、デバイスを使い続けるか、考え中です。

お安いと言ってもApple製品は、他の機種に比べて、お高い。

タブレットは、壊れたら、今度は、日本製のタブレットが、壊れにくいのでは、と考えています。

私は、pcも購入しました。

Apple製品を揃えて持ってみた。私の感想です。

追加。連動させるととても便利なので、一度買えば、Appleになってしまいました。cloudが、共有できるのは、やはり良いです。

 

It is better to use Apple devices “until they break” and use them better.

I am writing this article to tell you this.

iPad was sick.

It was so bad that it would not work unless it was shipped from the factory.

Only one year and five months have passed.

The previous iPad was about two years old and the screen went black and broken.

But the last time I thought it was a coincidence.

Apple Care + for iPad is less than 10,000 yen.

I put it very cheaply.

It is important to enter this.

After all, know that if you swap your device with Apple, you won’t come back.

An iPad that has not been broken yet has been sent a service iPad.

For the first time, I was surprised.

I was a little worried.

The inspection was done.

But the original device cannot.

Eventually, by submitting for inspection, the outer box of the service item was also taken back by Apple and not returned.

Service parts are numbered starting with “F …”.

I don’t think that even if it’s new, a product with a lot of failures and a maintenance product will outperform the cost performance.

If it does, the price will be higher than the new one.

Repairs are only guaranteed for one year.

My handed product has no warranty.

Explaining this from the beginning, advisors lacked.

After all, I decided to keep this device at home.

Because Microsoft’s office is the last model included.

Microsoft’s office must be 10 inches or less to enter.

The latest model is cheap because there is no this office.

I purchased the latest model cheap iPad with AppleCare +.

… But I ’m thinking about keeping my device so fragile.

Even if it is cheap, Apple products are expensive compared to other models.

If a tablet breaks, I think that a tablet made in Japan is hard to break this time.

I also bought a pc.

I brought all the Apple products. This is my impression.

It’s very convenient to link it, so once I bought it, it became Apple. It is still good that cloud can be shared.