勤勉であることを大切にした二宮尊徳。Sontoku Ninomiya who valued being diligent.

今回は、以前にブログに取り上げた、薪を背負って勉強して、立身出世した、二宮金次郎の成人になった、二宮尊徳の言葉です。

貧となり富めるものとなるのは偶然のことではない。富める人は富を得る原因があり、貧しいものは貧しくなる原因がある。富は節倹をなし、よく働くものに集まってくるもので、偶然集まってくるものではない。財は油断すれば自分のもとより逃げていく。富財を得ようとするには勤勉と節倹、努力によってのみ得られる。1日働けば働いただけ利益があるが、1日働かねばそれだけ損失が大きい。こういうわかりきったことがなかなかおこなわれないのが人間のありさまである。明日をたのまず、今日1日働くべきである。

二宮尊徳

訳文

「貧乏になる人、富のある人は、偶然に発生するものではない。富のある人は、富を得られる原因がある。又、貧しい人は、貧しくなる原因がある。

富を持つには、節約(要らないものを持たないでお金を貯めること)、倹約(必要なものも持たないでお金を貯めること)をして、そうして一生懸命働いた人にお金は集まってくるもので、偶然にお金は集まってこない。

財産は、注意を油断すれば、自分のところから逃げていく。豊かな財産を得るためには、仕事や勉強に一生懸命になり、節約(要らないものを持たないでお金を貯めること)、倹約(必要なものも持たないでお金を貯めること)、努力によって、しか、お金を得る手段はない。

1日働けば、その日働いた分だけの利益があるが、1日働かずにいれば、それは、その分、損失が大きく発生する。

こういう、当たり前の誰にでもわかる、物事が、なかなかできないのが人間の状態です。将来を期待しないで、今日を大切にして、働くべきです。」

幼少期を貧しく過ごして、のちに、地域の農村を助け、みんなの為に働き、人々を豊かにして、立身出世した二宮尊徳の言葉には、事実に裏付けされたものがあります。

勤勉であること。お金を大切にすることを最も強調しています。この言葉は、人生の道しるべになりますように。皆さまのご多幸を願います。

A statue of Sontoku Ninomiya’s childhood Kinjiro Ninomiya.
二宮尊徳の幼少期の二宮金次郎の像。

This time, I mentioned in my blog earlier, the words of Sontoku Ninomiya, who became an adult of Kinjiro Ninomiya, who studied with firewood on his back and succeeded in life.

Translation

“People who become poor and those who are rich do not happen by accident. People who are rich have a cause for gaining wealth, and those who are poor have a cause for becoming poor.

To have wealth, save money (save money without having what you don’t need), save money (save money without having what you need), and for those who work hard It’s something that comes together, and money doesn’t come by chance.

Property runs away from you if you are careful. To get a wealth of wealth, work and study hard, save money (save money without what you need), frugality (save money without what you need), and effort. However, there is no way to earn money.

If you work one day, you will make a profit as much as you worked that day, but if you do not work one day, you will incur a large loss.

It is the human state that it is difficult for anyone to understand such things. Don’t expect the future, you should cherish today and work. “

The words of Sontoku Ninomiya, who spent his childhood poorly and later helped rural villages in the area, worked for everyone, enriched people, and succeeded in life, are supported by the facts.

Be diligent. The most emphasis is on valuing money. May this word be a guide to your life. We wish you all the best of luck.

不動産物件、オーナーチェンジを購入しました。I bought a real estate property and an owner change.

オーナーチェンジの物件を購入した話を書こうと思う。

オーナーチェンジは、中に賃借人が入っているから、中が見れない。

不動産投資を始めた方なら分かると思うけど、物件がやたら欲しい気持ちになる事がある。

そんな時、オーナーチェンジの物件を紹介された。

結論から言うとそれは、ボロ物件だった。

そのボロ物件には、入居者に入ってもらう為に2台のエアコンとウォッシュレットが付いていた。

だけど、入居者は、オーナーが変わったので、退去した時に、それを全部持って行った。

リフォームするから、良いけれど、ボロ物件には、それなりの入居者しか入らない。

世の中、上手い話なんて、無い。

だから、オーナーチェンジで、良い物件は、たちまち、業者や大きく事業展開しているオーナーに話が行く。

だから、普通の人は、良い話は来ないことを知っておいた方が良い。

綺麗に私は、その物件をリフォームしました。

そのリフォームが、上手くできない人は多いから、不動産投資は難しい。

そのリフォームした物件は、このコロナ禍で、今は、空家です。

その物件を売りに出してみた。

そうすると、不動産業者は、あれこれ、言って、お安く買い叩こうと、色んな言葉を掛けて来る。

これより、良い綺麗な物件がお安く出た、とか。

でも、その物件は、話とは違って、ボロ物件でした。

言葉に騙されて、弱気になれば、直ぐに、買い叩きに合う。

だから、業者の言うのは、馬耳東風(バジトウフウ)。

つまり、聞き流して、気にしてはいけない。

これは、不動産業界だけでは、ない。

お金に関しては、自己をきちんと持たないと騙されて、持っていかれる。

この物件は、繁忙期になれば、賃貸に出すつもりです。

コロナ禍では、不動産売却も、なかなか難しいです。

良い賃借人に恵まれますように。

このように、不動産賃貸業もなかなか大変です。

I would like to write a story about purchasing a property with a change of owner.

The owner change cannot be seen because there is a renter inside.

As anyone who has started investing in real estate knows, there are times when you want a property.

At that time, I was introduced to a property that changed owners.

In conclusion, it was a rag property.

The rag property was equipped with two air conditioners and a washlet to allow residents to enter.

However, the resident changed the owner, so when he moved out, he took it all with him.

It’s good because it will be remodeled, but only a reasonable number of residents can enter the rag property.

There is no good story in the world.

Therefore, with the owner change, good properties are immediately talked to the contractors and owners who are expanding their business.

So the average person should know that good stories don’t come.

Beautifully I remodeled the property.

Real estate investment is difficult because there are many people who cannot do the reform well.

The renovated property was this corona wreck, and is now an empty house.

I put the property up for sale.

Then, the real estate agent will come up with various words to buy and beat at a low price.

It seems that a good and beautiful property came out cheaper than this.

However, unlike the story, the property was a rag property.

If you are deceived by words and become bearish, you will immediately be able to buy and beat.

That’s why the vendor says Bajitofu.

In other words, don’t listen and don’t worry.

This is not just in the real estate industry.

As for money, if you don’t have your own self, you will be deceived and taken away.

We plan to rent this property during the busy season.

It is quite difficult to sell real estate in Corona.

May you be blessed with a good renter.

As you can see, the real estate leasing business is also quite difficult.

陶器収集の趣味は、儲かるのか?Is the hobby of collecting pottery profitable?

今回は、陶器のお話です。

時々、陶器の収集を趣味にしている方が、いらっしゃるので、本当にその趣味は、続ける方が、良いのか、このお話を聞いて欲しいと思って、お話を進めていきます。

ご興味のある方は、どうぞ、お読みになってください。

日本の陶器は、中国から渡ってきました。

とても、絵柄が、華やかなものも多いです。

古い陶器は、釉薬(ユウヤク)の色が、赤を基調にされていました。

これは、とても、手に入れやすい色だったからです。

そのうち、ようやく、紀元前14世紀頃になって、青い釉薬(ユウヤク)が、できました。

ですが、これは、とても貴重で、高貴な人しか、手に入れることが、できませんでした。

ですから、この青い釉薬(ユウヤク)で、できた「青磁」は、今も、現存するものは、とても貴重です。

それから、青い絵付けの陶器も出てきたのですが、これも大変に貴重なものです。

現代は、色んな陶器があります。

普段使いの厚手の陶器や、薄い繊細な陶器。

そんなコレクターも居ると思います。

陶器には、窯元(カマモト)と言って、その陶器を作っている所があります。

陶器は、その窯元(カマモト)で、一度にたくさんの陶器が、焼かれて、作られます。

ですから、一度に、大量の「同じ」陶器が、焼かれ、生産されます。

だから、同じ陶器が、たくさん生産されますので、「資産」としての、陶器の収集は、「価値」がありません。

「価値のある陶器」は、その陶器が、「歴史的人物」によって使われることによって、「価値」が出ます。

ですから、一般に売られている陶器を買っても、「資産」には、なりません。

このことを、知って、陶器とお付き合いしましょう。

時々、陶器のことを自慢する人が、います。

ですが、それは、長く持っていても、そんな大きな「資産」には、なりません。

こんなことを、その自慢している人には、言えないことが、良くあります。

だからこそ、この場で、知って欲しいと思い、書きました。

やはり、良い陶器で、食事をするのは、気持ちが、良いです。

私もそういう意味では、陶器は、好きです。

ですが、一般に出回っている陶器を収集することは、「資産」には、ならない事を、知っておきましょう。

今回は、陶器収集の資産性について、書いてみました。

参考になりましたら、嬉しいです。

This time, we will talk about pottery.

From time to time, there are people who have a hobby of collecting pottery, so I’d like to hear this story as to whether it’s really better to continue that hobby.

If you are interested, please read it.

Japanese pottery came from China.

Many of them have very gorgeous patterns.

In old pottery, the color of glaze (Yuyaku) was based on red.

This is because it was a very easy-to-find color.

Finally, around the 14th century BC, the blue glaze (Yuyaku) was made. However, this was very valuable and could only be obtained by noble people.

Therefore, the “Celadon” made from this blue glaze (Yuyaku) is still very valuable.

Then, porcelain with blue painting came out, which is also very valuable.

In modern times, there are various kinds of pottery.

Thick pottery for everyday use and thin delicate pottery.

I think there are such collectors.

There is a place called Kamamoto that makes the pottery.

Pottery is made by baking many pottery at once in the pottery (Kamamoto).

So, at one time, a large number of “same” pottery is baked and produced.

Therefore, the same pottery is produced in large numbers, so collecting pottery as an “asset” has no “value”.

“Valuable pottery” is “valued” when it is used by “historical figures”.

Therefore, even if you buy pottery that is sold to the general public, it does not become an “asset”.

Let’s know this and associate with pottery.

Sometimes there are people who brag about pottery.

However, even if it lasts for a long time, it does not become such a big “asset”.

Often I can’t say this to those who are proud of it.

That’s why I wrote it because I wanted you to know it here.

After all, it feels good to eat with good pottery.

In that sense, I also like pottery.

But be aware that collecting pottery on the market is not an “asset”.

This time, I wrote about the property of pottery collection.

I would be happy if it was helpful.

激安で、マイホームを買う方法③How to buy your own home at a discount ③

前回の続きです。

激安で、古家付きの土地を買ったその方の、地方自治体から、建物の解体の補助金が、出ました。

ハウスメーカーの方は、そういう制度があることを知らなかったそうで、こちらからの提案で、その手続きをしてくださいました。

擁壁(ヨウヘキ)と言って、段差のある所の壁の補修費は、道路に面した所だけだったようで、それは適応になりませんでした。

特に、擁壁(ヨウヘキ)を補修する必要も無かったようでしたので、そのままにしておくことにしました。

ハウスメーカーの営業の方も、その補助金の申請を代行してくださいました。

そして、お礼を言われたそうです。「とても良い経験になりました。永く営業をしていますが、こんな経験は、初めてです。」お家を売る営業の方は、とても感謝したそうです。

これから、良い提案が、できるようになったのですから。

お互いwin winの関係です。

そして、その補助金の手続きをしたものですから、そのぶん、工期が、後ろにずれてしまいました。

そうすると、予定していたシリーズの建物が、廃番になってしまいました。

新しいシリーズの建物は、古いシリーズに比べて、ずいぶんとお高く、とても、予算内に収まることのできない、建物になってしまいました。

とても、困り、このお値段では、購入できない、ことを、素直に相談したそうです。

そうすると、お高いお値段の新しいシリーズの建物が、古いシリーズのお値段で、建築できるようになったそうです。

つまり、お値下げです。

その地域では、初めての施工の建物だそうです。

ですから、モデルルームに使いたい、との話が出ています。

実際に住んでいて、建築の希望の方がおられると、家を見せるそうです。

それで、モデルルーム代という、お小遣い、がいただけるそうです。

やはり、win win の関係は、心地よい、関係です。

このように、色んな事柄について、真剣に取り組むことは、良い関係、を築いていきます。

どんな小さなことでも、真剣に、調べて、勉強をすることは、大切です。

良い人間関係は、大切です。

今回は、ここまで、です。話は、続きます…

Continuing from the previous session.

A subsidy for the demolition of the building was issued by the local government, who bought the land with an old house at a bargain price.

The house maker didn’t know that there was such a system, so he suggested it and took the necessary steps.

It seems that the repair cost of the wall at the stepped part called the retaining wall (youheki) was only for the part facing the road, and it was not adapted.

In particular, it seemed that there was no need to repair the retaining wall, so I decided to leave it alone.

The house maker sales representative also applied for the subsidy.

And he said thank you. “It’s been a very good experience. I’ve been doing business for a long time, but this is the first time I’ve had it.”

The sales person who sells the house is very grateful.

From now on, we can make good suggestions.

It is a win-win relationship with each other.

And because it was the procedure for the subsidy, the construction period was moved backwards.

Then, the building of the planned series was abolished.

The new series of buildings is much more expensive than the old series, and it’s a building that can’t fit within our budget.

It seems that he was very troubled and he honestly consulted that he could not purchase at this price.

Then, the expensive new series building can be built at the old series price.

In other words, it is a price cut. It seems that this is the first construction building in the area.

Therefore, it is said that they want to use it in the model room.

He says he will show his house if he actually lives and wants to build.

That’s why I heard that the model room fee, or pocket money, can be paid.

After all, the win-win relationship is a pleasant relationship.

In this way, seriously tackling various matters will build a good relationship.

It is important to seriously investigate and study even the smallest things.

Good relationships are important.

That’s it for this time.

The story continues…

 

道路付けのない土地。Land without roads.

今回は、土地の履歴をの事を書いてみよう、と思います。

その土地の所轄の法務局に行くと、「登記事項要約書」を申請して、所定の手続きの料金を印紙で支払って、手に入れることができます。

今回は、上記のような、形状の物件があり、とても興味深い、ので、解説していこうと思います。

今回売りに出ていたのは、CとDの物件です。

その地目(土地の種類)は、「雑種地、ザッシュチ」という、今ではあまり、聞かない種類のものでした。

昔から、そのままにしてあった土地ということが、判ります。

古家がそれぞれ、建っていましたが、いずれも持ち主は、同じ人でした。ですから、これを取得すれば、「文筆、ブンヒツ」と言って、それぞれ、土地家屋調査士が、測量して、2つに分ける必要のある土地で費用も軽く1,000,000円は、掛かるそうです。

この2つの物件は、「格安」でした。Bは、道路では、ありません。

これは、相続を繰り返して、最終的に、国に相続人が「物納」した「土地」でした。

ですから、今は、国が持っている「土地」です。

このように、日本は「相続税」が、高いので、土地を切り分けて、国に「お金」ではなく、「土地」を相続税を払う事ができます。

話は戻りますが、CとDの土地は、道路に出るのに、Aの土地を通らないと、道路に出る事が、できない「土地」でした。

不動産会社の説明では、Aの土地の持ち主は、高齢者だと、話していました。しかし、登記簿を読んだら、その土地は、生前贈与されて、相続人の2人の共有名義になっていました。

よって、当面は、相続税に、土地の一部を「物納」されることは、無いことが、判ります。

では、CとDの土地は、どうすれば、良いかというと、A,B,C,Dのいずれの土地も元は、広いひとつの土地、であったと思われます。

私の閲覧したものは、1958年(昭和33年)までの登記簿でしたので、それをもっと昔の登記簿で、元の形の「土地」の登記簿を取り寄せます。その上で、民法210条にこういう道路付けの無い土地に「通行権」があることを、記載があります。

民法210〜213条を良く読めば、「通行権」に料金を払うこと、通行権を拒絶することはできない事。

さらに、通行権を持つ人は、Aの土地に道路を作ることができます。

ですが、土地は、地上権、と言って、土地の上だけですので、地下に水道管などを通すことまでは、定められて、いません。

ガス、水道は、公道は、その事業者がしてくれますが、私道や他人の土地に設置するのは、とても難しい、です。

他人の土地に「通行権」については、もちろん、車も通る、ことができます。この「通行権」は、土地宅地建物取引業者に頼めば、話し合いで、設定できます。

このように、日本の相続税は、非常に高いです。

ですから、「お安い土地」は、登記簿で、しっかりと調べて、後から、後悔しないようにしましょう。

今回は、土地の登記簿の読み方と、道路付けの無い土地の「通行権」について、お話してみました。

Reported byくぅ

This time, I’ll write about the history of the land.

If you go to the legal bureau that has jurisdiction over the land, you can apply for the “entry summary”, pay the fee for the prescribed procedure with a stamp, and get it.

This time, there is a property with the above shape, which is very interesting, so I’ll explain it.

The properties for sale this time are C and D.

The ground (type of land) was a kind of hybrid land, Zashchi, which I don’t hear much about now.

You can see that the land has been left as it is for a long time. Each old house was built, but the owners were the same.

Therefore, if you get this, it is said that the land and house surveyor will need to measure and say, “Bunhitsu, Bunhitsu”, and it will cost 1,000,000 yen lightly on the land that needs to be divided into two.

These two properties were “cheap”.

B is not on the road.

This was the “land” that the heirs “delivered” to the country through repeated inheritance.

Therefore, it is now the “land” of the country.

In this way, Japan has a high “inheritance tax”, so you can divide the land and pay the inheritance tax on the “land” instead of the “money” to the country.

Returning to the story, the land of C and D is the “land” that can go out on the road unless it goes through the land of A even though it goes out to the road.

A real estate agent explained that the owner of A’s land was an elderly person.

However, when I read the register, the land was gifted alive and became the shared name of the two heirs.

Therefore, for the time being, it can be seen that there is no “payment” of part of the land under the inheritance tax.

Then, what is good about the land of C and D?

It seems that the land of A, B, C, D was originally a wide land.

What I browsed was a register up to 1958 (Showa 33), so I will request a register of the original form of “land” in the register that was older. In addition, there is a statement in Civil Code Article 210 that there is a “right of passage” in such land without road attachment.

If you read Articles 210 to 213 of the Civil Code carefully, you cannot pay a fee for “passage rights” or refuse a passage right.

In addition, a person with a right of passage can build a road on the land of A. However, the land is called the “ground right”, and it is only on the land, so it is not stipulated to pass underground water pipes.

Gas and water are provided by the business operators on public roads, but it is very difficult to install them on private roads or on the land of others.

Regarding “rights” to other people’s land, of course, you can also drive.

This “right of passage” can be set through discussions by asking the land, real estate and land building business operator.

In this way, Japan’s inheritance tax is very high.

Therefore, be sure to check the “cheap land” in the register carefully and do not regret it later.

This time, I talked about how to read the land registry and “passage rights” for land without roads.

 

狭小敷地や変形敷地の建物の注意したい所。Where you want to pay attention to buildings in narrow or deformed areas.

今回は、一戸建て住宅の狭小敷地、変形敷地に住宅を建てる際に注意しておきたいことをお話ししたいと思います。

先ず、駐車場を優先して敷地を取って建物の配分を決められている印象があります。

これは、あまり良くありません。建物は、定期的メンテナンスをしなければ、傷みが大きくなり、放置すると多大なメンテナンスが必要になります。

その事を考えずに、建てられている住宅が、とても多いです。

建物をメンテナンスするには、足場を組む必要があります。

その足場の幅を考えると最低50cmは、必要です。

ですが、その幅を考えずに建てられている建物が多すぎます。

外壁塗装や屋根のメンテナンス等、とても重要ですが、それさえ、できない住宅が多いのです。

外壁塗装業者からこんな事を聞かれました。「お隣との関係は、良好ですか?」私の場合、足場も十分取れる住宅でしたし、そんな状況でもなかったのですが、業者の話では、「1cmでも」はみ出る事を許されない、住宅があるそうです。

敷地が有ってもそう聞かれるのですから、敷地いっぱいに、建てられた建物のメンテナンスは、出来ないか、もしくはお隣に土地が有れば、のお話しですが、借りるしかありません。

建物が傷むと取り崩して建て直しも考えなくでは、いけない時期も来ます。

私は、敷地いっぱいに建てられた住宅を解体依頼した事もあります。

その際は、敷地いっぱいに建てられた所は、お隣に廃棄物が飛ばないようにシートを張り、重機(大きな機械)は使えず、手で、崩しました。

その料金は、とても高かったです。

ですから、先ずはメンテナンスの事を考えて、建物の配置を決めて、プランを考えていただきたいのです。

建物にメンテナンスは、必要です。この事を考えて、設計してください。

住宅をメンテナンスしておくと、やはり価値は上がります。

住宅を買う時は、メンテナンス費用も考えて無理の無い資金計画での購入をお勧めします。

This time, I would like to talk about what to keep in mind when building a house on a small site or a modified site of a detached house.

First of all, I have the impression that the parking lot is given priority to the site and the distribution of buildings is decided.

This is not very good. A building will be badly damaged unless it is regularly maintained, and if left unattended, it requires a lot of maintenance.

There are so many houses that are built without thinking about it.

Scaffolding is required to maintain the building.

At least 50 cm is necessary considering the width of the scaffold.

However, there are too many buildings built without considering the width. It is very important to paint the outer wall and maintain the roof, but even many houses cannot do it.

I was asked this by an exterior painter.

“Is the relationship with your neighbor good?” In my case, it was a house where I could get enough foothold, and it was not such a situation, but according to the contractor, “1 cm” is not allowed to stick out, the house There seems to be It is said that even if there is a site, it is said that if the building built over the site can not be maintained or there is land next to it, there is no choice but to rent.

If a building is damaged, it will be time to take it down and think about rebuilding it. I have also asked for the dismantling of a house built over the entire site.

In that case, in the place built on the full site, I put a sheet next to it so that the waste wouldn’t fly, and I couldn’t use heavy machinery (large machinery), so I destroyed it by hand.

The price was very high. So, first of all, I would like you to consider the maintenance, decide the layout of the building, and come up with a plan.

The building needs maintenance.

Please design with this in mind.

Maintaining your home will increase its value.

When buying a house, we recommend that you purchase with a reasonable financial plan considering maintenance costs.

 

築古の不動産投資の区分所有の利益率。Profit ratio of segmental ownership of old real estate investment.

私は、築古の団地を賃貸しています。

今、入居している物件の利回りを計算してみたので、ご報告致します。

表面利回り14%、です。

けれども、そこに、結構お高い、修繕積立金が、あるので、それを差し引くと10%程、の利回りです。

ですが、不動産には、固定資産税、私は、法人でしていますので、法人税も払います。

ですから、そういうのを差し引くともう少し、利回りは、低いです。

築古は、上手くいけば、良い利回りですが、とても難しい、です。

私のこの物件は、不動産会社が、リフォームして、分譲と賃貸で、募集していたものです。

購入したのは、6月でしたので、春の入居シーズンを逃した売れ残り物件でした。

ですから、とても不動産会社は、色んな意味で、ほっとしていた物件です。

値切りはせずに、そのままの価格での購入でした。

しばらく、そのまま、で、募集しましたが、入居者も付かずでした。

私用で忙しいのもあり、しばらく募集をかけていましたが、入居者は、決まりませんでした。

ですので、再リフォームをかけることにしました。

その際に不動産会社からリフォーム会社を紹介してもらいましたが、私の納得できる業者ではなかったので、お断りしました。

そうして、自分で、業者を探しました。

請け負ってくれるはずだった業者には、断られた事もあります。

不動産会社には、取引業者があります。

ですから、「ナワバリ、持分」があります。

そして、私は、1人で、業者を見つけ、今もその業者と、お取引があります。

建築業界は、「一見さん、イチゲンサン」(京都発祥の言葉で、一回限りのお客さん、という意味です。)とは、お取引は、嫌います。

ですから、業者を決めて、お取引をして、リフォームをしています。

一枚、一枚の名刺は、お取引の大事なリストです。

再リフォームをかけた物件は、リフォームしている間に、入居者が決まり、完成を急ぎました。

とても、良い方に入居していただいております。

とても、人気があり、殺到したので、こちらは、入居者を選ぶことが、できる程、でしたので。

そこで、面白くないのは、不動産会社です。

今、賃貸管理をそのご縁で、そのまま、続いていますが、とても入居者に良くして、要らない修繕の話を持ってきたりします。

なので、集金だけ、お願いして、自分で、管理は入居者からくるようにしました。

ですから、大きなお金の動く世界は、一歩間違えると、大変なのです。

不動産業界に長く身を置いている不動産会社の方のお話も「ドロドロした世界だ」と言います。

ですから、不動産会社とは、程良い距離を持って、お付き合い、です。

このように、入居の決まらない物件でも、その人の手腕で、人気物件になります。

ですが、それには、リフォームのセンスもあります。

物件は、主婦、女性が、選ぶので、女性目線になってリフォームすると良いです。

ですから、女性の方が、向いているかもしれません。

その上に、業者選びは、大切です。

いくら、良い物件にしても、高額では、利益はでないし、その予算の、付け方も、センス、が必要になります。

ターゲット層にアプローチした物件、作りが、大切、です。

このように、不動産投資は、とてもコミュニケーションは、大切です。

簡単ではありません。

比較的、新しい物件は、築古物件よりも、難易度は下がりますが、選ばれる物件になるには、やはり、工夫が、大切です。

そのあたりは、銀行の方も良く知っていて、お話をしていた時に、アクセントクロスですね!とか、お話がありました。

アクセントクロスとは、一面だけ、違う壁紙を貼って、良い印象を持ってもらう、方法です。

そのように、皆さま、色んなことを、工夫しています。

私は、アクセントクロスは、使っていません。

限られた予算で、人気のある物件にするのかで、成績は、違ってきます。

私は、借金が恐いです。

ですから、現金購入です。

ですから、レバレッジもかけません。

だから、お安い物件で、コツコツ、やっています。

I rent an old housing complex.

I have calculated the yield of the property I am in now, so I will report it.

The surface yield is 14%.

However, there is a fairly high reserve for repairs there, so if you deduct it, the yield will be about 10%.

However, property tax is paid on real estate, and since I am a corporation, I also pay corporation tax.

Therefore, the yield is a little lower when such a thing is deducted.

Construction is a good yield if done well, but very difficult.

This property of mine was one that the real estate company was looking for after renovation, sales and rental.

I bought it in June, so it was an unsold property that I missed the spring move-in season.

Therefore, a real estate company is a relieved property in many ways.

It was a purchase at the price as it was, without discounting.

For a while, I recruited as it was, but no resident was attached.

Since I was busy with private use, I was applying for a while, but the resident was not decided.

So I decided to remodel it.

At that time, I was asked by a real estate company to introduce a remodeling company, but I refused because it was not a contractor that I was satisfied with.

Then I searched for a contractor myself.

There were times when the contractor who was supposed to take the contract refused me.

Real estate companies have traders.

So, there is “Nawabari, equity”.

And I found a trader by myself, and I still have business with that trader. The building industry hates transactions with “Ichigen-san, Ichigensan” (a word that originated in Kyoto, meaning one-time customers).

Therefore, we decide on a vendor, make a deal, and remodel.

Each business card is an important list of transactions.

As for the property that was renovated, the resident was decided during the renovation and the completion was hurried.

Very good people are moving in. It was so popular that it was so crowded that it was possible to choose a resident here.

So, what’s not interesting is real estate companies.

Right now, we are continuing the rental management with that connection as it is, but we will make it very good for the resident and bring in a story of unnecessary repair.

So, I asked only for the money collection, and I decided to manage it by myself.

So, in a world of big money, if you make a mistake, it’s hard.

The story of a real estate company who has long been in the real estate industry is said to be “a muddy world.”

Therefore, we have a good relationship with real estate companies.

In this way, even for properties that are not decided to move in, it becomes a popular property due to the skill of the person.

However, it also has a sense of renovation.

Housewives and women choose the property, so it’s a good idea to renovate with a female perspective.

Therefore, women may be better suited.

Moreover, choosing a supplier is important.

No matter how good a property is, at a high price, it does not make a profit, and you need a sense of how to budget it.

It is important to create and approach properties that approach the target segment.

In this way, real estate investment is very important for communication.

It’s not easy.

Relatively new buildings are less difficult than old ones, but ingenuity is still important to become the property of choice.

The bank knows the area well, and when I was talking, it was an accent cross!

There was a story.

Accent cloth is a way to put a different wallpaper on one side to give a good impression.

In that way, everyone is devising various things.

I don’t use accent cloth.

The results will differ depending on whether you want to make the property a popular one with a limited budget.

I’m afraid of debt.

So it’s a cash purchase.

Therefore, no leverage is applied.

That’s why I’m doing it with cheap properties.

 

激安で、マイホームを買う方法②How to buy your own home at a cheap price ②

前回のお話の続きです。

前回は、物件探しについてのお話でした。今回は、数ある購入希望者から、どうやって、自分を有利にして、物件を購入するか、のお話です。

物件探しは、もちろんですが、その購入物件を「真剣に」購入する意思、を具体的に、示す、必要があります。

物件購入するのに、必要な資金が準備できていることを、相手に伝える必要があります。

具体的にです。

住宅ローンを、どの銀行で、どんなローンを組むのか、自分が、ローンが通るのか、調べることです。

ですから、そのローンを組みたい銀行で、休日住宅ローン相談、などありますので、相談してみると良いです。

銀行のローンが通る人は、公的ローンも通るので、銀行ローンを使う予定の無い人も、ご自分の「与信、ヨシン」自分の銀行に対する信用度、を調べておくことです。

この時に今までの「銀行」とのお取引によって、ローンの通り方が、違ってくると思います。(ローンの通る方法。How the loan passes.)

家の新築をお考えなら、事前にその施工する業者を決めておくと、色んなアドバイスを土地購入に関していただける場合もありますので、あらかじめ、決めておくと、良いです。

建築業者は、その人に購入する「与信、ヨシン」があるか、調べますので、これは、とても大切です。

前回のお話の方も、すでに、建築業者を決めて、古家付きの物件を建築業者と一緒に見学に行きました。

このように、具体的にアプローチをして、物件を探すことは、とても、大切です。

良い物件は、逃げ足が、速いです。

私は、不動産投資で、物件を探していた時に、値下げをした物件を知り、直ぐにその不動産会社に行ったら、値下げしたその日に売れて、翌日の私は、買えませんでした。

インターネットには、載っていません。

ですから、良い物件を良い条件で、買うのは、とても難しい、です。

ですから、購入の意思を持っていることを不動産会社に具体的に、示すことは、非常に大切です。

マイホームは、人生の中で、大きな買い物ですので、事前に準備をしておきましょう。

高額なので、時間がかかることは、業者も知っていますので、慌てる必要は、ありません。

激安でマイホームを購入した人のマイホームの設計について、書いていきたい、と思います。

続く。

今回のお話で、何か、まだ知りたいことがありましたら、是非、気軽にご質問ください。

私の判る範囲ではありますが、誠実にお答えしたいと思います。

It is a continuation of the previous story.

Last time, I talked about finding properties. This time, I would like to talk about how to buy a property in order to gain an advantage from one of the many applicants.

Of course, it is necessary to specifically show the intention to buy the property “seriously”, as well as searching for the property.

You need to tell the other party that you have the necessary funds to buy the property.

Specifically.

To find out which mortgage, which bank you are in, what kind of loan you have, and whether you can get the loan.

Therefore, there is a holiday mortgage loan consultation at the bank that wants to get the loan, so it is a good idea to consult.

People who can get a bank loan can also get a public loan, so even if you don’t plan to use a bank loan, you should check your “credit, yoshin” credit level of your bank.

At this time, depending on the transactions you have made with “banks” up until now, the way in which the loans are drawn will differ. (ローンの通る方法。How the loan passes.)

If you are thinking of building a new house, if you decide in advance the contractor to construct it, you may receive various advice regarding land purchase, so it is good to decide in advance.

This is very important as the builder will check if the person has a “credit, yoshin” to buy.

In the previous talk, we already decided on a builder and went to see a property with an old house together with the builder.

In this way, it is very important to take a concrete approach and search for a property.

A good property has a fast escape.

When I was looking for a property through real estate investment, I learned about the property I had reduced the price of, and when I went to the real estate company immediately, it sold on the day I reduced the price and the next day I could not buy it.

Not listed on the internet.

Therefore, it is very difficult to buy a good property under good conditions.

Therefore, it is very important to specifically show the real estate agent that you are willing to purchase.

My home is a big purchase in my life, so let’s prepare in advance.

There is no need to panic because the vendors know that it is expensive and takes time.

I would like to write about the design of my home for the people who bought my home at a bargain price.

Continue.

If you have any questions about this story, please feel free to ask.

As far as I can tell, I would like to answer sincerely.

 

激安で、マイホームを買う方法。Cheap way to buy your own home.

このコロナショックの中、不動産を購入した人をレポートしよう、と思います。

この人は、「投資」ではなく、「マイホーム」を探していました。

不動産は、中古がお安いけれど、なかなか、自分の思うような物件がないまま、このコロナショックが起こった。

ジリジリと、不動産価格がお高くなっているので、私は、しばらく様子見を勧めていました。

その真っ只中に、このコロナショックが、起こりました。

そうすると、物件を見て欲しいとの連絡が入ってきました。

同行すると、古家付きの物件で、そこに新築、したいとのことでした。

それもハウスメーカーで、とのことでした。

ハウスメーカーなら、古家付きを、コミコミのお値段で、一括にローンを組めるので、とてもこういう物件を買うには、便利です。

少しお高いけど、軽量鉄骨の、長期優良住宅を建てたい。

そんな条件で、物件を見に行きました。

私は、不動産関係をしているので、販売元の不動産会社にお声かけ、しました。

そこで、お値段は、おいくらになるのか?聞いたのです。

短刀直入(タントウチョクニュウ)に。

そうすると、なんと、販売価格の70%までなら、なんとか。と、良いお返事をいただきました。

相続物件でした。相続物件は、通常3か月以内に、物納または、売却、お金で、相続税を払う、事をしなくではならないので、破格のお値段で買えることが多い、です。

その上に、このコロナショックで、売却を急いでいるのでしょう。

そのお値段を、後から、本人に伝えると、とても前向き、になりました。

更に、調べると、以前、その住宅は、都道府県が計画して分譲した物件でしたので、色んな、政策の補助金を受け、建設出来る事が判ったのです。

空き家を取り壊す費用の補助金。

擁壁(ヨウヘキ)と言って、高台にある物件でした。

この擁壁を再建築する補助金も出る、そうです。

それを調べて、ハウスメーカーに話すと、その手続き、もやってくださる、とのこと。

気をつけないといけないことは、こういう情報は、自分で調べないと、ハウスメーカーは、何も知らずに施工してしまいます。

ですから、行政の方針は、調べることが、必要です。(参照)

そうすると、かなり良い条件です。

本人は、とても嬉しいそうで、話は、トントン、進みます。

そして、購入する運び、となりました。…続く。

 

I would like to report on the people who purchased real estate in this corona shock.

This person was looking for “my home” rather than “investment.” Used real estate is cheap, but it was hard to find a real estate for me, so this corona shock happened.

The price of the real estate was rising, so I recommended a wait-and-see for a while. In the midst of that, this corona shock happened.

Then, I received a contact requesting that I see the property.

When I went with him, he said that he would like to build a new house with an old house.

That was also a house maker.

If you are a house maker, you can get a loan with an old house at a reasonable price, so it is very convenient to buy such a property.

It’s a little expensive, but I want to build a long-term excellent house of lightweight steel.

I went to see the property under such conditions.

I have a real estate relationship, so I called out to the real estate company that sells it.

So how much will the price be?

I heard.

Directly into the short sword.

If you do so, you can manage up to 70% of the selling price.

I received a good reply.

It was an inherited property.

Inheritance properties usually have to be paid, sold, or paid the inheritance tax within 3 months, and you have to do things, so you can often buy at an unbelievable price.

On top of that, the Corona Shock is rushing to sell.

When I told him the price later, he was very positive.

Furthermore, when I examined it, I found that the house was a property that the prefecture planned and sold before, so it can be built with various policy subsidies.

Subsidy for the cost of demolishing an empty house.

It was a holding wall (Youheki), and it was a property on a hill.

It seems that there will be subsidies to rebuild this retaining wall.

He researched it and told the house builder that he would do the procedure.

The thing to be aware of is that if you don’t check this kind of information yourself, the house maker will construct it without knowing anything.

Therefore, it is necessary to examine the administrative policy. (See) That’s pretty good.

He seems very happy, and the story goes on.

And now it’s time to buy. …Continue.

 

不動産投資。満室大家さん。Real Estate Investment. Preferred property conditions for tenants.Full-occupied landlord.

私は、物件を3つ持っています。(1つは、田舎の駐車場)

入居者のニーズを知ることが、満室経営のポイントになります。

先ず、入居者は、便利に暮らしたいと思っています。

今、日本では、相続税が、非常に高くなりました。

土地を持っている人が、将来の事を考えて、収益の高い、ワンルームを建てています。

供給過剰ですから、これからワンルームに投資をする事は、非常にリスクがあります。

今、日本で、投資するなら具体的に言いますと、マンションでしたら60〜70平方メートルぐらいの2LDKが良いと思います。

前にも記事にしておりますが、日本人は物を持たなくなり、これぐらいがコンパクトで良いのです。

できれば駐車場が格安にして付けたりした方が入居率が上がります。

それと、リフォームのセンスです。

やはり、入居者の付かない大家さんは、リフォームが、下手です。

自分のターゲットにした家族構成のニーズを知ってそれに好まれるようにリフォームをする事が、大切です。

新築は、一度人が出ていくともう中古物件になりますので、あまり利益がありません。

ですから、デザインする事が、重要です。

私の物件も不動産会社が、手放したもので、決して良い条件の物件ではありませんでした。

不動産に「セール品」はありません。どうやって利益を出すかが、個人の実力になります。

やはり、購入だけではなく、どうやって運用するかも大切になります。

私は、会社を設立しました。

この事も、不動産を勉強しながら、興味ある方が、いらっしゃるなら、触れていきたいと思います。

引き継ぎ、不動産についても書いていきたい、と思います。

I have 3 properties. (One is the countryside parking lot)

Knowing the needs of residents is the key to full management.

First of all, residents want to live conveniently.

Now, in Japan, the inheritance tax has become very high.

The person who owns the land is thinking about the future and is building a highly profitable studio.

Because of oversupply, investing in a studio from now on is very risky. If you are investing in Japan now, specifically, I think 2LDK of 60 to 70 square meters is good for an apartment.

As I have written in the previous article, Japanese people do not have anything, so this is compact. If possible, the occupancy rate will increase if the parking lot is cheap.

And the sense of reform.

After all, landlords who do not have tenants are not good at remodeling. It is important to remodel so that you know the needs of your targeted family structure and that you like them.

The new construction will be a second-hand property once people leave, so there is not much profit.

So designing is important.

My property was also released by a real estate company, and it was never a good property.

There are no “sale items” in real estate.

How you make a profit is your personal ability.

After all, it is important not only to purchase but also how to operate it. I established a company.

I would like to touch this on if you are interested in studying real estate.

I would like to write about real estate and take over.