老人扶養家族控除を知っていますか?確定申告は年金生活でも必要。Do you know the elderly dependent deduction? A final tax return is also required for pension life.

この制度は、老人の家族を持つ子供に設けられた制度で、主な、給与所得者の両親、配偶者の両親、が、70歳以上になると所得の控除が受けられるのです。 税務署は、聞かないと教えてくれない。だから、税金の制度を知ることは、非常に大切です。今回は、老人扶養親族の控除の話をしたいと思います。 その控除額は、同居なら、580,000円。別居で480,000円です。 特定扶養親族控除は、19-23歳の子供がいる時に、630,000円が控除される。この特定扶養親族控除は、会社が、一般的に健康保険で把握しているので、会社員なら自動的に会社がしてくれている。 けれども、今回の老人扶養控除は、一般的に世帯分離している。 もう、私は気付くのが遅くかなり取り戻せない税金がある。 まず、これに該当すれば、会社に、自分の両親の生年月日とマイナンバーを変更届を出して提出します。 そうして、確定申告をしていないときは、過去5年まで税金が取り戻せます。最寄りの税務署に電話して、必要書類を揃えて、予約すれば、良いのです。 私は、電話しました。4月15日から順次受け付ける、とのことでした。給与所得者の身分証明書やマイナンバー(コピー)、還付を受ける通帳の番号。もちろん、老人扶養親族のマイナンバー、生年月日は、必要だそうです。だから、管轄の税務署に電話して、問い合わせを必ずしてほしい。 私の家族の所属する会社の担当者はこの制度を知らなかった。決して小さな会社ではない。私は、このようなケースは、非常に多いと予想する。本来、会社が年末調整でできるのです。ですが、私は、確定申告をして、税金を取り戻すことになりました。これは、結局は、諦めることになった。 自分の源泉徴収票をよく見て、それが適応になっているのか、確かめることは、大切です。このように、税制は、知らないと大変、損をする。 私は、調べてみると、もう親が介護保険を使っているので、不利になることが分かった。何故なら、介護保険使用料金が上がるからです。 私の両親は、年金受給者ですが、毎年確定申告をしています。だから、退職をして、年金生活であっても、確定申告は非常に大切です。 年金の少ない人は、医療費補助や給付金の対象になったりするので、メリットがあります。だから、確定申告をしましょう。 私的な積立年金とか、いろんなものを合わせて申告すれば、税金は戻ってくるからです。私たちは、税制をよく理解して、生活する必要があります。この記事が、参考になれば嬉しいです。 The tax office will not tell you unless you ask. So it is very important to know the tax system. This time I would like to talk about deductions for elderly dependent relatives. This system is provided for children with… Continue reading 老人扶養家族控除を知っていますか?確定申告は年金生活でも必要。Do you know the elderly dependent deduction? A final tax return is also required for pension life.

土地の維持費(税金)を知る。Know the land maintenance costs.(Tax)

住宅の建っている土地の維持費は、市町村の出している路線価格から決まります。(土地の色んな価格を知る。Know the various prices of the land.) 前にも書いていますが、単位が平方メートルですので、それに土地の形の評価で、単価を出します。(土地の資産価値を知る。Know the asset value of the land.) それに自分の持っている土地の平方メートルをかけ算(✖️)すれば、固定資産の評価額が分かります。 気をつけて欲しいことは、用途によって、固定資産額は、変わります。 ここでは、住宅地について主に取り上げます。 小規模住宅(200平方メートル以下)は、課税標準額の✖️1/6をかけ算したものになります。 課税標準額✖️1/6。これより大きな土地は、たとえば、220平方メートルの場合、200より大きな分、✖️1/3をかけ算します。 計算式は、課税標準額✖️200✖️1/3+課税標準額✖️20✖️1/3です。 又、住宅にかかる税金に都市計画税がありますが、これは、市町村によって異なります。 又、店舗等、商業施設は、別途市町村によって計算の仕方が違います。 固定資産税は、和暦(令和)の3の倍数の年に見直しをします。 (固定資産税は、3の倍数までの間に土地価格が、下落した時は、修正されます。修正は、下落のみです。) 土地の下落要素は、大きな商業施設が閉鎖等する等、によって計算されるようです。 住宅以外の用途は、税率が高くなります。私の住んでいる市町村は、課税標準額✖️0.7です。 更に空き地は高くなります。 とても、税金は、難しいですね。 今日は、土地の維持費、税金について書いてみました。市町村によって、違いますので、ご了承ください。 The maintenance cost of the land on which the house is built is determined by the line price provided by the municipality. (土地の色んな価格を知る。Know the various prices of the land.)… Continue reading 土地の維持費(税金)を知る。Know the land maintenance costs.(Tax)

家保証と長期優良建築の不動産の現実。The unreal estate reality of home guarantees and long-term excellent architecture.

日本の住宅には、2つの住宅保証制度が有ります。 ①住宅性能保証制度です。 これは、住宅の瑕疵(かし)つまり、欠陥を保証します。 これは、任意、つまり、住宅を建築するのに絶対入らなくても良い制度です。 大手の住宅メーカーは、独自のメンテナンス制度や独自の保証制度を採用しているので、この制度には、入っていません。 工務店等の中小の建設業者が、供託金(きょうたくきん)加入するのに、1,000万円を出して、加入して、建てる時に自己の建設する住宅にかける保証制度です。 法律で、建築した住宅を建築してから、10年間、保証すること、が定められています。ですので、建築業者は、この制度に加入しています。 この制度に入っていない業者は、避けましょう。 これは、施行段階で何度も審査が入って認定を受け無ければいけません。 具体的には、基礎もその用地の地盤を調べて杭打ちがされます。 私の場合、随分と前に池を埋めた宅地でしたが、3mの杭打ちがされています。 隣の住宅は10mの杭打ちがされています。 審査は、現場写真も証拠として残しておかなければいけません。 建設過程で何度も審査が入ります。 高台は、地盤が強固で良い住宅に住めるという、事も日本では通用しません。 日本は、急峻な地形なので、山の近くに住むことも土砂災害の恐れも有ります。 平地も近年は、温暖化により災害が、多くなっております。 この事についても、書いてみたいです。 又、建材もホルムアルデヒドにも対処しております。(シックハウス対策) 最近の木造住宅は、工場で加工されて、ブロックのように噛み合わせて建てていきます。 そして金具で固定するので、とても地震に強く出来ています。 窓も部屋は、2層ガラスに定められています。 断熱材も入っていて、機密性も高いので、排気口も作られています。又、バリアーフリーです。 階段には、手すりが付きます。 私は、通常の設計より階段を大きくしてもらいました。 これは、とても良かったです。 手すりを付けると階段が狭くなり、とても不自由に感じる人がいる事を後から知りました。 火災報知器も点検されます。 マイホームにブランドにこだわりがある人も多く見受けられますが、しっかりとした工務店を選んでこのような住宅を選び、建設するとお安く建設できます。 皆さまは、あまり知らないと思いますが、それらの建設現場写真や認定された認定書をファイルされた書類を持っていますか? 間取りの設計図は持っていますか? 審査は、工程のたびに、何回もしています。 持っていない方がほとんどだと思います。 建設会社は、密かに会社に保管しています。 私は、それを建設会社から貰い自分で保管しています。 壁紙は、持っていますか? 壁紙は、ロットが違うと同じ壁紙でも色が違います。 私は、これも建設会社に言って、余りの壁紙を保管しています。 皆さま、お持ちだと思いますが、認定書類、も保管しておきましょう。 この「住宅性能保証制度」は、社団法人住宅保証機構によって運用されています。 こちらの住宅も住宅ローン減税やマイホームに関わる税金の控除や減税措置が行われます。 国によって、2009年6月に施行された ②「長期優良住宅普及促進法」に基づき審査を受けた住宅はご存知ですか? 住宅性能保証制度の上にさらにグレードアップした建物です。 「長期優良住宅」は「スケルトンインフィル構造」で、頑丈な構造体を壊す事をせずに、間取りの変更や旧配水管の交換が出来るようになりました。 このように永く快適に住う事ができますので、お値段は、10〜20%程お高いです。 この制度のねらいは、日本の中古住宅市場に良い住宅を供給するためにできました。 住宅ローン減税やマイホームに関わる税金の控除や減税措置が行われています。 「住宅性能保証制度」で建設された住宅より、若干の登記費用が優遇される程度の減税措置の金額です。 私は、建設現場にいつも通っていました。 現場の人は、身体を使うので、真冬でも、冷たい飲みものが、好きです。 冷たいコーヒーを差し入れて、壁の下地を石膏ボードのところを、一部、ベニア板にしていただきました。 これは、備え付けの棚板をつけるために、していただきました。 石膏ボードの壁は、ビス打ちをすると、緩んできます。 そして、私は、市場調査を2019年11月にしました。… Continue reading 家保証と長期優良建築の不動産の現実。The unreal estate reality of home guarantees and long-term excellent architecture.

土地価格を知る。実勢価格、公示価格、路線化とは?Know the land price. What are the actual price, the official price, and the route?

土地には、色んな価格が付いています。 これから、この事に触れたいと思います。 ①実勢価格です。 これは、実際に不動産取引をされている価格です。 ②公示価格です。 これは、地価が作為的(わざと行うこと)に高騰(値段が急激に上がること)し ないように1969年(昭和44年)6月の第61国会において成立した制度、地価 公示法によって価格が、公示するものです。 これは、都市計画区域内で一定数の標準地を選定します。 土地鑑定委員会が、自然的、社会的条件によって、決まります。 偏りがないように基準地を選定します。 そして不動産鑑定士によって査定し、土地鑑定委員会が審査して決定します。 公示されるのは、毎年1月1日現在の価格です。 他の土地と比較出来るように単価面積(平方メートル)の価格とされています。 公示地価は、インターネットで公開されています。 ③路線価格です。路線価格とは公道(4m以上)に接している土地の価格を言います。 単位面積(平方メートル)です。 公道の幅が、大きい程評価は高くなります。 道路に1方、2方、3方と多く接している程、高くなります。 この路線価格は、厳密には国税局路線価格が出しているものと市町村路線価格が出しているものとがあります。 国税局の出している価格は、相続時に使う価格です。 これは、国税局でインターネットで公開されています。 市町村の出している価格は、土地の保有に税金をかける時に使う価格です。 これは、全国地価マップでインターネットで公開されています。 今日は、地価の種類について書いてみました。(2019/11/6現在) There are various prices for land. I want to touch on. ①The actual price. This is the price that is actually a real estate transaction. ②The published price. This is… Continue reading 土地価格を知る。実勢価格、公示価格、路線化とは?Know the land price. What are the actual price, the official price, and the route?

Translate »
error: Content is protected !!