趣味を作る。子育て、時間を共有する。Make a hobby. Parenting and sharing time.

私は、絵を描くのが好き、です。

鉛筆画は、自分の画法があり、ペンタッチが強いです。

手のひら2つ程のスケッチブックを持っている。

あまりに、合理的すぎる母は、こう言うのです。

「絵」は、残るから、趣味としては、不合理だ、と。

確かにそうだと思う。

作品は、描けば、増えていって、置き場所に困る。

だけど、幼少期に、絵画教室に通わせてくれたのも、母でした。

だから、「絵」は、大好きです。

手のひら2つ程のスケッチブックに、私は、10〜15分で、描きます。

そんな作品を、チラッと友人に見せると、驚かれます。

美術の先生に私の絵を見てもらいました。

そうすると、「絵は、学ぶものじゃない」と、だから、もう、私は、自分の好きなように描けば良いと思い、改めて、習うことは、しないことにしました。

勉強だけで無く、子供に「絵」を学ぶ機会があれば、私は、教室に通うのが、楽しかったので、そんな機会を作って欲しいと思います。

それが、できないなら、お家で、そんな時間を作って、絵を子供と描いてみましょう。

とても、たのしい時間になると思います。

だから、幼少期に色んな経験を積ませて欲しい、と思います。

私は、ピアノも習いましたが、指に力が無く、ピアノの鍵盤を上手に叩けなかった。

オルガンなら、楽しかったけれど。

だから、ピアノは、弾けないです。

でも、音楽を聴くのは、大好き、です。クラシック音楽をお安い、会員になって、毎月聴いてみた。

そうすると、耳が、養われる。

何年かすると、色んなオーケストラを聴き比べする。

要するに、耳が贅沢になります。

そんな事していると、もう、これで、一応、耳が、養われた、と思い、一休みする。

だから、多趣味になる。

花も、好きです。

フラワーアレンジメントも、出来るし、庭も作れる。

田舎におうちを買った時、そこには、痩せこけた土地だけだった。

だから、ホームセンターに行って、芝を敷いた。

そして、レンガで、第一花壇、第二花壇を作り、春、秋、共に楽しめるようにデザインしました。

植物は、育てるのは、凄く難しい。喋らない。

だから、鉢に植えられたものは、土にそっと、指を押し当てます。

そしたら、「ああ、水が、欲しい」とか、「今は、水は、要らない」とか、分かります。

そこには、マニュアルなんてのは、無い。

心で、感じること、だけ。

だから、植物を上手に育てられる人は、子育て、も上手に出来る人だと感じています。

DIYも大好きです。だから、リフォームをしたくて、今、不動産賃貸、やっています。

自分で、ペイントしたり、色んな事しています。

趣味が、延長で、仕事になっています。

子供は、好奇心いっぱいだから、色んな事、体験させて、欲しい、と思います。

継続は力なり。だから、身に着くまでは、続けましょう。

まだまだ、趣味は、あるけれど、ここには、そこまでのスペースは無い。

だから、ここまで。

個性的になりましょう。

I like drawing. Pencil drawing has my own drawing method, and the pen touch is strong.

I have two sketchbooks in my palm.

The mother, who is too rational, says: As “pictures” remain, it is unreasonable as a hobby.

I think so.

The more I draw, the more works I have, and I’m having trouble finding a place to put them. However, it was my mother who sent me to a painting class in my childhood.

That’s why I love “pictures”. I draw in about two palms in 10-15 minutes.

I am surprised when I show such works to my friends for a moment.

I had my art teacher look at my painting.

Then, since “pictures are not something to learn”, I thought I should draw them as I like, so I decided not to learn again.

If I have a chance to learn “pictures” not only for studying but for my child, I enjoyed going to the classroom, so I would like to create such an opportunity.

If you can’t do that, spend some time at home and draw with your kids. I think it will be a very fun time.

Therefore, I want you to gain various experiences in your childhood.

I also learned the piano, but my fingers were weak and I couldn’t hit the piano keyboard well.

It would have been fun with an organ.

So I can’t play the piano.

But I love listening to music.

I became a member of cheap classical music and listened to it every month.

Then, the ears will be nourished.

In a few years, I will compare and listen to various orchestras.

In short, your ears will be extravagant.

When I was doing that, I thought that my ears were nourished, so I took a rest.

So it’s a hobby.

I also like flowers.

You can make flower arrangements and make a garden.

When I bought a house in the countryside, there was only thin land.

So I went to a home improvement center and laid grass.

Then, we made the first flower bed and the second flower bed from bricks, and designed them so that you can enjoy both spring and autumn.

Plants are extremely difficult to grow.

Speak not.

So, what is planted in the pot, gently press the finger against the soil.

Then, you can see, “Oh, I want water,” or “I don’t need water now.”

There is no manual there. Feeling, only with heart. Therefore, I feel that people who can grow plants well can raise their children well.

I also love DIY.

That’s why I’m leasing real estate right now because I want to remodel.

I paint and do a lot of things myself.

My hobbies are extension and work.

Children are full of curiosity, so I want them to experience and experience various things.

Continuity is power.

So let’s continue until you get to it.

I still have my hobbies, but there is no space to reach it.

So far here.

Be unique.

 

FXと株式投資。資産運用とトレードFX and stock investment. Asset management and trading

FXは、為替、つまり、国の相対評価。株式投資は、会社の評価。

FXは、為替だから、どんどん動きます。

それに、国同士の評価だから、時差もあるし、政策や財政など、色んなことが、絡みます。

だから、24時間、365日、ずーっと見張っておかないと、いけない。

投資は、余ったお金でするもので、借金で、するのは、基本的におすすめしません。

気持ちに余裕も無くなるし、ちょっとした利益で、売却するから、いつも時間に追われてしまう。

余裕資金なら、気持ちが違います。

ですから、住宅ローンのある人は、しない、に限る。

ローンの償却表を、じっと見てみると良いです。

元金と利息が、記載されていて、返済額があります。

それだけの利息を毎月、利益を出すことは、無理だと思う、からです。

ですから、お若い時に少しずつ経験して、自分に向いていると思うなら、住宅ローンが終われば、又、始めれば、良いし、向いていなければ、やらない方が良いです。

「休むのも相場」と言うことわざがあります。私も住宅ローンのある時は、投資はお休みしていました。

その時に、証券会社の取り計らいもあり、年に一回だけど、アンケートを答えて、商品券が貰える、ことがありました。

ですから、大手の証券会社は、親切だし、インターネット専門の証券会社は、手数料がお安いので、色んな証券会社を自分で選ぶのは、良いと思います。

話は、戻りますが、基本的に、FXというのは、パイの取り合い、というイメージが私には、あります。

ですから、FXは、ずっと見張るのも面倒で、パイの取り合い、のようなのは、私の場合、向きませんでした。

ですから、FXをちょっと、してみましたが、辞めてしまいました。

ですが、小額投資には、向いています。

株式投資は、会社を分析して将来性を買う行為ですので、この方が、私には、向いていました。

金額は、大きくなりますが、基本的に投資は、ギャンブルでは、ありません。

ですから、追証に追われるような、お取引は、しません。

これが、投資を長くする秘訣だと思います。

私は、海外株式投資は、余り考えていません。

海外の通貨ベースで、利益が出ても、為替で、帳消しになることも、多い、からです。

ですから、海外投資は、かなり難しく、これをできる人は、とても、素晴らしい、才能だと思います。

何事も、経験ですから、投資を通して、色んな社会を勉強して欲しいと思います。

そうすれば、政治、経済が、自分の身近な存在になり、学校とは、違う、社会勉強ができます。

物事を、深く考え、それは、自己研鑽になります。

年齢に関係なく、いつまでも、社会を通して、勉強していたいですね。

FX is a currency exchange, that is, a relative evaluation of the country. Equity investment is a company valuation.

Because FX is a currency exchange, it moves more and more.

Also, because of the evaluation between countries, there are time differences, and various things such as policies and finances are involved.

Therefore, you have to keep an eye on you 24 hours a day, 365 days a year.

Investing is done with surplus money, and it is basically not recommended to do with debt. I’m running out of time, and because I sell it with a little profit, I’m always in a hurry.

If you can afford it, you will feel different.

So, if you have a mortgage, you should not.

Take a closer look at the loan amortization table.

The principal and interest are listed and there is a repayment amount.

I think it’s impossible to make a profit that much every month.

Therefore, if you experience it little by little when you are young and think that it is suitable for you, it is better if the mortgage is over, if it starts again, if not, it is better not to do it.

There is a saying that “it is also a market price to rest”.

When I had a mortgage, I didn’t take any investment.

At that time, there was a case where I got a gift certificate by answering the questionnaire once a year, partly because of the arrangement of the securities company.

Therefore, major securities companies are kind, and securities companies that specialize in the Internet have low fees, so I think it is good to choose various securities companies by yourself.

The story returns, but basically, I have the image that FX is a pie fight.

Therefore, FX is a hassle to keep an eye on for a long time, and it was not suitable for me to fight with pies.

So I tried FX a bit, but I quit. However, it is suitable for small investment.

Stock investment is the act of analyzing a company and looking for future prospects, so this was more suitable for me.

The amount is large, but basically the investment is not in gambling. Therefore, we will not make any transactions that require additional proof.

I think this is the secret to lengthening investment.

I don’t really think about foreign equity investment.

Even if a profit is made on an overseas currency basis, it is often canceled by the foreign exchange.

So overseas investment is quite difficult and I think the people who can do this are very, very talented.

Everything is an experience, so I would like you to study various societies through investment.

By doing so, politics and economy will become familiar to you, and you will be able to study social studies differently from school.

Think deeply about things, it will be self-improvement.

I want to study forever through society, regardless of age.

「本当の勉強」の素晴らしさ。The splendor of “real study”.

ほとんどの日本の小学校にある、「二ノ宮金次郎」の像をご存知でしょうか。

この頃は、改築の時に撤去されることも多いようです。

残念なことです。

多分、日本人なら、知っていると思います。

外国の方は、知らない人も多いと思います。

この像は、1787年に生まれた、実在の人物です。

薪を背に背負って本を開いて勉強する姿、です。

とても貧しいので、夜、勉強するのに、明かりさえ与えられず、明るい時間は、働きながら、本を手にしてひたすら、自分で勉強しました。

その幼少期の時の姿です。このように、決して恵まれない環境でさえ、「勉強」することの大切さを、心に刻む像が日本にはあります。

この人物は、身分制度の厳しい時代に、農民でお金も無い家に生まれました。

そして勉強して、知恵を絞って、自分だけでなく、多くの人を救い、出世しました。

今の時代でも「尊敬」されています。「教育」を受ける時間がなくても、工夫すれば、「勉強」できます。

「勉強」は、「人生」を変えると、以前書きました。

(クロームブックの作り方。教育の平等化。How to make chrome book. Equality of education.)

Do you know the statue of “Kinjiro Ninomiya” in most Japanese elementary schools?

At this time, it seems that it is often removed during renovation.

It is unfortunate.

Maybe if you’re Japanese, you know.

I think that many foreigners do not know.

This statue is a real person, born in 1787. It is a figure of studying by opening a book with a back of firewood.

I was so poor that I couldn’t even get the light to study at night, and during the bright hours, I worked hard while studying with my books.

It is the figure when I was a child.

In this way, there is an image in Japan that reminds us of the importance of “studying” even in an unfortunate environment.

This person was born into a farmer’s house without money during times when the status system was severe.

After studying, I narrowed down my wisdom, saved not only myself but many people, and succeeded.

Even today, it is “respected”.

Even if you do not have time to receive “education”, you can “study” if you devise it.

I wrote before that “study” changes “life”.

「勉強」とは、自分の人生の選択肢を多くする為に、基礎をしっかりと学ぶことが、重要です。基礎をしっかりと学ぶと、「道徳心」も生まれます。

それは、どんな境遇の人でも、「本」があれば、できます。

ノートは、枯木をペンにして、砂に「字」を書いても、勉強できます。

大人は、子供に「勉強」の大切さ、を教えれば、子供は、自分で勉強するようになります。

本当に勉強が、出来る、ということは、自分で勉強する事、です。

人から教えられた「勉強」は、「暗記」であって、身につきません。

回り道をして、自分で調べ、学び、学んだことは、身についた「勉強」で、「暗記」ではなく、それは、実際の自分の「人生」を変えます。

ですから、本当の勉強は、個人差がありますが、「時間」をかけて、「自分で学ぶ」ことが大切です。

「勉強」に近道は、ありません。この「二ノ宮金次郎」の像は、「常に勤勉(キンベン)であることは、すばらしい」ことを教えています。

「勤勉、キンベン」とは、「まじめに」「勉強」することです。

これは、基礎の「勉強」だけでは、なく、日本では、「勤勉(キンベン)に働く」とよく言います。

つまり、大人になって、社会人になっても、「仕事」は、「まじめに勉強すること」です。

ですから、常に、「仕事」は、「改善、カイゼン」です。

この言葉は、トヨタ自動車、で、世界的に有名な言葉、です。

単純な仕事は、ありません。

小さな事でも、良いのです。

仕事から、得られることを、勉強して、答えを出します。

そこには、「改善、カイゼン」があります。

小さなことです。これを、ひとつ、ひとつ、重ねていくと、大きな「差」が、つきます。

これは、「洗濯の仕方」

(セルフクリーニングでもっと清潔に!Cleaner with self-cleaning!)

“Study” is important to learn the basics in order to make many choices in your life.

If you study the basics well, you will also have “morality”.

It can be done by people of all circumstances with a “book”.

You can study notebooks by writing a letter on the sand with a dead tree as a pen.

If an adult teaches a child the importance of “study”, the child will study by himself.

To really study is to study by yourself. The “study” taught by a person is “memorization” and is not learned.

By detouring, investigating, learning and learning by yourself is what you have learned, not “memorization”, which actually changes your “life.”

Therefore, there are individual differences in true study, but it is important to take “time” and “learn by yourself”.

There is no shortcut to “study”.

The image of “Kinjiro Ninomiya” teaches that “always being a diligent person is wonderful.”

“Hard work, Kimben” means “serious” and “studying”.

This is often called “working hard” in Japan, not just the basic “study”.

In other words, even if you grow up and become a member of society, your “work” is to “learn seriously”.

Therefore, “work” is always “improvement, Kaizen”.

This word is Toyota Motor Corporation, and is a world-famous word.

There is no simple job.

Even small things are good. Learn what you can get from work and give answers.

There is “improvement, Kaizen” there. It’s a small thing.

If you stack this one by one, you will get a big difference.

This is “how to wash”

にも、書きました。

まじめに、物事をする事は、大切です。

小さなことを、軽く考えては、いけません。

それを、まじめに、取り組み、ひとつ、ひとつ、積み重ねる、ことは、恥ずかしいことではありません。

近道は、決してありません。

真の「勉強」は、境遇ではなく、「心構え」です。

これは、「サムライ」

I also wrote It is important to do things seriously.

Don’t think lightly about small things.

It is not embarrassing to take it seriously, work on it one by one, and stack it up.

There are never shortcuts.

True “study” is not “circumstance” but “attitude”.

This is “Samurai”

まじめに生きる。Live seriously.

で書きました。

本当の「勉強」は、教えられなくとも、「道徳心」が、身に付きます。

親は、決して、子供を自分のものとは、思ってはいけません。

「社会」に「還元」するのです。

ですから、日本では、「教育の機会」が平等にあります。

これは、社会の助け合いに、通じる、ものです。

ですから、国際的に「攻撃された国」にも、困っていれば、日本は、その国を助けたりします。

これは、よく、「人道的支援」とか、言われるものです。

このように、「勉強」すれば、「道徳」もできます。

まずは、「勉強」の「素晴らしさ」を知って欲しい、と思い、日本の「二ノ宮金次郎」の像を題材に書いてみました。

I wrote in. Even if you can’t teach true “study”, you can acquire “morality”.

Parents should never think of their children as their own.

“Return” to “society”.

So, in Japan, there are equal opportunities for education.

This is something that helps people in society.

Therefore, if you are in trouble with the “attacked country” internationally, Japan will help that country.

This is often referred to as “humanitarian assistance.”

In this way, if you “study”, you can also become “moral”.

First of all, I wanted you to know the “wonderfulness” of “study”, so I wrote about the image of “Kinjiro Ninomiya” in Japan.

撮影に協力してくださった学校関係者に深くお礼申し上げます。

We would like to express our deep gratitude to the people involved in the school for their cooperation in shooting.

人間関係、本物の友達。Relationships, real friends.

皆さまには、本物のお友達はいますか?これをテーマに今回は、お話してみようと思います。

いつも近くにいつも居るのが、本物の友達では、ない、というお話をしたいと思います。

その方とは、長い間お会いしていないし、今後もお会いすることは、多分、無いという関係のお友達です。

繋がりは、年一回のご挨拶の年賀状、だけです。

その方は、とてもじゃないけど、綺麗なお姿、ではありません。

関節リウマチ、という、ご病気です。私が、初めて知り合った頃は、なんとか、動けるご状態でした。

この病気は、進行性で、だんだんと、関節が曲がっていく病気です。

その頃は、何とか、自転車に腰掛け、動かない、脚で、地面を蹴って、なんとか移動していらしゃいました。

そのような時に、その方は、思いきって、グランドピアノを購入されました。

昔、ピアノ講師もされていたようですが、このような病気では、指が複雑に曲がっていますので、とても難しいです。

ですが、ピアノを購入され、一生懸命、弾いておられました。

そのうちに、連絡で、音楽療法士の資格を取られたそうです。

そして、色んな病院で、ピアノ演奏をされていました。

色んな表彰を受けたそうです。

病気にも負けず、一生懸命ピアノを弾く姿は、きっと病気に苦しんでいる人に感動を与えた、と思います。

彼女の筆圧は、ほとんど無く、やっとの思いで、書かれた文字です。

でも、こうやって、年一回年賀状が、何よりも楽しみ、です。

この病気は、進行性、ですから、もう車イス、とか、の報告もありました。

そんな、お姿は、お互い、見せたく無いし、見たくも、無いです。そんな、関係ですが、ずっと、年一回の年賀状は、続いています。

心で、繋がりが有れば、別に言葉なんて要りません。

だから、時間をたくさん共有した人が、本当の友達ではない、ということを知って欲しいのです。

色んな人生の中で、色んな巡り逢いが、あります。

その中で、一番大切なのは、自分がどういう人生を生きるのか、これは、自分で決められるのです。

色んな境遇がありますが、その限られた人生でも、自分で、彩り、をつけることができます。

後から、振り返ってみて、良い人生だった、と思える時間を過ごせますように。

表紙の写真は、詩人正岡子規が、友人との別れを綴った詩。

The photo on the cover is poem by the poet Masaoka Shiki, who wrote a farewell to a friend.

Do you have real friends? I will talk about this subject this time.

I would like to tell you that being always close by is not a real friend.

I haven’t seen him for a long time, and I’ll probably never see him in the future.

The only connection is the New Year’s greeting card, which is a greeting once a year.

That person is not very beautiful, but it is not a beautiful figure.

I have a disease called rheumatoid arthritis.

When I first got to know him, I was in a state of being able to move.

This disease is a progressive disease in which joints gradually bend.

At that time, I managed to sit on my bicycle, not move, kick the ground with my legs, and manage to move.

At that time, he bought the grand piano with all his might.

It seems that a long time ago, a piano instructor was also used, but with such an illness, the fingers are complicatedly bent, so it is very difficult.

However, I bought a piano and played it hard. In the meantime, I heard that I got a qualification as a music therapist.

And he was playing the piano at various hospitals.

She seems to have received various awards.

I think that the appearance of playing the piano hard without losing illness impressed those who were suffering from illness.

Her writing pressure is barely there, and it is the letters that were written in the last thought.

But this is how I enjoy the New Year’s card once a year.

There were reports that the disease was progressive, so it was already a wheelchair.

I don’t want to see each other, and I don’t want to see each other.

It’s a relationship, but the New Year’s card once a year continues all the time.

If you have a connection with your heart, you don’t need a separate word.

So I want you to know that the people you share a lot of time with are not real friends.

There are various encounters in various lives.

Among them, the most important thing is to decide for yourself what kind of life you will live.

There are various circumstances, but even in that limited life, you can add color by yourself.

Let’s look back and spend some time thinking that it was a good life.

おいしい料理のわかる人はどんな人?What kind of person knows good food?

今回は、料理の味、について書いてみようと思います。

この「味のわかる舌」って、3代かかって養われます。

だから、味って、難しい。

先ず、1代目で、味がわかる、2代目で、養われて、作れる。3代目で、それを引き継ぎます。

だから、味のわかって、作れる人は、少ない。

私は、嬉しいことに作れるし、味がわかる。

自慢になってごめんなさい。

だから、私は、色んなところで、お食事をします。

これって、お値段がお高い、だから、おいしいって訳でも、無いんです。

お店を、ご案内すると、きっと、人がいっぱい来て大変だし、色んな意味で、良くないので、教えないです。

その理由を書きます。

興味のある人は、最後まで、読んでください。

先ず、おいしいっていう「お店の名前」のメニューが、必ず最高の、お味ではありません。

わかるかな?料理って、お高いから、必ずおいしいって、訳でもないんです。

だから、お安くおいしいお店って、知ってます。

そこに行くとわかるんだけど、おいしいお店って、何店舗もある。

けれども、本店には、敵いません。

それは、調理師が違うから。

で、本店が必ず美味しいかといえば、そうではないです。

その腕前の良い調理師がいない時間帯ってのは、美味しくない。

じゃあ、支店は、絶対ダメかといえば、そうでもないんです。

調理師を見れば、ああ、あの人だったら、美味しい料理が、出るな、ってわかる。

だから、とても、難しい。

あの店、おいしい料理です、なんて言えない。

それに、お店に人がたくさんくれば、アルバイトが多くなるから、味が落ちます。

だから、私は、ここのお店がおいしいって言わない。

紹介したら、味が落ちます。

それに、腕のある調理師の時間帯って、変わるでしょ?だから、ここが、美味しいって言えないです。

味って、こんなに繊細なんです。

同じ素材があっても、茹で時間10秒で、お味変わるし、天ぷらだって、1℃違うと、全然違うから。

だから、同じお店でも、今日は、ハズレ、なんてことだってあります。

コンビニのお弁当とか、おにぎりなんて、ほとんど買わないです。

だって、日持ちするように、白いご飯まで、食品添加物が入っていて、美味しくない。

じゃあ、お弁当やおにぎり買わないって言うと、そうでもない。

急ぎの時とか、便利だし。

市販のおにぎりでもね、美味しいお店もあります。

だから、色んな料理をお店で、勉強して、おうちで作ってね。

だって、商品添加物って、とても、お味変わるから。

妥協して、インスタントを食べるなんてことせず、普段から、多めに料理しておけば、電子レンジで、温かいお食事食べられるから。

食事が、美味しいと、毎日、楽しく過ごせるから。

だから、料理って、とても大事です。

This time I will write about the taste of cooking.

This “tasteful tongue” will be cultivated for three generations.

So it’s difficult to taste.

First of all, the first generation can understand the taste, and the second generation can be cultivated and made.

In the third generation, we will take it over.

Therefore, there are few people who can understand the taste.

I’m happy to make it, and I know the taste.

I’m sorry to be proud.

Therefore, I eat at various places.

This is so expensive that it doesn’t mean it’s delicious.

If you show us around the shop, I’m sure it will be tough for a lot of people to come, and in many ways it’s not good, so I won’t tell you.

I will write the reason.

If you are interested, please read until the end.

First of all, the delicious “store name” menu is not always the best taste.

Do you understand? Cooking is expensive, so it doesn’t mean that it is delicious.

That’s why I know cheap and delicious shops.

As you can see, there are many delicious shops.

However, there is no enemy in the main store.

That’s because the cook is different.

So, if the main store is delicious, it is not so.

It’s not delicious when there is no good cook.

Well, if you say that the branch is absolutely useless, it is not so.

If you look at the cook, you know, that person shouldn’t have delicious food.

So very difficult.

I can’t say that restaurant is good food.

Besides, if there are more people in the store, the number of part-time jobs will increase and the taste will drop.

So I don’t say that the shops here are delicious.

If you introduce it, the taste will drop.

Besides, the time of a chef with skill will change, right?

So I can’t say that this is delicious.

The taste is so delicate.

Even if the same ingredients are used, it will take 10 seconds to change the taste, and even tempura will be completely different if it differs by 1 ° C.

Therefore, even at the same shop, I’m losing today.

I rarely buy convenience store bento or rice balls.

After all, food additives such as white rice are included so that it will last for a long time, and it is not delicious.

Well, if you say you don’t buy lunch or rice balls, it’s not so.

It’s convenient when you’re in a hurry.

There are delicious rice shops on the market.

Therefore, study various dishes at the store and cook them at home.

After all, product additives have a very different taste.

You don’t have to compromise and eat instant food, but if you cook a large amount from the usual, you can eat a warm meal in the microwave.

If the food is delicious, you can have fun every day.

Therefore, cooking is very important.

価値観を変える、コロナショック。Corona shock that changes values.

なんと、米国のニューヨークの原油が、世界初の「マイナス」になった。

5月もの、だけ、らしい。

「資産」と言われる「原油」が、「マイナス、資産」になるなんて、誰が、想像しただろう。

とにかく、持っていられない。

備蓄する施設が、無い、のだから、価格が付かない。

この「供給」と「需要」の関係が、「価格」を決めるのが、「資本主義」の「原理」です。

「資本論」の経済学者の、カール.マルクス氏のお墓は、ロンドンにあります。

この、お墓、が、度々、いたずら、されます。

このことからも、厳しい「資本主義」に対して、とても辛い、人が、いるのが、わかります。

この、「需要」を無くしてしまったのが、コロナショックです。

コロナショックで、購入したくても、できない、のです。

この時間で、本当に、必要なもの、「だけ」を選ぶ「選択する能力」を身に付ける、トレーニング、ができます。

ですから、そのひとつ、ひとつのステップを踏めば、工夫して、暮らす、ようになります。

ですから、貯蓄と時間を自分で、工夫して、お金を掛けずに、趣味を作る、と良い、です。

身近な、料理、でも良いです。そうすれば、「外食」するより、「家で食べたく」なります。

それで、節約、できます。

私は、夕方に、デパートの「お弁当」を、時々、買いに行きます。

そこには、とても、お高くて、行けない「料亭」の「お弁当」があります。

それを買って、料理の「勉強」をします。

ついでに、サラダのお店を「見学」します。

そこには、「旬の野菜」で、料理された、色んな「サラダ」があります。

これを、参考にして、色んな「サラダ」を料理します。

ですから、デパートは、勉強、に行きます。

そんなに、お金、はありませんので、外出した帰りに、デパート、に行くと、夜遅く、なら、お安く、なっています。

そんな、「お弁当」もよく、買っています。

ですから、これは、「料理」の「勉強」にもなるし、「お弁当」を食べるのも、楽しい、です。

こうやっていると、「お家」で、いることが、楽しく、なります。

洋服も、少しづつ、で良いので、リフォームができるようになれば、なお、良いです。

今、マスクを作る人が、多い、と思います。

これを「機会」に「ソーイング」を楽しんで、ください。

男性も、良いと思います。

そうすれば、たくさん洋服を「買う」のでは、無く、本当に「良い」ものを「少し」「買う」だけ、で、よくなります。

そうすれば、「もの」は、良いものに、囲まれています。

自然と、「お金」が、たまり、そして、多くの「貯蓄」で、「マイホーム」や「投資」ができる、ようになります。

こうやって、ただ、「多く」消費するのでは無く、本当に、良いもの、を「手にする」ことができます。

このように、自分の生活スタイル、を変える、チャンス、です。

体型が変わって、着れない「洋服」もリメイクで、変身します。

そんな、アイデア、を考えながら、トライしてみてください。

このコロナショックは、これまでの、価値観を変える、チャンス、です。

「時間」は、戻ってきません。

だから、こそ、今しかできない、新しい、ことに、チャレンジしてみてください。

お互いに、頑張りましょう!

日本 英語で作る和食ー寿司、天ぷら、豆腐料理 本 Japanese Japanese food made in English-sushi, tempura, tofu dish book

https://amzn.to/2XUjOdV

What, the crude oil of New York in the United States became the first “minus” in the world.

Only in May.

Who would have imagined that “crude oil”, which is called “asset”, would become “minus, asset”.

Anyway, I can’t take it.

There is no facility to stockpile, so no price is attached.

It is the “principle” of “capitalism” that determines the “price” by this relationship between “supply” and “demand”.

The grave of “Capital” economist Karl Marx is in London.

This grave is often mischievous.

From this, it can be seen that there are people who are very painful to the severe “capitalism”.

This “demand” has been lost by the Corona Shock.

You can’t do it even if you want to buy it because of a corona shock.

In this time, you can really acquire and train what you need, the ability to choose “only”.

Therefore, if you take one of these steps, you will be able to devise and live.

Therefore, it is good to make your own hobby without spending money by devising your own savings and time.

A familiar dish, but it’s fine.

That way, you’ll want to eat at home rather than eating out.

That saves you money.

I go to the department store “bento” from time to time in the evening.

There is a “bento” at a “ryotei” that is very expensive and cannot be reached.

Buy it and “learn” about cooking.

In addition, we will “visit” the salad shop.

There are various “salads” cooked with “seasonal vegetables”.

With this as a reference, we will cook various “salads”.

So, the department store goes to study.

I don’t have much money, so when I go out and go to a department store, late at night, it’s cheaper.

I often buy such “lunch”.

Therefore, this can be a “study” of “cooking”, and eating a “lunch” is also fun.

By doing this, it will be fun to be at home.

Clothes are also good little by little, so it would be even better if I could remodel.

I think that many people make masks now.

Please enjoy “sewing” with this as an opportunity.

I think men are also good.

That way, instead of “buying” a lot of clothes, you only need to “buy” a few “good” ones to get better.

That way, “things” are surrounded by good things.

Naturally, “money” can be accumulated, and many “savings” can be used for “home” and “investment”.

This way, you can really “get” something good, rather than just spending “more”.

This is your chance to change your lifestyle.

“Clothes” that cannot be worn due to a change in body shape will be transformed by remake.

Please try while thinking about such an idea.

This corona shock is an opportunity that has changed the values we have seen so far.

“Time” does not come back.

Therefore, why not try new things that you can only do now.

Let’s keep up good work!

時間と努力は、報われる。Time and effort will be rewarded.

真実は、知ることは、大事、ですが、物事は、多方面から、広い視野で、判断した方が、良いと感じます。

物事は、長くそのままにはなりません。時は、次第にその事柄を変化させます。だから、今、自分の境遇を決して悲観しないでください。

それは、「夜明けの前」の、深夜、です。だからこそ、しばらくは、「夜明け前」を味わう、必要が、ある。

時間と努力は、谷底から、抜け出せる。闇夜、にさせない、「夜明け前」にするために、踏ん張ることが、必要、です。

The truth is that it is important to know, but I feel that it is better to judge things from a wide range of perspectives.

Things don’t stay that long. Time gradually changes that matter. So don’t be pessimistic about your situation right now.

It’s midnight, “before dawn.” That is why it is necessary to taste “before dawn” for a while.

Time and effort can escape from the bottom of the valley. It is necessary to step on in order to make it “before dawn”, not to let it be in the dark night.

 

緊急事態宣言。時間を味方につける。Emergency declaration. Give time to your side.

時は、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言、が出されています。

だから、多分、テレビの報道に釘付けになっている人、は多いと思う。

普段、あまりテレビを観ない人も、テレビを観ている、ことでしょう。

真実は、知ることは、大事、ですが、物事は、多方面から、広い視野で、判断した方が、良いと感じます。

確かに、このコロナショックで、多くの人が困っています。

ですが、その一方で、この機会にと、多方面で、人々は、水面下でうごめいて、います。

私は、母の「眼瞼下垂」という、まぶたの垂れ下がる、病気で、付き添いで、病院に行っています。

病気なので、保険適応のある手術、だった。

その病院の標榜(ヒョウボウ)は、「美容外科」になる。

経過観察で、その病院に連れ添っていきました。

そこには、多くの「患者」が、いて、驚いた。

みんなが、おやすみ、しているから、思いっきり、手術のダウンタイム、が取れる。

だから、きっと、顔が、ひとつの職業になっている人は、お手入れ、をしている、と思う。

一般人だって、こんな、カンジ、だから。

京都に、外国人が未だ少しいる頃に、足を運んでみました。

そこには、庭師などが、たくさん居て、お手入れ、をしていました。

だから、きっと、もう、人が、入れない、観光地は、次を狙って、準備を整えている。

私は、不動産を通じて、建築関係の人と親しくさせてもらっています。

その人からも、とても、忙しい、と聞いた。

だから、今、ニュースで、報道されていることは、真実、ですが、そんな悲観することは、ない。

「夜明けの前」の、深夜、です。

事実、一足早く回復した、中国では、国内で、観光地に、人が、押し寄せて、大変、らしい。

だから、そんなに悲観する、ことは、ない、と思う。

だからこそ、しばらくは、「夜明け前」を味わう、必要が、ある。

ひとり、ひとりの「心がけ」で、早く、この谷底から、抜け出せる。

闇夜、にさせない、「夜明け前」にするために、踏ん張ることが、必要、です。

夜明け前 全4冊(岩波文庫)本 Before dawn, all 4 books (Iwanami Bunko) in Japanese

https://amzn.to/2wJP18h

At that time, an emergency declaration was issued by the new coronavirus.

Therefore, I think that there are probably many people who are stuck in TV coverage.

Even if you don’t usually watch TV, you’re probably watching TV.

The truth is that knowing is important, but I think it’s better to judge things from many angles and with a broad perspective.

Certainly, many people are troubled by this corona shock.

But on the other hand, on this occasion, in many ways, people are wobbling underwater.

I’m sick with eyelid drooping, my mother’s eyelid drooping, and I go to the hospital with an attendant.

Because I was ill, I had surgery for insurance.

The hospital’s leopard becomes “cosmetic surgery”.

I followed him to the hospital for follow-up.

There were many “patients” there and I was surprised.

Since everyone is having a good night, the downtime of surgery can be taken care of.

Therefore, I’m sure that people whose faces are in one profession are in good condition.

Even ordinary people don’t like this.

I visited Kyoto when there were a few foreigners still there.

There were a lot of gardeners and other people there, and they were taking care of them.

Therefore, I’m sure that tourist spots that people can’t enter are preparing for the next.

Through real estate, I get to know people related to architecture.

I heard from that person that he was very busy.

So, what is being reported in the news right now is the truth, but there is no such pessimism.

It’s midnight, in front of the dawn.

In fact, it seems that it has been a quick recovery in China, and it is very difficult for people to rush to tourist destinations in Japan.

So I don’t think I’ll be so pessimistic.

That is why, for a while, there is a need to taste “before dawn”.

You can quickly get out of this valley bottom with your “heart”.

It is necessary to step in to make it “before dawn”, not to let it be a dark night.

自動車、バイク、自転車の資産価値。Asset value of cars, motorcycles and bicycles.

大きな買い物というと、どんな物を思い浮かべますか?

一般的に人生の中で一番の買い物は、マイホームだと思います。

少しづつですが、それについても触れていきたい、と思います。

その次に大きな買い物と言えば、自動車が一般的でしょう。

以下に原価償却期間を書いておきます。

※自動車 4年

※二輪自動車 3年 (バイク)

※自転車 2年

意外な程早く、法律では資産価値が減っていきます。

この事を知っておく事はとても重要です。

もし、交通事故に遭遇して、車輌が破損したら、このように保険会社は車輌を計算します。

この事を知った上で、新車を購入するか、中古車を購入するか。

又、どれぐらいのグレードが良いのか、色んなことから検討すると良いと思います。

乗り物に乗る事は、責任を持って保険に入り、ていねいな運転をして、安全にする事は、今のくらしをより良いものにします。

時間は有限ですから。

上手く利用してより良い生活が過ごせますように。

今日は、自動車を始め、乗り物の法律での資産価値の算出方法を書いてみました。

ネットに騙されない本当の中古車選び 本 Choosing a real used car that is not fooled by the net Japanease books

https://amzn.to/39chKkm

What do you think about big shopping?

In general, the best shopping in my life is my home.

Little by little, I would like to touch on that. The next big purchase is usually a car.

I wrote a depreciation period.

* Automobile 4 years

* Motorcycle 3 years (bike)

* Bicycle 2 years

Surprisingly quickly, the asset value is decreasing by law.

It is very important to know this.

If you encounter a traffic accident and the vehicle is damaged, the insurance company will calculate the vehicle in this way.

Knowing this, should you buy a new car or a used car?

In addition, I think that it is good to consider how many grades are good from various viewpoints.

Riding the vehicle is responsible for insurance, driving carefully and making it safer to make your life better.

Because time is limited.

I hope you can use it better and have a better life.

Today, I wrote how to calculate the asset value under the laws of vehicles, including cars.

Translate »
error: Content is protected !!