ウェブ、SNS、インターネット、ブログを経験した感想。Impressions of experiencing the web, SNS, the internet, and blogs.

広告

日本のインターネットWebニュースサイトの第一人者が、インターネットをする人は、「ヒマな人」「賢くない人」の者がするのが、Webだと書いていた。

その人は、インターネットの黎明期にタイミング良く入り、そして、これ以上の「賢くない記事を書く才能が、尽きた」と言って、早々に退場しました。

私は、この頃のWebを経験したくて、Twitter を手始めに、してみました。

そこには、何とも言えない、雰囲気があります。

これは、話が長くなるので、又、別の機会に書いてみようと思います。

Webが、庶民に受け入れられることによって、レベルが、落ちた。

これは、pc、パソコンが、500,000円した時代からすると、格段に落ちた。

端末が、数万円で、買える時代とは、全く、Webを使う人の、「人」が変わる事です。

ですから、私は、この「ブログ」も始めてみました。

感想は、まあ、割に合わない、というところです。

この「ブログ」を維持するのも、維持費が掛かるし、内容を充実するには、とても色んな情報を散りばめる。

普通、このような「情報」は、得る為に「インタビュー」すれば、対価として、金銭を貰うのが、社会通念であるはずです。

これを、うまく、抜け道を使って閲覧する人が居るし、Webには、「心ない人」が、たくさん居るから、もう、こりごり、だと言うのが、正直な感想、です。

ですから、多分、私は、数年後には、Webを「閲覧」するだけの人になっている可能性が、高い、と思います。

うまく、要領良く、その時だけの「受け」を狙って書かれたものが、蔓延る(はびこる)Webに「残念」で、その「賢くない人」を経験した、結果、このような「答え」に、なりました。

ですから、今、Webで、成功している人もこれは、長く続くことは、無い、と思う。

だから、一番、大切なことは、リアルの世界を大事にして、成功するのが、一番の王道、だと思います。

今のWebは、そういう世界で、ある事を知って欲しい、と思います。

これからの「多くの時間」をWebに注ぐ、必要は、無い。

Webは、寡占化されており、これからもっと、「不自由な世界」になっていくから、です。

今回は、「賢くない人」、「バカな人」を経験した、結果の感想です。

私は、密かにこの予想が、外れる、位の、Web業界の運営のあり方が、変わると良い、と思い、提言をしているのも、あります。

なぜなら、日本には、こんな、ことわざ、が、有ります。

「悪貨は、良貨を駆逐する、アッカハリョウカヲクチクスル」つまり、良いものは、悪いものに、よって、無くなる、という、意味です。

One of the leading Internet Web news sites in Japan wrote that the people who use the Internet are those who are “free people” and “unwise people”.

The man entered the dawn of the Internet in a timely manner, and quickly exited, saying that his “talented ability to write unwise articles was exhausted.

” I wanted to experience the Web at this time, so I started using Twitter.

There is an atmosphere that can’t be said.

This is a long story, so I’ll write it on another occasion.

The level fell because the Web was accepted by the common people.

This has fallen dramatically since the time when PCs and PCs cost 500,000 yen.

The era in which terminals can be bought for tens of thousands of yen means that the people who use the Web will change.

So I started this “blog” too.

The impression is that it doesn’t pay.

Maintaining this “blog” also has a maintenance cost, and in order to enhance the content, various information is scattered.

Normally, it should be a common wisdom that if such “information” is “interviewed” in order to obtain it, money will be paid for it.

It is an honest impression that there are people who browse this using a loophole well, and there are many “heartless people” on the Web, so it is already rubbish.

So maybe I’m more likely to be a “browser” of the Web in a few years.

What was written well, wisely, and aimed at the “reception” only at that time was “sorry” on the prevailing (infested) Web, and I experienced that “unwise person”, and as a result, such an answer ,became.

So I don’t think people who are successful on the Web right now will continue this long.

Therefore, I think the most important thing is to cherish the real world and succeed in it.

I want you to know that the current Web is in such a world.

There is no need to pour “a lot of time” into the Web.

This is because the Web is becoming an oligopoly, and it will become a more “crippled world” in the future.

This time, I am feeling the results of having experienced “unwise people” and “stupid people”.

There are some suggestions that I secretly think that it would be better if the way the web industry operates would be different from what was expected.

Because there are such sayings in Japan.

“Bad money drives out good mone”,and it means that good things are lost by bad things.

今のウェブ、SNSに必要なこと。What you need for today’s web and SNS.

広告

日本には、日本版SNSがあります。

この現状を書いてみたい、と思います。

今のツイッター社やフェイスブック社の将来を見分ける上で、重要になる、と思いますので、今後の展望を書いてみたい、と思います。

何も、対策をしないのなら、この場は、将来的に、誹謗、中傷の場、そして、裏情報のやり取りの場になるでしょう。

これは、日本での、「2ch」(2ちゃんねる)と呼ばれるサイトを参考にしています。

このサイトは、インターネットの黎明期において、とても、インターネットやパソコンのスキルの高い人が、色んな情報を交換していたサイト、でした。

ですから、匿名では、ありましたが、とても有益な情報が、得られる場所でした。

みんな、とても、親切で、とても、良いサイトでした。

ところが、今は、荒廃して、人の悪口や、変なうわさ話をしたりする、サイトになってしまいました。

サイトは、情報交換もしている所もありますが、それも、嫌がらせで、話をそらして、そのサイトを潰そうとする者が、現れるので、やはり、良い情報は、得られるサイトでは、ありません。

幾つもの、スレッドがありますが、これは、もう、発言の「自由」は、ありますが、そこには「責任」がありません。

そのサイトは、汚いことばで、埋め尽くされています。

時々、そこに、真実が、混ざっていることもあります。

それを見つけるために情報を探す人もいますが、「真実」か、どうかは、自分で判断しなければ、なりません。

このように、広く一般的になる、という事は、「自由」という特権を、デジタルの場所で、身勝手な発言することになります。

これは、自分を優位にしたい、欲求から、です。

リアルの世界で、不満を募らせ(つのらせ)、そして、はけ口にします。

ですから、悲しい現実ですが、インターネットが、普及する事は、何かしらのルールが、必要になります。

SNSは、とても、このサイトのようになる可能性を持っています。

事実、日本では、SNSで、誹謗、中傷で、心が傷ついて、自殺した方がいます。

これは、社会的に問題になっています。

このような事は、色んな国で、起こっている事でしょう。

ですから、ウェブやSNSは、何らかの規制が、必要になりますし、実際、このような事になっています。

今後、どのように運営するのかは、非常に大切ですし、人間は、「自由」である事は、「自己主張」だとして、「無責任」に「発言」します。

ウェブのリテラシーやルールを学校教育で、又、色んな場で、学ぶ、機会を作る、必要があります。

これは、道徳心が有れば、自然に、身に着きます。

ですが、これは、理想で、現実的では、ありません。

ウェブの環境にルール、これは、法律のようなものです。

これを、作って、しっかりと運用していく必要があります。

そして、そこで、ルールを守って、しっかり、健全なウェブ、に育つことを、私は、提言します。

In Japan, there is a Japanese version of SNS.

I would like to write about this current situation.

I think that it will be important in distinguishing the future of Twitter and Facebook, so I would like to write a future outlook.

If nothing is done, this place will be a place of slander, slander, and exchange of secret information in the future.

This is based on a site called “2ch” (2 channel) in Japan.

This site was a site where people with very good Internet and PC skills exchanged various information in the early days of the Internet.

So, anonymously, it was a place to get some very useful information.

Everyone was very kind and very good site.

However, now it has become a site that has been ruined and people have talked about bad things and weird rumors.

Some sites also exchange information, but it is also harassment, some people try to distract the site and try to crush the site, so again, good information is not available on the site .. There are a number of threads, and this has some “freedom” to speak, but no “responsibility” there.

The site is full of dirty words.

Sometimes the truth is mixed in there.

Some people look for information to find it, but you have to decide for yourself whether it is “truth.”

In this way, becoming broad and general means making the privilege of “freedom” a selfish statement in a digital place.

This is because of the desire to give yourself an edge.

In the real world, make people frustrated (grow) and make an outlet.

So, it’s a sad reality, but the spread of the Internet requires some rules.

SNS has the potential to look very much like this site.

In fact, there are people in Japan who have committed suicide on social media through slander, slander, and heart damage.

This is a social problem.

Things like this are probably happening in various countries.

Therefore, the web and SNS require some kind of regulation, and in fact, this is the case.

In the future, how to operate will be very important, and human beings “freely” will “speak” irresponsibly, as “self-assertion”.

There is a need to learn and create opportunities for school literacy and rules in school education and in various places.

If you have a sense of morality, you will naturally wear it.

But this is not ideal, not realistic.

Rules to the web environment, this is like law.

It is necessary to make this and operate it firmly.

And there, I recommend that you follow the rules and grow into a solid, healthy web.

ツイッター経験、情報作戦。Twitter experience , Information strategy.

広告

 

ツイッターで、情報を皆様に伝えたかった。

だから、ターゲットを考えることにしました。

この頃、「本」が売れていない。

出版業界の疲弊を、何とかしてみたいと考えました。

Twitterに、リアルの友達は、いない。

だから、本当に、ただ、自分だけ、でした。

そして、色んなことを考えた。そこで、見つけたのは、「本」のサイン会、の日程表でした。

目立たないホームページにひっそりと、載っていました。

これを、見つけて、ひとつ、ひとつ、「本」をたくさん、サイン会の日時と場所をツイートしました。

そしたら、「え!サイン会!」と、つぶやきが、聞こえて来ました。

その内に、その「本」の出版社が、私のツイートをリツイートしました。

反響は、かなり有ったようで、1ヶ月もしない内に、「本」のサイン会の案内のサイトが、できました。

ですから、一般人が、インフルエンサー など、なれるはず、など無いのです。

このような経験をたくさんして、色んなことを知った。

ツイッターは、情報を集めたり、情報を配信する場、だから、とても競争が激しい。

有名人でも、目立つ、為に色んな「暴言」等が、出てきます。

その上に、一般人が、「インフルエンサー 」になりたい、とか、考えると、もっと奇抜なことを考える。

だから、ツイッターは、とてもじゃないけど、一般常識では、考えられないことが「起こります」。

いくつものツィートを見ていると、もうブロックすることも、多くなりました。

そして、そんな現状を見ていると、本当に「真面目でいる」「正直でいる」ことの大切さを改めて考えるようになりました。

だから、私は、「真実」を伝えたい、と思い、気になるトピックがあれば、ツィートします。

Twitterは、情報を得る場なので、それは、主に、ニュースのアカウントからです。

ですから、自分の意見などは、ツィートしていません。

日本の情報が、海外の方にも、伝われば、良い、と思ってツィートします。

毎日では、ありません。

海外の一般の方にも、必要な情報があれば、良いな、と思っています。

ですから、自分の発言は、控えています。

フォロワーの数とか、減っても構わないし、多くても、それは自慢ではなく、そのような情報が必要なんだと思っております。

ですから、私は、Twitter を通して、発言の重さ、が分かれば、分かるほど、ニュースサイトのサイトしか、ツィートしなく、なりました。

だから、Twitterで、ブログ を連携していましたが、それも消去しました。

Instagramも投稿は、していますが、「ハッシュタグ」は付けて、いません。

有名になることが、目的ではないからです。

「情報は、量より質」。これを、学びました。

I wanted to convey information to everyone on Twitter.

So I decided to think about the target.

Around this time, “books” are not selling.

I wanted to manage the exhaustion of the publishing industry.

There are no real friends on Twitter.

So it was really just me.

And I thought about various things.

So, what I found was the schedule for the “book” autograph session.

It was quietly listed on the inconspicuous homepage.

I found this, and tweeted one by one, a lot of “books”, the date and time of the autograph session, and the place.

Then, I heard a tweet, “Eh! Autograph session!” In it, the publisher of the “book” retweeted my tweet.

It seemed that there was a lot of reaction, and within a month, a website for signing “books” was created.

Therefore, there is no way for ordinary people to become influencers.

I have learned a lot through many experiences like this.

Twitter is a place to collect and distribute information, so it is very competitive.

Even a celebrity can use various “rants” to stand out.

On top of that, when the general public wants to be an “influencer,” I think something more strange.

That’s why Twitter isn’t very easy, but in common sense, things that can’t be thought of happen.

As I watched many tweets, I often blocked more.

Looking at the current situation, I came to think again about the importance of being “serious” and “honest”.

That’s why I want to convey the “truth” and tweet any topics that interest me.

Because Twitter is a place to get information, it’s mostly from news accounts.

Therefore, I have not tweeted my opinion.

I think that it would be nice if the information on Japan could be transmitted to overseas people as well.

Not every day.

I hope that the general public overseas will also have the necessary information.

Therefore, I refrain from speaking.

It doesn’t matter how many followers you have, or even if you have more, I’m not proud of that, and I think I need such information.

So, the more I understood the weight of my remarks on Twitter, the more I could tweet the news site.

So I used to link my blog on Twitter, but I deleted that too.

I also posted on Instagram, but I have not added a “hash tag”.

Being famous is not the purpose.

“Information is quality rather than quantity”. I learned this.