一心不乱に生きる-お金で幸せは買えないLive with all one’s might-money can’t buy happiness.

「一心不乱(イッシンフラン)」。心が、乱れない様子をこの言葉は、表現しています。「一心」とは、一つの心と書きます。「不乱」は、乱れないことを指します。四字熟語は、古い言葉で、漢文のような読み方をします。

つまり、言葉の意味が、とても歴史があります。今なお、語られる言葉は、とても価値があると私は、感じています。いつも私は、心の中に、この言葉が、あります。

それは、いつの時にも、決して乱れないことは、とても難しいからです。このような心の境地になるのは、とても難しいです。

この「揺らぎのない心」を育て、物事を決して軽く扱う事なく、じっくりと物事に集中して対応する、「心」がそこには、存在します。

「心」のありさまは、現代に於いては、個人の自由が、尊重されて、色んな「心」の在り方があります。それは、個人の自由でもあり、この現代に於いて、それは、否定されるものでは、ありません。

けれども、人生の心構えは、大きな物事をやり遂げたり、社会的に認められるようになる為には、物事を軽く見て、ひとつの物事を簡単に対処したりすることは、良いことではありません。

良い人生の重ね方とは、どんなことであっても、「一心不乱」に物事に対処することが、大切だと思うからです。

つまり、どんな小さな物事であっても、ひたすら真摯に対応することです。良い小さな物事の積み重ねは、良い人生を築く基礎であり、それは、しっかりとした土台になります。

そのような時間を築き上げることは、後の人生に於いて、決して、「後悔」の無い人生になるでしょう。人生は、大きな決断をすることがあります。その決断が、正しいとは、限りません。

ですが、「一心不乱」に考え、出した決断は、「後悔」を生むことは、無く、そこには、自分で、決断した物事だから、「納得する」ことができます。

色んな人生がありますが、時間だけは、元には、戻りません。これは、現代に於いて、もっとも、平等な事柄です。

「後悔」ではなく、「納得」できる人生を送る為には、「一心不乱」に生きることは、重要な事柄だと感じています。色んな人がいます。けれども、真面目に生きることは、大切です。何故なら、そこには、信頼が、生まれ、良い人々に囲まれていると、思うからです。

そこには、お金では、買えない、素晴らしい環境が整っています。人は、いつも、孤独です。孤独に生まれてきて、孤独に死んでいきます。だから、人生は、自分そのものです。自分に責任を持つことは、自分の限界を知ることでもあります。

だからこそ、「一心不乱」。

現代に於いて、お金をたくさん持っていることが、その人物が、良い人生を送っているように、見えることがあります。しかし、それは、間違いであり、人生を快適に過ごすことはできますが、それは、「幸せ」を得るための条件ではありません。

お金で、解決できることは、たくさんあります。だから、人生は、快適です。けれども「人の心」は、お金では、買えないことを知っておきましょう。人生に於いて、ある程度のお金は、必要です。

ですが、ひとりの人間として生き、そして、ひとりの人間として、死んでいく人生には、過剰なお金は、必要ではありません。

そこには、別れを惜しんでくれる「人々の心」が、もっとも、必要な事柄です。

心の価値観は、人によっても大きく異なることがあります。ですから、色んな論議があり、これは、哲学にも通じます。ですから、この文章が絶対では、ありません。

違う価値観もあるからです。これを否定は、しません。

なぜなら、そこには、多様性があるからです。

だからこそ、人は、悩み、苦しみます。そうして、心の拠り所を探します。人生に答えは、ありません。自問自答しながら、歩むのが、人生そのものだと思うからです。

“Isshin Fran”. This word expresses how the mind is not disturbed. “One heart” is written as one heart. “Undisturbed” means not disturbed. Yojijukugo is an old word that is read like a Chinese sentence.

In other words, the meaning of words has a very long history. I still feel that the words spoken are very valuable. I always have this word in my heart.

That’s because it’s very difficult to never be disturbed at any time. It’s very difficult to be in such a state of mind.

There is a “heart” that nurtures this “unwavering heart” and never treats things lightly, but rather concentrates on things carefully.

In modern times, the “mind” is respected for individual freedom, and there are various ways of “mind”. It is also personal freedom, and in this modern era it cannot be denied.

However, the attitude of life is that it is not good to take a light look at things and deal with one thing easily in order to get things done or become socially recognized.

I think it’s important to deal with things in a “one-hearted manner” no matter what the good way of life is.

In other words, take all the small things seriously. The accumulation of good little things is the foundation for a good life, and it is a solid foundation.

Building up such time will never be a “regret” in later life. Life can make big decisions. That decision is not always correct.

However, the decision you make with “one-heartedness” does not cause “regret”, and you can “convince” it because it is a decision you made yourself.

There are many different lives, but only time is irreversible. This is the most equal thing in modern times.

I feel that it is important to live in a “one-hearted manner” in order to live a life that is “convincing” rather than “regret”. There are various people. However, it is important to live seriously. Because I think that trust is born and surrounded by good people.

There is a wonderful environment where you can’t buy with money. People are always lonely. Born lonely and dying lonely. So life is yourself. Taking responsibility for yourself also means knowing your limits.

That is why “one-hearted unrest”.

In modern times, having a lot of money can make the person seem to have a good life. But that’s a mistake, and while you can live your life comfortably, it’s not a condition for “happiness.”

There are many things that can be solved with money. So life is comfortable. But be aware that the “human heart” cannot be bought with money. You need some money in your life.

But living as a human being and dying as a human being does not require excess money.

The most necessary thing is the “hearts of the people” who are willing to say goodbye.

The values of the mind can vary greatly from person to person. So there is a lot of controversy, which also leads to philosophy. Therefore, this sentence is not absolute.

Because there are different values. I will not deny this.

Because there is diversity there.

That is why people suffer and suffer. Then, look for a place of heart. There is no answer in life. I think it is life itself to walk while asking yourself questions.

 

 

 

 

 

土地の維持費(税金)を知る。Know the land maintenance costs.(Tax)

住宅の建っている土地の維持費は、市町村の出している路線価格から決まります。(土地の色んな価格を知る。Know the various prices of the land.)

前にも書いていますが、単位が平方メートルですので、それに土地の形の評価で、単価を出します。(土地の資産価値を知る。Know the asset value of the land.)

それに自分の持っている土地の平方メートルをかけ算(✖️)すれば、固定資産の評価額が分かります。

気をつけて欲しいことは、用途によって、固定資産額は、変わります。

ここでは、住宅地について主に取り上げます。

小規模住宅(200平方メートル以下)は、課税標準額の✖️1/6をかけ算したものになります。

課税標準額✖️1/6。これより大きな土地は、たとえば、220平方メートルの場合、200より大きな分、✖️1/3をかけ算します。

計算式は、課税標準額✖️200✖️1/3+課税標準額✖️20✖️1/3です。

又、住宅にかかる税金に都市計画税がありますが、これは、市町村によって異なります。

又、店舗等、商業施設は、別途市町村によって計算の仕方が違います。

固定資産税は、和暦(令和)の3の倍数の年に見直しをします。

(固定資産税は、3の倍数までの間に土地価格が、下落した時は、修正されます。修正は、下落のみです。)

土地の下落要素は、大きな商業施設が閉鎖等する等、によって計算されるようです。

住宅以外の用途は、税率が高くなります。私の住んでいる市町村は、課税標準額✖️0.7です。

更に空き地は高くなります。

とても、税金は、難しいですね。

今日は、土地の維持費、税金について書いてみました。市町村によって、違いますので、ご了承ください。

The maintenance cost of the land on which the house is built is determined by the line price provided by the municipality. (土地の色んな価格を知る。Know the various prices of the land.)

As I wrote before, since the unit is square meters, the unit price is given by evaluating the shape of the land. (土地の資産価値を知る。Know the asset value of the land.)

Multiplying it by the square meter of your land (✖️) will give you the value of your fixed assets.

Please note that the amount of fixed assets will change depending on the application.

Here, we mainly focus on residential areas.

Small houses (200 square meters or less) are multiplied by ✖️1/6 of the taxable standard amount.

Standard tax amount ✖️ 1/6. For land larger than this, for example, if it is 220 square meters, it is larger than 200 and is multiplied by ✖️1/3.

The calculation formula is the standard tax amount ✖️200✖️1/3 + standard tax amount ✖️20✖️1/3.

In addition, there is a city planning tax as a tax on housing, but this varies depending on the municipality.

In addition, the calculation method for commercial facilities such as shops differs depending on the municipality.

Property tax will be reviewed in multiples of 3 of the Japanese calendar (Reiwa).

(The property tax will be adjusted if the land price falls by a multiple of 3 or less. The correction is only the decline.)

The factor of land decline is due to the closure of large commercial facilities etc.

It seems to be calculated.

The tax rate is higher for non-residential purposes.

The city I live in has a standard tax amount of ✖️0.7.

Furthermore, the vacant lot becomes higher.

Taxes are very difficult.

Today, I wrote about land maintenance costs and taxes. Please note that it differs depending on the municipality.

不動産。建物の価値を知る。Real estate. Know the value of the building.

建物の構造について、どれだけの価値があるかお伝えしたいと思います。

専門的になりますので、建物構造は、業者の方に聞いてください。

今日は、住居用途に限り(一般にお住まいされる住宅のこと)のお話しです。

法定耐用年数です。鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造47年。

れんが造、石造、ブロック造38年。

金属造(骨格材の肉厚が4ミリメートル以上)34年。

金属造(骨格材の肉厚が3〜4ミリメートル以下)27年。

金属造(骨格材の肉厚が3ミリメートル以下)19年。

木造、合成樹脂造22年。

木骨モルタル造20年。

このようになっています。

建物の解体現場を見ますと鉄骨の使われた建物は、特殊な機材を使い、解体、処理していますので、解体費や処理費がかなりかかる印象があります。

どのような住まいにするのかは、色々だとは思います。

駐車場にアスファルト(10年の法定原価償却)やコンクリート(15年の法定原価償却)等を敷くと、建物と見なされ、法定原価償却が有ります。

参考になれば、と思います。

今日は、建物の法定耐用年数について書いてみました。

「無、ム」を語る。Talking about “Nothing,Mu”

昔、日本を発見した、マルコポーロの言った言葉がある。「黄金の国。ジパング」。確かに、日本は、「金」が、たくさん取れる国でした。

ここが、「過去形」なのは、取り尽くして、もう無いからです。

日本に来た外国人は、日本の通貨、黄金でできた「小判」を持って行ってしまった。

日本の「浮世絵」も共に無くなってしまった。

「狙われてる」と言うのは、恐ろしい、と思います。

日本は、何も無かったから、「国土」がある、のだと思います。

よく、「東のはし」と、言われる、らしい、です。そんな、不便で、土地も、火山灰で、痩せた土地を欲しい、国も無かった。

だからこそ、日本は、国土、があるのだと思います。

そして、世界の中でたったひとつの被曝国です。

原爆をアメリカから、落とされ、世界中から攻撃を受けました。

何も無かった、時よりも、マイナスでした。

こんな、悲しい過去がある。だけど、日本人は、決して忘れていない。

だから、ある国に、原材料が輸出して、数が合わない、ので、戦争の材料になるものだから、禁輸措置をしたら、報復措置が待っている。

でも、戦争を語れるのは、日本だけ、だと思います。

戦争は、憎しみを持ち、報復します。

しかし、日本は報復することさえ、できない原爆攻撃を受けました。

そして、人質と共に、領土を取られ、その領土は、遺骨も、いくらお金を払っても、「偽物」で帰ってきません。それは、発展途上国の付く国も、遺骨も帰ってきません。

このように、未だ、解決せず、色んな国から、「戦争で負ける苦しみ」を知っています。

日本は、「阿吽、アウン」の呼吸で、これを今も国民は、「共有」しています。

頑張って、戦後、「世界一」の経済大国になりました。

1980年代の頃です。日本人は、「JAP」と言われて、世界中から、叩かれました。

その時の日本の時価総額は、日本の国土は、アメリカの国土を4つ買える、程でした。

それぐらい、世界中から、投機資金が集まり、そして、世界中の銀行が、お金を取って行きました。

株式ももちろん、ですが、日本人は、やはり、日本に住みますから、とても困りました。

ですから、長く不況があり、「失われた10年」と、言われています。

ですから、日本の流行曲に「一番にならなくてもいい。

それぞれ特別なオンリーワン」と言うフレーズのある曲が、今も、支持されています。

敗戦する、苦しみは、ずっと続きます。

今も続いています。どの国も、自己中心的です。

今、日本は、「地球に優しく無い国」とされていますが、地震で、原子力発電も出来ないし、オイルも無いので、石炭で発電するしかないです。

日本は、何も無い国です。だから、努力します。一番になると、いろいろ面倒です。

何も無い。何度も、何度も、失った日本は、疲れています。

ただでさえ、声を出さない国民性、ですから、「当たらず、触らず」、「自己主張せず」にいる「居心地の良さ」を知っています。

これからも、無難に、いることを、日本は、これからも選びます。多分。

究極を知った者は、「言葉も発しません」これからも、日本は、国民は、「阿吽、アウン」で、気持ちを共有していくと思います。(関連

言葉も「無、ム」これで、良いのです。

There is a word from Marco Polo who discovered Japan a long time ago. “Golden land. Zipangu”. Certainly, Japan was a country where a lot of money could be obtained.

This is the “past tense” because it is exhausted and no longer exists.

Foreigners who came to Japan brought their Japanese currency, an “oval” made of gold. Ukiyo-e in Japan has disappeared.

I think it’s scary to say “I’m being targeted.”

I think Japan has “land” because there was nothing. It is often said, “East chopsticks”.

There was no country that wanted such inconvenient, land, volcanic ash, and thin land.

That’s why Japan has a national land.

And it is the only country in the world that is exposed.

The atomic bomb was dropped from the United States and attacked from all over the world.

There was nothing, more negative than time. There is such a sad past. But Japanese never forget.

Therefore, since raw materials are exported to a certain country and the number is not enough, it will be a source of war, so if you embargo, retaliation will be awaited.

But I think only Japan can talk about war.

War has hatred and retaliates.

But Japan suffered an atomic bomb attack that could not even retaliate. And, along with the hostage, the territory is taken, and the territory does not return as a “fake”, no matter what the ashes and the cost.

It does not come with developing countries or ashes.

In this way, we have not yet settled, and we know from various countries about the suffering of losing in war.

In Japan, the breath of “Aun, Aung” is still being shared by the people.

I worked hard, and after the war I became the “world’s largest” economic power.

It was around the 1980s. The Japanese were called “JAP” and were beaten from all over the world.

At that time, the market capitalization of Japan was such that Japan could buy four American lands.

That’s when speculative money came from all over the world, and banks around the world took money.

Of course, stocks, but Japanese people still live in Japan, so I was very troubled.

So it’s been a long recession and it’s said to be “the lost decade.” Therefore, songs that have the phrase “You don’t have to be the best.

Each one is a special one” are still popular. Defeat, the suffering continues.

It continues even now.

Every country is selfish.

At present, Japan is considered to be “a country that is not kind to the earth.” However, due to the earthquake, there is no nuclear power generation, and there is no oil.

Japan is a country with nothing.

So I will try.

When it comes to the best, it is troublesome in various ways.

Nothing. Japan, lost many times, is tired. Even so, I know the “comfortableness” of being “not hitting, not touching” and “not asserting”, because of the national character that does not speak out.

Japan will continue to choose to be safe. Maybe. Those who know the ultimate say, “I don’t say any words.”

I think that the Japanese will continue to share their feelings with “Aun, Aung.” (Relation)

The words are “nothing, mu”.

着物の希少価値。Rare value of kimono.

現在、生産されている衣類は、大量に廃棄をされています。

経済は、「需要」と「供給」から、「価格」が決まります。

競争激化により、このようなことが起こっています。

これは、とても、環境問題とされています。

世の中の流れというのは、非常に速くて、このようなことになるとは、誰も想像していなかった、と思います。

なぜなら、今から50年前には、衣類を「たくさん持っている人」は、「豊かな人」の象徴でした。

ですから、日本が、第二次世界大戦に、「食べ物」を「衣類」と交換していました。

このように、「衣類」は、とても「価値」があり、「絶対量」が少なかったからです。

布地を作る原料や技術も発達しておらず、その上に「縫製技術」も今のように「既製品」は、粗悪な商品が多く、「ハンドメイド」が好まれたので、とても「衣類」は、品質の高いものが大変に好まれました。

「洋服」は、デザインが、毎年変わるので、「価値」が、落ちることも多いと思います。

しかしながら、変わらぬ「価値」を保つために「ブランド」を保っているメーカーもあります。

ヨーロッパのメーカーは、「老舗」が多く、とても「ハイブランド」が、多いです。

このような商品は、昔から高く評価されています。

私が、注目しているのは、日本の「古い着物」です。

皇室では、「絹、シルク」を作る「蚕、カイコ」を「飼育」する行事があります。

このように、日本では、「絹、シルク」の「着物」が、一般的で、その織物は、「金糸、キンシ」「銀糸、ギンシ」、「色糸、イロイト」を組み合わせて織り上げられています。

京都の錦織、ニシキオリは、京都の桂川、カツラガワを、繊維の染料で、いつも黒く染まって流れていました。

これが、この数十年ほどで、なくなってしまいました。

もう、日本の純国産の「着物地」は、ほとんどゼロだと思います。

今、「古い着物」は、とても「価値」がある、と個人的に思っております。「ちりめん織、チリメンオリ」は、ご存知でしょうか。

シルクのちりめん織は、手作りの反物、タンモノ(着物の生地のこと)は、1日に6cmしか、できません。

ですから、このような着物は、もうないので、とても高価で、貸衣装の方が、高く買い付けされるそうです。

私は、古い、「着物」や「帯、オビ」が大好きです。

今、販売されている「着物」は、海外製造です。

とても残念です。又、日本製の反物やオビで、日本でハンドメイドされた、「着物、キモノ」が生産される、事を願っています。

技術の持った人がおられる内に、技術の伝承が行われることを願っています。

今回は、日本の「着物、キモノ」について書いてみました。

Currently, the garments being produced are being disposed of in large quantities. In the economy, “price” is determined from “demand” and “supply”.

Clothes are made from fabrics, but with the supply of fabrics and improvements in sewing techniques, the “supply volume” has increased significantly, and “mass disposal” has been performed to maintain the “price” of clothes.

This is happening due to intensifying competition.

This is a very environmental issue.

I think that the flow of the world was so fast that no one had imagined it would happen like this. Because, 50 years ago, “a person with a lot of clothing” was a symbol of a “rich person”.

So, during World War II, Japan exchanged “food” for “clothing”.

Thus, “clothing” was very “value” and “absolute amount” was small.

The raw materials and techniques for fabrics have not been developed, and the “sewing techniques” are also very poor.

Was very much liked the high quality. Since the design of “clothing” changes every year, I think that “value” often drops.

However, some manufacturers keep their “brand” to keep their “value” unchanged.

Many European manufacturers have “long-established stores” and very “high brands”.

Such products have long been appreciated.

What I am paying attention to is “old kimono” in Japan. In the Imperial Family, there is an event to “breed” silkworms and silkworms that make silk.

In this way, in Japan, “kimono” of “silk” is common, and the fabric is woven using a combination of “gold thread, kinshi”, “silver thread, ginshi”, and “color thread, iloit” .

Nishikori in Kyoto flowed from Katsuragawa in Kyoto, dyed with fiber and dyed black.

This has been gone in the last few decades.

I think there are almost no Japanese kimonos in Japan.

Now, I personally believe that “old kimonos” are very “worthy”. Did you know “crepe weave, chirimenori”?

Silk crepe weave is handmade, and tanmono (kimono fabric) can only be 6cm a day.

So there are no such kimonos, so they are very expensive, and costume rentals are more expensive.

I love old, “kimono” and “obi”.

The kimonos sold now are manufactured overseas

It is very disappointing.現在、生産されている衣類は、大量に廃棄をされています。

Also, I hope that “Kimono ” handmade in Japan will be produced with Japanese goods and goods.

I hope that the handing down of the technology will take place while the skilled person is there.

This time, I wrote about Kimono, Kimono in Japan.

Apple製品の品質。Feel the quality of Apple products.

私は、Apple製品が大好きです。

最近、とても残念なことがありました。

私は、iPadを複数持っています。購入して1年と少し経ったiPadがどうも良くありませんでした。

アプリは、直ぐにおちる。

他のアプリでも、ちょっと動作がおかしい。

…でも、そのまま、iPhoneや違う古いiPadで、再起動したりしてなんとかして我慢していました。

そのうちに、Safariがおかしくなり、webがクラシュして、検索できなくなってしまいました。

インターネット回線は、きわめて良好で、夜中に起きて確かめました。

他のパソコンは良好に動くし、最新のOSにした古いiPadやiPhoneも正常に作動します。

なのに購入して1年ちょっとのiPadは、webさえ、つなげないのです。

いろんな対策はしたので、後は工場出荷状態する「リセット」しかありませんでした。

OSは、同じなのに古いiPadは正常に動きます。

これは、もうこのiPadが不良品としか思えませんでした。

「リセット」しても正常に動いたとしても、また同じようになる可能性が高い。

これは、不良品と残念ながら、判断しました。

Apple社に連絡して、随分、相談しました。

とても対応も良かった。

でも、不満があります。

一言ほしかった、「無料電話ですか?」Apple社は、無料電話だと勝手に判断していた様子で、「え?」だけ。

1時間以上の電話代は自己負担でした。

お詫びの一言も無かった。

正直、残念でした。

過去にOSの不具合で、iPadが壊れて自己負担で買い替えになり、データが無くなったこともありました。

だから、OSはしばらく経ってからアップするようになった。

この頃は、OSの更新がかなり早くなりました。

はっきり言ってOSの完成度が、低いのでこのように頻繁にアップすることになります。

5Gも、まだ対応していません。

早いのが、良いとは思いません。

確実に、課題をこなしていくことは、大切だと思います。

今回のiPadの話はやはりApple社のかつての勢いはないと感じました。

私は、Apple製品を嫌いになったのでは、ありません。

やっぱり、信頼性は高いし、Apple製品は「安全」だと思います。

製品の価値は、リセールバリューで判断できます。

中古市場を見れば、Apple製品は信頼されていると思います。

この「安全」を購入しているユーザーに、より快適に生活できるように更なるグレードアップを望みます。

今は、Appleのアプリがあり、そこからサポートについて連絡すれば、Appleからサポートの電話が来るようになりました。(2020/12月更新)

I love Apple products.

Recently, something very disappointing.

I have multiple iPads.

One year after purchasing, the iPad was a little bad.

The app down shortly.

It works a bit strangely with other apps.

… but, as it was, with an iPhone or a different old iPad, I restarted and managed to endure it.

Eventually, Safari broke, and the web crashed, making it impossible to search.

The internet connection was very good and I checked up at midnight.

Other computers work well, and older iPads,my Phone with the latest operating systems work fine.

Nevertheless, an iPad that has been purchased for a year or so cannot be connected to the web.

After taking various countermeasures, there was only a factory reset “reset”.

The old iPad works fine even though the OS is the same.

I thought this iPad was only defective.

Even if it resets and moves normally, it is likely that it will be the same again.

Unfortunately, this was determined to be defective.

I contacted Apple and talked a lot.

The response was also very good.

But there is dissatisfaction.

I wanted a word, “Is it a free phone?” Apple seemed to judge that it was a free phone.

Telephone charges for more than one hour were at myself expense.

There was no word of apology.

Honestly, it was disappointing.

In the past, due to a malfunction of the OS, the iPad was broken and it was replaced by myself-pay, and there was also a case where data was lost.

So the OS came up after a while.

At this time, OS updates were much faster.

To put it bluntly, the OS is not as complete, so it will often come up like this.

5G is not yet supported.

I don’t think early is good.

I think it is important to surely handle the issues.

I felt that the story of the iPad this time did not have Apple’s former momentum.

I didn’t hate Apple products.

After all, reliability is high and Apple products are “safe”.

The value of a product can be determined by its resale value.

Looking at the used market, I think Apple products are trusted.

We hope that users who have purchased this “safety” will be upgraded further so that they can live more comfortably.

Now I have an Apple app, from which I can contact support and Apple will call me for support. (Updated in December 2020)

住宅地における住宅と道路の関係は不動産価値に影響する。The relationship between houses and roads in residential areas affects the value of real estate.

中古住宅や土地探しについて、色んなことから見てみたいと思います。

まずは、接面している道は、出来れば公道が良いです。

私道は、道路のメンテナンスを自分のキャッシュでする必要があるからです。

公道は、道路の管理する部署に電話をすれば、色んなメンテナンスが、受けれます。

道路に水たまりが出来たり、落ち葉、雪等、危険な事が生じた場合、道路法に管理者はそれを管理する、事を義務付けています。

道路幅の目安は、4mです。

これは、道路中央から2m後退していなければ建物は建てる事はできないからです。

これを満たさない場合、セットバック、という事を行います。セットバックとは、道路から離れて住宅をたてることです。

道路中央より2m後退した場所に住宅を建てることができます。

路地状敷地といって、細い路地の奥に宅地のある住宅も有ります。旗のようなかたちをしている土地のことです。

このような宅地は、道路に2m以上ついていることが必要です。

又、角地の隅切り、というのも有り、これは、交差点の敷地を三角に切る事によって道路にすることもできます。

行政によりますが、義務あるいは推奨(かならずでもないけれど、すすめること)であったりしますが、これは、行政の工事費の助成金がでる都市もあります。

このように住宅は、道路と深く関係があります。

以前にも触れましたが、行政に関する情報は大切です。

私道をなくすような条例(都市の独自の法律)で区画整理で、再建築のできない所も存在します。

このように、行政を知る事は、大切です。

今、中古住宅が建っているから、大丈夫だとは思わないでください。

法令は、変わりますからこれに違反している住宅も多数存在します。

このような住宅は、新しい住宅にしたくても土台を残して建築する事になります。

これは、再建築不可、という表現で良く言われる物件です。

そして、このような物件は「価値」のないものとして、評価されるので、融資(ローン)は、できないので、現金での購入となります。

少しづつですが、色んなことを書いていきたいと思います。

I would like to look at used housing and land search from various viewpoints.

First of all, the public road is good for the land where you meet.

This is because the driveway requires maintenance of the road with its own cash.

Public roads can receive various maintenance by calling the department that manages the road.

When a dangerous thing such as a puddle on the road, fallen leaves, snow, etc. occurs, the administrator is obliged to manage it under the Road Law.

The public road width is 4m.

This is because a building cannot be built unless it is 2m away from the center of the road. If this is not met, setback is performed.

You can build a house in a place 2m away from the center of the road.

There is also an alley-like site with a residential area in the back of a narrow alley.

Such residential land must be connected to the road more than 2m.

There is also a corner cut, which can be provided as a road by cutting the corner of the intersection into a triangle.

Depending on the administration, it may be a duty or a recommendation, but this may be subsidized for administrative costs.(subsity)

As you can see, houses are closely related to roads. As I mentioned before, administrative information is important.

There are places that cannot be rebuilt due to ordinances and land readjustments that eliminate driveways. In this way, it is important to know the administration.

Don’t think that it’s okay now that used houses are built.

The laws and regulations change, so there are many houses that violate this. Even if you want to make a new house like this, you will leave the foundation.

This is a property often said by the expression that it cannot be rebuilt.

And since such a property is evaluated as having no “value”, there is no loan, so it will be purchased immediately. Little by little, I would like to write a lot of things.

自動車、バイク、自転車の資産価値。Asset value of cars, motorcycles and bicycles.

大きな買い物というと、どんな物を思い浮かべますか?

一般的に人生の中で一番の買い物は、マイホームだと思います。

少しづつですが、それについても触れていきたい、と思います。

その次に大きな買い物と言えば、自動車が一般的でしょう。

以下に原価償却期間を書いておきます。

※自動車 4年

※二輪自動車 3年 (バイク)

※自転車 2年

意外な程早く、法律では資産価値が減っていきます。

この事を知っておく事はとても重要です。

もし、交通事故に遭遇して、車輌が破損したら、このように保険会社は車輌を計算します。

この事を知った上で、新車を購入するか、中古車を購入するか。

又、どれぐらいのグレードが良いのか、色んなことから検討すると良いと思います。

乗り物に乗る事は、責任を持って保険に入り、ていねいな運転をして、安全にする事は、今のくらしをより良いものにします。

時間は有限ですから。

上手く利用してより良い生活が過ごせますように。

今日は、自動車を始め、乗り物の法律での資産価値の算出方法を書いてみました。

ネットに騙されない本当の中古車選び 本 Choosing a real used car that is not fooled by the net Japanease books

https://amzn.to/39chKkm

What do you think about big shopping?

In general, the best shopping in my life is my home.

Little by little, I would like to touch on that. The next big purchase is usually a car.

I wrote a depreciation period.

* Automobile 4 years

* Motorcycle 3 years (bike)

* Bicycle 2 years

Surprisingly quickly, the asset value is decreasing by law.

It is very important to know this.

If you encounter a traffic accident and the vehicle is damaged, the insurance company will calculate the vehicle in this way.

Knowing this, should you buy a new car or a used car?

In addition, I think that it is good to consider how many grades are good from various viewpoints.

Riding the vehicle is responsible for insurance, driving carefully and making it safer to make your life better.

Because time is limited.

I hope you can use it better and have a better life.

Today, I wrote how to calculate the asset value under the laws of vehicles, including cars.

住宅建設は都市によって制限があるので住宅確認は必要。Housing construction is restricted depending on the city, so housing confirmation is required.

日本には、法律で「景観緑三法」というのが、策定されています。

これは、街並みの「眺めた景色」を綺麗にする為の法律です。

その都市の特徴に合わせて、「緑地」や「建物」を規制することができます。

法律になったのは、2004年6月ですが、その以前から都市として策定できる「景観法」が、「条例」として、策定されていました。

そのなかで、最も「景観法」に熱心に長年に渡り熱心であった都市は、「京都」です。

日本は、古い建物を維持する事は、新しい住宅を建てるよりコストがかかります。

京都の「町屋」は、そのようにして守られてきました。

企業の「看板」もより目立つようにデザインされますが、この「京都」では、それさえ規制の対象になります。

ですから、街並みに溶け込んだ「色」を使って「特別に」デザインします。

これは、「京都」発祥です。

又、法律に適応しない都市でも、独自に「条例」を作ってイメージを良くする事に取組みしている都市は、多いです。

良い住民と都市の価値を上げる為に、努力しています。

その条例を知ることは、今後の自分の住まい探しや、投資にとって一つの指標となります。

一生の内の大イベントなので、「都市」のイメージではなく、「行政の方針」を勉強して、今後どのようになっていく「都市」なのか、調べる事は大切です。

大きな買い物ですので、後悔のないように納得されるまで、検討してください。

In Japan, the “Landscape Green Three Law” has been formulated by law.

This is a law to clean the “viewed landscape” of the cityscape. You can regulate “green spaces” and “buildings” to suit the characteristics of the city.

Although it became a law in June 2004, the “Landscape Law” that can be formulated as a city before that was formulated as “Ordinance”.

Among them, “Kyoto” is the city that has been enthusiastic about the “Landscape Law” for many years. In Japan, maintaining an old building is more expensive than building a new home.

Kyoto’s “machiya” has been protected in that way.

Corporate “signboards” are also designed to stand out more prominently, but even this “Kyoto” is subject to regulation.

Therefore, we design “specially” using “colors” blended into the cityscape.

This is the origin of “Kyoto”.

Even in cities that do not comply with the law, there are many cities that are making their own “ordinance” to improve their image.

We strive to increase the value of good residents and cities.

Knowing the ordinances will be an indicator for your future home search and investment.

It ’s a big event in my life, so it ’s important to study the “administrative policy”, not the “city”, and find out what the “city” is going to be.

Since it is a big purchase, please consider until you are satisfied with no regrets.

Translate »
error: Content is protected !!
%d bloggers like this: